Search

検索したいワードを入力してください

ジェラートの作り方16選|美味しい食べ方・アイスとの違い

Author nopic iconアーネスト佐藤
食の知識 / 2019年01月28日
ジェラートの作り方16選|美味しい食べ方・アイスとの違い

ジェラートとは

ジェラートとは、イタリア語で「凍った」を意味する氷菓を指したイタリア・フィレンツェ発祥のお菓子で、滑らかな舌触りと濃厚な味わいが特徴ですが、アイスクリームより乳脂肪分が少なくヘルシーなイタリアのアイスです。

ジェラートは、使用する材料によって、アイスクリームに近い食感のジェラートがありますが、日本では氷菓に分類されるアイスの1種です。

ジェラート・アイスクリーム・シャーベットの違い

アイスクリームとは、乳固形分15.0%以上うち乳脂肪分8.0%以上が含まれたアイスを指します。よって、これらの規準を満たさないアイスは、アイスクリームと呼べません。

ジェラートに使用される乳製品は、アイスクリームの規準に満たないので、氷菓に分類されます。また、シャーベットは、乳固形分3.0%にも満たない氷菓に分類されるように、法律で定められた基準を元にアイスクリームや氷菓に分類されます。

ジェラートの作り方16選

ジェラートは、牛乳や生クリームなどの材料を準備して作る手間や時間がかかる本格的なものから、市販の材料を混ぜただけの簡単な作り方まで、様々な作り方があります。

まずは、市販の材料を使った簡単な作り方から始めて、慣れてきたらかき混ぜながら凍らせて作る本格的な作り方に挑戦してみませんか。

作り方1:定番の味・ミルクジェラート

ジェラートの本場・イタリアでも大人気の定番味・ミルク味のジェラートを、牛乳と生クリームで本格的に作ってみませんか。

市販のバニラアイスでは、再現できない滑らかな口あたりがくせになりそうな手作りジェラートは、時間や手間がかかってしまいますが、それだけ達成感や美味しさが感じられるおすすめの作り方です。

Blockquote firstBlockquote second

★牛乳 200g
★砂糖 80g
★コーンスターチ 大匙半分
★バニラエッセンス(パウダー) 少々
生クリーム 200g
砂糖 10g
卵白 1個分
砂糖 10g

1.★の材料をよく混ぜ弱火に掛けトロトロになったら冷ましておくー①生クリームに10gの砂糖を入れて固く泡立てるー②
2.別のボールに卵白と10gの砂糖を入れ固く泡立ててる。①に②の生クリームを分けて入れ合わせ、最後に卵白を混ぜて冷やして完成

作り方2:レアチーズのジェラート

ミルクの濃厚な味わいもいいけれど、クリームチーズの爽やかな口当たりがたまらない大人のジェラートもおすすめです。

ミルク味のジェラートでは甘すぎると感じている方に、クリームチーズの爽やかな酸味が特徴のレアチーズのジェラートを作ってあげてみませんか。

Blockquote firstBlockquote second

プレーンヨーグルト 200g
おひさまレアチーズみたいなヨーグルト 一袋(21g)
生クリーム 150cc
砂糖 20g

1.ボールにヨーグルト200gと「レアチーズみたいなヨーグルト」一袋を混ぜておきます。
2.生クリームに砂糖を入れて角が立つまで泡立て、1のヨーグルトと合わせてタッパーに入れて冷凍庫で2時間凍らせる。
3.スプーンを使って空気を含ませるようによく混ぜて出来上がり。

ジェラートが固くなりすぎても10分から15分常温に置いておくと、また柔らかくなります。

作り方3:苺のジェラート

いちご・砂糖・水のシンプルな材料と、ホイップ袋を活用して材料を固め盛り付けるだけで完成できる苺のジェラートの作り方は、お子さんでも作れる簡単なレシピです。

ジェラートの作り方と聞いて、数種類の材料を図りながら用意し、冷凍中も何度も外に出して混ぜたり手間のかかる作業だと思われますが、この作り方なら少ない材料と手間で盛り付けも簡単にこなすことができます。

Blockquote firstBlockquote second

いちご 200g
砂糖 大さじ3
水 大さじ3

1.イチゴは洗ってヘタをとり冷凍しておく。
2.砂糖ぬるま湯で溶かしシロップを作り、冷蔵庫で冷やしておく。
3.ブレンダー・フードプロフェッサー・ジューサーなどでイチゴを砕き、シロップを加えて混ぜる。
4.ホイップ袋にお好きな口金をつけ、ジェラートを入れ冷凍庫で少し固める。
5.絞れる固さになったら、器に絞って出来上がり!

