Search

検索したいワードを入力してください

クリスマスケーキの手作りレシピ16選|海外のクリスマス菓子

Author nopic iconkumalift
食の知識 / 2019年01月28日
クリスマスケーキの手作りレシピ16選|海外のクリスマス菓子

海外とは異なる日本特有のクリスマス文化

クリスマスケーキの手作りレシピ16選|海外のクリスマス菓子

本記事ではクリスマスケーキの手作りレシピ16選、海外のクリスマス菓子について紹介していきます。日本のクリスマスといえばクリスマスケーキを食べるという習慣がありますが、この他にも日本のクリスマス文化は海外と比べるとかなり特有の性質をもっているといわれています。

まずはじめに海外と異なる日本特有のクリスマス文化について見ていきましょう。どのあたりが海外のクリスマスとは異なるのでしょうか。

文化1:クリスマスケーキを食べる

日本では、クリスマスといえばクリスマスケーキを食べるということがまず頭に浮かぶ方は多いのではないでしょうか。イチゴのショートケーキ、サンタが乗っているデコレーションケーキがクリスマスケーキとしては日本のクリスマスの定番です。

これは日本ならではの文化で、海外ではフランスではブッシュドノエル、イギリスではクリスマスプディングなど、イチゴのショートケーキとクリスマスケーキは結び付きません。

文化2:チキンを食べる

海外ではターキー(七面鳥)などを食べますが、日本はクリスマスといえばクリスマスチキンがクリスマスのお決まりです。

日本でもターキーを食べるという文化は1970年ごろにはあったといわれていますが、なかなか七面鳥は手に入らないことから通常のチキンをローストする食べ方が流行りました。また、ケンタッキーによって、クリスマスにはフライドチキンを食べるという文化が定着しました。

文化3:25日より24日の方が盛り上がる

クリスマスというと24日と25日がありますが日本で盛り上がるのはクリスマス・イブの24日です。海外ではイエス・キリストの誕生を祝う25日がメインになります。

日本でなぜクリスマスイブの24日が盛り上がるのかというと「サンタさんがやってくる」という点が大きいです。サンタクロースがやってくるのは24日の夜なので24日を楽しみにする傾向が強いです。

文化4:家族より恋人と過ごす

日本のクリスマスというと、家族よりも恋人と過ごす日というイメージが強いです。海外のクリスマスでは恋人よりも家族で過ごすというのが一般的です。海外のクリスマスは日本のお正月のようなイメージに近いでしょう。

日本のクリスマスは「恋人とロマンチックな夜を過ごす」などの広告、流行した曲のフレーズなどメディアの力によって家族よりも恋人と過ごす日として広まっていきました。

文化5:プレゼントは1つだけ

日本のクリスマスプレゼントは一般的に1つだけです。欲しいものが多い方は1つを決めることに苦労したのではないでしょうか。

映画などでやポストカードでたくさんのプレゼントの箱がツリーの下に置いてある光景を見たことありませんか。実は海外のクリスマスプレゼントは一人につき複数あげるのが一般的です。

クリスマスケーキの手作りレシピ16選

次はクリスマスケーキの手作りレシピを16個紹介していきます。今年のクリスマスケーキは手作りにしようと意気込んでいる方はぜひ参考にしてみてください。難易度が高くない手作りレシピも用意しているので、料理が苦手という方も簡単にチャレンジできるでしょう。

レシピ1:ホワイトツリーのクリスマスケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ1として『ホワイトツリーのクリスマスケーキ』を紹介します。

ブーツの形をしたおしゃれで可愛いクリスマスケーキです。クリスマスのブーツは子供の頃にお菓子がいっぱいつまったプレゼントとして喜んだ人が多いのではないでしょうか。ブラウン、ホワイト、ピンクと色合いも可愛く子供たちも喜ぶデザインでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
A)卵 Lサイズ  3個
A)砂糖  100g
A)薄力粉 45g
A)カカオパウダー  20g
A)バター  20g
A)牛乳 20g
B)フランボワーズピューレ  130g
B)ホワイトチョコレート  85g
B)水あめ  10g
B)牛乳 20g
B)生クリーム  240g
C)キルシュ  5cc
C)ストロベリージャム  20g
C)砂糖  10g
C)お湯  10g
苺 適量
ホワイトチョコ(板状) 適宜
フォンダン(リボン用)  30g
型180角×H60mm 1台分

