Search

検索したいワードを入力してください

フルーツビネガーのレシピ10選|フルーツビネガー活用レシピ

Author nopic icon橘ケイ
レシピ / 2019年01月29日
フルーツビネガーのレシピ10選|フルーツビネガー活用レシピ

フルーツビネガーとは

フルーツビネガーのレシピ10選|フルーツビネガー活用レシピ

フルーツビネガーとは、くだもので作ったビネガーのことです。なかには、1種類のくだものではなく、さまざまなくだものをミックスして作られている、フルーツビネガーもあります。

ビネガーにくだものをつけ込んで、やわらかく風味付けをしただけのもののことも、フルーツビネガーと呼びます。

現在では「デザートビネガー」という名前になって女性たちを中心にさまざまなレシピになっています。フルーツビネガーをご紹介します。

フルーツビネガーのレシピ10選

フルーツビネガーのレシピ10選|フルーツビネガー活用レシピ

「フルーツビネガーのレシピ10選」ということで、今回は、フルーツビネガーの作り方のレシピを10個もご紹介していきましょう。

さまざまな、くだものや、フルーツビネガーのレシピがあるので、ぜひ季節に合わせてお好きなくだもので作ってみてください。

フルーツビネガーは、からだにも良いだけではなく、酸味もおさえられているので、味もやわらかく、健康的なビネガーを接種しやすいです。おいしく健康になりましょう。

レシピ1:アメリカンチェリーのフルーツビネガー

フルーツビネガーのなかでも、とってもめずらしい、アメリカンチェリーのフルーツビネガーです。

じゅわっと果汁がジューシーで、そのままいただいても、じゅうぶんにおいしいアメリカンチェリーですが、そんなアメリカンチェリーを、贅沢に、フルーツビネガーにしていまいます。

ビネガーが、ふんわりと優しい味になって、とっても飲みやすいビネガーになります。ぜひレシピをよんで、アメリカンチェリーの季節に作ってください。

Blockquote firstBlockquote second

<作り方>
1.アメリカンチェリーはよく水洗いし、半分はヘタをとって縦半分にカットして種をとる。
2.小鍋に材料を全て入れ、弱火で約10分煮る。
3.熱いうちに煮沸消毒した清潔な瓶に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫で保存する。

レシピ2:フルーツビネガーソーダ割り

フルーツビネガーのなかでも、初心者さんでもつくりやすいのが、日本で手に入りやすい「梅」を使ったフルーツビネガーです。

梅は6月頃が、旬の季節です。そろそろ爽やかな食べ物や、飲み物が恋しくなる季節ではないでしょうか。じめじめする湿気のある季節なので、ソーダ割りにしても美味しいでしょう。

梅なので処理がたいへんなのでは、とおもわれる可能性もありますが、そんなことありません。レシピを読んで作ってみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

熱湯消毒した清潔な保存瓶に
はちみつ1:氷砂糖1:果物(今回は梅)2:酢4
の割合で入れる。
氷砂糖が自然に溶けるまで3日以上置く。

レシピ3:サワードリンク酢

このレシピで漬ける、くだものは「プラム」です。

こちらの「サワードリンク酢」は、なんと春と夏の限定アイテムのため、買えるときにまとめて買っておくことをおすすめいたします。プラムを漬けるなんて贅沢では、とおもっている方も、安心してください。

プラムは旬の季節に、購入すれば、とってもお安く手に入ります。200円代後半で、たっぷり購入できることでしょう。ぜひプラムの出回った季節に作ってみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

りんご酢などのお酢に、甘みがプラスされているので

そのままフルーツなどを漬けることができます。

レシピ4:サングリア風フルーツビネガー

こちらのレシピは、とっても見た目がインスタ映えです。しかもハーブティーで作ってあるので、リラックス効果が高いです。

アロマ効果があるので、お風呂上がりなどのリラックスしたい時間にたいへんおすすめできます。フルーツビネガーはくだもののカラーがお酢にうつって、かわいくなるものもおおいので、女性たちはうっとりしてしまうことでしょう。

ぜひお気に入りカラーのくだものをつかって、おいしいビネガーを作りましょう。

Blockquote firstBlockquote second

1)ティーポットによく洗ったレモンバームを入れて、熱湯450mlを注ぎ10分ほど置く。レモンバームを取り除き、冷ましておく。
(2)フルーツは食べやすい大きさにカットしておき、はちみつとお酢をよく混ぜておく。保存容器に全てを入れて、冷蔵庫で冷やす。

