Search

検索したいワードを入力してください

安い食材で作る節約レシピ17選|まとめ買いした食材の保存方法

Author nopic iconsawa yuko
レシピ / 2019年01月30日
安い食材で作る節約レシピ17選|まとめ買いした食材の保存方法

安い食材の例

毎日の食費はできるだけ抑えたいですが、栄養のバランスが偏ったりおいしくないものを食べるのは避けたいところです。

外食や惣菜を買うより経済的な自炊ですが、安い食材を知って組み合わせることでさらに経済的で健康的な食生活を送れます。

この記事では安い食材で作る節約レシピを紹介しますが、まずは安い食材の例を挙げてみましょう。

野菜

健康的な食生活に不可欠な野菜ですが、野菜の中で安い食材といえば、もやしです。原材料は緑豆という豆で、工場で作っているので天候によって生産量が左右されることがなく安定した安さを保っています。

他には冷凍インゲン、冷凍枝豆などの冷凍素材です。旬の時期に収穫した野菜を生産地で冷凍しているのが安さの理由です。

きのこ類、にんじん、トマト缶なども安い値段で買うことができます。

肉/魚

肉類は鶏肉と豚肉が安く、牛肉は全般的に高めです。部位では鶏は胸肉やささみ、豚肉だともも肉、鶏・豚ともにひき肉が安い食材と言えます。

鶏むね肉も豚もも肉も脂肪分が少ないのでヘルシーですがパサついたり固くなりやすいので調理に工夫が必要です。

魚は旬の時期に安くなりますが、鯖やシシャモ、チリ産の鮭などの冷凍もの、甘塩のタラなどは1年を通じて安く手に入ります。

その他の食材

野菜・肉・魚以外では、豆腐・油揚げ・高野豆腐などの大豆製品は栄養価が高くヘルシーでおすすめの安い食材です。

卵も価格の変動があまりなく、お財布がさみしい時の強い味方です。

主食ではパン類よりは米を炊く方が経済的です。うどんや蕎麦はチルドコーナーにある茹でて袋に入ったものより、乾麺を買って茹でる方がお得です。

乾麺は保存がきくので量がたくさん入った物を買う方がお得になります。

安い食材で作る節約レシピ17選

金欠のときやお金を貯めたいとき、食費を切りつめて節約するのはいいですが、あまりわびしい食卓では食事が楽しくありません。

節約していても毎日の食事が楽しくなるおいしい料理を作りたい人のために、安い食材を使った節約レシピ17選を紹介します。

安い食材でもバラエティに富んだおかずを作って、楽しく節約したい人はぜひ参考にしてください。

1:大根と鶏むね肉の甘辛炒め煮

安い食材で作るメインとなるおかずのおすすめは「大根と鶏むね肉の甘辛炒め煮」です。脂肪が少なくヘルシーな鶏むね肉と大根の組み合わせで安いだけでなくヘルシーなおかずです。

鶏むね肉は固くなりやすいのが難点ですが薄くスライスして、とろみのある煮汁が絡んでいるので、固さやパサつきが気になりません。

ごはんにもお酒にも合う甘辛味のおかずをぜひお試しください。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.大根 1/3本(300g)
2.鶏胸肉 150g
3.片栗粉 大さじ1
4.Aだし汁 200cc
5.A醤油 大さじ2
6.A砂糖 大さじ2
7.Aみりん 大さじ2

作り方:
1.大根は包丁かピーラーで皮を剥いて、5ミリ程度の半月切りにし鶏胸肉を3ミリ程度にスライスしたら鶏胸肉に、みりん大さじ1/2をかけて数回揉みます。※大根が大き目の時は、いちょう切りにして下さいね。※鶏胸肉を半解凍して切ると薄く綺麗に切れますよ♪
2.①に片栗粉をまぶして、フライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を入れて中火にかけ、鶏胸肉だけを色が変わる程度に炒めたら大根を加え、フチが少し透明になるまで炒めます。
3.調味料Aを加えて、中火のまま5分程度煮て煮汁が少なくなり艶が出てきたら出来上がりです。※みりんは残りの大さじ1/2です。

