Search

検索したいワードを入力してください

マリービスケットのアレンジレシピ11選|森永ビスケットの比較

Author nopic iconmyu-myuu
食の知識 / 2019年01月28日
マリービスケットのアレンジレシピ11選|森永ビスケットの比較

マリービスケットとは

マリービスケットは古くから多くの人に親しまれています。マリービスケットについて深く考えることなく、いつの間にか食べるようになったという人もいることでしょう。

まずは、マリービスケットの基本的なことをご説明します。マリーという名前にもちゃんと由来がありますので、マリービスケットが好きな人はぜひチェックしてみてください。

メーカー

マリービスケットは、天使のロゴで有名な森永の商品です。たくさんのビスケットを作っているメーカーですので、1度は森永のビスケットを食べたことがあることでしょう。

森永ではビスケット以外にチョコレートやスナック菓子などの製品も多く生み出し、おじいちゃんやおばあちゃんの時代から長年に渡って親しまれています。代表的なお菓子に、チョコボールやハイチュウ、おっとっとなどがあります。

発売

マリービスケットは、初めは単体ではなくビスケットの詰め合わせ商品の中の1つでした。現在のように、マリービスケットだけのパッケージで発売されたのは1926年のことです。

人々に愛されたマリービスケットは、その後原材料入手困難などで販売できないこともありましたが、それを乗り越えて今も作り続けられています。変わらぬ人気を誇るマリービスケットは、最近ではアイスがサンドされたものも発売されています。

名前の由来

マリービスケットの『マリー』という名前は、フランスのマリーアントワネットが由来になっています。マリービスケットのデザインも、マリーアントワネットの家紋を表したものだと言われています。

また、マリーアントワネット展が行われた際、森永からマリーアントワネットの限定パッケージのマリービスケットが発売されました。

マリービスケットのアレンジレシピ11選

マリービスケットのアレンジレシピ11選|森永ビスケットの比較

マリービスケットを使ったアレンジレシピを、全部で11選たっぷりご紹介します。どれもマリービスケットの味が生かされていますので、マリービスケットのファンにも喜ばれることでしょう。美味しそうなレシピがあれば、ぜひ作ってみてください。

レシピ1:<焼かないビスケットケーキ>

こちらのレシピは、黒柳徹子さんが紹介したことでも有名になったビスケットケーキです。簡単ですが切ったときの見た目がおしゃれですので、パーティーに出しても喜ばれることでしょう。

材料はマリービスケット、牛乳、生クリームのたった3つだけですので、初心者でも挑戦しやすいのがポイントです。

牛乳に浸してクリームを塗りって一晩おくことで、しっとりとした美味しいケーキができあがります。アレンジもしやすいです。

Blockquote firstBlockquote second

マリー・・・1箱
牛乳・・・・80ml(さっとつけるのに使う量でおよそです)
生クリーム、
またはホイップクリーム・・・1箱用意ですが加減で、全部は使いません

~作り方~
①使う分のマリーを袋から取り出しておく
②牛乳をボウルなどに入れ用意する
③②の牛乳にマリーをくぐしたら、クリームを塗る
④新しいマリーを牛乳にくぐして、クリームを塗り、
 最初のとくっつけて重ねるようにする。これを繰り返す
⑤好きな枚数を重ね、ラップで全体を包み、冷蔵庫へ入れる
⑥1日置いてラップを外し、周りにお好みにクリームを塗ったりして完成

レシピ2:<ベイクドチーズケーキ>

こちらは、中級者から上級者におすすめのベイクドチーズケーキのレシピです。マリービスケットをそのまま使うのではなく、砕いてケーキの土台として使います。

ビスケットをしっかりと砕いてバターと混ぜ合わせておかなければ、ケーキができたときに土台が崩れてしまうので注意が必要です。レモン風味の爽やかなクリームチーズと、甘いビスケットの土台が美味しいケーキになります。

Blockquote firstBlockquote second

マリービスケット  18枚
溶かしバター    40g
クリームチーズ   200g
グラニュー糖    85g
卵         2個
生クリーム     200ml
薄力粉       大さじ3
レモン汁      大さじ1
粉砂糖       適量

