Search

検索したいワードを入力してください

コーヒーかすを捨てずに再利用する18のアイデア|乾燥のさせ方

Author nopic iconkotorinngo
カテゴリ:暮らし

初回公開日:2018年10月20日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コーヒーかすを捨てずに再利用する18のアイデア|乾燥のさせ方

コーヒーかすを再利用

コーヒーが好きで、自分で豆からコーヒーを淹れて楽しむという方はたくさんいらっしゃいますが、コーヒーを淹れたあとに残るコーヒーかすをそのまま捨ててしまっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、コーヒーかすをそのまま捨てるのではなく再利用する方法をご紹介します。コーヒーかすにはさまざまな再利用方法がありますので、ぜひ試してみてください。

再利用の方法は意外といろいろある

コーヒーかすにはさまざまな再利用の方法がある事がわかっています。乾燥させたコーヒーかすには消臭効果があり、さまざまな場所での消臭剤として活用することができるでしょう。他にも美容や染料などにもコーヒーかすは注目されています。

コーヒーかすを捨てずに再利用する18のアイデア

コーヒーかすにはさまざまな再利用方法があります。コーヒーかすをただ捨てているだけではもったいないですので、ぜひ再利用方法を参考に、コーヒーかすを活用してみてはいかがでしょうか。コーヒーかすの活用方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アイデア1:靴の消臭

靴の臭いの原因となるカビや菌の繁殖を防ぐためには、湿気は大敵ですので、コーヒーかすを使って除湿剤として使ってみることをします。コーヒーかすは完全に乾燥させる必要がありますが、その際にはコーヒーかすをよく煎ることが大切です。

焙煎されたコーヒーかすは、臭いも吸収してくれますし除湿効果も高くなります。小袋などに詰めてから、臭いの気になる靴の中に入れておきましょう。

アイデア2:下駄箱の消臭とカビ予防

下駄箱は臭いがこもりやすく玄関先の臭いが気になるという方に、コーヒーかすを再利用して、消臭とカビ予防に使うことができます。乾燥させたコーヒーかすには消臭効果があります。靴の臭いが気になるのは、カビや雑菌の繁殖が原因の場合が多く、除湿効果もあるコーヒーかすは最適です。

コーヒーかすを完全に乾燥させてから、袋に詰めて下駄箱に入れておきましょう。小袋にいれれば靴の中にもつめておくこともできます。

アイデア3:生ごみ容器の消臭

コーヒーを抽出した後のコーヒーかすは、生ごみ容器の消臭に再利用することができます。再利用といっても、手軽に水を切った後のコーヒーかすを生ごみ容器に撒いておくだけの方法もありますし、乾燥させたコーヒーかすを小さめの袋に入れて生ごみ容器のふたに張り付けておく方法もあります。

生ごみ用のゴミ箱が気になるという方は、コーヒーかすを使った消臭方法を試してみましょう。排水溝などにも使うことができます。

アイデア4:冷蔵庫の消臭

コーヒーかすが毎日出るという方は、冷蔵庫の消臭に使ってみてはいかがでしょうか。ペーパーフィルターなどを使ってコーヒーを抽出した後のコーヒーかすは、乾燥させずに粗熱が取れたら、そのままさらに平らに並べて冷蔵庫へ入れます。

手間もかからないため、めんどくさがりな方にも手軽におこなう事ができる再利用方法です。冷蔵庫に入れたコーヒーかすは2日、3日ほどで捨てるようにします。脱臭剤代わりに使ってみてください。

アイデア5:雪や氷の滑り止め

雪の多い地方では、滑り止めの役割としてコーヒーかすを使う事もできるでしょう。冬に路面が凍結するような地方に住んでいる方にな活用方法が、滑り止め防止に玄関先に撒いてみる方法です。

コーヒーかすを撒いておくことで、凍結防止や滑り止めに使うことができます。雪や氷も素早く溶けますので、路面の凍結が気になるという方はぜひ試してみることをします。コーヒーかすに塩を混ぜてから使いましょう。

アイデア6:魚焼きグリルの脱臭

魚を焼いた後の魚焼きグリルの臭いを取るのにも、コーヒーかすを活用させることができます。魚を焼くとき魚焼きグリルの下には水を張りますが、コーヒーかすも一緒にいれてから魚を焼くようにしましょう。

魚にはコーヒーの香りはうつりませんし、焼いている魚から落ちてくる油も、コーヒーかすは吸収してくれるため、焼いた後の手入れが簡単になります。魚を焼く網の方も、袋詰めにしたコーヒーかすを使ってキレイにできます。

アイデア7:家庭菜園の肥料

コーヒーかすは家庭菜園などの肥料に再利用することができます。コーヒーかすをそのまま土に混ぜて使うのではなく、コーヒーかすを肥料として使いたいという方はきちんとコーヒーかすを発酵させて微生物が住みやすい環境を作る必要があります。

そのままプランターなどに撒いてしまうとカビなどが発生してしまう可能性がありますので、堆肥や油カスなどど混ぜ合わせて、コーヒーかすを発酵させてから土と混ぜるようにしましょう。

アイデア8:防虫対策