2:焼肉のたれで鶏むね肉のローストチキン

安い食材で作るメインになるおかず、「鶏むね肉のローストチキン」です。

パサつきがちな鶏むね肉をしっとりとしたローストチキンに仕上げる秘密は甘口の焼肉のタレとヨーグルトに漬けこむことです。

魚焼きグリルで焼くので、オーブンのない家庭でも作れます。焦げやすいので火加減は中弱火で焼いて下さい。

作り置きしてお弁当に入れたりサンドイッチにしたり、ごはんやお酒のお供にして楽しんでください。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.鶏胸肉(お好みの部位で) 250g
2.@ヨーグルト:エバラ黄金の味甘口 大さじ2
3.塩胡椒 少々
4.お好みでハーブなど 少々

作り方:
1.ポリ袋に、フォークでグサグサ刺したお肉と@を加えモミモミして暫く置きます。
2.1を取り出し、塩胡椒をして魚焼きグリルに入れて皮目からこんがり焼きます。(お野菜はお好みで)
3.裏側も焼いて出来上がり★

取り出してお好みにカットしてお楽しみください。

3:鮭とじゃがいものグラタン甘味噌ソース

安い食材・養殖甘塩鮭を使って作る味噌グラタンです。鮭一切れで3人分できてしまうので、朝食で使った甘塩鮭が余ったら晩ごはんにグラタンを作りましょう。

使うチーズは最後にパラパラとふりかける粉チーズだけですが、味噌とみりんの甘味噌ソースが焼けた香ばしさで、充分満足できる味に仕上がります。

安い食材で満足感のあるグラタンをぜひお試しください。

Blockquote firstBlockquote second

材料(3人分):
1.甘塩鮭 1切れ(70g)
2.たまねぎ 1個(100g)
3.酒 大さじ1
4.レモン汁 小さじ1
5.マーガリン 小さじ1
6.じゃがいも 4個(350g)
7.マーガリン 小さじ1
8.味噌 大さじ1
9.みりん 大さじ2
10.牛乳 250cc
11.小麦粉 大さじ2
12.マーガリン 大さじ1
13.塩 少々
14.こしょう 少々
15.粉チーズ 適量

作り方:
1.玉ねぎを薄切りにしてフライパンに敷き、鮭を乗せて酒とレモン汁を振り、マーガリンを乗せてフタをします。トロ火で7~8分蒸し焼きにします。
2.じゃがいもは芽を取り皮をむき、7mm厚の輪切りにして耐熱皿に並べます。ラップをして600Wのレンジで約4分、柔らかくなるまで加熱します。熱いうちにマーガリンを表面に塗っておきます。(乾燥しないようにラップを被せて置いておきます)
3.蒸し焼きにした鮭の皮と骨を取って粗くほぐし、じゃがいもの上にたまねぎ、鮭を乗せます。
4.ホワイトソースを作ります。フライパンを弱火にかけ、マーガリンを加えて小麦粉を振り入れ、マーガリンを溶かしながら合わせて小麦粉に火を通します。
5.牛乳を30ccくらいずつ入れて合わせます。牛乳を全部入れ終わったら塩こしょう少々を加えて全体が馴染むまで混ぜたら具の上にかけます。
6.味噌とみりんを泡だて器かスプーンで滑らかになるまで混ぜ合わせてホワイトソースの上にかけます。(スプーンで少しづつ回しかけました)粉チーズを振り、1000Wのオーブントースターで約6分、または220℃のオーブンで約15分、焼き色がつくまで焼いて完成です。

4:豚こまボールの照り焼き

安い食材の1つである豚小間切れ肉は豚肉のいろいろな部位のハンパな部分を集めたものですが、その豚小間を使ったボリュームのあるおかず・豚こまボールの照り焼きはいかがでしょう。