レシピ5:柑橘ミックスのフルーツビネガー

くだものが色鮮やかで、とってもかわいいです。しかもビタミンが豊富に接種できるので、女性におすすめです。

苦みがでやすいので、かんきつ系のくだものは、白いわたは、しっかりめに取りましょう。そうすることによって、よりいっそう、まろやかな口当たりになります。

ぜひお気に入りの、かんきつ系を、たっぷりと用意して、体にもうれしいフルーツビネガーを作りましょう。お家が良い香りに包まれることでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

レモン オレンジ グレープフルーツ(ルビー) 各1個
A  ミツカンりんご酢 はちみつ 各大さじ2
A  水 450cc
好みでミント 適量
1.レモン、オレンジ、グレープフルーツは皮をむいて輪切りにする。
2.密閉容器にAをいれてよく混ぜて溶かし、1を加える。好みでミントをいれて3~4時間冷蔵庫で漬ける。

レシピ6:すもものフルーツビネガー

リンゴ酢とすももの組み合わせが、とってもフルーティーなフルーツビネガーです。

癖がなく、甘みがあるので、お子さまでも飲みやすいです。夏のお風呂上がりなどの、水分補給にちょうどいいでしょう。ぜひお子さまと一緒につくって、飲んでみてください。

あまり酸っぱくないので、男性にもウケがいいでしょう。健康のために美味しい一杯を、彼氏やご主人、お父さんなどにのませてあげるのも、とってもすてきです。

Blockquote firstBlockquote second

1 小さい器にはちみつ・リンゴ酢を入れてよく混ぜる。

2 すももは半分に切り種をとり、一口大の大きさに切る。

3 ガラスの瓶に1.と水を入れて混ぜ、2.のすももを入れて軽くかき混ぜる。冷蔵庫で3時間ほど置いてできあがり。

レシピ7:梅雨だる季節のフルーツビネガー

ブルーベリーと、いちご、ゴールデンキーウィが入っており、フルーツがたっぷり入っています。

甘みと酸味の、塩梅がちょうどよく、ごくごく飲めてしまうので、飲み過ぎには注意してください。

フルーツビネガーのなかでも、キーウィが入っているものは、酸味がのこるので、ジメジメした梅雨の季節に爽やかな気分にさせてくれます。ぜひジメジメで「梅雨だる」になってしまう季節に合わせて作ってみてください。おすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

1 ビンにブルーベリーとリンゴ酢とグラニュー糖を入れ
  約1時間冷蔵庫に入れておく。
2 グラニュー糖が溶けたら、半分に切ったいちご・
  輪切りにして半月に切ったゴールデンキーウィを入れ
  水or炭酸で割って、上にミントを飾って出来上がり。

レシピ8:コロコロフルーツビネガー

コロコロフルーツのはいったフルーツビネガーです。

スイカが入っているので、夏のレシピです。ぜひ食べ過ぎてしまったときや、ぎゃくに、真夏の暑さで、食欲がなくなってしまったときなどに、ゆったりと飲んでください。

ミントも入っているので、爽快な飲み心地が、うだるような暑い日にぴったりなフルーツビネガーです。ぜひこのフルーツビネガーで夏をのりきってください。

Blockquote firstBlockquote second

1.キウイフルーツは皮をむき4枚にスライスする。
スイカとメロンは小さじで半円状に6個づつくり抜く。
2.ボウルにはちみつとミツカンリンゴ酢を入れて、はちみつが溶けるまでよく混ぜ、水を加え混ぜる。
3.グラスにミントと①②の半量を入れ蓋をして冷蔵庫で3時間程冷やす。

レシピ9:マンゴーとキウイのフルーツビネガー

リンゴ酢に、マンゴーとキウイをいれた、フルーツビネガーです。

とってもさっぱりしており、リンゴ酢が良いうまみを出してくれています。リンゴ酢はフルーツビネガーをつくるときに、とっても便利です。

リンゴのうまみと、お酢の酸味が混ざり合って、他のくだものの甘みを引き出してくれます。ぜひリンゴ酢をつかって、あらたなフルーツビネガーを作り出してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

1. 大き目の瓶にリンゴ酢と蜂蜜を入れよく混ぜる。

2. 水を1.に注ぎ混ぜる。

3. カットしたマンゴーとキウイを1.に入れて冷蔵庫で3時間くらい漬けたら完成。

レシピ10:ゼリー入りフルーツビネガー

フルーツジュースでつくった、ゼリーを入れたフルーツビネガーです。

時間をおくと、フルーツビネガーに、くだものと、ゼリーの成分が溶け出して、さらなるうまみが楽しむことができます。食感も楽しいので、お子さまがいらっしゃったり、女子会をひらくときにおすすめです。

