Search

検索したいワードを入力してください

グラナパダーノの活用レシピ10選|チーズのレシピ本3選

Author nopic icon橘ケイ
レシピ / 2019年01月30日
グラナパダーノの活用レシピ10選|チーズのレシピ本3選

グラナパダーノとは

グラナパダーノという食材をご存知でしょうか。

グラナパダーノとは、チーズの名前です。粒状で、パルミジャーノ・レッジャーノより安価なことから、グラナパダーノはイタリアの食卓に欠かせない存在となっています。

今回は、グラナパダーノの活用レシピをメインに、グラナパダーノのレシピ本なども含めてご紹介していきます。ぜひグラナパダーノの魅力について、存分に知っていってください。

グラナパダーノの活用レシピ10選

「グラナパダーノの活用レシピ10選」ということで、グラナパダーノのおいしいお料理のレシピを、10個もご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になって、グラナパダーノの魅力的なレシピをたくさん増やして行ってください。かならず、お気に入りになる、レシピを見つけることができることでしょう。

それでは、さっそくグラナパダーノの活用レシピをご紹介していきます。

レシピ1:グラナパダーノ・リゼルヴァ

おいしいグラナパダーノを使ったレシピ、1個目は「グラナパダーノ・リゼルヴァ」です。

グラナパダーノ・リゼルヴァはパスタのレシピの1つです。生ハムの塩みと、大葉のさわやかな香味が特徴です。

グラナパダーノの気軽な使い方のなかには、イタリア料理の鉄板である、パスタが最適です。ぜひご自宅での、ちょっとオシャレなディナーのときには、グラナパダーノでパスタを作ってみてください。

Blockquote firstBlockquote second

1.麺を茹で生ハムは食べやすくカットし大葉は千切り☆の調味料を合わせておきます。少し固めにひきあげた麺を熱したフライパンにいれ、
2.ざっと炒めていきます。茹で汁を(分量外)少しづついれながら☆を加えて麺とよく混ぜ合わせます。
3.お皿に麺を盛りつけ、生ハム、大葉をのせグラナをスライサーでふんだんにすりおろして出来上がり〜♪

レシピ2:グラナパダーノのクリームソースパスタ

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ2つ目は「グラナパダーノのクリームソースパスタ」です。

今回のグラナパダーノのクリームソースパスタには、特徴があります。特徴とは、大根が使われていることです。パスタに大根とは、めずらしいとお思いではありませんか。

レシピをよく読んで、ぜひアレンジメントしてみてください。ひき肉もかなりうまみを出してくれるので、サッとお食事を作りたいときにおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

冷凍してあったひき肉と大根のラグーをクリーム仕立てで。にんにくとながねぎのみじん切り、ひき肉をいため、大根の角切りといっしょにお水で煮込み、大根の角がとれてきてとろとろとやわらかくなったところで生クリーム、ナツメグ、胡椒と塩であじつけ。ショートパスタと和えてグラナパダーノをたっぷりおろしてのせ、とろりあつあつを美味しくいただきました。

レシピ3:グラナパダーノのポタージュ

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ3つ目は「グラナパダーノのポタージュ」です。

生クリームと、ミルクをたっぷりと使ったこちらのグラナパダーノのポタージュは、なんと小松菜のジェノベーゼがアクセントとして使われており、コクがありながらもさっぱりとゴクゴクのめるポタージュです。

白花豆も食感がたのしめ、お豆の効果でお腹がいっぱいになります。

Blockquote firstBlockquote second

スープはのこりマカロニと、週はじめに乾燥豆から煮た白花豆の組み合わせ。生クリームと牛乳でまろやかに仕上げ、きのうアップした小松菜ジェノベーゼがきりっとアクセント、おろしたグラナパダーノをたっぷりかけて、こくたっぷりで美味しくいただきました。