【作り方】
1.<準備>
・型に敷き紙を準備する。
・オーブン190℃に温める。
<A材料生地の準備を作る>
・バターと牛乳を合わせ湯煎で温める。
・薄力粉とカカオパウダーをまとめてふるっておく
<C材料シロップ準備>
C材料を全て合わせる
2.ボウルに卵、砂糖入れ湯せんにかけながら泡立て生地が人肌に温まったら湯せんからはずし、もったりするまで泡立てる
3.ふるっておいた粉を2回にわけて振りいれ、ゴムベラで切り混ぜる。
少量の生地を準備したバターと牛乳に加え混ぜて、すべての生地に戻してゴムベラで切り混ぜる
4.型に流し入れオーブンを170℃に下げ30分焼く。
焼き上がり型からだしケーキクラーにのせて冷ます。
5.<B材料クリームを作る>
チョコレートを溶かす。
水あめ、牛乳を合わせて温める。
フランボワーズピューレを温める
6.溶かしたチョコレートに温めた水あめ牛乳を少しずつ加え混ぜて、フランボワーズピューレを3回に分けて加え混ぜる
7.生クリームを緩めに泡立て、ゴムベラで数回に分けてチョコレート生地に加えていく
8.冷ました生地をブーツ型に切り取り、1.5cmの厚さを2枚スライスする。
9.生地の片面(上面に)シロップを塗りクリームと苺を並べる。
もう1枚の生地の両面にシロップを塗ってから重ねのせ、残りのクリームを絞り冷蔵庫で冷やす
10.ホワイトチョコレート(板状)をセルクル等で削り、冷やしたケーキの上に飾り好みでデコレーションして下さい
11.<フォンダンリボンの作り方>
フォンダン30gに色素で色をつける。
帯状を作る
16㎝×H3cm(1本)
5cm×H2cm(1本)
8㎝×H2.5㎝(2本)
12.16cmの帯を中心で合わせ真ん中をギュとかるく摘み、摘まんだ部分を5㎝の帯で止める。 (キルシュを塗って接着をする)
8㎝の帯を中心で接着。
形を整えるのにアルミホイル等を使うと形が整います

レシピ2:キウイとリンゴのリースクリスマスケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ2として『キウイとリンゴのリースクリスマスケーキ』を紹介します。花型に抜いたキウイとバラの形をしたリンゴが上品です。

リンゴはレンジで温めると柔らかくなるのでクルクルと巻きやすく、バラの形を作るのも簡単です。材料もシンプルなので、初めての手作りクリスマスケーキレシピとしておすすめでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
スポンジ(6号) 1つ
リンゴ 1/2個
キウイ 1個
純生クリーム 200cc
きび砂糖 大さじ1
アラザン 適量

【作り方】
1.リンゴは芯を取り除き、皮ごと縦薄切りに。
耐熱容器に並べ、落としラップをして、600wのレンジで3分加熱。
レンジから取り出し、冷めるまで放置。
2.キウイは6枚以上に輪切りにし、花型で抜く。
3.リンゴ3枚を使い、端を少しずつ重ねて、端からクルクル巻いて薔薇にする、これを3つ作る。
4.残ったキウイとリンゴは粗みじん切りにする。
5.生クリームにきび砂糖を入れて8分立てにする。
半分にスライスしたスポンジに薄く塗り、④を散らす。その上に生クリームを被せる。
6.もう半分のスポンジを、切り口を上にして重ね、軽く押さえる。
クリームを9分立てにして全体に塗る。
縁にヘラでウエーブ状に模様をつけ、
キウイとリンゴの薔薇をリースみたいに並べる。
アラザンを飾って完成!