下味をつけた豚小間肉をギュッと丸めたミートボールのようなおかずですが、ひき肉をこねるよりずっと簡単に作ることができます。

ボリュームがあってごはんの進む味付けなので、お弁当にもぴったりです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.豚肉(こま切れ・切り落とし) 300g
2.○醤油 小さじ1
3.○油 小さじ1
4.片栗粉 適量
5.●醤油 大さじ2
6.●砂糖 大さじ1
7.●酒 大さじ1
8.●みりん 大さじ1
9.蒸し用の水 大さじ2
10.サニーレタス 適量
11.ミニトマト 適量

作り方:
1.バットに片栗粉を敷いておきます。
●の調味料は合わせて置きます。
2.こま切れ肉は○で下味をつけた後、3cmくらいの大きさにギュッと丸めた後1のバットに並べていきます。
3.2豚こまボールの全面に片栗粉をまぶしたら、フライパンに油を敷き焼いていきます。(最初は触らないこと!)
4.片面こんがり焼けたら裏返しふたをして焼きます。途中水を入れて蒸し焼きにします。
5.水気がなくなりこんがり焼けたら、キッチンペーパーでフライパンのふき取り、●の調味料を入れたれが絡んだら完成☆
6.付け合せに差にレタスやミニトマトも一緒にどうぞ☆お弁当にもおすすめ☺

5:もやしとニラのチヂミ

安い食材の代表・もやしをたっぷり使ったもやしとニラのチヂミは、混ぜて焼くだけなので簡単に作れておすすめです。栄養の面でも野菜やたまごのたんぱく質が取れ、バランスのよいおかずです。

桜えびが入っているので焼くと香ばしくなり食欲をそそります。お酒にも晩ごはんのおかずにもお弁当にも向いています。

もやし以外にも旬の安い食材を使って、アレンジしてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.もやし 1/2袋
2.ニラ 半束
3桜海老 5g
4.★卵 1個
5.★小麦粉 大さじ3
6.★片栗粉 大さじ1
7.★水 大さじ3
8.ごま油 大さじ1
9.☆しょうゆ 大さじ1
10.☆砂糖 小さじ1
11.☆酢 小さじ1
12.☆水 大さじ1/2
13.☆白ごま 大さじ1
14.☆ラー油 少量

作り方:
1.ニラは2cm長さに切る。もやしは長い場合は半分の長さに切る。
2.★を合わせ、もやし・ニラ・桜海老を加えてよく混ぜる。
3.フライパンにごま油を熱し、2を流し入れて両面をこんがり焼く。
4.白ゴマをすり、つけだれ☆を混ぜ合わせる。
5.3を食べやすい大きさに切り、お皿に盛りつけてたれをそえる。

6:くずしカレー豆腐

豚肉・豆腐・えのきだけなど安い食材を集めて煮るだけのくずしカレー豆腐は、フライパンで作れるとても簡単な煮物です。

安くて簡単ですが、肉・大豆製品・きのこが入ってたんぱく質も食物繊維も取れるバランスのいい優秀おかずです。

濃いめの味付けにしてうどんにかけてもおいしいです。画像のようにお好みで温泉卵をトッピングするのもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(4人分):
1.豆腐 1丁
2.えのき 好きなだけ
3.ネギ 好きなだけ
4.豚肉 好きなだけ
5.麺つゆ 大3
6.水 大8〜
7.みりん 大3
8.カレー粉 小2くらい
9.水溶き片栗粉 片栗粉大1+水大2

作り方:
1.水溶き片栗粉以外をフライパンに投入。グツグツしてきたら、豆腐を荒く崩して、水溶き片栗粉を入れ、そーっと混ぜる。

7:高野豆腐のムニエル

安い食材の中でもヘルシーさでは群を抜いている高野豆腐を使ったムニエルです。高野豆腐といえば醤油・砂糖・出汁で煮るのが一般的ですが、洋風なメインおかずも作れます。

高野豆腐はお湯で戻してから調味液を染み込ませ、小麦粉をまぶしたらフライパンで焼くだけです。

外側はカリッとして中から調味液がジュワっとしみだして、高野豆腐の新たな魅力を発見するはずです。

安い食材でヘルシーなおかずを作りたい人にお勧めです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(4人分):
1.高野豆腐 4枚
2.◎しょうゆ、みりん、湯 大さじ2ずつ
3.◎砂糖 小さじ2
4.小麦粉 適量