作り方4:カップアイスのようなジェラート

カップに入ったジェラートが、まるでコーヒーのようなユニークな見た目が楽しい大人味のデザートです。

そのままスプーンですくって食べても美味しい一品ですが、熱々のエスプレッソをかけたアフォガード風の食べ方にしても、違った食感を楽しめるおすすめの食べ方です。

Blockquote firstBlockquote second

生クリーム 200cc
卵 1個
砂糖 40g
インスタントコーヒー 小3
ぬるま湯 大6

1.卵の黄身に砂糖を入れて白くなるまで混ぜる。違うボールで卵白は角が立つまで泡立てる。生クリームも固く泡立てる
2.インスタントコーヒーをぬるま湯で溶かし、黄身と砂糖のボールに入れて混ぜ、生クリームと混ぜ合わせる。
3.最後に卵白を2に入れてフンワリ混ぜてお好きなカップに入れて冷凍庫で3時間以上冷やし出来上がり

作り方5:濃厚マラガジェラート

マラガ酒に漬けたレーズンをたっぷり混ぜたマラガジェラートは、まさに大人味のジェラートであり、仕事に家事に毎日がんばっている自分へのご褒美に食べたい贅沢感のあるジェラートでしょう。

マラガジェラートとは、文字通りマラガ酒に漬け込んだレーズンを使用したジェラートですが、マラガ酒がなければラム酒で代用して作ることができます。

Blockquote firstBlockquote second

市販のバニラアイス 70g
うちのラムレーズン(下記参照) 小さじ2
クリームチーズ(滑らかタイプ) 小さじ2

1.全材料を混ぜる。冷凍庫へ数分入れ→混ぜるを数回繰り返して(空気を含ませるため)完成。

マラガ酒にレーズンを漬けたものを混ぜた味ですが、ラムレーズンでも同じ味になります。

作り方6:塩レモンのフルーティージェラート

清涼感ただようレモンには、濃厚なバニラアイスを使用すると、レモンとバニラの味のバランスが取れた爽やかなジェラートが出来上がります。

作り方にも掲載されているクッキーや桃の缶詰、レーズン、クリームチーズをさらに加えることで、食べ応えのあるしっかり味のジェラートが作れます。

クッキーなどの型に流し込んで固めれば、花柄のようにユニークな形のジェラートが完成します。

Blockquote firstBlockquote second

バニラアイスクリーム 1個
クッキー 1枚
塩レモン スライスしたもの2枚
桃缶 桃1個
レーズン 10g
クリームチーズ 15g

1.今回はMOWを使用。
もったり濃厚系がバランス良く合う気がします。冷蔵庫から出しておきます(少し混ぜやすくするように)
2.レーズン以外材料を細かく切っておきます。
3.材料を全て混ぜ合わせれば出来上がり。

作り方7:カボチャのメープルジェラート

栄養価が高く長期保存に適したカボチャは、お菓子の材料に多く用いられる野菜であり、ジェラートの材料に使用される生クリームとメープルシロップのコクが、カボチャの風味を引き立たせます。

普段からかぼちゃを使ったお菓子を作る機会が多い方も、かぼちゃのジェラートの作り方を覚えて、レパートリーを増やしてみませんか。

Blockquote firstBlockquote second

冷凍かぼちゃ 150g
生クリーム 50cc
メープルシロップ 大さじ3
バニラエッセンス(あれば) 適量

1.冷凍かぼちゃを包丁で皮ごと細かく切る。(形は気にしなくてOK)
*固いままだと危険なので、冷凍庫から出して5分程室温に出して切りやすくします(溶けすぎた場合は、切った後に冷凍庫へ)
2.容器に1,を入れて、残りの材料を全て加えてブレンダーで粉砕する。器に盛りつけて頂く。

*先にある程度カボチャを切る事で、粉砕しやすくなります
*大人の方はラム酒を少し加えてもOK
*盛付ける容器は、あらかじめ冷凍庫で冷やしておくと溶けにくいです!
*すぐ召し上がらない場合は冷凍庫に入れて下さい!
*生クリーム→豆乳でも♪さっぱりめになります!