レシピ3:ガトーオショコラの簡単クリスマスケーキ

フランス語で「チョコレートのお菓子」という意味を持つガトーオショコラはチョコレート好きにはたまらないケーキではないでしょうか。クリスマスケーキの手作りレシピ3として『ガトーオショコラの簡単クリスマスケーキ』を紹介します。

手順は混ぜていくだけの簡単レシピです。材料もシンプルで本格的な外見に仕上がるので、料理初心者の方にもぴったりなケーキでしょう。トッピングを変えればバレンタインでも活用できます。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
チョコレート 70g
無塩バター 40g
グラニュー糖 40g
卵 1個
薄力粉 40g
ベーキングパウダー 小さじ1/4
チョコレート(コーティング用) 70g
生クリーム(コーティング用) 40ml
牛乳(コーティング用) 小さじ1

【作り方】

1.耐熱ボウルに細かくしたチョコレートと無塩バターを入れ、レンジで加熱して溶かします(500Wで50秒ほどからお試しください)。ヘラで混ぜて余熱で溶かしながら、なめらかにします。
2.グラニュー糖を加えて混ぜ、卵を加えてよく混ぜます。
3.あわせてふるった薄力粉とベーキングパウダーを一度に加え、ヘラに持ち替えて粉っぽさが消えるくらいにさっくりと混ぜます(混ぜすぎないように)。
4.ホールケーキ型(直径15cm)に流しいれます。170度に予熱したオーブンに入れ、40~45分ほど焼きます。取り出して冷まします。
5.その間に、コーティングをするチョコレートを作ります。小鍋にチョコレートと生クリームと牛乳を入れ、弱火で加熱して溶かします。きれいに混ざってツヤが出たら火からおろします。
6.冷水に当てながら(今の季節ならそのままでも)泡立て器で混ぜ、トロリとしたらケーキの表面に流します。
7.側面にも塗り広げたら、出来上がりです♪

レシピ4:ヌテラと食パンクリスマスケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ4として『ヌテラと食パンクリスマスケーキ』を紹介します。ヌテラとは、イタリア名物のナッツ風味チョコスプレットです。食パンにチョコクリームを塗るのが大好きという方はぜひおすすめです。

食パンにヌテラを塗っているだけでもケーキの味にきちんと仕上がります。作り方はとても簡単なのでお子様と一緒に作っても楽しいレシピになるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
サンドイッチ用食パン 16枚
ヌテラ 160g
ヘーゼルナッツ 40g
いちご 8個
生クリーム 60g
粉砂糖・結晶シュガー 少々

【作り方】
1.パンにヌテラを約10g位全体にぬり 砕いたヘーゼルナッツをのせる
2.パンを縦長に置いてくるくると巻いてラップできちっと包み15分位置く
3.ラップを外し3等分する
4.器に円を描くように敷き詰め2段 3段と数を減らして重ねていく
5.すきまにホイップした生クリームといちごを飾り 結晶シュガーと粉砂糖をふる

レシピ5:食パンブッシュ・ド・ノエル

クリスマスケーキの手作りレシピ5として『食パンブッシュ・ド・ノエル』を紹介します。こちらのレシピも食パンを使ったクリスマスケーキです。

ブッシュ・ド・ノエルはフランスのクリスマスケーキとして有名で、薪の形をしているところがとても可愛らしく、クリスマスをほっこり温かい気分にしてくれるでしょう。ブログには動画付きで丁寧にメニューが紹介されているのでぜひチェックしてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