作り方:
1.高野豆腐は熱湯(50℃くらい)に漬けて柔らかく戻す。
ぎゅぅっと水気をしぼって、手で10個くらいにちぎる
2.ボウルに◎を合わせる。
高野豆腐を再度ぎゅっとしぼってから一斉に加え、全体に染みるよう混ぜて、10分以上漬けておく。
3.小麦粉をまぶす。
油を熱したフライパンで表面がカリッとなるようにころころ転がしながら焼いていく。

8:ちくわマヨ

中華で人気の海老マヨネーズですが、海老は高くて買いたくない、という時には、安い食材ちくわでちくわマヨを作ってみましょう。

ちくわは魚のすり身が原材料ですが、魚よりずっと安く買えるので節約したい人には便利な安い食材です。

下ごしらえは切るだけなので、海老マヨよりずっと簡単に作ることができます。ちくわはうまみがあるので味も決まりやすく、料理が苦手な人や忙しい人におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.ちくわ 5本
2.A 小麦粉 大さじ4
3.A 水 大さじ2.5
4.油 大さじ1
5.B マヨネーズ 大さじ1.5
6.B 砂糖 小さじ2
7.B 酢 小さじ1

作り方:
1.ちくわは一口大の乱切りに切る。
ボウルにAを合わせ、ちくわをくぐらせる。
2.フライパンに油を熱し、1.のちくわを揚げ焼きする。かりっと揚がったら、油をよく切り、粗熱を取る。
3.ボウルにBを合わせ、2.の熱が取れたちくわを加え、味をからめる。

9:豆腐のイタリアン風包み

節約にうってつけの安い食材・豆腐と鶏むね肉を使った節約おかずとは思えないおしゃれでおいしいイタリアン風なおかずです。

豆腐も鶏むね肉も脂肪が少なくヘルシーなので、チーズをたっぷり使っても安心です。調理はすべて電子レンジでできるので簡単で洗い物も最小限ですみます。

レシピは2人分ですが、電子レンジで加熱する時は1人分ずつにすると調理しやすいです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.鶏むね肉 1/2枚
2.木綿豆腐 1/2丁
3.新玉ねぎ(玉ねぎ) 1/2個
4.ピザソース 大さじ4~5
5.ピザ用チーズ 50g
6.A 砂糖 小さじ1/4
7.A 片栗粉 小さじ1/2

作り方:
1.鶏肉は小さめの一口大のそぎ切りにし、A(砂糖→片栗粉の順に)をもみこむ。
豆腐はしっかり水切りし、食べやすい大きさに切る。
玉ねぎは薄切りに切る。
2.30cm角に切ったクッキングシートの真ん中に、1.を玉ねぎをしき、豆腐と鶏肉を交互にのせ、ピザソース→チーズの順にのせる。
キャンディ状に包む。
3.2.耐熱皿に乗せ、電子レンジ(600w)3分加熱する。

10:カレーうどん☆クリスピー鶏ささみ

安い食材で作るおいしいカレーうどんは、お子さんの長期休みのお昼や休日のお昼にピッタリです。

紹介するレシピはいつものカレーうどんとは趣を変えて、サクサクしたクリスピー衣の鶏ささみと、白身は香ばしく黄身はとろりとした半熟のフライドエッグをトッピングしています。