作り方8:スパイス煮出し豆乳紅茶ジェラート

シナモンやグローブなどのスパイスで香りづけされた豆乳と紅茶で作ったジェラートは、ほのかな甘さに爽やかな香りが口に広がる大人の味です。また、練乳の量を調整することで、お好みの甘さに仕上げることができます。

ミルクや砂糖をたっぷり使ったデザートに飽きてしまった大人舌のあなたに一度は食べて欲しい手づくりジェラートです。

Blockquote firstBlockquote second

豆乳(加糖) 500cc
紅茶(茶葉) 大さじ2半
シナモンスティック 1~2本
クローブ 10粒位
生姜絞り汁 小さじ1.5
練乳 大さじ3
バニラエッセンス 適量

1.豆乳を鍋に入れ、紅茶、シナモンスティック、クローブ、生姜を入れて煮出す。沸騰したら蓋をして火を止めて蒸らす。
2.茶漉しで茶葉とスパイス類を取り除き、練乳とバニラエッセンスを加え溶かして冷ます。バット等に入れて凍らせる。
3.スプーン等で砕いてカップに盛り付けたら出来上がり~~

作り方9:ブルーベリーのジェラート

冷凍庫に入れて凍らせるまで、約15分ほどで作れるブルーベリージェラートは、冷凍している間に、生地をよく混ぜて空気を膨らませておくことで、舌触りが一層滑らかなジェラートになります。

ジェラートの作り方に掲載されているように、冷凍のブルーベリーを使用することで安価で材料が手に入り、生のブルーベリーより扱いやすいです。

Blockquote firstBlockquote second

冷凍ブルーベリー 1/2カップ
生クリーム 200ml
牛乳 200ml
きび砂糖 120g
レモン果汁 大さじ1

1.ブルーベリーは使う10分前から室温に置いておく。アイスクリームを冷凍させる容器は空の状態であらかじめ冷凍庫で冷やしておく。
2.生クリームを角がたつまでしっかりホイップする。
3.ミキサーまたはブレンダーに砂糖、牛乳、レモン果汁を入れて砂糖が完全に溶けるまで撹拌する。
4.室温に置いておいたブルーベリーを3に加えて、さらに撹拌する。ブルーベリーの粒が少し残っているぐらいが目安。
5.4を2のホイップした生クリームに加えてよくかき混ぜる。
6.冷やしておいた容器に移して冷凍庫で冷やし固める。
7.冷凍させて1時間後にスプーンで、大きくかき混ぜると、よりなめらかに仕上がります。

作り方10:里芋と苺のジェラート

お肌やお腹の調子を整えてくれるビタミンCや食物繊維が豊富につまった苺と里芋を使用した女性にうれしいジェラートです。

里芋をお菓子作りに使用するイメージが沸かないと思うでしょうが、里芋のねっとりした食感が、ジェラートの滑らかさを演出させ、また、里芋自体にクセがないことからデザートに活用しやすい野菜です。

Blockquote firstBlockquote second

里芋 200g
イチゴ 150g
レモン 1/2個
砂糖 大さじ5
牛乳 100cc

1.里芋は皮を剥き、耐熱容器に入れラップをして電子レンジで8~10分加熱。
2.イチゴは洗ってヘタを取っておく。レモンは果汁を絞っておく。
3.全部の材料をミキサーに入れ、滑らかになるまで撹拌する。
4.③をジップロックなどの容器に入れ、冷凍庫で3~4時間冷やす(時々混ぜる)

作り方11:ココナッツミルクのジェラート

さっぱりした甘みが特徴のココナッツミルクジェラートは、一口ほおばっただけで南国の雰囲気を味わえるちょっと贅沢なトロピカルジェラートです。

アイスクリームにも似たミルク味のジェラートには材料に卵が使われることがありますが、ココナッツミルクジェラートは卵不使用で作れるので、アレルギーを持つお子さんでも安心して食べられるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

