Search

検索したいワードを入力してください

ウォッカのカクテルレシピ31選|ウォッカに合うおつまみ

Small 636729fe 0a68 48c9 97a0 a8c4b39f1846Megu
レシピ / 2019年01月30日
ウォッカのカクテルレシピ31選|ウォッカに合うおつまみ

四大スピリッツの種類と特徴

カクテルを作るのに欠かせないお酒に、スピリッツと呼ばれる蒸留酒があります。蒸留酒は、ビールやワインなど度数の低いお酒を火にかけ、さらにアルコール度数を高めたお酒の事を言います。

中でもウォッカ・ジン・テキーラ・ラムの4種は四大スピリッツと呼ばれており、カクテルの材料としても世界中で親しまれているお酒です。製造方法や香りなど、四大スピリッツの特徴について詳しくお伝えします。

種類1:ウォッカ

ウォッカの主な原料は大麦・ライ麦・ジャガイモなどの穀物から造られています。蒸留した後に白樺の炭でろ過するため、ほぼ無味無臭で水のようにクセのないまろやかな飲み口が特徴です。

そのためウォッカベースのカクテルを作るには最適なお酒で、特に柑橘系との相性がよく、さっぱりとさわやかな味わいのカクテルを作るのに適しています。

種類2:ジン

ジンの原料もウォッカと同じく穀物から造られる蒸留酒です。しかし蒸留の仕方が大きく異なります。蒸留する際にネズの実やボタニカルなどの薬草成分を加えて蒸留されます。そのためジンには独特の香りや鋭いキリっとした切れ味のある味わいが広がります。

種類3:テキーラ

テキーラは、リュウゼツランという見た目はアロエのような剣状で肉厚なとげのある葉が特徴の、メキシコ原産の植物の茎の汁を蒸留して造られたお酒です。

独特な甘い香りが漂い、味は銘柄によって異なりますが、スパイス感の強いものからフルーティーな味わいなど様々です。

またアルコール度数が高いのも特徴で、ストレートで飲む際には、塩を舐めて高いアルコール度数から喉を守りながら飲むのが一般的な飲み方とされています。

種類4:ラム

ラムの起源はカリブ海の島々と言われており、そこで盛んに栽培されていたサトウキビから造られたお酒です。原料からもわかるように、甘みの強い風味が特徴です。

ラムは製造方法や熟成期間によって色や味が異なるため、ラムはホワイト・ゴールド・ダーク・ライト・ミディアム・ヘビーの6つの種類に分けられています。種類が豊富な分、ラムベースで造られるカクテルも数多く、甘みも強いことから女性にも人気の高いお酒の1つです。

ウォッカで作るカクテルのレシピ31選

四大スピリッツの1つであるウォッカは、中でもシンプルでクセのない味わいのため、カクテルベースになることが多く、ウォッカを使ったカクテルの種類も豊富です。

またウォッカは値段も安価なものも多く、フルーツジュースと混ぜるだけでも美味しく、気軽に楽しむことができるのも魅力の1つです。家にあるもので簡単に作れるウォッカを使ったお手軽なカクテルから、お洒落で本格的なカクテルレシピまでご紹介していきます。

レシピ1:モスコミュール

ウォッカベースの定番カクテルの1つでもあるモスコミュールは、手軽でとても簡単に作れるカクテルです。さわやかで飲みやすく、ジンジャエールのテイストを変えることで、甘口から辛口まで、好みのテイストに合わせることもできます。

味も見た目もシンプルなお酒ですが、飽きの来ないクセになる味わいのため、多くの人に好まれているカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ     45ml
2.ジンジャーエール Full up
3.ライム      1/6個

作り方
1.氷を入れたグラスにウォッカとジンジャーエールを入れて混ぜ、ライムを搾り入れる。

レシピ2:ソルティドッグ

このカクテルもウォッカをグレープフルーツで割るだけの簡単でシンプルなカクテルですが、スノースタイルと言われるグラスの緑に塩を付ける演出をほどこすことで、見た目もおしゃれで味わいもグレープフルーツの酸味と塩気の相性が絶妙な1品になります。