鶏ささみとフライドエッグはフライパンで揚げ焼きするので使う油の量も控えめです。

Blockquote firstBlockquote second

材料:
1.鶏ささみ肉  1本(60g)
2.A) 酒 小さじ1
3.A)しょうゆ 小さじ1
4.片栗粉 大さじ1
5.(あれば)重曹パウダー 小さじ1/4
6.たまねぎ 50g
7.たまご 2個
8.塩 少々
9.(お好みで)かいわれ大根 適量
10.水 600cc
11.だしの素 600ccに対しての量
12.市販のカレールー 2カケ
13.みりん 大さじ1
14.しょうゆ 大さじ1
15.ゆでうどん 2玉
16.サラダ油 大さじ2

作り方:
1.鶏ささみ肉は硬い筋の周りに包丁を入れて筋を取り、小さくカットして材料Aと合わせておきます。
2.たまねぎは5mmくらいにスライスします。お鍋に水、だしの素、たまねぎを入れてフタをして煮立てます。煮立ったら火を消して、カレールーを入れて丁寧に溶かし、みりん、しょうゆを加えて再び火をつけ、トロ火で時々かき混ぜながら5分くらい煮込みます。
3.その間にトッピングを作ります。鶏ささみ肉に片栗粉、重曹パウダーをまぶします。フライパンにサラダ油を熱して、鶏ささみ肉を加えて中火で揚げ焼きにします。途中でひっくり返してトータル約3分です。揚がったらキッチンペーパーの上に取り出します。カレーつゆを一旦火からおろして、お鍋にうどんを温める湯を沸かし始めます。
4.お肉を取り出したフライパンでフライドエッグを作ります。衣が残っていたら卵につかないようにフライパンの端によけて下さい。中火にして卵を離して割り入れて、塩少々を振ります。周りが焦んがりしてきたらフライ返しでそっとひっくり返し、底の面も少し焼き色がついたらキッチンペーパーの上に取り出します。少し半熟に仕上がるように揚げすぎないのがポイントです。
5.うどんを表示時間通りに温めます。カレーつゆをトロ火で温めます。器に湯切りしたうどんを入れて、カレーつゆを注ぎ、鶏ささみ肉、たまご、かいわれ大根をトッピングして完成です。

11:豚肉のみぞれ丼

節約料理でおなじみの安い食材・豚小間肉と大根おろしを使った丼です。お子さんの長期休みや、家で過ごす休日のお昼におすすめです。

大根おろしがたっぷり使われているので、ボリュームのある豚肉もさっぱりと食べられます。にんにくと生姜が入っているのでパンチのある味で箸がすすみます。

豚肉の旨みの染み込んだ大根おろしがごはんとよく合う1品です。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.豚こま切れ肉 150g
2.にんじん 1/2本
3.にんにく 1/2かけ
4.しょうが 1/2かけ
5.サラダ油 小さじ1
6.★大根 5cmくらい
7.★しょうゆ 大さじ2
8.★酒 大さじ1
9.★みりん 大さじ1
10.★砂糖 小さじ1
11.ご飯 お好みの量
12.万能ねぎ 適量

作り方:
1.豚肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩・こしょう(分量外)をふっておく。
にんじんは食べやすい大きさに薄切りする。
にんにく・しょうがはみじん切りにする。
大根をおろして、★を合わせておく。
2.フライパンにサラダ油とにんにく・しょうがを入れて加熱し、香りがたったら豚肉を加えて強火で色が変わるまで炒め、にんじんも加えて炒める。
3.★を加えて全体を混ぜ、2~3分弱火で煮る。
4.器にご飯を盛り、3をのせて万能ねぎをかける。