【作り方】
食パン(8枚切り) 4枚
イチゴジャム 40g
クリームチーズ 20g
ホイップクリーム(チョコ) 100g
クリスマスの飾り 適宜

【材料】
1.食パンは耳を切り、箸や麺棒を転がして少し伸ばす。
2.クリームチーズを薄く塗ってクルクル転がしてきつく巻きつけ、もう1枚にはイチゴジャムを塗って、巻き終わり部分に重ねるようにして続けて巻く。クリームチーズ・イチゴジャムを交互に4枚巻き終わったら、ラップに包んで形を安定させる。
3.片側を1~2cm少し斜めに切り落とし、土台部分にチョコホイップを絞る。
※切り落とした部分も使います。
4.全体にチョコホイップを絞ったら、切り落とした部分を③にのせて、切り落とし部分の周りにもチョコホイップを絞り、クリスマスの飾りをのせる。

レシピ6:クリスマスの定番♪クリスト・シュトレン

クリスマスケーキの手作りレシピ6として『クリスマスの定番♪クリスト・シュトレン』を紹介します。シュトレンはドイツのクリスマススイーツです。

「シュトレン」という名前はもともと坑道や地下道の意味する言葉です。トンネルの形に似ていることが由来といわれています。真っ白な外観が雪を想像させ、クリスマスにぴったりな一品です。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
強力粉   360g
ライ麦粉(細引き)   40g
インスタントドライイースト  9g
きび砂糖   45g
塩   4.8g
バター(有塩)   120g
全卵   80g
牛乳   80g
水   48cc
ラム酒漬ミックスフルーツ  215g
胡桃(ローストしたもの)   35g
スパイスミックス *注)  7g
☆ラム酒(仕上げ用)   25g
☆バター(仕上げ用)   40g
☆粉糖(仕上げ用) 適宜

【作り方】
1.☆仕上げ用以外の材料を捏ね、1次発酵40分の後、4等分してベンチタイム10分
2.麺棒で楕円に伸ばし、手前と向こう側から長さに差をつけて折り返し、二つ折にし、少しずれた山型に成形
3.20分の仕上げ発酵の後、180℃のオーブンで27~30分焼成
4.焼成後触れる温度になったら、ラム酒→溶かしバターの順に、表面にまんべんなく塗る
5.4の粗熱が取れたら、粉糖をたっぷり全体にまぶす。ビニール袋かラップに包んで冷蔵庫で保存
6.プレゼント用には、発送前に再度粉糖を付け、セロファンでラッピング、リボンなどで装飾します

レシピ7:バター不使用!デビルズプティングケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ7として『バター不使用!デビルズプティングケーキ』を紹介します。チョコレート好きの人におすすめです。

デビルズプティングケーキはチョコレートをふんだんに使っているので高カロリーなケーキですが、こちらはバター不使用なのでヘルシーに仕上げています。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
生クリーム 360
全卵 3個分
バニラオイル 大匙1
薄力粉、強力粉 各110
ココア 30
塩、ベーキングパウダ 各小さじ1
ブラウンシュガー 220
チョコレート 80
塩 ひとつまみ
ブラウンシュガー 90
黒蜜 110
水 60
生クリーム動物性 110
チョコレート 50

【作り方】
1.バント型にはバターを塗りココアをまぶしておく。塩と粉類はふるい生クリームはボウルに入れて冷やしておく。卵は湯煎にかけて人肌程度まで温めておく。チョコレートは粗刻みしておく。
2.生クリームバニラオイルをまず5分たてくらいに泡立てる。卵を加えながらしっかり混ぜる。ブラウンシュガーを加えながら攪拌していく。ホイップされずシャバシャバで大丈夫。
3.粉類を加えて混ぜる。ホイッパーでも大丈夫。最後にチョコレートを混ぜ込む。型を大に打ちつけて160度で1時間焼く
4.焼きあがったケーキは型のまま10分置き、竹串で無数に穴を開ける。網に逆さまにしてケーキ上部にも穴を開ける。深くまで刺してしまっておk。仕上がりは穴は全然見えなくなるので大丈夫です。ケーキが冷め切らないうちに仕上げをしたい。
5.チョコレートグレーズを作る。
生クリーム、チョコレート以外の材料を小鍋で中火にかけて沸騰したらかき混ぜながら3分煮る。火から下ろし生クリーム、ちょこれーとを混ぜ溶かす。
6.天板などに1/3量を入れケーキを置く。グレーズを上からもかけて20分浸す。私は天板に流れたグレーズを再度上からかけました。このグレーズは水分量が多くチョコはそんな多くないのでケーキのコーティングに関してはグレーズがしっかり冷めてからの方が綺麗にコーティングしてくれます。
7.このグレーズは水分量が多くがナッシュと違いチョコはそんな多くないので常温では固まりにくいです。冷蔵庫で冷やして仕上げましょう

