Search

検索したいワードを入力してください

埼玉のムーミン谷の公園の魅力10こ|アクセス方法・ゆかりの地

Author nopic iconpeco
お出かけ / 2019年02月20日
埼玉のムーミン谷の公園の魅力10こ|アクセス方法・ゆかりの地

埼玉県飯能市ってどんなところ?

埼玉県飯能市は、埼玉県の南西にある市で、7割が山野、市街地は南東端に集中しています。

都心へのアクセスもしやすく、自然に恵まれていて、のどかでまったりとした場所です。緑豊かで自然に溢れている市ですが、東京のベッドタウンとしてお洒落で都会な雰囲気も持っています。街と自然の良い部分や雰囲気を、バランス良く併せ持っている、素敵な街です。

あけぼの子どもの森公園とは?

埼玉県の「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、まるでムーミンの世界にいるような気持ちになることができる公園です。

埼玉県のムーミン谷のようなこの公園は、北欧の有名な童話作家で「ムーミン」の生みの親のトーベ・ヤンソンさんと埼玉県飯能市の手紙のやりとりから生まれました。

ムーミンの世界観がつまった公園なので、「ムーミン谷公園」や「ムーミン公園」とも呼ばれ、多くの人に親しまれています。

アクセス方法

埼玉県にあるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園へのアクセス方法を紹介します。

自動車の場合は、圏央道「狭山日高IC」から約20分、圏央道「青梅IC」から約20分、関越道「川越IC」から約50分で、行くことが可能です。

電車の場合は、西武池袋線「元加治駅」から徒歩約20分で行くことができます。また、西武池袋線「飯能駅」、西武池袋線「東飯能駅」、JR線「東飯能駅」からは、約4kmの距離があります。

埼玉県にあるムーミン谷の魅力とは

埼玉県のムーミン谷のようなこの公園は、可愛らしい建物と自然豊かで緑あふれる空間が、「本当にムーミン谷や北欧童話の世界にいるみたい」という気持ちになれる、とても魅力たっぷりの公園です。

川、森、芝生、自然に触れ合うことができたり、遊び心が刺激されるような仕掛けがたっぷりの建物の中で遊ぶことができたり、子どもたちは目を輝かせてとても楽しく過ごしてくれることでしょう。

魅力1:トーベ・ヤンソンの想い

この埼玉県のムーミン谷のような公園がつくられる際、トーベ・ヤンソンさんも、埼玉県飯能市と約7年間交流をするなどして、深く関わられました。

自然に触れ合って過ごすことがとても多いフィンランドのように、自然に触れ合い、自然の中で遊び、自然の中でいろいろな体験をして、子どもの豊かな心や創造力を育てることを、この埼玉県のムーミン谷のような公園ではすることができます。

魅力2:ムーミン屋敷

この埼玉県のムーミン谷のような公園には、「ムーミン屋敷」という建物があります。

この建物は、2つのとても大きなきのこが地面から生えているかのようなとても可愛らしい形の、ムーミン谷に存在しそうな建物で、「きのこの家」とも呼ばれています。

ムーミン屋敷の中に入ると、抜け道、隠し部屋、アートのような螺旋状の階段など、子どもの目がキラキラしたり心がわくわくするような魅力がいっぱいつまった空間です。

魅力3:図書コーナー

埼玉県にあるムーミン谷のような公園には、図書コーナーのある、「森の家」という建物もあります。

この建物は、何本もの飯能産の檜の丸太を立てて並べてつくられた建物で、壁、天井、床、階段、テーブルや棚などのインテリアなど、外観も内観もウッド調で統一されています。

ムーミンやトーベ・ヤンソンさんの歴史を知ることができる資料のコーナーがあったり、図書コーナーではムーミン童話などを読んで楽しむことが可能です。

魅力4:カフェプイスト

埼玉県にあるムーミン谷のような公園には、「カフェプイスト」という建物もあります。

鮮やかなブルーの外壁とぬくもりを感じられる木で溢れた内観、ところどころで見られるファブリックや北欧カラーが、北欧の雰囲気を感じることができる、可愛らしいカフェです。