12:ちくわとお揚げの節約丼

安い食材を使った丼をもう1品紹介しましょう。「ちくわとお揚げの節約丼」は家にあるものでササっと作りたい日やお財布がピンチな時におすすめです。

お肉は入っていませんが、ちくわ・油揚げ・たまごでたんぱく質が豊富で、出汁のうまみがたっぷりな満足感のある丼なので、食べ盛りのお子さんも喜ぶはずです。

簡単にできるので主婦の一人ランチにもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

≪材料≫2人分
☆ちくわ 3本
☆油揚げ 1枚
☆玉ねぎ 1/2個
☆卵 2個
◆ヤマキ基本のだしパック 1ケ(かつおと昆布の合わせだし)
◆水 200cc
◎醤油 大さじ半分
◎酒 小さじ1
◎みりん 小さじ1
◎砂糖 小さじ1位
・みつば 適量
・ご飯 どんぶり2杯分
①油揚げは油抜きをしちくわと共に一口大に切る。
②鍋に水とだしパックを入れ沸騰してから2分ほど煮出しだしパックを取り出す。
③②の鍋に◎の調味料と薄切りにした玉ねぎを入れ玉ねぎが透明になるまで中火で加熱する。
④ちくわと油揚げを入れ煮汁がひたひたになるまで煮込む。
⑤溶き卵を流し入れ火を止め卵がお好みの固さになるまで蓋をして蒸す。
⑥丼にご飯をよそいその上に⑤を乗せみつばを飾って完成です☆

13:鶏むね肉のクリームパスタ

節約中でも安い食材を使ってクリームパスタを食べたい人には、生クリームを使わずに作れる鶏むね肉のクリームパスタがおすすめです。

鶏むね肉の他にも安定した低価格で買える冷凍ほうれんそうや卵が入り、彩りがきれいで栄養バランスのいいクリームパスタです。

安いだけでなく、普通のクリームパスタよりもグっと低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(1人分):
1.パスタ 100~150g
2.玉ねぎ 1/4
3.まいたけ 1/6
4.鶏むね肉(ささみやもも肉でも) 100g
5.冷凍カットほうれん草 30g
6.塩 ひとつまみ
7.ブラックペッパー 適量
8.〇卵 1個
9.〇牛乳 40ml
10.〇オリーブオイル 小さじ2

作り方:
1.ボールに〇を合わせておきます。パスタを表記の時間より1分程短く塩ゆでします。
2.玉ねぎは薄切りにします。鶏肉は小さめに切ります。
3.フライパンに油をひき(分量外)、玉ねぎ、まいたけ、鶏肉を炒め、最後にホウレンソウ、塩、ブラックペッパーを加え炒めます。
4.パスタがゆであがったらざるにあけ水気を切ります。
ボールに水気を切ったパスタ、③も加え絡めます。
5.フライパンに④を入れ、弱火で卵が半熟になるまでよく混ぜながら温めます。お皿に盛り付けたら完成です☆

14:もやしナムル

ここまでボリュームのあるおかずを紹介してきましたが、あと1品欲しい時にさっと作れる小さなおかずも紹介しましょう。

安い食材の王者ともいえるもやしを1袋使ったナムルは、レンジで加熱するので時間の節約にもなり、もやし1袋があっというまになくなるおいしさのおかずです。

加熱し終わったもやしはすぐにラップをとって水分を飛ばすと水っぽくならずにおいしいナムルになります。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分):
1.もやし 1袋
2.☆鶏がらスープの素(顆粒) 小1
3.☆白いりごま 大1
4.☆ガーリック(チューブ) 小1/2
5.☆胡麻油 小2

作り方:
1.もやしをザルで洗い、時間があればひげ根をとる。
ボウルにキッチンペーパーをひき、水気をきったもやしを入れる。
2.1のボウルにラップをかけて電子レンジで2分加熱(600W)。
すぐにラップをはずし、粗熱をとる。
3.粗熱がとれたらキッチンペーパーで水気をきり、☆を混ぜ合わせて出来上がり。

15:豆腐のハムマヨコーンパン

パン屋さんの前を通るとつい食べたくなってしまう惣菜パンですが、惣菜パンをしょっちゅう買うのはかなり不経済です。惣菜パンが食べたくなったら安い食材・豆腐とホットケーキミックスを使って20分で作ってしまいましょう。