レシピ8:りんごのクリスマスプディング

クリスマスケーキの手作りレシピ8として『りんごのクリスマスプディング』を紹介します。クリスマスプディングは、イギリスの伝統的なクリスマスケーキで、このケーキを12月の第1日曜日に作り熟成させて12月25日に食べるという文化があります。

実際のレシピは作ったその日に食べられる内容になっています。1ヶ月保存は持たないので作ったら早めにお召し上がりください。フルーツケーキが好きな方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
りんご 80g
プルーン 80g
バター(有塩) 80g
★レーズン 80g
★砂糖 80g
★レモン汁 大さじ2
☆ブランデー 大さじ1
☆パン粉 80g
☆シナモンパウダー 小さじ1/2
☆ナツメグパウダー 小さじ1/4
卵 1個
粉糖 お好みで

【作り方】
1、りんご、プルーンは1cm角くらいに切り、バターは2cm角くらいの大きさに切る。★の材料とともに耐熱容器に入れてよく混ぜ合わせ、ラップをしてレンジ(600w)で3分加熱する。熱いうちに☆を加えて良く混ぜ合わせ、まんべんなく混ざったらラップを戻して充分冷めるまで常温においておく。
2、1が充分冷めたら、溶いた卵を加えてまんべんなく混ぜる。
3、バター(分量外)を塗った型に2を入れて、スプーンの背などでぎゅっと押し付けながら平らにならし、クッキングシートを表面にぴったりと貼り付けて、レンジで8分加熱したら出来上がり!

*カスタードやアイスを添えても♪

レシピ9:クリスマスの超簡単チョコレートケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ9として『クリスマスの超簡単チョコレートケーキ』を紹介します。

しっかりと濃いブラウンなのでチョコレートを使用しているように見えますが、チョコレートではなく製菓用ココアを使ったレシピになっています。ボールで混ぜて焼くだけ、崩れにくく失敗が少ないケーキなのでクリスマスケーキ初心者の方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
無塩バター 100g
グラニュー糖 90g
卵 2個
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
ココアパウダー(製菓用) 30g
粉糖 大さじ1

【作り方】
1.バターと卵は室温に戻し、バターをボウルに入れて泡だて器でクリーム状に混ぜます。グラニュー糖を加えて混ぜ、卵を入れてさらによく混ぜます。
2.薄力粉・ベーキングパウダー・ココアパウダーを合わせてふるい、一度に加えて、ヘラに持ち替えて粉っぽさが消える程度にさっくり混ぜます。
3.オーブンを170度に予熱します。大きめのパウンド型に流しいれ、170度で45~50分ほど焼きます。粉糖を茶こし等で全体にふりかければ、できあがりです♪

レシピ10:【糖質制限】苺クリスマスケーキ

ダイエットをしているという方は糖質を気にしているのではないでしょうか。クリスマスケーキの手作りレシピ10として『【糖質制限】苺クリスマスケーキ』を紹介します。

おからや大豆パンミックス粉を使い糖質をカット、ケーキ全体でカロリーが約360キロカロリーに仕上がっているのでダイエット中の方も安心して食べる事ができるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
卵  2個
人工甘味料 砂糖の甘さで35g
★椿き家の華おから 60g
★マルサン大豆パンミックス粉※ 10g
★アルミニウム不使用ベーキングパウダー  小さじ1/
★バニラエッセンス  3振り
【豆腐レモンクリーム】 下記↓
ケンちゃん豆腐 120g
プルコ レモン プロフェッショナル 大匙1
人工甘味料 砂糖の甘さで大匙1
飾り用の苺 大2粒