シンプルなカクテルをおしゃれに見せるのもカクテルを作る楽しみの1つです。フルーツやお花を飾ったり、カクテルグラスに注ぐだけで一気におしゃれなカクテルに変身します。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ         30ml
2.グレープフルーツジュース Full up
3.塩            適量

作り方
1.グラスの先端にレモン汁(少々)をつけて、皿などに敷いた塩をつける。(スノースタイル)
2.氷を入れた1にウォッカとグレープフルーツジュースを入れて混ぜる。

レシピ3:ウォッカマティーニ

ウォッカマティーニと言えば、映画「007」の主人公ボンドが愛したカクテルで有名です。「カクテルの王様」と呼ばれる「マティーニ」のベースをジンからウォッカに変え、くせのないキレのある味わいとなっており、見た目も味もワンランク上の大人な雰囲気のカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ        45ml
2.ベルモット・辛口タイプ 15ml
3.氷           適宜
4.グリーンオリーブ    3個

作り方
下準備: グラスは冷蔵庫に入れて冷やしておく。
     大きめのグラスとマドラーを用意しておく。
     グリーンオリーブをピックに刺す。
1.大きめのグラスに氷を入れて、お酒を注ぎ入れ、マドラーで素早くかき混ぜる。
2.冷やしておいたグラスに1を注ぎ、オリーブを添える。

レシピ4:カルダモンとミント香るガラナカクテル

スパイスの女王と呼ばれるカルダモンとさわやかなミントの2つのハーブの香りが漂い、程よい甘みと微炭酸のガラナでとても飲みやすい、女性におすすめのカクテルです。仕上げにミントやライムを飾るとさらに彩りもさわやかでお洒落なカクテルになります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ガラナ・アンタルチア  150ml
2.ウォッカ        30ml
3.カルダモンパウダー   少々
4.カットライム      1切れ
5.ミントの葉       適量(一握り程度)

作り方
1.グラスにウォッカとミントの葉、カルダモンパウダーを加えて軽くつぶす。
2.氷とガラナを加え、ミントの葉とライムを飾り、飲むときにライムを絞り入れる。

レシピ5:メロンボール

メロンリキュールとオレンジジュースを使った、色合いも素敵なカクテルです。メロンの優しい甘さと、オレンジの酸味とほろ苦さがバランスよく調和された飲みやすい味わいです。ついついペースよく飲み進めてしまえる味ですが、ウォッカベースのカクテルのためアルコール度数は高めです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ     30ml
2.メロンリキュール 60ml
3.オレンジジュース 60ml

作り方
1.氷を入れたグラスにすべての材料を入れて混ぜる。

レシピ6:ブラッディ・マリー

トマトのとろりとした口当たりに、ピリッとスパイシーな味わいはカクテルというより、食前酒や冷静スープのようなカクテルです。スパイスに胡椒が添えられることが多いですが、ウスターソースやお塩、タバスコなどを添える場合もあり、自分の好みに合ったブラッディマリーをお楽しみいただけるのも魅力です。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ       30ml
2.生クリーム      30ml
3.無塩トマトジュース  90ml
4.レモンジュース    5ml
5.ウスターソース    5ml
6.黒胡椒        少々
7.イタリアンハーブミックス(少々)

作り方
1.シェイカーにイタリアンハーブミックス以外の材料を全て入れて軽く混ぜ合わせる。
2.大きめの氷をシェイカーに入れて、強くシェイク。
3.グラスに注ぎ、イタリアンハーブミックスを軽く散らして完成。

レシピ7:キウイのカクテル

酸味が強く甘酸っぱいキウイは、さわやかなウォッカと相性が抜群です。キリっと濃いめでさっぱりとしたお酒が好みの女性の方におススメです。見た目も、色鮮やかで涼しげな美しいカクテルです。ウォッカを入れずに炭酸水だけならお子様も一緒に楽しむことができます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.キウイジャム    小さじ2
2.ウォッカ      30ml
3.炭酸水       60ml