ホットケーキミックスに絹ごし豆腐を混ぜた生地の上に、ハムやケチャップ、マヨネーズなどを乗せて焼くだけです。

小腹が減ったときや朝ごはんに作ってみてください。

Blockquote firstBlockquote second

材料(5人分以上)
1.ホットケーキミックス 150g
2.絹ごし豆腐 100g
3.A牛乳 大さじ2~3程度
4.Aマヨネーズ 大さじ1
5.ハム 3枚
6.コーン 20g

作り方:
1.軽く水気を拭き取った豆腐とホットケーキミックスをボウルに入れホイッパーやスプーンで捏ねるように混ぜます。
2.①に材料Aを加えて、むらななく混ぜたら一口大に刻んだハムとコーンを入れて混ぜお好みのベーキングカップ7分目まで流し入れます。
3.170度に予熱済みオーブンで20分焼いて出来上がりです。

16:豆腐ドーナツ

お子さんに食べさせるおやつや、憩いのひとときに欠かせないスイーツも、安い食材で手作りしてみましょう。

豆腐で小麦粉を練って作るドーナツは揚げずに薄く油をひいたフライパンで焼くので、手軽に作れます。

シロップも手作りすればなお節約になりますが、めんどうな人はそのまま食べても粉糖をかけても美味しいです。

ふっかふかの食感の豆腐ドーナツをぜひお試しください。

Blockquote firstBlockquote second

材料(4人分):
1.絹ごし豆腐 150g
2.小麦粉 100g
3.A)砂糖 大さじ3
4.A)ベーキングパウダー 小さじ1/2
5.A)重曹パウダー 小さじ1/4
6.A)バニラエッセンス 3~4滴
7.サラダ油 適量
8.B)砂糖 大さじ3
9.B)水 大さじ1
10.B)熱湯 大さじ1

作り方:
1.大きめのボウルに豆腐を入れて泡だて器で崩して滑らかになるまで、すり混ぜます。豆腐の入ったボウルをはかりに置いて、計量しながら小麦粉を加え、材料Aを加えてゴムべらでよくかき混ぜます。
2.ねっとりとした生地です。絞り出し袋の口を直径2.5cmにカットして生地を入れます。フライパンを熱してサラダ油を全体に薄く行き届くぐらい注ぎます。
3.いったん火を消して、直径3~4cmくらいに絞り出してナイフでカットします。火をつけトロ火にし、フタをして約3分焼きます。
4.竹串とフライ返しを使ってコロンとひっくり返し、再度フタをして5分ほど焼きます。竹串を刺してみて何もついてこなければOKです。キッチンペーパーの上に取り出して油を切ります。
5.レンジでB)熱湯を作ります(1000Wで10秒加熱しました)小鍋にB)砂糖とB)水を入れて火にかけます。ブクブクしてきたら鍋を軽く持ち上げてゆっくり回しながら全体がキツネ色くらいになるまで煮詰めます。
6.火からおろして、熱湯を注ぎます。(ヤケド防止にグローブをつけて下さい)再度火にかけて、全体が馴染んだら火を消します。冷めるとトロミがつくので、ゆるいかな?くらいでOKです。シロップが冷めてトロミがついたらドーナツにかけて完成です。

17:バナナおからケーキ

安い食材で作るおやつをもう1品、たっぷり入ってお安く買えるおからと、いつでも安定の安さがうれしいバナナを使ったケーキを紹介します。

おからは豆腐を作るときに出る大豆の搾りかすですが、たんぱく質や食物繊維が豊富で安いだけでなくヘルシーな食材です。

小麦粉をまったく使わないケーキなので、ダイエット中にも安心して食べられます。

Blockquote firstBlockquote second

材料(1人分):
1.生おから 100cc(40g)
2.ヨーグルト 100cc
3.塩 ひとつまみ
4.さとう 大1
5.オリーブオイル 小1
6.バナナ 小1本
7.シナモン 少々
8.玉子 1ケ

作り方:
1.玉子、ヨーグルト、塩、さとう、オリーブオイルをよく混ぜる。
2.バナナを小さくカットしたもの、おからを入れて混ぜる。
3.オイル(分量外)を塗ったカップ又はお茶碗に入れて、電子レンジで500ワット8分加熱する。
4.ラップしてそのまま冷ます。シナモンパウダーをふる。

節約作り置きおかずを知りたい人におすすめ

ゆーママの簡単! 節約作りおき
ゆーママの簡単! 節約作りおき
口コミ

子供がまだ小さいので、作り置きをしています。 ゆーママさんのレシピで料理の幅が広がりました!