ココナッツミルク 200g
生クリーム 200ml
砂糖 大さじ4

1.生クリームを泡立てて、ココナッツミルクと砂糖を加えてよく混ぜたら、冷凍庫で1時間冷やし、全体をかきまぜ、さらに1時間冷やしたら、かき混ぜて器に盛る。

作り方12:濃厚カシスジェラート

レモンとは異なるベリー系の爽やかな酸味が特徴のカシスを使ったジェラートは、レモンジェラートより酸味が強すぎないので、レモン味が苦手な方でも食べやすいジェラートでしょう。

まろやかな酸味のジェラートに仕上がるように、ヨーグルトやはちみつが使われていることがこのジェラートの特徴です。

Blockquote firstBlockquote second

(ヨーグルトベース) .
無糖ヨーグルト 200g
グラニュー糖 30g
練乳 20g
レモン果汁 10g
植物性生クリーム 50g
(カシスベース) .
カシスピューレ 100g
はちみつ 20g

1.ヨーグルトベースの全てを混ぜ、冷やしておきます。

カシスベースの全てを混ぜ冷やしておきます。
2.アイスクリームメーカーを使用。(こちらのメーカーのものは使用前に8時間凍らせてから使用)ヨーグルトベースを入れ数分回します。
3.ヨーグルトベースが固まってきたらカシスベースを入れ更に回します。お好みの固さになったら完成!柔らかめが好きな方はそのまま、固目が良い場合はバットに移し冷やして下さい。

作り方13:混ぜるだけのスイカのジェラート

夏の風物詩・スイカは、カットしてそのまま食べるだけでなく、ジェラートに変身させることでおしゃれなスイーツになります。

スイカの赤い色味が、ジェラートにすることでやわらかいピンク色に薄まり、ほのかな甘さと優しい味わいに滑らかな舌触りが病み付きになること間違いないレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

すいか 350g
バニラアイス 200ml

1.スイカは種を取って2cm角くらいに切り分け、保存袋に入れて冷凍しておく。(調理時間に含まず)
2.フードプロセッサーに1とバニラアイスを入れ、滑らかになるまで混ぜて完成!

作り方14:ブルーベリーとバナナのジェラート

スムージーよりスイーツ感のある食感と、ねっとりと仕上げた果物の甘みと舌触りがクセになりそうなおすすめジェラートです。

作り方にも掲載されているように、くだものの食感を楽しむジェラートなので、攪拌しずぎないように、様子を見ながら行いましょう。

Blockquote firstBlockquote second

冷凍バナナ 1本
冷凍ブルーベリー 10粒
ヨーグルト 大匙1
プロテイン 大匙2

1.全ての材料をフードプロセッサーに入れ4秒攪拌して完成

フルーツの食感を大切に、長く攪拌しすぎないこと!

作り方15:お豆腐ジェラートの梅ジャム添え

乳製品や砂糖を一切使用しないヘルシージェラートなので、ダイエット中の女性でもカロリーを気にせず食べられるジェラートです。
 
また、お豆腐ジェラートにトッピングするジャムの作り方も何種類かマスターすれば、飽きずに食べられるヘルシージェラートになります。

Blockquote firstBlockquote second

絹ごし豆腐 300g
豆乳 100cc
麹甘酒 50g

1.材料全てを混ぜ合わせる
2.ジップロックに入れて冷凍庫で2〜3時間。
※余裕のある時は途中で冷凍庫から出して揉む

作り方16:トマトの冷たいジェラート

トマトが苦手な子供でも、パクパク食べられる爽やかな香りにほのかな甘みが特徴のトマトジェラートの作り方も覚えてみませんか。

手間をかけずに作れるおしゃれなジェラートなので、ホームパーティーなどに作って出せば、喜ばれること間違いない一品です。

Blockquote firstBlockquote second

トマト 大1個(200g)
練乳ORはちみつ 大さじ1
お好みでプレーンヨーグルト 大さじ2

1.トマトはまるごと、固まるまで冷凍する(冷凍庫で約1~2時間)。
2.1を常温に置き(約30分)、少し柔らかくなったら、すりおろし器ですりおろす。
3.2を器に入れ、練乳、好みでヨーグルトを加える。

