Search

検索したいワードを入力してください

「こんなはずじゃなかった」8つの体験談|失敗回避のセオリー

Author nopic iconCOLOR
恋の悩み / 2019年02月27日
「こんなはずじゃなかった」8つの体験談|失敗回避のセオリー

「こんなはずじゃなかった」と嘆いても後の祭り

生きていれば誰でも「こんなはずじゃなかった」と嘆くことは何度もあります。後悔の念が強ければ強いほど「こんなはずじゃなかった」と感じることは多く、そしていつまでたってもその思いがつづいてしまいます。

「こんなはずじゃなかった」と嘆いても過去を変えることはできません。いくら後悔しても過去を変えることはできませんが、過去の失敗を糧にすることはできます。

失敗は成功の母

「こんなはずじゃなかった」という後悔の念は、後ろ向きな気持ちにさせてしまいます。しかし、失敗は成功の母という言葉があります。「こんなはずじゃなかった」と失敗を悔い続けるより、成功のために今何ができるかを考えることが重要です。

「こんなはずじゃなかった」と後悔するような失敗をすることは決して悪いことばかりではありません。失敗をすることで、同じ失敗を繰り返さないように学ぶことができます。

みんなの失敗談から学ぼう

「こんなはずじゃなかった」と失敗した経験は、成功した経験と同じくらい重要だと言えます。失敗と経験の数は、その人の人生の密度の高さを表していると言っていいでしょう。

「こんなはずじゃなかった」という経験は、自分の経験でなくとも糧にすることができます。職場の仲間や友人の失敗談を聞くことで、対策を練ったり意識を変えたりすることができます。失敗談を共有することで、交友関係もさらに深まるでしょう。

「こんなはずじゃなかった」8つの体験談

一言で「こんなはずじゃなかった」経験と言っても、その種類は多岐に渡ります。日常の中のふとした失敗から、人生を左右するような大きな失敗まで、誰であっても多くの失敗を経験しています。

「こんなはずじゃなかった」という経験は、人により価値観が違うという点がポイントです。周りから見ると成功体験に思えても、本人の中では「こんなはずじゃなかった」という失敗体験として捉えられていることもあります。

体験談1:就職や仕事のこと

就職や仕事について「こんなはずじゃなかった」と感じている人は多いでしょう。就きたい職業と違う職種についていたり、考えていた仕事内容でなかったり、賃金や職場環境に不満を感じている人もいます。

希望の職種につけなかった人は、「こんなはずじゃなかった」と就職活動を後悔しているでしょう。就職や仕事について不満を抱えている人は、悪影響が私生活にまで及んでしまうこともあるので注意が必要です。

体験談2:お金のこと

お金について「こんなはずじゃなかった」と感じることはとても多いです。クレジットカードの支払いが来た時や、飲み会が続いて出費がかさんでしまった時などは、「こんんはずじゃなかった」と後悔し、お金の使い方を見直す人も多いでしょう。

旅行などで買い物をしすぎたり、レストランで料理を頼みすぎて「こんなはずじゃなかった」と悔いてしまうこともあります。楽しんでいる時はお金のことを考える余裕がなくなってしまいます。

体験談3:恋愛のこと

恋愛についての「こんなはずじゃなかった」という後悔は、長く続いてしまう傾向にあります。好意を持っていた異性に振られてしまったり、裏切られてしまった後悔は、なかなか消えてはくれません。

恋愛に溺れている時は周りが見えなくなってしまうため、「こんなはずじゃなかった」と気づく時には収拾がつかなくなってしまっていることが多いです。過去の恋愛で思い返せば恥ずかしくなってしまう経験があるという人も多いでしょう。

体験談4:結婚生活の悩み

結婚生活に夢を抱いているという人は多いです。それゆえに「こんなはずじゃなかった」と後悔することも多くなってしまいます。結婚して初めて一緒に住み始めた夫婦であれば、お互いの悪い部分ばかりが見えてしまい、結婚を後悔してしまう人もいるでしょう。

