Search

検索したいワードを入力してください

カラマンシーとは?カラマンシーの効能6つ・レシピ5つ

Author nopic iconyuca
食の知識 / 2019年01月28日
カラマンシーとは?カラマンシーの効能6つ・レシピ5つ

カラマンシーとは

カラマンシーという名前をきいたことはありますか。カラマンシーは柑橘系の一種でころんとした、手のひらサイズのかわいい果物です。沖縄で有名なシークワーサーやなど、見た目が似ている柑橘系仲間が多いので、カラマンシーの特徴を知りたい人もいるでしょう。

カラマンシーはフィリピンでは非常に人気の果実で、ドリンクやマーマレード、肉料理の味付けに使われます。カラマンシーの魅力や特徴について紹介します。

カラマンシーの原産地

実は、カラマンシーの原産地は、よくわかっていません。野生のカラマンシーというものはなく、品種の交雑で生まれたものとされています。

東南アジア、特にフィリピンで好まれているカラマンシーは、マンダリンオレンジとキンカンの交雑ではないかとされていますが、起源が昔なので定かではありません。

カラマンシーの成分

奇跡の果実という呼ばれ方もあるカラマンシーですが、ビタミン成分が豊富に含まれています。カラマンシーのビタミンの量はなんとレモンの30倍ともいわれており、美容や病気の予防、体調改善に大きく高価をもたらしてくれます。

カラマンシーはそのまま食べることもできるので、非常に生活に取り入れやすいです。

シークワーサーとの違い

カラマンシーはシークワーサーと見た目が非常に似ています。過去に、シークワーサーと偽ってカラマンシーが販売された事件もあるくらいです。いずれも柑橘系のミカン科の果物で、酸っぱい味が特徴です。

大きな違いは成分です。シークワーサーはノビチレンが、カラマンシーはビタミンが豊富です。ただ、多少の違いはあれど、どちらも美容や健康に効果があります。また、シークワーサーは沖縄、カラマンシーは東南アジアが有名です。

カラマンシーの6つの効能

ビタミンCが豊富なカラマンシーの5つの効能を紹介します。カラマンシーは、美肌効果やアンチエイジングといった美容分野から、疲労回復、貧血予防といった健康分野にまで力を発揮します。生で食べられるほか、果汁として販売されているものもあります。

効能1:美肌効果

豊富に含まれるビタミンCが美肌効果をもたらします。ビタミンCがダイエットなどで欠乏すると、肌が栄養不足でカサカサになってしまいます。シミ・そばかすなどメラニン色素を消してくれる効果もあります。

効能2:免疫力アップ

ビタミンCは、免疫力アップにも効果があります。体の不調を感じた時点で、ビタミンCを摂取すると大事には至らないこともあります。カラマンシーは手軽にビタミンCを摂取できるので、毎日とり続けていると簡単に丈夫な体になっていきます。

効能3:疲労回復

カラマンシーには疲労回復効果もあります。体力の問題だけではなく、精神的なストレスにもカラマンシーに含まれるビタミンCは効果的です。ストレスを受けると、体の中に活性酸素が発生します。ビタミンCは抗酸化作用があるため活性酸素を取り除いてくれます。

疲れて食欲がないときでも、さっぱりした味付けの食べ物なら食べやすいでしょう。酢の物など、火を使わなくても簡単にできる和え物にも、カラマンシーは使えます。

効能4:貧血予防

貧血対策に鉄分をとることを意識している人は、ビタミンCやたんぱく質なども同時にとるようにしましょう。ビタミンCをとると、鉄の体内吸収効果がアップします。また、すっぱいカラマンシーを食べると唾液や胃酸の分泌が活発化します。消化を助けてくれる効果があるため、結果的に貧血予防にもつながります。

効能5:アンチエイジング

カラマンシーに含まれるビタミンCは、アンチエイジングにも効果があります。ビタミンCを取ることで、肌が若々しく保たれるだけでなく、骨や歯の形成にも効果があります。若々しく元気でいるために、ビタミンCを手軽にとっていきましょう。

効能6:ダイエット

カラマンシーはダイエットの強い味方です。カラマンシーに豊富に含まれるビタミンCが、ダイエット中の栄養不足を助けるほか、酸味により消化を助ける効果もあります。さらに、カラマンシーには脂肪を分解してくれるノビチレンやシネフリンといった成分も含まれています。

カラマンシーを手軽に楽しもう

奇跡の果実 美酢 「カラマンシー」900ml
奇跡の果実 美酢 「カラマンシー」900ml
口コミ

味は美味しい!夏場は冷水で冬はホットで!とりあえず健康に「良い」と思いながら飲んでます。

カラマンシーを手軽にとりたいなら、ジュースや酢などボトルタイプの商品がおすすめです。温めても冷たくしてもおいしく、炭酸水や牛乳で割ってもおいしいとの声もあります。

シークワーサーやカボスなど、さっぱりした柑橘系が好きな人におすすめです。ボトルタイプなので、料理の隠し味にも気がるに利用できます。ポン酢のように、家庭に常備してはいかがでしょう。

カラマンシーを使ったレシピ5つ

カラマンシーを使ったレシピを5つ紹介します。酸っぱい味や、緑色のかわいい色味を生かしたおいしいレシピなので、ぜひ試してみてください。

市販のドリンクをそのまま飲むのもお手軽でいいですが、ひと手間かけたスイーツやお料理にしても楽しいです。酸っぱさを生かしたソースやドレッシングのような味わい方もできます。