①ビスケットは手で適当な大きさに割ってフードカッターに入れて細かくつぶします。
②そこへ溶かしバター(電子レンジで溶かします)を加えて混ぜます。
③クッキングシートを敷いた型に入れて底の平たい物で押し固めて冷蔵庫で冷やします。
④クリームチーズをボウルに入れて電子レンジで約1分あたためて柔らかくします。
⑤④をフードカッターに入れて、続けてグラニュー糖、割りほぐした卵、生クリーム、ふるった薄力粉、レモン汁を加えながら混ぜます。
 ※混ぜる時間はそんなに長くなくても「綺麗に混ざったかな」くらいが目安です。
⑥③の中へ生地を流し入れて160℃に予熱したオーブンで50~60分焼きます。
⑦焼けたらケーキクーラーであら熱を取ったら型から出して粉砂糖を上からふるいます。(粉砂糖はなくても大丈夫です。)

レシピ3:<マリービスケットで超簡単ティラミス>

こちらのレシピは、マリービスケットの甘さとコーヒーの苦味が美味しいティラミスです。ティラミスというと難しい印象がありますが、こちらのレシピは材料さえあれば初心者でも簡単にできます。

透明のグラスに入れると、マリービスケットや生クリーム、ココアパウダーなどの層がきれいに見えておしゃれになります。誕生日やクリスマスなど、さまざまなシーンにおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

・市販のマスカルポーネ ── 1カップ
・生クリーム ── 100cc
・砂糖 ── 大さじ2
・マリービスケット ── 3袋
・濃いめのコーヒー ── 大さじ3くらい

コーヒーを、濃いめに入れます
ボウルにビスケットを入れたら、コーヒー大さじ3と、マスカルポーネに入っているエスプレッソソースも入れて浸します。
生クリームに砂糖大さじ2入れてふんわりあわ立てます
生クリームとマスカルポーネを混ぜます
グラスに、コーヒーに浸したビスケットとマスカルポーネクリームを交互に入れていって、ココアパウダーを上にかけて完成

レシピ4:<レモンカスタードのビスケットサンド>

こちらはレンジがあれば簡単にできるレシピです。レモンのさっぱりとしたカスタードクリームをマリービスケットに挟んでいます。カスタードクリームが冷えていますので、真夏の暑いときでも食べやすいスイーツです。

ただカスタードクリームを挟むだけでも良いのですが、インスタ映えを目指すなら粉砂糖を振りかけておしゃれに仕上げてみてください。子どもはもちろん、大人にもおすすめのレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

*卵 1個
*砂糖 60g
*小麦粉 15g(ふるっておきます)
*牛乳 150g
☆レモン汁 1/2個分
☆レモンの皮のすりおろし 1/2個分
*マリービスケット 20枚

①耐熱ボウルなどに入れ卵と砂糖をホイッパーで混ぜ合わせます。
②①にふるった小麦粉を入れよく混ぜます。
③②に牛乳を加えよく混ぜます。
④③をレンジ600W2分半チンします。
⑤④を取り出しよく混ぜ、さらにレンジ600W2分半チンします。
⑥しっかり混ぜてなめらかにした⑤にレモンの皮のすりおろし・レモン汁を加え混ぜます。
⑦⑥の表面にピタッとラップをし、氷水で冷やします。
マリービスケットに冷やした⑦をサンドし、今回は粉砂糖を上からふりかけています。

レシピ5:<アイスサンド>

こちらはマリービスケットの中にアイスやフルーツなどを挟むレシピで、子どもと一緒に作っても楽しいです。フルーツを凍らせる前準備さえできていれば、あとはオレオやマシュマロなどをバニラアイスと混ぜるだけなのでとても簡単です。

今回はバニラアイスを使用していますが、苺やチョコレートなど、自分の好きなアイスで試しても良いでしょう。どんなフルーツやアイスでも使いやすいので、アレンジしやすいのがポイントです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(ビスケットアイスサンド 6個分)
マリービスケット・・・・12枚
バニラアイス(200ml)・・・・1個
苺・バナナ・キウイ・桃缶などお好みのフルーツを凍らせたもの・・・適量
オレオクッキー・マシュマロ(6個分)・・・・各20g

作り方

①市販のバニラアイスをボウルに移し、砕いたオレオクッキー・マシュマロや、適当な大きさに切って凍らせたお好みのフルーツをスプーンなどで混ぜる。
②マリービスケット1枚に①を6等分したものを乗せ、もう1枚で挟む。成形するごとに冷凍し、同じく残り5個分も作る。
③アイスが再びしっかりと固まったら出来上がり