【作り方】
1.ボールに卵を割りいれ、甘味料を少しずつ足しながら、電動ミキサー高速で、もったりしてくるまで泡立てる。
2.1に生地の残りの材料の★を入れて、さっくりと混ぜ合わせる。
15cm 型に生地を流し入れる。
3.180度予熱のオーブンで30分やく。
4.ラックなどにうつし、乾燥防止でラップをふんわりかけて、粗熱がとれたらそのまま冷ましておきます。
5.【豆腐レモンクリーム】
材料すべてをミキサーなどにかけ滑らかにし、ザルの上にペーパーを敷き、そこに流します。
下に受け皿をおいて、冷蔵庫で半日以上おく。
6.4のスポンジに、豆腐レモンクリームを塗り、スライスした苺を飾って、飾り付けをして完成♪

レシピ11:クリスマスツリーケーキ♪

クリスマスケーキの手作りレシピ11として『クリスマスツリーケーキ♪』を紹介します。ココアスポンジを星型に抜いていき、ツリーの形に仕上げていきます。

色合いもクリスマスの定番緑・赤が入り色合いが綺麗です。ツリーの形を意識したケーキを作りたいという方におすすめのレシピでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
スポンジケーキ20cm(ココア)  1個
生クリーム (脂肪分35%)  100cc
グラニュー糖   10g
苺  少々
飾り用菓子・ミントの葉など 少々

【作り方】
1.星型の大小の型でスポンジを6枚抜きます。
または、大小の星を6枚カットします。
2.生クリームを7分立てくらいにホイップします。
3.お皿の上に星型に抜いたスポンジをのせてクリームと苺をサンドして重ねます。
積み重ねて、上から竹串を1本刺しますと安定します。
4.砂糖菓子やアラザン、ミントの葉など飾って出来上がり♪

レシピ12:シフォンのクリスマスケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ12として『シフォンのクリスマスケーキ』を紹介します。イチゴやブルーベリーをふんだんに使い、愉快なサンタクロースが豪華な盛り付けは子供たちが喜ぶデザインでしょう。マカロンもワンポイントになっています。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
薄力粉 150g
卵黄 5個分
卵黄 7個分
砂糖 130g
水 100cc
サラダ油 80cc
バニラエッセンス 適量
生クリーム 200cc
イチゴ、ブルーベリー 適量

【作り方】
1.薄力粉は振るっておく
2.ボウルに卵黄、3/1量の砂糖を入れ全体が白っぽくなるまで泡立てる
3.2にサラダ油を少しずつ加えながらよく混ぜバニラエッセンスを加える
4.3に1を加え泡立て器でよく混ぜる
5.別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで軽く泡だて、残りの砂糖を2ー3回に分けて加える。残りの5を加え、へらで泡を潰さないように混ぜる
6.4に5の3/1量を加えて泡立て器でよく混ぜ残りの2/1量を加え、さらによく泡だてる
7.シフォン型に高い位置から6の生地を入れ型を2-3回軽く落とし生地の泡を抜く
8.オープンを160度に温め、50分焼く
9.生地を冷やして、生クリームを泡立て生地に塗る。
10.あとは、飾りつけ

レシピ13:バウムクーヘンのXmasリースケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ13として『バウムクーヘンのXmasリースケーキ』を紹介します。

市販のバウムクーヘンを使っているので難しいことありません。クリスマスケーキを作る時間がないという方、料理が苦手という方におすすめです。

生クリームとフルーツのトッピングがまるでリースのように仕上がっていて、クリスマスをハッピーな気分に彩ってくれるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
扇形バウムクーヘン 4個
カットフルーツ 適量
生クリーム 50ml
砂糖 小さじ1

【作り方】
1.扇形のバウムクーヘンをお皿に並べ、つなげてに円形の輪にする。
2.砂糖を加えてしっかりと泡立てた生クリームを上面だけにのせて全体に伸ばす。
3.後でとり分けやすいように、ケーキの境目の端に苺などの大きめのフルーツをのせる。
4.残りの小さく切ったフルーツを全体にバランス良くのせれば出来上がり。