オーブンサンドなどの北欧料理をいただくことができ、テイクアウトできるメニューもありますので、カフェの外に出てムーミン谷を感じながらいただくのもおすすめです。

魅力5:こども劇場

埼玉県にあるムーミン谷のような公園には、「子ども劇場」という建物もあります。

この建物では、音楽会、読み聞かせ、紙芝居など、子どもが喜びそうなさまざまなイベントが開催されています。

変わった形をした屋根と窓がおしゃれで可愛く、階段をのぼり屋根へ出ると妖精のような可愛いらしい生き物たちのオブジェが出迎えてくれます。

魅力6:メタセコイア並木

埼玉県にあるムーミン谷のような公園には、「メタセコイア並木」もあります。

ムーミン谷のような世界の中に立派に立ち並ぶメタセコイアたちは、夏が近づくと青々とした鮮やかでみずみずしい新緑となり、秋になると、赤、オレンジ、黄色に染まって園内を彩ります。

特に、秋色に染まったその景色は、より一層雰囲気が出て、とても美しく素晴らしいです。

魅力7:水あび小屋

埼玉県にあるムーミン谷のような公園には、「水あび小屋」もあります。

ムーミン童話の中で、スナフキンが釣りをしていたりトゥーティッキが住み着いていたりする、ムーミン谷にある、あの水あび小屋にそっくりです。ムーミン童話が好きな方にとっては、たまらないスポットです。

小川の中に建ち、小屋へ架かる橋を渡ると、中に入ることができます。

魅力8:トイレ

埼玉県にあるムーミン谷のような、トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園の、トイレについて、紹介します。

園内には、トイレは1か所のみで、「子ども劇場」の下にある「管理事務所」の中にあります。こちらには、トイレやおむつ交換スペースがありまして、掃除が行き届いているので綺麗で清潔なトイレです。

魅力9:見晴らし橋

埼玉県にあるムーミン谷のような公園には、「見晴らし橋」という名前の橋もあります。

見晴らし橋は、鉄でできた、トンネルのような形をした赤色の橋です。ムーミン屋敷の後方から流れてくる川を遡っていった先に、川に架かっています。

魅力10:阿須運動公園

埼玉県にあるムーミン谷のような公園は、阿須運動公園が隣接しています。

埼玉県にある阿須運動公園は、のびのびとできる広々とした芝生、遊具がたくさんで魅力いっぱいのちびっこ広場、暑い夏の季節に水遊びができるじゃぶじゃぶ池などがある、大人も子どもも思いっきり遊ぶことができる公園です。

自然の中を散歩するのもおすすめで、体育館、野球場、サッカー場、テニスコートなど、スポーツをする施設もとても多くあります。

ムーミン好きの人なら持っていたい一冊!

ムーミンキャラクター図鑑
ムーミンキャラクター図鑑
口コミ

期待を上回る内容に引き込まれ私の心をくすぐります、大切にしたい一冊と成りました。

「ムーミン大好き」「ムーミンたちのことをもっと知りたい」という方には、「ムーミンキャラクター図鑑」がおすすめです。

「ムーミンキャラクター図鑑」は、ムーミンのお話に登場する105人のキャラクターのことが紹介されている本です。和名とフィンランド語名、性格、好きなもの、物語の重要なシーン、名言など、キャラクター1人1人のことがとても詳しく紹介されてあります。

ムーミンゆかりの地

埼玉県にあるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園以外にも、日本にはムーミンを感じることができるさまざまなスポットがあります。

また、2019年には埼玉県飯能市に、ムーミンの世界を感じることができる「ムーミンバレーパーク」が誕生します。

今回は、秋田駒ヶ岳のムーミン谷、千葉県のいすみ鉄道、静岡県のぬくもりの森、宮城県のキートス広場の、4つのムーミンを感じることができるスポットについて、紹介します。