レシピ6:<マリービスケットのバナナプティング>

こちらは、カスタードクリームと甘いバナナがとても美味しいレシピです。バナナをたっぷり使ったスイーツですので、子どもも喜んで食べてくれることでしょう。

こちらのレシピではマリービスケットを10枚使っていますが、好きな人はもっと入れてマリービスケットを主役にしても良いでしょう。

冷蔵庫でよく冷やすと、夏でも美味しいスイーツのできあがりです。ご飯のあとのデザートにもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

バナナ 1〜2本
牛乳 2.5C
小麦粉 1/3C
グラニュー糖 3/4C
卵 3個
バニラエッセンス 少々
マリービスケット 10枚程度

1. 電子レンジにかけられるボウルに小麦粉、グラニュー糖を入れよく混ぜる。
2.1に牛乳、溶いた卵を注ぎダマにならないようによく混ぜ、、バニラエッセンスを加える。
3.2を電子レンジで5分加熱し、外側が固まってきたら泡立て器でかき混ぜ、さらに3分加熱。好みの固さになるまで繰り返す。
4.器にマリービスケットを粗く砕いて入れ、3のカスタードクリームを半分入れ、薄切りにしたバナナを並べ、残りのカスタードクリームを入れる。
5.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ冷やす。

レシピ7:<モンブランプリン>

こちらのレシピはプリンを2つ作っていてとても手が込んでいますので、人が来たときに出すのにもおすすめです。見た目も可愛らしいので、おしゃれなスイーツを探している人はぜひ作ってみてください。

今回は6cmのセルクルを使っていますが、無い場合はマグカップなどを代用しても大丈夫です。トップに、マロンクリームを絞ったり栗を載せたりすると、かなり豪華な見た目になります。

Blockquote firstBlockquote second

6センチセルクル4個分。

マリービスケット8枚
※マロンプリン
アガー小さじ1.5
砂糖30g
牛乳250CC
マロン餡100g
※牛乳プリン
アガー小さじ1
砂糖40g
牛乳250CC

それぞれアガーと砂糖をあらかじめ混ぜておいて牛乳をいれてよく混ぜ火にかけます。
ふつふつして全体に盛り上がってきたら、マロンプリンのほうには餡をいれて、出来上がりです。セルクルはマリービスケットで底を作りました。そのままでぴったりなのです。

レシピ8:<かぼちゃのビスケットケーキ>

こちらは、もったりとしたかぼちゃのクリームが美味しいレシピです。生クリームで塗り込むケーキはよくありますが、このレシピではかぼちゃのクリームを使っているところがポイントです。

かぼちゃを蒸すのが面倒な人は、レンジで調理できる冷凍かぼちゃなどを買うと、簡単にペースト状にすることができます。クリームの上にかぼちゃの種を載せても可愛く仕上がります。かぼちゃの甘味とシナモンの香りが食欲をそそることでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

(約四人分)
・ビスケット(マリー使用)・・・12枚
・生クリーム・・・200cc
・蒸しかぼちゃペースト・・・大さじ4
・砂糖・・・大さじ2
・シナモンパウダー・・・小さじ1/3
・牛乳・・・大さじ2

1.蒸しかぼちゃペーストは、蒸したかぼちゃの皮をとり、マッシャーで潰したものを使いました。レンジで作る場合は水をふりかけてラップをして柔らかくなるまで加熱します。
水分が少なくペーストになりにくい場合は湯で調整します。
2.1のかぼちゃペーストに、生クリームを同量(大さじ4)加えてしっかり混ぜてといておく。
3.2とは別の残りの生クリームをボールに入れて泡だて、6分立てくらいの頃に2のペースト、砂糖、シナモンパウダーを入れて泡だてを続けます。しっかりツノが立つようになればOK。
4.広めの作業台にラップを大きめに敷き、3のクリームを20センチくらい塗ります。そこへ、両面さっと浸したビスケットにクリームをこんもり乗せて立てていきます。全部並べたら、残りのクリームでコーティングし、ラップで丁寧に覆い、冷蔵庫で一晩ねかせてできあがり。切る時、斜めにカットしていくと食べやすく綺麗です

