Search

検索したいワードを入力してください

皿うどんのおすすめレシピ|作り方の手順5つとアレンジレシピ

Author nopic iconLaylah
レシピ / 2019年01月29日
皿うどんのおすすめレシピ|作り方の手順5つとアレンジレシピ

皿うどんはおいしい

皿うどんは長崎県の郷土料理の1つです。うどんという名前がついていますが、実際は中華料理のかた焼きそばに近く、麺もうどんではなく中華麺を使用します。

皿うどんのレシピは、中華料理店「四海楼」の初代店主・陳平順氏が考案したと言われています。陳氏は当時長崎に住んでいた中国人留学生達のために、安価で栄養満点な料理ちゃんぽんを考案し、さらに皿うどんを生み出しました。皿うどんがおいしいのも当たり前という訳です。

自分で作れるのか

前に説明したように、皿うどんは安価で栄養満点な料理としてレシピが考案されました。ゆえに、見た目は具材が豊富で手の込んだ料理に見えますが、実はコツを掴めば家庭でも簡単にできる料理です。

使用する具材は豚肉や人参、エビなどが定番とされていますが、皿うどんのレシピに厳密な決まりはなく、基本的には何を使ってもかまいません。本場の長崎県でも、地域や店によって具材に多少の違いが見られます。

皿うどんの作り方

まずは皿うどんの基本のレシピを紹介します。何事も基本の修得は必須です。基本のレシピをしっかり覚えてから、自分好みの味やスタイルを追求していきましょう。

皿うどんに使用する麺は市販品でかまいません。なお、本場・長崎県の皿うどんのレシピで使用する麺には、細麺と太麺の二種類があります。細麺は揚げて、太麺は焼きそばのように焼いたり炒めたりするのが一般的です。麺の太さは好みで選ぶと良いでしょう。

材料

皿うどんのレシピに取り掛かる前に、まずは材料を用意します。基本的には肉・野菜・魚介類・麺、そしてあんかけにするスープの材料をそろえればOKです。その他、季節の野菜やキクラゲ、椎茸などのキノコ類や卵などを追加するのも良いでしょう。

皿うどんに入れる魚介類は、店ではエビやイカなどが主流ですが、家庭で作る場合は、手軽に使えるカマボコやカニカマなどの練り物や缶詰を利用するのがおすすめです。

下準備

レシピの最初は、各食材の下処理です。具材は食べやすい大きさに切り、肉などは下味を付けておきましょう。

スープもこの時に材料を合わせておくと、調理の際にすぐに使えるので、失敗がなくなります。

豚肉・キクラゲ・野菜・カマボコ

豚肉は一口大に切って塩コショウで下味を付けます。豚肉はバラ肉でもモモ肉でもかまいません。好みの物を使いましょう。

キクラゲは水で戻し、固い部分を切り落としてから、食べやすい大きさに切ります。

野菜はキャベツ、人参、白菜、玉ねぎ、もやしなどが主流ですが、好みの野菜でかまいません。野菜もカマボコも食べやすい大きさに切っておきます。

全ての材料は炒める際にムラなく火が入るように、大きさをそろえて切りましょう。

スープ・水溶き片栗粉

スープは酒・醤油・塩コショウ・オイスターソース・中華スープの素・水を混ぜ合わせます。混ぜる材料は、だしつゆや市販の粉末スープの素を水に溶かすだけでもOKです。好きなスープレシピを選びましょう。

スープはあんかけにするので、水溶き片栗粉も用意しておきます。あんかけスープで料理のボリュームが増し、満腹感が得られます。あんかけには料理を冷めにくくする効果もあるので、寒い時期にもピッタリです。

皿うどんの作る手順5つ

下準備が終わったら、いよいよ皿うどんレシピの本番に入ります。調理の手順は以下の5つです。

皿うどんのように炒める料理のレシピは、素早く行うのが美味しく作るコツです。しっかり覚えて手際よくこなしましょう。

手順1:豚肉を炒める

皿うどんレシピの手順その1は、豚肉を炒めることです。中華鍋か深さのあるフライパンを熱し、油を入れて豚肉を炒めていきます。

豚肉の色が変わったら、次の材料を入れましょう。豚肉に火が入り過ぎるのが嫌だという場合は、次の材料を入れる前に、一旦取り出しておいたほうが良いでしょう。

手順2:野菜を加えて炒める

皿うどんレシピの手順その2は、野菜を炒めることです。キクラゲや椎茸なども、この時に一緒に炒めます。

エビやイカなどの魚介類を使っている場合は、野菜の前に入れて火を入れましょう。完全に火が入り、油が回ったのを確認したら、次の工程に移ります。

手順3:スープとカマボコと卵を加える

皿うどんレシピの手順その3は、スープとカマボコと卵を加えることです。スープやカマボコ、卵を加えてから5分くらい煮ていきます。スープや具材が焦げないように、時々混ぜ合わせていきましょう。