「ゼリーを作るなんて、難しいのではないか」と、心配していらっしゃる方にも、かんたんに作っていただけるレシピなので、ぜひ最後まで読んでください。

Blockquote firstBlockquote second

1.前準備*ジュースゼリーを作る

各ジュースごとにジュース50ccと粉ゼラチン1gを鍋に入れ

溶けたら容器に移し粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ固める

固まったら細かい角切りにする
2.カットしたフルーツを瓶の底に入れ

まろやかリンゴ酢と水を合わせたものを注ぐ
3.カットしたジュースゼリーをその上に入れ

冷蔵庫で2時間ほど置くとフルーツの香りやエキスが溶けでで

美味しく頂けます

フルーツビネガーにおすすめアイテム

内堀醸造 フルーツビネガー有機りんごの酢 1L
内堀醸造 フルーツビネガー有機りんごの酢 1L

¥ 1,620

口コミ

味わいの良さは格別で、コストパフォーマンスに優れていると思います。

有機りんご果汁100パーセントの、リンゴ酢です。

有機リンゴなので、とっても芳醇なうまみを感じることが出きます。酸味を抑え気味でつくられているので、小さいお子さまでも、お年を召された方でも、ごくごくと飲めるようになります。

尖った味がしないのが最大の特徴で、とっても飲みやすいです。

ジュースやお酒に比べて、体にもいいので、炭酸で割ったりしておいしくのんでください。

フルーツビネガーを使った料理のレシピ8選

フルーツビネガーのレシピ10選|フルーツビネガー活用レシピ

フルーツビネガーは、ただ飲むだけではなく、さまざまなお料理などのレシピにも活用することができます。

今回は、「フルーツビネガーを使った料理のレシピ8選」と称して、フルーツビネガーがあるともっとおいしくなる、お料理のレシピを、ご紹介していきましょう。

フルーツビネガーにハマっているご自身だけではなく、ご家族や、パートナーの方にも喜んでもらえる、ステキなレシピばかりなので、ぜひ最後まで読んでください。

レシピ1:はっさくとお酢みかんジュース

はっさくやみかんという、爽やかな柑橘系とビネガー、だけでも、じゅうぶんに美味しいのですが、今回は乳製品を合わせているレシピです。

「牛乳だけでは生臭い」とか「ヨーグルトドリンクは酸っぱい過ぎる」といったお悩みを一気に、解決してくれる、掛け算レシピです。

使っているお酢が、酸味の弱い「デザートビネガー」なところも、美味しく感じやすい秘訣でしょう。かんたんなので、ぜひ作ってみてください。

Blockquote firstBlockquote second

はっさく1/2個、みかん1個、牛乳100cc程度、
ヨーグルト(スーパースキムミルクヨーグルト)100cc程度、酢(カベルネソーヴィニヨンのデザートビネガー)小さじ1
材料がちょっとずつだったので、色々と混ぜた。

レシピ2:酢プルーンヨーグルトスムージー

朝ごはんに1品プラスしたら、とっても体がよろこぶであろう「酢プルーン」をつかったレシピです。

プルーンを1晩漬け込んで、そのプルーンやお酢をヨーグルトとそのほかのくだものと、一緒にヨーグルトスムージーにしてしまおう。という1品です。

酢プルーンやフルーツビネガーだけでは、えぐみが出ることもありますが、こちらのレシピには、バナナなどの甘みの強いくだものも入っているので、たいへん飲みやすいです。

Blockquote firstBlockquote second

<作り方>
①バナナ1/2本分を飾り用にスライスする。
②ミキサーに全ての材料を入れて、なめらかになるまで攪拌する。

レシピ3:やみつき蒸し鶏

レシピでは普通のお酢を材料に書いてありますが、フルーツビネガーにしても激ウマになります。

とくにおすすめされているのが、さっぱりとした柑橘系を使ったフルーツビネガーです。いっしょにパクチーを入れたエスニックなアジアン風味な、お料理にむいているフルーツビネガーを使うと良いでしょう。

なんと電子レンジでの加熱でできるので、洗い物も少なくて済みます。ぜひ疲れているときにつくって、お酢パワーを感じてください。

Blockquote firstBlockquote second

《下準備》

・むね肉は皮を取り、皮面からフォークで数カ所刺す。耐熱ボウルに入れ、aを揉み込んで10分ほど置いておく。(時間があれば20分ほど)