作り方
1.グラスにキウイジャムをいれる。
2.静かにウォッカをそそぐ。さらに炭酸水をそそぐ。
3.かき混ぜていただく。

レシピ8:ストロベリー風ダイキュリー

一見手の込んだカクテルに見えますが、いちごやいちごのフローズンが手に入らなくても、手軽に手に入るいちごアイスとアイスボックスで本格的なフローズンカクテルを作ることができます。

いちごは甘酸っぱくさっぱりとしていてお酒との相性もよく、また見た目も鮮やかでロマンチックなカクテルを作るのにおススメなフルーツです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.苺アイス       1カップ
2.アイスボックス    1カップ
3.炭酸水        適量
4.ウォッカ       大さじ2

作り方
1.グラスに苺アイスを入れる。次にアイスボックスをのせる。
2.1人あたり大さじ1~3のラム酒またはウォッカを加え、炭酸水をグラスのふちまで注ぎ入れたら完成。

レシピ9:グリーンモス

贅沢でお洒落な大人のメロンソーダをイメージしたカクテルです。メロンリキュールのミドリを入れることで色合いがとても鮮やかで、クセもなくさっぱりとした味わいです。辛口のジンジャエールを入れるとさらにキリっとさっぱりとした大人な風味に仕上がります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ        15ml
2.メロンリキュールミドリ 30ml
3.ジンジャエール     適量
4.チェリー        1個

作り方
1.氷を入れたグラスにウォッカ→メロンリキュール→ジンジャエールを注ぎすばやくかき混ぜます。最後にチェリーを沈ませたら出来上がり。

レシピ10:オレンジウォッカカクテル

カクテルの定番材料のオレンジジュースを使ったカクテルです。オレンジジュースとウォッカの他にコーラとジンジャエールを混ぜたような独特な風味のガラナも加わるため、定番の味にひとひねり加えられた新鮮なテイストです。

フルーティーでジュース感覚で飲めるため、お酒が苦手な方や初心者の方でも美味しく味わえるカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.100%オレンジジュース  60cc
2.ウォッカ          大さじ2
3.ガラナ・アンタルチカ    110cc
4.飾り用 オレンジ      1切れ
5.レモンバーム        お好みで
6.氷             お好み量

作り方
1.グラスにオレンジジュースを入れた後、ウォッカを入れて混ぜ氷を入れる。
2.上から静かにガラナ・アンタルチカを注いでオレンジやハーブを飾って完成。

レシピ11:ブルー・サマー

ウォッカにボルスブルーキュラソーというリキュールを混ぜた、透き通った美しい青い海のようなブルーカクテルです。このブルスブルーキュラソーは、数種類のハーブとオレンジで造られたフルーティーフレーバーのリキュールなので、爽やかな柑橘系の香りにミントとレモンが加えられ口当たりさっぱりのカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.①ウォッカ             20ml
2.②ボルスブルー           15ml
3.③クレームドミント         10ml
4.レモンソーダ            80ml
5.レモンスライス、ミント葉、チェリー 各少量

作り方
1.グラスに①、②、③、の順にそそぎ、最後にレモンソーダを入れて、2~3回混ぜる。
2.レモンスライス、ミントの葉、チェリーを飾る。

レシピ12:ミントリキュールカクテル

ウォッカにホワイトミントリキュールとライム果汁を加えた爽やかでシンプルなカクテルです。甘めのカクテルが苦手な人にはミント系のカクテルはとてもおススメです。また見た目がシンプルなカクテルなのでフルーツを飾り、可憐なデザインのグラスをチョイスして、優雅なカクテルに仕上げます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ          30ml
2.ホワイトミントリキュール  15ml
3.ライム果汁         5ml
4.炭酸水           適量
5.チェリー          2粒
6.氷             適量