卵は好みで入れても入れなくてもかまいません。ちなみに卵は、一般にはウズラの卵の水煮を使います。

手順4:もやしを加えてトロミをつける

皿うどんレシピの手順その4は、もやしを加えてトロミをつけることです。もやしは火が入り過ぎると、シャキシャキした食感が失われてしまいます。ゆえに、完成前のタイミングでの投入となります。

塩コショウで味を整えたら、水溶き片栗粉を加えてトロミをつけます。この時、一度火を止めてから水溶き片栗粉を入れるのがコツです。こうすることで固まらず、なめらかなトロミがついたあんになります。

手順5:器に中華麺を盛り上にかける

皿うどんレシピの手順その5は、器に中華麺を盛り、上にあんかけスープをかけることです。中華麺は市販の揚げ中華麺でも、自分で揚げた中華麺でもかまいません。揚げ物が苦手な場合は、炒めた麺でも良いでしょう。

器に盛った中華麺に、あんかけスープをかければ皿うどんのできあがりです。ちなみに本場の長崎県では、甘い味付けになっている場合が多いことから、酢やウスターソースをかけて食べるのが一般的とされています。

もっと簡単に本場の味を作りたい方におすすめ

みろくや 長崎皿うどん 揚麺 6個
みろくや 長崎皿うどん 揚麺 6個
口コミ

みろくやの皿うどんが近くで販売されなくなり、アマゾンで購入しました。 他のメーカーもありますが、私はこれが一番好きです。

長崎のちゃんぽん・皿うどんの店「みろくや」が販売している揚麺・スープ・調理油がセットになった商品です。具材はついていないので、自分で具材をそろえて調理します。

自分の好みの具材で、本場・長崎の皿うどんが簡単に作れる商品です。軽くほぐした麺を器に盛り、フライパンに添付の調理油を入れて具材を炒め、水で溶いた添付のスープを入れて、トロミがつくまで煮込むだけ、というお手軽レシピで本場の味を堪能できます。

皿うどんの人気・アレンジレシピ

多彩な食材を使う皿うどんは、とても手の込んだ料理に見えますが、実際は非常にシンプルなレシピで作れます。ゆえに、アレンジもしやすい料理でもあります。

皿うどんは具材や味付けを変えるだけで、驚くほど見た目や味が変わります。もちろん、本来の美味しさを損なうことはありません。ここでは、そんなアレンジレシピを紹介します。

レシピ1:さかな麺をつかった皿うどん

皿うどんのアレンジレシピその1は、さかな麺を使った皿うどんです。魚のすり身で作ったさかな麺を使うことで、グルテンフリーでヘルシーな料理を実現しました。

皿うどんは食べたいけど、小麦粉のグルテンや糖質が気になるという方に、おすすめのレシピです。また、さかな麺には魚の臭味がないので、魚嫌いな方でも安心して食べられます。

Blockquote firstBlockquote second

調理時間:5分未満人数:5人以上分

魚のすり身をつかった麺を使っています。小麦粉を使わないので炭水化物なし。ヘルシーでダイエットにもいいですよ。臭みなどは全くないので魚嫌いのお子様にもバッチリ!

さかな麺 適量
豚肉 
えび 
イカ 
チキンスープ 
濃口しょうゆ 
砂糖 

1.さかな麺を油で素揚げする
2.トッピングの豚肉や魚介などを炒める
3.チキンスープ、砂糖、しょうゆであんを作り、回しかけて完成

レシピ2:皿うどん麻婆豆腐

皿うどんのアレンジレシピその2は、皿うどん麻婆豆腐です。白いご飯とよく合うと言われている麻婆豆腐ですが、パリパリとした揚げ中華麺にもよく合います。お箸が止まらない一品です。

あまり調理時間がかけられない場合は、市販の麻婆豆腐のタレを利用しても良いでしょう。手軽に美味しく食べられます。

Blockquote firstBlockquote second

本日は中華のアレンジ料理です。パリッとした食感の皿うどんの麵に、おうちごはんの定番「麻婆豆腐」をかけていただきました。パリパリの香ばしい揚げ麺とひき肉の旨味たっぷりの麻婆豆腐、トローとしたあんをからめて一緒に味わうと絶妙です。いつもの五目あんとは違い、ほど良い辛味も楽しめる一品です。豆腐の優しい味わいも合わさった皿うどん麻婆、おすすめです。