レシピ4:バジルチーズ春巻き

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ4つ目は「バジルチーズ春巻き」です。

ギョウザの皮を使った、グラナパダーノとの掛け算レシピです。あまったギョウザの皮を使えるので、冷蔵庫のお片づけレシピともいえます。

チーズも、グラナパダーノだけではなく、カッテージチーズも、使われているので、かなりコクが出ます。

小さなお子さまにも、大人のお酒のおつまみにもおすすめのメニューです。

Blockquote firstBlockquote second

1.ボウルにカッテージチーズ、グラナパダーノ、バジルペーストを入れて、混ぜ合わせ、味見をしてから、塩胡椒で味を整える。
2.ミニ春巻きの皮に1を包む。
3.200℃の揚げ油で、きつね色がつくまでカラッと揚げる。
4.ラックに乗せ、油を切って、出来上がり。

レシピ5:鮭のチャウダー

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ5つ目は「鮭のチャウダー」です。

ルウーを使わずに、生クリームを使って作られている、こちらの「鮭のチャウダー」は、グラナパダーノのおかげで、とってもまろやかでコクと風味が良いメニューです。

寒い冬には、芯から体をあたためてくれます。そして旬の鮭を使っているので、コストパフォーマンスもよく作ることができる、お財布にもやさしいレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

1.鍋に油をひき、ざく切りにした玉ねぎ、一口大に切ったジャガイモ、4等分に切ったマッシュルームを加え炒める。全体に油が回ったら水を加え煮ていく。
2.鮭の骨と皮を取り除き一口大に切る。全体に塩胡椒(分量外)をふり、小麦粉(分量外)をまぶして油を引いたフライパンで焼く。裏表に焼き色が着いたら取り出す。後で煮込むので完全に火が通っていなくてもOK。
3.鍋のジャガイモが柔らかくなったら鮭を加える。一煮立ちしたら生クリームを加え塩胡椒、粉チーズ、タイムを加え3〜4分煮たら出来上がり。

レシピ6:ジャーマンポテト

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピは6つ目は、「ジャーマンポテト」です。

「ジャーマンポテトにチーズなんて使うのかな」とおもっていらっしゃる方には、ぜひお試しいただきたい人気メニューです。

かんたんにグラナパダーノを使った、おいしいお酒のおつまみが出きあがります。もちろん、小さなお子さまのお弁当や、おやつにもぴったりです。

ぜひお試しください。

Blockquote firstBlockquote second

1.ジャガイモは食べやすい大きさの薄切りにし、水を張った耐熱容器に入れて電子レンジで5分ほど加熱して下茹でする。ベーコンは細切りにする。
2.熱したフライパンに油をひき、ベーコンを炒める。ベーコンに軽く焦げ目が付いてきたらジャガイモを加え炒める。ジャガイモが炒まって柔らかくなったら塩胡椒とタイムを加える。皿に盛り付け粉チーズをふりかけたら出来上がり

レシピ7:ジャガイモと枝豆のキッシュ

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ7つ目は「トースターで焼くジャガイモと枝豆のキッシュ」です。