名所1:秋田ムーミン谷

秋田駒ヶ岳には、ムーミン谷とも呼ばれる一帯があります。

花の名山として有名な秋田駒ヶ岳は、いろいろな種類の高山植物がとてもたくさん咲き、高山植物の宝庫の山です。

ムーミン谷とも呼ばれる一帯は、花と緑に囲まれた美しい場所で、チングルマが一面に咲くことで知られています。最盛期となる6月下旬から7月上旬の、ムーミン谷のチングルマの花畑は、とても美しく圧巻される景色です。

名所2:いすみ鉄道

千葉県のいすみ鉄道は、ムーミン列車に乗れたり、ムーミン谷の仲間たちを発見できる景色を楽しめるなど、ムーミンをいろいろな形で感じることができます。

ムーミン列車は、鮮やかな黄色をしていて、外観や内観にムーミン谷の仲間たちが飾られている、とても可愛らしい列車です。

車窓から景色を眺めていると、ムーミン谷の仲間たちをいろいろな所で発見することができ、本当にムーミン谷にいるかのような、素敵な気持ちになります。

名所3:静岡県ぬくもりの森

静岡県にあるぬくもりの森は、世界観と雰囲気、フォトジェニックな建物が素敵で、絵本の世界や中世のヨーロッパの村にいるかのような、そんな気持ちになれる空間です。

施設の中には、雑貨屋さん、ケーキ屋さん、レストラン、ミニギャラリーなどの、さまざまなお店があります。

名所4:キートス広場

宮城県仙台市にある七北田公園内のキートス広場も、ムーミンを感じることができるスポットです。

キートス広場には、子どもたちが遊べるさまざまな遊具が設置されていますが、それらの遊具にはムーミン谷の仲間たちのイラストが描かれています。

これらの遊具は、2011年3月に発生した東日本大震災の復興支援としてフィンランドの企業が仙台市に寄贈した遊具で、「キートス」とはフィンランド語で「ありがとう」という意味です。

海外

ムーミンは、世界中の人から愛されている、とても可愛らしいキャラクターです。

いろいろな国でムーミン専門のお店や施設もつくられていて、ムーミンが生まれたフィンランドではムーミンワールドやムーミン美術館、イギリスや韓国にはムーミンショップ、タイや台湾にはムーミンカフェがあります。

今回は、フィンランドにあるムーミンワールドについて、紹介します。

フィンランドのムーミンワールド

フィンランドのナーンタリという街に、ムーミンワールドがあります。

ムーミンランドでは、ムーミン谷の仲間たちに会えたり、ムーミンやミィの家、水あび小屋、ニョロニョロの洞窟などの、ムーミン童話のシーンに出会え、まるで自分もムーミン童話の世界にいるかのような時間を過ごすことができます。

海に囲まれ緑が溢れた自然を感じることのできる場所ですので、ゆっくりと過ごしたり、散策して楽しんだりするのも、おすすめです。

埼玉のムーミン谷は素敵な場所

いかがでしたでしょうか。今回は、埼玉県にあるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園についてや、日本のムーミンを感じられるスポット、フィンランドにあるムーミンワールドなどについて、紹介しました。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園は、自然が溢れた園内や可愛らしい建物などとても魅力いっぱいの素敵な場所ですので、埼玉県など近くに住んでいる方も埼玉県以外に住んでいる方も、ぜひ遊びに行ってみてください。

公園デートの服装・おすすめスポット

普段あまり行かない場所でのデートは、ファッション、持ち物、行くべきスポットなど、よくわからなくて困ってしまうこともあります。

下記のサイトでは、公園デートでおすすめのファッションやおしゃれなアイテム、下北沢でデートする際のおすすめスポットが紹介されてあります。

気になる方は、ぜひ読んでみてください。

関連記事

Related