・きゅうりは、千切りにしておく。

・もやしは、サッと洗っておく。
①むね肉が入った耐熱ボウルにふんわりラップをし、電子レンジ600wで約4分加熱し、そのまま5分蒸らす。(まだ表面が生っぽかったら裏返して、2〜3分加熱してから、蒸らして下さい。)②耐熱ボウルからむね肉を取り出し(汁は捨てない)、もやしを加える。ふんわりラップをして、電子レンジ600wで約1〜2分加熱する。③器に、もやしときゅうりを盛り、好みの大きさに切った蒸し鶏を乗せる(今回は、そぎ切りにしましたが、手で細かく裂いたりしてもOK)。合わせたbをかけて、お召し上がり下さい。

レシピ4:チキンソテー

こちらのレシピは、シンプルなフルーツビネガーの楽しみ方です。

皮面をぱりっと、なかはジューシーになるように、グリルしたチキンソテーは、お塩とこしょうなどのシンプルな味付けでもじゅうぶんに、その美味しさを楽しむことが出きます。

しかし、ずっと同じ味では飽きがきてしまうことでしょう。

そんなときに使えるのが、フルーツビネガーです。ちょっとずつフルーツビネガーをかけてあげるだけで、ワンランク上の味になります。

Blockquote firstBlockquote second

チキンハーブソテーは、自分で調合したオリジナルハーブソルトをお肉にまぶしてグリルで焼いただけのもの。

レシピ5:リンゴ酢と梅酢のタレ

暑い夏には、食も細くなってしまい、「わたし、今年は夏バテでなにもたべられない」というかたもおおいのではないでしょうか。

そんな体のピンチ、のときにおすすめなのが今回ご紹介しますレシピです。「リンゴ酢と梅酢のタレ」爽やかで食欲がでます。

Blockquote firstBlockquote second

ボウルに、醤油、りんご酢、梅酢、水、ごま油を入れマドラーなどでしっかりとよく混ぜ合わせます。

白胡麻を加えます。

レシピ6:鶏肉とアボカドのイタリアンソテー

鶏肉とアボカドのイタリアンソテーは、今回の記事でもおすすめとしてご紹介しました、「内堀醸造」さんのリンゴ酢を使っているレシピです。

内堀醸造のリンゴ酢は、まろやかな酸味が、うまみを引き出してくれることで有名です。ぜひ一度はつかってみてください。

Blockquote firstBlockquote second

フライパンを熱して鶏肉を皮目下で並べて焼きます。

焼き色が付いたら裏返します。

トマトを加え、スパイスを加えざっと混ぜ合わせます。

*鷹の爪を加える場合は小口切りにして加えます)

アボカドを加えます。

混ぜ合わせた調味料と昆布を加えてしばらく煮込みます。

煮込んでいるうちにトマトの皮はするっと剥がれるのんで取り外しておきます。

あと少しのところでオクラを加えます。

煮汁が少し煮詰まりとろっとしてきたら出来上がり。

レシピ7:ビネガーリゾット

フルーツビネガーで鶏のビネガーソースを作りましょう。そしてリゾットをつくれば、たいへんかんたんに、おいしいリゾットのでき上がりです。

鶏のうまみと、フルーツビネガーの酸味がたまりません。

Blockquote firstBlockquote second

1.鶏のビネガー風味のソースを温める。
2.ご飯を入れてしっかりと混ぜ合わせる。
3.器に盛り付け黒コショウをかける。

レシピ8:モクテル

「モクテル」とは、最近になってはやりを見せている、アルコールを入れないで、数種類のドリンクやフルーツを合せて作るドリンクのことです。

今回ご紹介します「モクテル」は、フルーツビネガーのモクテルです。薄切りにしたフルーツが入っていて、かんたんにおいしく水分補給できます。

Blockquote firstBlockquote second

夏の猛暑で疲れた身体には、ほんのりと酸味がきいた爽やかドリンクがおすすめです。飲みたい時間にあわせ、出勤前や、寝る前に仕込んでおいてご活用ください。

フルーツビネガーを作ってみよう

フルーツビネガーのレシピ10選|フルーツビネガー活用レシピ

フルーツビネガーは、おきにいりのくだものと、お酢、氷砂糖やシロップ、ハチミツがあれば作ることが出きます。

コツは保存ビンをしっかりと消毒しておくことです。そうすると、おいしいフルーツビネガーができます。

フルーツを食べたい人におすすめのお店

「フルーツビネガーでくだものを採るだけでは、満足できない。」という、フルーツ好きなかたにおすすめの情報も、今回はご紹介していきましょう。

下の記事から、おすすめのフルーツスポットが見られます。ぜひお出かけしてください。

関連記事

Related