レシピ9:<プルーンの入ったチーズケーキ>

ご紹介するレシピは、大きなプルーンが目を引く大人におすすめのケーキです。こちらは土台にマリービスケットが使われています。材料はクリームチーズや生クリーム、プルーンなど揃えるものは多いのですが、作り方は簡単ですので初心者にもおすすめです。

ケーキは焼き上がってすぐに食べても良いです。また、夏は冷蔵庫でひんやりしたケーキを食べてもおいしいです。ゴロゴロとしたプルーンにお腹も満足することでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

*材料*(18cm丸型1個分)
《土台》
・マリービスケット……12枚
・バター……40g
《プルーン》
・ドライプルーン……60~70g
・ラム酒……大さじ2
《クリームチーズ》
・クリームチーズ……200g
・砂糖……60g
・卵……2個
・薄力粉……大さじ3
・生クリーム……150g
・レモン汁……大さじ1.5

*下準備*
1. プルーンは5㎜角位に切ってラム酒に漬けておくか、軽く火にかけてなじませておく。
2. バター、クリームリームチーズは室温にもどしておく。
3. オーブンは焼き始める時間を見計らって170℃に予熱しておく。
*作り方*
1. ビスケットをジプロック等に入れて麺棒でたたいてつぶす。
2. 室温にもどしておいたバターと混ぜ合わせる。
3. クッキングペーパーを敷いた型にしきつめ、ラップなどを使って上からギュッと押して、冷蔵庫で寝かせる。
4. ボールに、室温にもどしておいたクリームチーズを入れ、ハンドミキサー(ホイッパーでも)で混ぜる。
5. 砂糖、卵、生クリームの順にそれぞれよく混ぜる。
6. 小麦粉を入れ軽く混ぜたらレモン汁を入れて混ぜる。
7. 3.の上にラム酒につけておいたプルーンをまんべんなくしき、その上に 6.のクリームチーズを流し入れて、トントンと型ごと軽く落として空気を抜く。
7.170℃に予熱しておいたオーブンで45分焼いたら出来上がり。一晩冷蔵庫で寝かせておくとしっとり馴染んで美味しい。

レシピ10:<ストロベリークリームチーズケーキ>

こちらは、冷たくて甘いスイーツが食べたい人におすすめのレシピです。苺を1パック使う豪華なケーキですので、誕生日など特別な日にもぴったりです。ピンクに染まった可愛いケーキは、インスタ映え間違いなしです。

マリービスケットは贅沢に27枚も使いますので、ビスケット好きにはたまりません。難しそうに見えますが、型で簡単に作ることができますのでぜひ試してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

A
苺 1パック
柚子の絞り汁 大さじ1
B
クリームチーズ 200g
生クリーム 200cc
砂糖 大さじ7~8

C
ゼラチン 20g↓
(水1/4カップで溶かしておく)

D
マリービスケット 27枚
無塩バター 50g

●Dをフードプロセッサで細かくしバターを薄く塗ったケーキ型に敷き詰める
●AをFPで細かくし、滑らかにしておいたクリームチーズと八分だてした生クリームと砂糖を合わせ混ぜる
●さらに水溶きゼラチンをレンジで10秒チンし、
●ABC合わせ混ぜる(滑らかにするため
ほんの少し火にかけると滑らかになる)
●敷き詰めたクッキーバターの上に流し入れて、
冷やし固めたら出来上がり☆

レシピ11:<オレンジレアチーズケーキ>

クリアファイルを使うことで、ケーキ屋さんのような本格的なスイーツを作ることができます。マリービスケットをそのまま使うことで、きれいな円錐のケーキになります。

またオレンジを使っていますので、色鮮やかでとても可愛いマリービスケットのケーキができあがります。写真のように花を添えても美しいです。少し面倒な工程もありますが、おしゃれなケーキが食べたい人におすすめのレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

クリームチーズ 200g
砂糖 60g
生クリーム 200cc
レモン汁 大2
ゼラチン 8g
水 大3
(オレンジジュレ) ☆
オレンジジュース 190cc
ゼラチン 5g
水 大2
砂糖 10g
マリービスケット 9枚