今回のレシピでは、電子レンジを賢くつかって、ジャガイモを時短でおいしく火をとおしています。

グラナパダーノをキッシュソースに使うことによって、キッシュソースにコクがでてうまみや、まろやかさ、芳醇な香りが際立ちます。

ホームパーティーのときに、パッと華やかにテーブルを彩ってくれます。

Blockquote firstBlockquote second

1.冷凍パイシートは冷蔵庫で解凍しておく。完全に溶けたら綿棒で伸ばし、キッシュを焼く耐熱皿よりふた回り大きく伸ばす。耐熱皿にキッチンペーパーに油を染み込ませ薄く塗っておく。伸ばしたパイシートを乗せ、容器に沿って隙間があかないように押さえ、はみ出た部分はナイフでカットする。底と側面にフォークで穴を開けておく。
2.キッシュの中身を作る。ジャガイモは薄く切って水を浸した耐熱ボウルに入れ、電子レンジで加熱して軽く下ゆでする(600wで5分くらい。完全に火は通らなくてOK)。熱したフライパンに油をひき、玉ねぎ、ベーコンを炒める。
3.玉ねぎがしんなりしてきたらジャガイモと枝豆を加え、塩胡椒をして更に炒める。ジャガイモが柔らかくなったら生クリームと粉チーズを加え一煮立ちさせ、火を止めたら粗熱が取れるまで置いておく。
4.粗熱が取れたらパイ生地をしいた器に流し込み、シュレッドチーズをたっぷりかけてトースターで焼く。強火で10分焼き、アルミホイルをかぶせて更に10分〜15分くらい焼く。パイ生地が膨らんで焼き色がついたら出来上がり。

レシピ8:鶏胸肉のピカタ

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ8つ目は「鶏胸肉のピカタ」です。

「ピカタ」というお料理を、みなさんはご存知でしょうか。「ピカタ」とは薄切りにした、お肉や、お魚を小麦粉と、溶き卵にくぐらせて焼いたお料理のことです。

今回は、その溶き卵に、アクセントとコク出しのために、グラナパダーノが混ぜてあるレシピです。

お子さまにも大好評なことのおおいピカタなので、たまには味変したいときにどうぞ。

Blockquote firstBlockquote second

1.鶏胸肉を食べやすい大きさに切り塩胡椒で下味をつける。
2.衣を作る。ボウルに卵を割り入れ白身をよくほぐす。粉チーズ(グラナパダーノ)、粉パセリを入れよく混ぜる。
3.フライパンを熱し油を引いたら、肉を衣にくぐらせ両面焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。

レシピ9:ササミとズッキーニのリゾット風雑炊

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ9つ目は、「ササミとズッキーニのリゾット風雑炊」です。

生米からつくって、手間のかかるリゾットですが、ササミとズッキーニのリゾット風雑炊は、あくまでも「リゾット風」なので、お手軽に出きます。

軽いお夕食にしたいときや、忙しいランチのときに便利なメニューです。女子会などに作っても、おしゃれで好評でしょう。ぜひお試しください。

Blockquote firstBlockquote second

1.鍋に湯を沸かし塩と酒を少し入れて(分量外)ササミを茹でる。肉に火が入ったら取り出しほぐしておく。ササミの茹で汁もとっておく。、
2.鍋にオリーブオイルを入れ、おろしニンニクとみじん切りにした玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通ったらズッキーニとエリンギを加えて更に炒める。野菜に油が行き渡ったらササミの茹で汁を加えて塩胡椒をし煮る
3.野菜がある程度柔らかくなったら、電子レンジで温めなおしたご飯を加える。好みのゆるさになったら塩胡椒と粉チーズを加えて一煮立ちしたら出来上がり。仕上げにお好みで粉チーズをふりかける。

レシピ10:グリーンアスパラガスの温サラダ

おいしいグラナパダーノをつかった、お料理のレシピ10個目は、「グリーンアスパラガスの温サラダ」です。

グリーンアスパラガスは、よく豚肉に包んで焼いたりしますが、フレッシュな味付けと調理方法の温サラダもとってもおいしい、人気レシピです。

半熟たまごのまろやかさと、グラナパダーノのコクや、酸味がとってもマッチします。ぜひ「もう1品ほしいな。」とおもったときに作ってみてください。

Blockquote firstBlockquote second

1.にんじんは 塊のままゆでる。そのご 粗熱をとって賽の目にきる。
2.玉ねぎは粗みじんにきり 蒸し炒めする。
3.アスパラガスは下のほうの皮をむき ロースターの強火で2分焼き、すぐ取り出し粗熱をとる。さらに賽の目に切る。
4.卵は人参をゆでたお湯にいれ3分ほど半熟にゆで すぐに 水にとる。半熟卵を器にわり、白身をスプーンで掻きだす。
5.グラナパダーノはすりおろす。
6.オリーブオイル、バルサミコ酢、塩でソースをつくり1-3と和え、さらに4.と5.を加える。