作り方
1.チェリーの種を取り除き、半分にカットする。
2.グラスに1と氷を入れ、ウォッカ、ミント、ライムを入れる。
3.炭酸水で満たし軽くかき混ぜる。

レシピ13:スイカのスパイスカクテル

果物の中では甘さ控えめなスイカは、実はスパイスと相性がよく、またウォッカもスパイスと相性のいいお酒のため、このような組み合わせのカクテルが誕生しました。

なかなか味の想像がしづらいカクテルですが、どんな味わいのカクテルなのかと冒険する楽しさもまたカクテルの魅力の1つです。カクテルの材料は、どこでも手に入るお手軽な材料を使って作ることができるので、スイカが出回る夏の時期にぜひ一度お試しください。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.※ウォッカ                 60ml
2.※スイカ                  200g(すりおろす)
3.※生姜搾り汁                小さじ1
4.※シナモンパウダー             少々
5.※チリペッパー               少々
6.森永製菓アイスボックス<グレープフルーツ> 適量
7.飾り用スイカ                適宜

作り方
1. ※印の材料をミキシングラスで合わせる。
2. グラスに1を注ぎ、アイスボックスをグラスいっぱいなるまで入れ、スイカを飾ったら出来上がり。

※スイカは柔らかいので、あっという間にすりおろせます。
※チリペッパーは、お好みでほんの少し入れて下さい。

レシピ14:フローズンヨーグルトカクテル

さっぱりと美味しい子供にも人気なフローズンヨーグルトにウォッカを加えて、大人のフローズンヨーグルトに仕上げます。材料も手軽で作り方もとっても簡単です。大人だけの女子会やデートの食後のデザートにもおススメなフローズンカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.森永製菓アイスボックス<グレープフルーツ>  1カップ
2.フローズンヨーグルト(無脂肪のもの)      50g
3.ウォッカ                   30cc

作り方
1.全部フードプロセッサにかけてとろりとしたらできあがり。

レシピ15:メロンとバナナのカクテルスムージー

朝食によく合うバナナスムージーにウォッカを加えると、夜の楽しい大人の時間に合うカクテルスムージーに早変わりします。メロンとバナナの濃厚な甘さの中にウォッカのピリッとした適度な苦みがクセになります。材料も常備しやすいものばかりなので、思いついた時にすぐ作れる簡単なカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.冷凍したメロン      200g(1/4個分・アムスメロン使用)
2.冷凍したバナナ      100g(1本分)
3.牛乳           50ml
4.ウォッカ         40~50ml
5.バニラエッセンス     小さじ2~

作り方
1.バナナとメロンは皮と種を取り除き、ひと口サイズに切って冷凍しておく。
2.材料をすべて入れ、滑らかになるまでミキサーにかけて出来上がり。

レシピ16:コスモポリタン

レッドの色合いが美しく、クランベリーの品のある甘みとさわやかな酸味が特徴で、大人の女性にぴったりのロマンチックなカクテルです。

またこのカクテルは日本でも大人気となったアメリカのドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公が好きだったカクテルということもあり、日本でも女性を中心に今では人気の高いカクテルとなりました。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ         グラスに約半分弱の高さまで
2.トリプルセック      大1〜2
3.クランベリージュース   上の2つ+グラスの8分目まで
4.フレッシュライム     1/2個

作り方
1.カクテルグラスにウォッカを注ぎ、トリプルセックを足して、半分の高さになるように加え、さらにクランベリージュースを注ぐ。
2.シェイカーに氷をたっぷり入れ、飾り用スライスを1〜2枚残して、果汁を絞る。1のミックスと果汁を入れてシェイクする。
3.グラスに戻し、ライムを飾る。

レシピ17:春宵カクテル

春先のお花見シーズンにぴったりな桜色の上品なカクテルです。桜リキュールで桜の優しい風味が漂います。またカルピスを加えることで甘く飲みやすいカクテルに仕上がっています。春色に包まれたお料理と共に柔らかな洗練された雰囲気も演出してくれる、美味しく魅力たっぷりのカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.桜リキュール   50㏄
2.ウォッカ     30cc
3.カルピス     15cc
4.ソーダ      50㏄