レシピ14:ラ・フランスパウンドケーキ。

クリスマスケーキの手作りレシピ14として『ラ・フランスパウンドケーキ。』を紹介します。ラ・フランスを利用した大人っぽいクリスマスケーキです。

サンタクロースやピンクペパーをトッピングするだけでクリスマスな雰囲気が高まるでしょう。生クリーム系のケーキが苦手という方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
薄力粉 100g
ラ・フランスコンポート 1個
卵 1個半
バター 40g
砂糖 60g
牛乳 50ml
ピンクペパー 適量
【作り方】
1.バターと卵は予め室温に戻す。
ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで練り、砂糖を加えて白くなるまでよく混ぜる。
2.溶き卵1個分を分離しないように条々に加えて混ぜる。
残りの卵、牛乳を加えて混ぜる。
次に薄力粉を加え混ぜる。
3.型に②の生地を流し入れ、生地の中心をくぼませるようにして、静かにラ・フランスコンポートののせる。
4.180℃(予め予熱)のオーブンで30~40分焼き、オーブンから出してピンクペパーを飾り冷ますと出来上がり。

レシピ15:ラズベリーのクリスマスツリーケーキ

クリスマスケーキの手作りレシピ15として『ラズベリーのクリスマスツリーケーキ』を紹介します。

こちらはツリー状に形どったレアチーズケーキにラズベリーをぎっしりと詰め込んだ、鮮やかで可愛いクリスマスケーキです。テーブルの上に置くと一気に食卓が華やかになるでしょう。ラズベリーの酸味が利いていて、甘すぎないので甘いケーキが苦手という方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【作り方】
マスカルポーネ 300g
ギリシャヨーグルト 200g
生クリーム 200g
粉砂糖 100g
レモン汁 小さじ2
バニラエッセンス 少々
ゼラチン 10g
白ワイン 大さじ4
クッキー 150g
バター 80g
ラズベリー 適量
アラザン・砂糖・ミント 適量
シナモンステック 少々

【材料】
1.クッキーを細かく砕き 室温に戻したバターと混ぜ 三角の型の底に敷きオーブンで焼き粗熱を取る
2.ゼラチンは白ワインでふやかし 生クリームの半量を鍋に入れ温め ふやかしたゼラチンを加えよく溶かす
3.マスカルポーネに粉砂糖を混ぜ レモン汁 バニラエッセンス ヨーグルトをよく混ぜ 2のゼラチンと残りの生クリームを加え 型に流し冷蔵庫で固める
4.固まったら型からはずしラズベリーをのせシナモン 砂糖 ミントなどで飾りつける

レシピ16:クリスマスツリー★モンブラン

クリスマスケーキの手作りレシピ16として『クリスマスツリー★モンブラン』を紹介します。抹茶入りでモミの木のグリーンをおしゃれにデザインしたクリスマスケーキです。

木綿豆腐を400g使ったヘルシーなレシピなので、ダイエット中の方も気軽に食べることができるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
A木綿豆腐 400g
Aメープルシロップ 30g
A抹茶 大さじ1
A塩 少々
B上新粉 100g
Bココア 大さじ1
Bベーキングパウダー 小さじ1
B塩 少々
B豆乳 120g
Bメープルシロップ 20g
バナナ 小1本
ココナッツパウダー 適量
キスチョコ 5個

【作り方】
1.豆腐は茹でてしっかりと水きりをし、他のAの材料とともにフードプロセッサーにかけてなめらかにする。
2.Bの材料を全てボウルに入れて、よく混ぜる。型に入れて、強めの火で10分程蒸す。
3.蒸しパンの中央を包丁の先でくりぬき、2㎝幅くらいに切ったバナナを入れる。
4.3の上にクリームを絞り出してココナッツパウダーをふり、キスチョコを乗せる。

おすすめのクリスマスケーキのレシピ本を紹介!