【材料(二人分)】
・豚ひき肉100g ・木綿豆腐1丁 ・長ねぎ15cmぐらい ・豆板醤小さじ1/2
・おろし生しょうが小さじ1 ・水溶き片栗粉適量 ・皿うどんの麺二人分

<麻婆豆腐 合わせ調味料>
・ぬるま湯250㏄ ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ1 ・甜面醤(テンメンジャン)大さじ2
・オイスターソース大さじ1 ・酒大さじ1 ・醤油小さじ2 ・砂糖小さじ2 ・胡椒少々

【下準備】
1.ボウルか器に、<麻婆豆腐 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
2.豆腐全体をキッチンペーパーで包み、耐熱皿に入れて600Wの電子レンジで2分30秒
  加熱します。粗熱が取れたらしっかり水切りをします。
3.長ねぎはみじん切りにします。

【作り方】
1.フライパンに油を熱し、おろし生しょうが(チューブタイプ)、長ねぎのみじん切り
  大さじ1、豆板醤を入れて弱火で香りを出します。
2.豚ひき肉を加え、パラパラに炒めます。
3.<麻婆豆腐 合わせ調味料>を回し入れて煮立てます。
4.ひと口ぐらいに切った豆腐、長ねぎのみじん切りの残りを加えて煮ます。
5.豆腐に調味料の味がしみたら仕上げに水溶き片栗粉を回し入れてトロミをつけ、
  軽く混ぜ合わせて火を止めます。
6.器に皿うどんの麺をのせ、麻婆豆腐をかけて出来上がりです。
  お好みで青ねぎの小口切り、花椒をふります。
  味付けは薄味なので、お好みに合わせて調えて下さい。

皿うどん麻婆豆腐が出来上がりました~。パリパリの麺を崩しながら、ひき肉の旨味がしみたあんと豆腐をからめて味わうとお箸が止まりません~。白ご飯とは違う美味しさが楽しめます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

レシピ3:野菜スープをアレンジ皿うどん

皿うどんのアレンジレシピその3は、野菜スープをアレンジ皿うどんです。作り置きした野菜スープを皿うどんにアレンジしたヘルシーなレシピで、手軽にたくさんの野菜が食べられます。

野菜スープは、キャベツ・人参・玉ねぎ・ピーマン・セロリを、塩・生姜・だし昆布で煮込んだシンプルな料理です。味付けが非常にシンプルなので、皿うどんだけでなく、多くの料理にアレンジできます。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
作り置きの野菜スープ
ちくわ 1本
もやし 1/4袋
豚肉 適量
水溶き片栗粉 大さじ1
オイスターソース 小さじ1
酒 小さじ1
中華スープの素小さじ1
塩コショウ 少々
茹で卵 あれば

【作り方】
①豚肉をごま油で炒め、色が変わったらもやしとちくわも加えて炒める
②野菜スープを具材ごと1.5カップを加える
③酒、オイスターソース、中華スープの素を加え、塩こしょうで味を調える
④火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつける
⑤麺の上にかけて茹で卵を飾る(あれば)
※汁気が足りない時は水で調整します

茹で卵を作り忘れたので今日はなしで
お弁当の残りのさやえんどうがあったので入れちゃいました。
ご飯にかけて中華丼にしても美味しいんですよね。
でもたまに食べるとこのパリパリの揚げ麺の食感がたまらず
ついつい麺を選んでしまいます。

からしと酢をかけるとまた味が変わるので
途中でプラスするのが私のいつもの食べ方
そういえば皿うどんにソースかけてた人も居たな。。。
どの食べ方が普通なんでしょう

皿うどんはお好みのレシピで

皿うどんは苦学生達のために考案された経緯が示すように、安価で栄養満点な料理です。自分好みにアレンジがしやすい点も、人気が高い理由でしょう。長崎県の郷土料理として定着したのも納得です。

そんな皿うどんを食べないでいるのは、残念な話だと思いませんか。ぜひ基本レシピをしっかりとマスターして、自分好みの皿うどんを作ってみて下さい。

あんかけ料理は美味しい

あんかけはボリュームが増すので満腹感があり、なめらかな食感が醸し出す口当たりの良さは、食欲をほどよく刺激します。料理を冷めにくくする効果もあるので、真冬の寒い時期にはもってこいの料理と言えるでしょう。

そんなあんかけを使った料理は、皿うどん以外にも魅力的な物がたくさんあります。もっとあんかけ料理について知りたい、作りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事

Related