作り方
1.グラスに目一杯氷を入れておく。
2.1のグラスに桜リキュール、ウォッカ、カルピス、ソーダのに順に入れて静かにかき混ぜて出来上がり。

レシピ18:ホワイト・ビーチ

夏の青い海と白い砂浜をイメージして作られた爽やかなカクテルです。色のグラデーションが楽しめるのもカクテルの醍醐味です。ブルーとホワイトの割合をお好きな量に変えるだけで、見た目のイメージも味わいも変わるため、その日の気分で作れる楽しさもあります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ         40cc
2.プレーンヨーグルト    50cc
3.パイナップルジュース   60cc
4.ブルーキュラソー     適宜
5.氷            適宜

作り方
1.氷を入れたシェーカーにヨーグルト、ウォッカ、パイナップルジュースをいれ、よくシェークする。
2.氷を入れたグラスに注ぎ、ブルーキュラソーを底に沈めるようにそっと注ぎ入れる。

レシピ19:ブレンディ―マリー

コーヒー好きでお酒好きな方におススメするお洒落なカフェラテのカクテルです。コーヒーカクテルと言えばカルーアミルクが有名ですが、ウォッカとコーヒーの程よい苦みとクリーミーなミルクで本格的なコーヒーカクテルがお楽しみいただけます。またラテアートを描けば、おもてなしにも喜ばれるカクテルになります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
インスタントコーヒー    3g
ウォッカ          30cc
乳脂肪4%以上の調整牛乳  150cc
グラニュウ糖         6g
バニラエッセンス       少々

作り方
【調理器具を準備】
・ミルクフローサー
・ミルクピッチャー(または注ぎ口のある計量カップ)
・小皿2枚
・グラス

1.小皿に砂糖少々。お湯で溶かしバニラエッセンスを数滴。グラスを逆さまにして口に付る。
2.もう一つの小皿に砂糖を少々。グラスを逆さまにしてまだ濡れている口に砂糖を付ける。
3.インスタントコーヒーを3gをグラスに入れウォッカ30mlを注ぎよく溶かす。
4.冷えた牛乳と残った砂糖をミルクピッチャーに入れ泡立てる。
5.泡立ての始めは空気を多く混ぜ込みます。ミルクフローサーをミルクピッチャーの中心の深い所で垂直に立てて数秒。
6.後半は空気が入らない様に混ぜる。ミルクフローサーを45度に傾け表面から数cmの深さの所で大きな泡が消えるまで混ぜる。
7.コーヒーの液面から20cmの所から、白く浮かばせない様に潜り込ませる様に注ぐ。
8.ブレンディーカクテルのできあがり

レシピ20:トロピカルフルブラアイスティー

1970年代にニューヨークのロングアイランドで生まれた、四大スピリッツのウォッカ・ジン・ラム・テキーラの全てを混ぜてコーラで割ったカクテルです。

強さを感じさせないような味わいですが、実際のアルコール度数はかなりお高めです。またアイスティーと呼ばれながら実際には一滴も紅茶は入っておらず、見た目と味が紅茶に似ていることからその名が付けられました。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ラム       大さじ
2.ウォッカ     大さじ1
3.テキーラ     大さじ1
4.ドライジン    大さじ1
5.レモンジュース  大さじ2
6.粉砂糖      2ティースプーン
7.コーラ      適量

作り方
1.コーラ以外のすべての材料をシェーカーに入れ、シェイクする。
2.コーラで割って出来上がり。

レシピ21:ココナッツレモンスムージー

トロピカルカクテルの代表格でもあるハワイ生まれの「チチ」というカクテルです。「チチ」とは、アメリカの俗語で“カッコイイ、粋な”という意味です。

ココナッツの甘い香りを交わさないためにもウォッカをベースにします。またパイナップルの酸味で程よい甘さになり、味も見た目も南国の雰囲気漂う粋なカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ココナッツミルク    45ml
2.パイナップルジュース  80ml
3.ウォッカ        30ml

作り方
1.シェイカーに材料全てを入れて、後はシェイクする。
  氷のつまったグラスにそそげば完成。

レシピ22:洋ナシのフローズンバラライカ

バラライカとは、三角形の形をしたロシアの民族弦楽器のことで、ロシアをイメージして作られたカクテルのためその名が付けられ、ロシア生まれのウォッカをベースに作られています。