フードスタイリストにわあきこさんのクリスマスケーキ (ボブとアンジーebook)
フードスタイリストにわあきこさんのクリスマスケーキ (ボブとアンジーebook)

手作りのクリスマスケーキを作ろうとしている方におすすめのクリスマスケーキのレシピ本『フードスタイリストにわあきこさんのクリスマスケーキ』を紹介します。

手作りケーキの定番スポンジケーキや豪華なデコレーション、市販のケーキをアレンジするお手軽レシピも掲載されています。今年こそは手作りケーキでクリスマスを祝いたいという方、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

海外のクリスマスの定番スイーツ

クリスマスケーキの手作りレシピ16選|海外のクリスマス菓子

次は海外のクリスマスの定番スイーツについて紹介します。日本はどうしてもイチゴのショートケーキが真っ先に浮かびますが、海外のクリスマススイーツとは一体どのようなものなのでしょうか。

アメリカ・イギリス・ドイツ・フランスの定番スイーツをあげていくのでこの機会に知っていきましょう。

スイーツ1:アメリカ

アメリカの定番クリスマスケーキは「デビルズフード ケーキ」です。生地もクリームも真っ黒ななブラックチョコをふんだんに使った、シックな仕上がりのケーキです。高級感もあり一度食べたら病みつきになる特徴から罪づくりなケーキ、悪魔のケーキともいわれています。

スイーツ2:イギリス

イギリスの伝統的なクリスマスケーキといわれているのが「クリスマスプディング」です。クリスマスケーキの手作りレシピ8選目で紹介しています。

クリスマスプディングはドライフルーツたっぷりの濃厚なケーキで、12月25日のクリスマスに向けて1ヶ月以上も前から作られます。クリスマスの当日にラム酒やブランデーをかけ、火をつけて食べるので青い炎が上がり、幻想的な雰囲気に包まれます。

スイーツ3:ドイツ

ドイツの家庭では、クリスマスに欠かせないスイーツとして「シュトレン」があります。シュトレンはドライフルーツがパンの生地に練り込まれ、表面には砂糖がまぶされているパンです。クリスマスケーキの手作りレシピ6選目で紹介しています。

シュトレンは日ごとにフルーツの風味がパンに移っていくので、クリスマスを待ち遠しく思うというドイツの文化です。クリスマスを待つ期間に少しづつ切って食べていく習慣があります。

スイーツ4:フランス

フランスのクリスマスケーキは「ブッシュ・ド・ノエル」です。ロールケーキを薪の形にデコレーションしたケーキで日本でもクリスマスケーキとして有名なので食べた事もある方は多いのではないでしょうか。

キリストの誕生を祝って、夜から朝まで薪を燃やた習慣から生まれたケーキといわれています。クリスマスケーキの手作りレシピ5選目で紹介しています。見た目も可愛く子供にも人気のクリスマスケーキです。

手作りクリスマスケーキでパーティを盛り上げよう

クリスマスケーキの手作りレシピ16選|海外のクリスマス菓子

クリスマスケーキの手作りレシピ16選、海外のクリスマス菓子について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。日本のクリスマスは海外と異なりお祭り的な部分が多いイベントといえるでしょう。

今年のクリスマスは手作りのクリスマスケーキに挑もうとしている方はぜひ本記事のレシピを参考にチャレンジしてみてください。手作りは特別感があり、作る過程も楽しむことでクリスマス気分も盛り上がっていくでしょう。

手作りアイテムでクリスマスを楽しもう

クリスマスを前に金欠で困っているという方、1000円以内で購入できるクリスマスプレゼントが『1000円で買えるクリスマスプレゼント12選・選ぶコツ』の記事で紹介されています。

1000円以内なのでお菓子を手作りしても良いでしょう。『プレゼントにぴったりのリボンの結び方5つ/アレンジ方法』という記事でラッピング方法をマスターし、手作りケーキのラッピングも工夫してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related