・練乳の代わりに、はちみつでもよい。
・トマトの甘味に合わせて、練乳の量を調整する。

もっとジェラートやアイスのレシピを知ってみよう

ジェラート・アイスクリーム・シャーベットの45のレシピ
ジェラート・アイスクリーム・シャーベットの45のレシピ
口コミ

レシピもそうですが、写真も素晴らしいです。 背景とか使ってる器とかもとても勉強になりました。 本当にわかりやすく説明書きされていて良かったです。

今回紹介する「ジェラート、アイスクリーム、シャーベットーライト&リッチな45のレシピ」では、後味さっぱりや濃厚な口どけが特徴のアイスクリームなど、45の作り方が掲載された手づくりアイスの入門書です。

本書では、卵や生クリーム不使用のジェラートやシャーベットの作り方を始め、卵黄・生クリームたっぷりのアイスクリームの作り方、パーティーにも最適なアレンジメニューまで、その日の気分に合わせて選べるレシピが満載です。

ジェラートの美味しい食べ方

アイスクリームにはないなめらかな舌触りが人気のジェラートは、ジェラートそのものを手作りするだけでなく、アレンジして食べても美味しいスイーツです。

ジェラートを、空気を含ませながら混ぜるだけでなく、パンや白玉ぜんざい、アフォガードにして食べてみませんか。

食べ方1:空気を含ませながら練り混ぜる

手作りジェラートの作り方にも記載されている、アイスに空気を含ませながらよく練り混ぜて作る工程は、ジェラートの特徴である滑らかさをだすための大切な工程です。

そして、ジェラートは、食べる時もスプーンで空気を含ませながらすくうと、より滑らかな食感を楽しむことができます。

食べ方2:パンに挟んで食べる

ソフトクリームにも似た食感のジェラートは、そのまま食べるだけでなく、パンに挟んで食べても美味しいスイーツです。

パンに挟むジェラートの味には、濃厚なミルク味やチョコ、カシスやブルーベリーなどのベリー系のように、濃い味のジェラートがおすすめです。

食べ方3:白玉ぜんざいにして食べる

つるんとしたノド越しとモチモチ食感がクセになりそうな白玉は、あんこと一緒に食べられる機会が多いスイーツですが、ジェラートとも相性が良いことを知っていましたか。

作り方は、白玉ぜんざいに使用されるあんこの代わりにジェラートを使い、ジェラートの上に白玉ぜんざいをトッピングするだけです。

淡泊な味の白玉と共にいただくジェラートの味は、パンと同様に、風味豊かでコクのある味が合うでしょう。

食べ方4:アフォガードで食べる

ジェラートと同じくイタリア生まれの人気スイーツ「アフォガード」は、アイスクリームだけでなく、ジェラートでも美味しく食べることができます。

アフォガードの作り方は、バニラ風味のジェラートにエスプレッソをかけるスタイルが多く見られますが、アイスにかける飲み物は、コーヒーや紅茶、リキュールなどお好みの飲料をかけて楽しみましょう。

美味しいジェラートの作り方を知ろう

ジェラートを家庭で手作りすることは、一見難しそうですが、作り方に記載されている分量を守ることや作り方を丁寧にこなすことで、美味しい手づくりジェラートを作ることができます。

また、ジェラートの作り方には、多くの材料を使用した手間のかかる作り方だけでなく、少ない材料と作業工程でかんたんにできる作り方もあります。市販のアイスでは味わえない出来たてのジェラートを手作りしてみませんか。

東京でおいしいスイーツを食べよう

スイーツは、家庭で作る手作りするのもいいけれど、たまには、自分にご褒美と称してちょっとお高いスイーツを食べてたいと思うことがあるでしょう。

そこで、和・洋菓子を問わず多くのスイーツ専門店が設置されている、流行の最先端を発信する東京都にある数多くのスイーツ店からあなただけのお気に入りのお店を見つけてみませんか。

関連記事

Related