オレンジ果汁で作られたホワイトキュラソーとレモンジュースで柑橘風味が強く出た味わいに、洋ナシを加えることでまろやかさな甘さがプラスされ、口当たりのよい味に仕上がります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.洋なし        1/2個
2.クラッシュアイス   適量(1/3カップ分程度)
3.ウォッカ       30ml
4.ホワイトキュラソー  15ml
5.レモンジュース    15ml

作り方
1.洋なしは角切りにして凍らせておきます。
2.すべての材料を入れてハンドブレンダーで滑らかにします。

※洋なしを凍らせた場合はレンジで10秒程度加熱して少し柔らかくするか、室内に出して少し溶けかけの状態にしてから使います。
※氷は必ずクラッシュアイスを使用します。

レシピ23:オレンジホットカクテル

ホットなお酒と言えば、熱燗やホットワインが浮かんできますが、甘いホットカクテルもおすすめです。甘酸っぱいオレンジジュースにウォッカを混ぜたほろ苦い大人なテイストに、濃厚な生クリームの甘さが加わることで、甘さと苦さが絶妙なバランスとなり、体の芯まで温まる大人スイートな飲み物になります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカ       30ml
2.オレンジジュース   150ml
3.ホイップクリーム    適量
4.シナモンパウダー   適量

作り方
1.グラスにウォッカを入れる。
2.さらにオレンジジュースを加え、電子レンジで1分50秒加熱する。
3.ホイップクリームを山盛りに盛り付ける。
4.ホイップクリームの上にシナモンパウダーを振りかけて完成。

レシピ24:ざくろカクテル

ざくろは抗酸化作用のあるポリフェノールやアントシアニンが豊富に含まれており、アンチエイジング効果も期待できる健康的な果物です。そんなざくろは、色鮮やかで見た目も美しくフルーティーな味わいのためカクテルにするには最適です。

また美しいざくろの色合いを生かすためにはクリアなウォッカがぴったりです。柑橘系の果物とも相性がいいため、さわやかでフレッシュなカクテルに仕上がります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ざくろ果汁          30ml
2.ウォッカ           45ml
3.グレープフルーツジュース   45ml
4.ライム果汁          15ml
5.ガムシロップ         15ml
6.氷              適量
7.飾り用オレンジの皮      適量

作り方
1.ミキシンググラスに全ての材料を入れ、シェイクする。冷やしたマティーニグラスにカクテルを注ぐ。
2.オレンジの皮をカールさせてグラスに飾る。

レシピ25:シークワーサーカクテル

沖縄のシークワーサーを使ったカクテルです。沖縄で有名な泡盛と混ぜて作る泡盛サワーも美味しいですが、ウォッカとの相性も抜群です。フレッシュでキリっとさっぱりとした味わいで香りも爽やかです。はちみつをお好みで入れるとまろやかさがプラスされ飲みやすくなります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.シークワーサー   適量
2.ウォッカ      45ml
3.蜂蜜        お好みで

作り方
1.シークワーサーを絞ります!
2.氷をグラスいっぱいに入れて絞ったシークワーサーとウォッカ、蜂蜜を入れる。
ロックの場合はこれで完成。
3.水割りの方はミネラルウォーターで割る。

レシピ26:クランベリーとバラのカクテル

香り高いバラと色鮮やかなクランベリーが合わさり、気品高く魅惑的な雰囲気漂うカクテルに仕上がります。味もクセのないシンプルなウォッカに上品な甘さと酸味が加わり、見た目同様の味わいです。でも作り方はとてもシンプルで簡単なため、手軽にお洒落でゴージャスな1杯をおもてなしすることができます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.クランベリージュース    10
2.ローズシロップ(モナン)   2
3.ウォッカ          3

作り方
1.材料を上記の比率で混ぜ合わせる。

レシピ27:抹茶のカクテル

夏の突然のスコールをイメージして作られたという抹茶のカクテルです。ウォッカは無味無臭のため、抹茶の透明感あるグリーンが美しく、ほんのり香る抹茶の香りも漂います。

夏の暑さを涼し気なグリーンとさっぱりとした香りが気分を癒してくれます。味は見た目よりも甘口で夏の疲れた体もほぐれるような優しい甘さです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
ウオッカ      グラスに3㌢くらい
抹茶リキュール   グラスに2㌢くらい
サイダー      残り部分
氷         適量