おすすめチーズスライサー

チーズ スライサー&グレーター
チーズ スライサー&グレーター
口コミ

軽いフレームで持ち易く、幅広く削れるのでまんべんなく広範囲にふりかけたいときやいろいろな種類を削りたいときにも役立っています。(一部抜粋)

グラナパダーノ以外にも、チーズにはたくさんの種類があります。

そんなたくさんのチーズを、気軽にさまざまなお料理に使うには、「チーズスライサー」があると、たいへん便利です。

固形のままいただくのも、贅沢でおいしいですが、削ってあげることによって、よりいっそう風味が豊かになり、さまざまなお料理に使いやすくなります。

ちょっとサラダにかけたり、スープにかけたり、カレーライスにかけたり、ぜひ活用しましょう。

チーズのおすすめレシピ本3選

今回は、「チーズのおすすめレシピ本3選」をご紹介していきましょう。

ぜひチーズのレシピをもっと知っていただいて、手料理のレパートリーを増やしていってください。

1冊でも本をもっておけば、いつでもじぶんの必要なときにレシピを見ながら、お料理を作ることが出きます。

本1:チーズ料理簡単レシピ

チーズ料理簡単レシピ―Cheese on the table! (だれでも手早く作れる基本のチーズ料理)
チーズ料理簡単レシピ―Cheese on the table! (だれでも手早く作れる基本のチーズ料理)
口コミ

本当に簡単レシピですが、おつまみやメイン、デザートやパーティメニューまで何でもあります。(一部抜粋)

「チーズ料理簡単レシピ」は、そのタイトルのとおり、チーズを使った、カンタンすぎるお料理のレシピをたくさん紹介している本です。

世界中のチーズそのものについても、紹介があるので、ほんとうにチーズのことを学びながら、おいしいお料理を作っていくことが出きます。

ぜひ、チーズ料理初心者さんに、手に取っていただきたい1冊です。

本2:楽ウマ! チーズレシピ

楽ウマ! チーズレシピ
楽ウマ! チーズレシピ
口コミ

簡単に作れそうなものからヨーロッパの伝統的なチーズ料理まで網羅されていて、これは使える一冊ですね、チーズ好きな方にはおすすめです。(一部抜粋)

「楽ウマ! チーズレシピ」は、マツコ・デラックスさんの番組で、紹介された著者さんの作品です。

伝統的な世界のチーズ料理や、お料理初心者さんでもかんたんに作れるチーズ料理のレシピが、余すこと無く紹介されています。

著者のお料理教室でも、なかなかご紹介されない、レアなレシピばかりが掲載されています。

本3:ベターホームのチーズ料理

ベターホームのチーズ料理
ベターホームのチーズ料理

¥ 1,512

「ベターホームのチーズ料理」は、世界中に、数えきれないほどあるチーズのなかから、22種類のナチュラルチーズを厳選して、ナチュラルチーズのレシピを紹介している本です。

ご家庭でかんたんに作ることのできる、おいしいチーズ料理がふんだんに紹介されていて、ついつい味見が進んでしまいます。

グラナパダーノで料理を作ろう

グラナパダーノは、とってもお料理につかいやすいチーズです。本場イタリアでもかなりメジャーで、頻繁に使われています。

そして毎日の食卓に、かならずと言っていいほど、登場するチーズです。ぜひみなさんもグラナパダーノでお料理をつくりましょう。

チーズにはたくさんの種類がある

チーズには、かなりたくさんの種類があります。

今回はみなさんに、すこしでもチーズのお料理を身近に感じていただくために、マスカルポーネをつかったレシピの記事と、クリームチーズのレシピの記事をご紹介します。

関連記事

Related