1.クリアファイルは、4.5cm×20cmでカットします。これを、9個作ります。
これを丸めて、端1.5cm重ねて、両目テープで止めます。
2.トレイ(無ければ、お弁当ようのアルミカップで)にマリービスケットを置き、1のフィルムをかぶせておきます。
3.ゼラチンは大3の水でふやかしておき、レンジに20〜30秒かけて溶かし粗熱をとる。
4.
ミキサーに、室温に戻すか、レンチンで(30〜40秒)柔らかくしたクリームチーズ、生クリーム、レモン汁を入れてスイッチオン。
更に、3を入れて回す。
よく混ざったら、2に流し入れ冷蔵庫で固める。
5.オレンジジュレを作ります。
ゼラチンは、大2の水でふやかしておく。
鍋に、オレンジジュースと砂糖を入れて温める。沸騰直前で止め、ふやかしたゼラチンを入れて溶かす。そのまま、冷ましておく。
6.4が固まったら、5を流し入れて、更に冷蔵庫で固めたら出来上がり。

マリービスケットのセット商品をご紹介

森永製菓 マリー21枚×5箱
森永製菓 マリー21枚×5箱

¥ 1,080

口コミ

ビスケットの定番。あきの来ないスタンダードな味で、コーヒーのお供にとまとめて買いました。来客時にも良いですね

ご紹介する商品は、21枚入りのマリービスケットが5箱セットなっています。毎日マリービスケットを食べたい人にはもちろん、料理に使いたい人にも便利なセットです。すぐにスーパーに買いに行けない人は、ぜひこちらから購入してみてください。

マリービスケットがあれば、毎日美味しいスイーツの時間を楽しむことができるでしょう。コーヒーに浸して食べたり、今回ご紹介した料理をしたりと楽しみ方は自由です。

森永製菓のビスケットシリーズとの比較

マリー、チョイス、ムーンライトは、どれも森永のビスケットシリーズの人気商品です。どれも違った美味しさがありますので、店頭で見かけたときはどれにしようか悩む人も多いことでしょう。マリー、チョイス、ムーンライトにはどんな違いがあるのかご説明します。

普通に食べたい人も料理に使いたい人も、ぜひ人気商品の違いをチェックしてみてください。

特徴1:マリー

マリーは1枚あたり24kcalで、チョイスやムーンライトと比べると低めです。マリーはハードビスケットと呼ばれるジャンルで、パリパリとした食感が特徴です。食べるとミルクの甘味が口の中に広がります。味が主張し過ぎていませんので、さまざまなアレンジ料理に使いやすいがポイントです。

ハードビスケットですので、ミルクなどに浸して食べることもできます。

特徴2:チョイス

チョイスは1枚あたり44kcalです。チョイスはマリーやムーンライトとは違って長方形になっており、彫刻のようなくっきりとした模様があるのが特徴です。チョイスはソフトビスケットと呼ばれるジャンルで、マリーよりは軟らかくムーンライトよりは硬めです。

ビスケットにしようかクッキーにしようか悩んだときは、チョイスがおすすめです。

特徴3:ムーンライト

ムーンライトは名前のとおり丸い形をしており、1枚あたり43kcalです。こちらはビスケットではなくクッキーで、口の中でほろほろと崩れていく甘い味が特徴です。ムーンライトのデザインは、模様などはなくシンプルです。

バターの味が効いていてとても甘いため、ちょっと苦めなコーヒーにもよく合います。チョイス、マリービスケット、ムーンライトの中では1番甘いです。

マリービスケットを美味しく食べよう

マリービスケットのアレンジレシピ11選|森永ビスケットの比較

今回、マリービスケットの美味しい食べ方をたくさんご紹介しました。マリービスケットだけで食べてももちろん美味しいのですが、アレンジを加えることで新しい味に出会うことができます。ぜひ記事を参考に、パーティーやおやつの時間をおしゃれで素敵な時間にしてください。

世界的に有名なマリービスケットは、パーティーのティータイムにもぴったりです。

マシュマロをアレンジして美味しく手べよう

ビスケットとマシュマロの組み合わせは、マリービスケット以外のビスケットでも鉄板となっています。マシュマロをアレンジして食べる関連記事をご紹介しますので、スイーツ好きの人はぜひチェックしてみてください。

マシュマロの新しい組み合わせや、美味しいレシピが見つかることでしょう。

関連記事

Related