作り方
1.グラスに氷を入れ、ウォッカ・抹茶リキュール・サイダーのに入れる。

レシピ28:グロギ

「グロギ」とは北欧やヨーロッパで有名なホットカクテルです。寒い冬のクリスマスシーズンには欠かせないとてもポピュラーな飲み物です。ウォッカと赤ワインに様々な香り高いスパイスを加えて作ります。お砂糖を加えるため赤ワインの甘さの深みが増します。

冷えた体を芯まで温める寒い国ならではのカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ウォッカグラスに      約3㌢
2.赤ワイン(フルボディ)   グラスに約4㌢
3.シナモン(パウダー)     少々
4.ジンジャー(パウダー)     少々
5.クローブ (パウダー)     少々
6.グラニュー糖         少々
7.レーズン          少々
8.アーモンド         少々
9.シナモンスティック     1本

作り方
1.鍋に1~6を入れ、弱火で沸騰させない程度に温める。
2.温まったらレーズンとアーモンドを加えて少し冷ます。(耐熱ならすぐ注いでOK)
3.グラスに注ぎシナモンスティックを添える。

レシピ29:コーヒーゼリーのカクテル

とろけるような口当たりに見た目もおしゃれなクラッシュゼリーのコーヒーカクテルです。上品なほろ苦いエスプレッソウォッカで大人のディナースイーツにもおススメです。コーヒーをあえてゼリーにすることでコーヒーの味がより濃厚な味わいに感じられます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.VanGoghエスプレッソウォッカ   大さじ2杯(30cc)
2.牛乳               100ml~150ml
3.コーヒーゼリー         (中サイズ)1個
4.シロップ             少々
5.オレンジピール          1かけ
6.チョコチップ           少々
7.クラッシュドアイス        少々

作り方
1.トールグラスにクラッシュドアイスとコーヒーゼリーを入れスプーンでゼリーを崩す。
2.そこに冷たい牛乳を注ぎ、その後エスプレッソウォッカをたらす。
3.チョコチップをふりかけ、お好みでオレンジピールを飾る、あるいはシロップを加えて完成。

レシピ30:リサンタ

ウォッカにピーチ・ラズベリー・オレンジのお酒と、レモンを混ぜたすっきりと甘いカクテルです。フルーティーで飲みやすい味ですが、数種類のお酒がミックスされていてアルコール度数も高めのため、味わいは見た目とは異なりかなりきつめのカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.ピーチリキュール      5~10ml
2.フランボワーズ       10ml
3.コアントロー        10ml
4.ジン            10ml
5.ウォッカ          20ml
6.レモン(ポッカレモン可)  5~10ml

作り方
1.すべての材料をシェーカーに入れ、シャカシャカする。

レシピ31:マンゴースムージーカクテル

濃厚でとろけるような甘さのマンゴースムージーにウォッカをプラスしてスムージーカクテルにしました。マンゴージュースで割っても美味しいですが、マンゴーの実を贅沢に丸ごと1個スムージーにしたもののほうがより旨みが凝縮され味わい深くなります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
1.マンゴー       1個
2.オレンジジュース   100cc
3.氷          茶碗山盛り1杯
4.シロップ       大さじ1〜2
5.ウォッカ       50cc程度

作り方
1.マンゴーの実を切り取り、半分をミキサーに、半分を1cm角に切る。
2.1のミキサーにオレンジジュース、氷、シロップを入れて氷とマンゴーが完全に一体化するまで撹拌する。
3.グラスに2とウォッカをついで、1cm角に切ったマンゴーを入れる。