安い食材で作る節約作り置きおかずを知りたい人におすすめの本が、ゆーママ著「ゆーママの簡単! 節約作りおき」です。

人気ブロガーゆーママさんが1週間のおかずを6000円で作れる極意を伝授してくれます。まとめて作るので時間も光熱費も節約できます。

忙しい人におすすめです。

まとめ買いした食材の保存方法

安い食材で作る節約レシピ17選|まとめ買いした食材の保存方法

食費を節約したいなら安い食材をまとめ買いするのがおすすめですが、せっかく買った食材を腐らせてしまったら逆効果です。

より効果的に節約したい人のために、まとめ買いした食材の保存方法をまとめました。

1:肉

安いお肉をまとめ買いしたらできるだけ早く冷凍保存します。

薄切り肉やひき肉は1回分使う量を小分けにして空気が入らないようラップできっちり包みます。鶏むね肉など大きめの肉は、料理に使うサイズに包丁でカットして1回分ずつラップできっちり包みます。

ラップに包んだ肉はさらにジップロックなどのチャック付に入れて空気を遮断して冷凍庫に入れます。

2:魚

価格が変動しやすい魚は安い時にまとめ買いして冷凍しておくと便利です。すぐに調理しないなら冷凍してある魚を買ってくるのもいい方法です。

生の魚を保存する場合は、内臓を取ってきれいに洗ってからぴっちりとラップに包んでジップロックなどのチャック付きの袋に入れて冷凍します。

お刺身はサクで買うのが断然お得です。その日使わない分はただちに冷凍してしまいましょう。

3:豆腐

価格が安定している豆腐はあまりまとめ買いのメリットはありませんが、豆腐が余ってしまった時の保存方法を紹介します。

タッパーなどの保存容器に水を入れ、その中に豆腐を入れて保存しましょう。タッパーの水は毎日交換することが必要です。

木綿豆腐なら、使いやすい大きさにカットして冷凍保存してみましょう。解凍すると「す」が入ったようになりますが調味料が染みやすくなり、違ったおいしさを楽しめます。

4:野菜

じゃがいも、にんじんなどの根菜類は比較的長持ちするので冷蔵室に入れて保存しましょう。

青菜類は洗って新聞紙などで包んでからポリ袋に入れて、野菜室に立てて保存すると新鮮さが長持ちします。

萎れてしまいやすい葉物野菜を長く保存したいなら茹でて水気をしっかり絞ってからラップに包んで冷凍します。ブロッコリーやインゲンなども冷凍可能です。

5:食パン

食パンは常温保存が可能ですが、うっかりアオカビを生やしてしまった経験のある人が多いでしょう。

食パンは常温で保存していると水分が抜けパサパサになりやすいので、その日食べない分はすぐに冷凍するのがおすすめです。

1枚ずつラップに包んでからジップロックなどのチャック付の袋に入れて冷凍しましょう。食べる時は自然解凍でもトーストしてもOKです。

安い食材で節約料理を作ろう

安い食材を使った節約料理はヘルシーなものが多いので、節約だけでなく健康やダイエットのためにも役立ちます。

今回紹介したレシピから、ぜひお気に入りの節約料理を作ってみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

世帯の人数に合わせた食費節約の方法をまとめた記事と、金欠を乗り切る方法をまとめた記事を紹介します。

大切なお金を有効に使って人生を豊かなものにするのに役立ててください。

関連記事

Related