レシピ1:パクチーとカラマンシーのピリ辛サラダ

さっぱり酸味がサラダにあいます。パクチーは、野菜と一緒にいれましょう。パクチーは好みがわかれる野菜ですが、好きな人にはたまらない味でしょう。密閉して保存しておけば、冷蔵庫で数日は日持ちします。酸味とピリ辛が効いた料理です。肉料理の付け合わせにおすすめです。流行りのジャーサラダにしても見栄えがいいレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

1.キュウリとトマトはダイス切り、玉ねぎは薄くスライスしたものを粗みじん切り、ニンニクはみじん切りにします。カラマンシーは絞りやすいように半分に切っておきます。
2.野菜を全てボウルに入れ、カラマンシーを絞り、残りの材料を全て和えてできあがり。
3.煮沸消毒した容器に入れ、フタをぴっちり閉めましょう。すぐ食べても、一晩たってから食べても美味しいです。

レシピ2:バジルとカラマンシーのサラダスパゲティ

カラマンシーが主役になる、あっさりしたパスタレシピです。冷製パスタなので夏におすすめです。家庭菜園でバジルなどのハーブを育てている人もいるでしょう。

バジルとカラマンシーのコンビが癖になるパスタです。マヨネーズにレモンを合わせてさっぱりいただきましょう。ゆでたバジルは、水気をよくしぼっておくと、カラマンシーやマヨネーズの味が際立ちます。

Blockquote firstBlockquote second

1.サラダ用スパゲティは、サラダ油と塩を少々入れたお湯で好みの固さに茹で、水気を切っておきます。
2.葉物野菜は食べやすい大きさに切ってさっとゆで、水気をよく切ります。
ハムは千切り、コーン缶も水気を切ります。
バジルの葉は、これでもか!というくらいみじんぎり。
カラマンシーは絞ってジュースを取ります。
3.*印のドレッシング材料を全部よく混ぜ、スパゲティと具材をあえて、冷めたら冷蔵庫へ。
よ~く冷やしてできあがり。

レシピ3:ブリの照り焼き

日本の料理にもカラマンシーが隠し味として活躍します。ブリの照り焼きは定番の和風料理ですが、さっぱりと味わうために、カラマンシーはいかがでしょう。

カラマンシーの果汁を、タレに一さじ加えて煮詰めます。カラマンシーの果汁はボトルで売っているものを使っても、自分で絞って用意することもできます。カラマンシーがない時はレモン汁でも代用できます。

Blockquote firstBlockquote second

酒:大さじ2
みりん:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
砂糖:大さじ1
を加え、煮詰めていきます。

ここで、もうひとつ。隠し味に ”あ る も の”を加えます。
「これは何?」
と思うでしょう。
これは、カラマンシーの果汁です。
ないときは、レモンで代用もできます。
カラマンシーの果汁を大さじ1加えます。

レシピ4:カラマンシーのスムージー

スイーツ感覚でカラマンシーを楽しめるスムージーはいかがでしょう。パイナップルなど甘い果物と、アボカドなど栄養たっぷりの材料を組み合わせます。アボカドの癖が苦手という人は、バナナを使うと甘くて飲みやすいです。スムージーでは、バナナやアボカドのような、とろみがつく材料を選ぶことがおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

・材料(2人分)
カラマンシーピューレフレッシュ100 50cc
パイナップル 1/4個
アボカド 1/2個
パセリの微塵切り 大さじ2
水 200cc

・作り方
①パイナップルとアボカドは皮を剥いて適当な大きさに切ります。
②ミキサーにすべての材料を入れて滑らかになるまで攪拌します。
③グラスに注いで出来上がりです。

レシピ5:アロス・カルド

フィリピンの郷土料理で、カラマンシーを使ったものがアロス・カルドです。アロス・カルドは日本でいうおかゆのような料理で、寒い季節にぴったりの鶏肉を使った煮込み料理です。フィリピンではカラマンシーが好まれており、ドリンクから料理にまで幅広く展開されています。

アロス・カルドはナンプラーを入れることが多く、癖が強いと感じる人もいます。カラマンシーを入れることで、さっぱりとして食べやすくなります。

Blockquote firstBlockquote second

1.米を軽く洗い、ザルに空けて水気を切る。生姜は千切り、にんにくはみじん切り、玉ねぎは粗みじん切りにする。
2.鍋にサラダ油を熱し、生姜、にんにくを香りが出るまで炒め、玉ねぎを入れ透明感が出るまで炒める。
3.2)に米を入れて炒め、水、チキンウィングを入れる。
4.途中アクをすくい、米が柔らかくなったら、カラマンシー、パティスを入れ、味を調える。

カラマンシーで健康になろう

美容にも健康にもおすすめできるカラマンシーを、ぜひ味わってみましょう。お手軽に料理に活用できるボトルタイプのものを使えば、アレンジが簡単です。ポン酢のように常備してみてはいかがでしょう。ジュースのように、そのまま飲むこともできます。

さっぱりした味のカラマンシーは食欲がないときや疲労がたまっているときにも、非常に食べやすいです。柑橘系が好きな人にもおすすめです。

美肌になる方法を知ろう

カラマンシーのような、美肌効果を得られる食べ物もいいですが、どうせなら肌のお手入れ方法も勉強しましょう。

日常生活で気にしたい肌のお手入れ方法や、おすすめの化粧品を紹介します。肌がきれいではない理由もわかりますので、自分のお肌に自信がない人こそ読んでみてください。

関連記事

Related