いつでもお洒落なカクテルが作れるカクテルレシピ集

本格家飲みカクテル教本 簡単ルールで美味しくできる120種
本格家飲みカクテル教本 簡単ルールで美味しくできる120種

初めてカクテル作りに挑戦する場合、定番カクテルであれば簡単に作ることができますが、数種類のお酒が使われたカクテルやオリジナルカクテルを作ろうとすると、お酒は種類も多いため味の相性や組み合わせた味の風味を想像することは難しいです。

カクテルは、ホームパーティーなどあらゆるシーンで振舞える機会があるため、カクテルの基礎的な知識を一度マスターしておくと、より楽しく美味しいカクテルを作ることができます。

ウォッカのカクテルに合うおつまみ

お酒を飲むときに欠かせないのがおつまみです。美味しいおつまみがあるとお酒も進みます。お酒によって相性の合うおつまみは様々ですが、ウォッカベースのカクテルも基本的には味の濃いものや塩気や旨みがしっかりとしているものが合います。

カクテルの場合は、甘目・辛目・さっぱり目などテイストがそれぞれ異なるため、カクテルのテイストにあった相性のよいおつまみをチョイスするとより美味しくお酒を頂くことができます。

おつまみ1:ピスタチオ

ナッツ類はどんなお酒にも合う定番メニューのためウォッカベースのカクテルにもよく合います。また中でもピスタチオはただ美味しいだけでなく、美容や健康にもよく栄養素が高いことから「ナッツの女王」とも呼ばれており、浮腫み解消や肌の酸化防止などの効果が期待できるため、カクテル好きの女性におススメです。

ただし、ピスタチオは高カロリーで塩分も高めです。またカクテルも甘いものが多いので食べる量には注意が必要です。

おつまみ2:レーズンバター/ドライレーズン

レーズンバターやドライフルーツも定番おつまみですが、レーズンは甘めのお酒によく合います。ウォッカベースのカクテルであれば、さっぱりとした味わいのカクテルではなく、フルーツ果汁やフルーツリキュール、ラム酒などを混ぜ合わせたカクテルにおススメです。

レーズンバターをおつまみにする際には、クラッカーやフランスパンに乗せたり、生ハムで巻いて食べると塩気も加わりとても美味しいです。

おつまみ3:チョコレート

チョコレートもおつまみとしての相性がいいだけではなく健康面でも相性のいい食べ物です。カカオにはポリフェノールが多く含まれており、アルコールによる胃への負担を軽くしたり、抗酸化作用によりアルコールを摂取することで起こる脂肪肝をおさえる効果もあります。

そのため苦めのダークチョコがおススメです。苦みは甘さをより引き立たせてくれるため、甘めのお酒と相性がいいためウォッカベースの甘いカクテルにおススメです。

おつまみ4:ジャーマンポテト

ウォッカの本場ロシアでもジャガイモはよく食べられており、またお肉やスパイスの効いた料理とも相性がいいお酒です。ジャーマンポテトはこってりとした味付けなのでさっぱりとしたカクテルが合います。そのためウォッカベースにレモンやミントなどを組み合わせたシンプルですっきりとした味わいのカクテルがおススメです。

美味しいウォッカベースのカクテルを作ろう

カクテルを美味しく作るためのルールはいくつかありますが、中でも混ぜる材料の割合は美味しく作るための大事なポイントのひとつになります。ウォッカそのものはアルコール度数が強く、ストレートやロックでは飲みにくいと感じる人も多いお酒です。

そのためウォッカや度数の強いお酒を使ってカクテルを作る際には、飲む人の好みの味や濃さを把握した上で、飲む人に合った割合で作ることが美味しいカクテルを作る決め手となります。

蒸留酒を美味しく飲もう

蒸留酒は醸造酒に比べるとアルコール度数の高いお酒のため、アルコールの弱い方には飲みにくいお酒です。そんな方はジュースや甘いリキュールなどで割ることで、強いお酒も美味しく楽しむことができます。

また蒸留酒の中でもウォッカは無味無臭でクセのないお酒のため、様々な飲み物と相性がいいため、カクテルのバリエーションも豊富で飽きの来ないお酒です。ぜひ自分好みのカクテルを見つけて楽しい大人の時間をお過ごし下さい。

関連記事

Related