結婚している人は、周りの同じく結婚している人と自分たちを比べて「こんなはずじゃなかった」と悔いてしまうことが多いです。周りのものがよく見えてしまいがちです。

体験談5:子育て中の失敗

子育てに苦労している親御さんも多いでしょう。子供を取り巻く環境や、周りの子供との違いに「こんなはずじゃなかった」と感じてしまうこともあります。

子育てとは「こんなはずじゃなかった」という経験の連続だと言っていいでしょう。子育ては予想通りに行く方が少なく、「こんなはずじゃなかった」と後悔している暇がないほど忙しいことが多いです。

体験談6:近所づきあいの悩み

転勤や結婚などで引っ越した場合には、近所の人たちと新たに関係を作っていかなければなりません。新しい近所付き合いに苦労して、「こんなはずじゃなかった」と過去を羨む経験をしたことがあるという人もいるでしょう。

近所付き合いの良し悪しは、運に左右される部分が大きくなってしまいます。自分の力じゃどうにもならないことが多いことから「こんなはずじゃなかった」と後悔する気持ちも大きくなってしまいます。

体験談7:親戚づきあいの悩み

親戚付き合いの悩みは周りの人たちにはわかりにくいですが、当の本人にとってはとても大きな問題です。以前は友好だった親戚付き合いが現在では悪化してしまったという人は、「こんなはずじゃなかった」と感じていることでしょう。

結婚などで親戚が増えた時に、「こんなはずじゃなかった」と悩みを抱えてしまう人もいます。

体験談8:心身の健康のこと

心身の健康は良好な時は気にかけることを忘れてしまいがちです。悪化して初めて「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうことになります。

肥満や薄毛などが進み悩んでいる人は、「こんなはずじゃなかった」と過去の生活環境を振り返っていることでしょう。

「こんなはずじゃなかった」経験をした人にオススメ

「こんなはずじゃなかった」という悩みを抱えている人は、同時に「これからどうすればいいだろう」という悩みも抱えます。同じ失敗を繰り返さないためにどのような行動をすればいいかを考えることはとても重要です。

電話占いを利用することで、未来を想像することができ、そこへ向かっての道筋が見えやすくなります。悩んでいる時には第三者の意見はとても重要です。

失敗を回避する3つのセオリー

「こんなはずじゃなかった」という後悔はできれば避けて通りたいと考えるのが普通です。全ての失敗を回避することはできませんが、3つのセオリーを守ることで失敗を回避することができる可能性が高くなります。

セオリーを知らなければ、同じ失敗を繰り返してしまうことになりかねません。

セオリー1:違和感があれば振り返ってみる

仕事の結果や交友関係などが悪化する際には、最初は小さな違和感であることが多いです。その小さな違和感を気にせずそのまま突き進んでしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう可能性が高くなります。

違和感があれば何度でも振り返り、不安を解消するようにしましょう。

セオリー2:現実を受け止め肯定する

「こんなはずじゃなかった」と過去を否定しているだけでは前に進むことはできません。失敗をなかったことにはできませんが、その現実を受け止めなければ過去の自分を全否定してしまうことになります。

現実を受け止め、現実は悪い部分のみではないことを理解しましょう。

セオリー3:失敗を成功に変える作戦を練る

「こんなはずじゃなかった」と失敗した経験は、人生において大きな糧となります。失敗したことがあるという経験は、成功を続けている人では得ることができません。

「こんなはずじゃなかった」と歩みを止めるのではなく、未来に向けて一歩踏み出すことで成功へとつなげることができます。

「こんなはずじゃなかった」は成功への近道

「こんなはずじゃなかった」とは言い換えれば、数多くある選択肢のうちひとつを潰すことができたと言えます。岐路に立たされた時、過去の経験から選択肢を減らすことができるのは、成功への近道といえます。

楽しく生きるヒントを探そう

「こんなはずじゃなかった」と悩んでいる時は誰でも楽しくありません。人生を楽しむためには成功と失敗を繰り返し、たくさんのことを経験する必要があります。

人生を立て直す方法や楽しむための習慣が知りたい人は、以下のリンクをご覧ください。