Search

検索したいワードを入力してください

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

Author nopic iconTyuo
人の心理 / 2019年02月08日
左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

左脳と右脳の役割

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

脳には、左脳と右脳がありそれぞれの働きが違うということを知っていましたか。人にも、左脳派の人と右脳派の人が存在していることはよく知られています。では、具体的にどのような部分が違っていて、それぞれの脳にどのような働きがあるのでしょうか。

左脳と右脳の働きはそれぞれが違っているため、どの部分がよく働いているかで性格も適性もかなり変わってきます。

左脳の役割

左脳には、言語や記憶、論理的な思考を働かせる役割があります。そのため、数学が得意な人や物事を論理的に考えることが得意な人は、この左脳がよく働いていると言えます。

また、左脳の働きは、物事を論理的に冷静に判断する役割があるので、左脳がよく働いている人は、冷静に物事を判断できます。そして、左脳がよく働く人は一般的に男性が多いと言われています。

右脳の役割

右脳は、イメージや空間でもの事を捉えることを得意としているため、空間をイメージする働きや五感で何かを察知する役割を果たします。そのため、右脳がよく働く人は、芸術性や感受性が豊かな人が多いです。

また、瞬時にたくさんのことを処理することができるのも右脳なので、時には天才的な働きをすることもあります。そして、右脳がよく働く人は女性に多いと言われています。

左脳派と右脳派の特徴12コ

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

ここまでは、右脳と左脳の働きを詳しく紹介していました。では、右脳派と左脳派の人の特徴にはそれぞれどのようなものがあるのでしょうか。どちらの脳が活発に働くかで、その人の行動や考え方もかなり変わってきます。

ぜひ、これから紹介することを参考に、自分はどっちの脳がよく働いているのかを発見してみてください。

左脳派の特徴6つ

まずはじめに、左脳派の特徴からです。左脳派の特徴は、男性に多く見られる脳の特徴が多いです。論理的な思考や、数字に強いことなども特徴の1つです。他にも、左脳派の特徴はさまざまですので、これから紹介する特徴をぜひ最後まで読んで、左脳派の特徴についての知識を増やしてください。

特徴1:計画的に行動

左脳派の人の特徴1つめは、計画的に行動するということです。左脳派の人は、右脳派の人とは違いものごとを計画的に進める傾向があります。もともと、大きなことをひとつひとつ丁寧に進めることが得意なので、なんでも計画的に進めていきます。

そのため、適当に行動することが嫌いなので、周りの人はすこし几帳面すぎてめんどくさいなと感じる人も多いでしょう。しかし、しっかりと計画を立てている分、失敗は少ないのでそれはいいところです。

特徴2:論理的な判断

左脳派の人の特徴2つめは、論理的な判断をするということです。左脳派の人は、物事に筋道を立てて考えることを得意とするので、難しい話や複雑なことでも論理的に考えることができます。また、冷静に物事を判断できるので、どんな場面にあっても落ち着いて冷静な判断をすることのできるひとが多いです。

特徴3:数学・科学・計算が得意

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

左脳派の人の特徴3つめは、数学・科学・計算が得意ということです。左脳派の人はもの事を論理的に考える能力や、もの事をひとつひとつ丁寧に終わらせていく能力に長けているので、その延長線上で数学や科学、計算などの学問や単純な計算が得意です。

数字に対して理解力があることも、数字系の学問に強い1つの理由になります。

特徴4:事実に沿った物が好き

左脳派の人の特徴4つめは、事実に沿ったものが好きということです。左脳派の人は、理論的に証明されていないものよりも、事実に沿って証明されている物事を好む傾向にあります。そのため、左脳派の人は、オカルトなど科学的に証明されていないものの話はあまり好きではありません。

確かに、数学が得意な人でオカルトや幽霊などを信用していない人は多いです。

特徴5:リーダーに向いている

左脳派の人の特徴5つめは、リーダーに向いているということです。左脳派の人は、大きなことに対して念入りに計画を立て、ひとつひとつ計画どおりに進めていくことを得意とします。そのため、リーダーとして周りの人をまとめるという複雑なこともこなせる能力がある人が多いです。

また、論理的に話を進めていくので、周りの人もその論理的な考えとしっかりした計画に納得する場合が多いです。そのため、多くの人をまとめることができます。

特徴6:チームより個人プレー向き

左脳派の人の特徴6つめは、チームより個人プレー向きということです。左脳派の人は、一人で黙々と作業をすることを好む傾向にあるので、何かに取り組む時にもチームプレイではなく、個人プレーに向いています。

右脳派の特徴6つ

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

次に、右脳派の特徴を6つご紹介します。右脳派は、左脳派とは真逆の働きを持っているため特徴も全然違っていて面白いです。ぜひ、右脳派の特徴を最後まで読んで自分はどっちに当てはまるのか判断してみてください。

特徴1:フィーリングを重視する

右脳派の特徴1つめは、フィーリングを大事にするということです。右脳派は、もの事を理論的に頭で考えるよりも、五感をフル活用して物事を決めたりする場合が多いです。もともと、何かを五感で感じることに敏感なため、論理性よりも自分のフィーリングを重視してものごとを進めていきます。

しかし、全てのことフィーリンングで決める人は少なく、大きな出来事はフィーリングで決めてしまうという人が多いです。

特徴2:全体を把握したがる

右脳派の人の特徴2つめは、全体を把握したがるということです。右脳派の人は、全体をイメーイしてものごとの大体の計画を立てたり、分析したりする脳の働きをしてます。そのため、一部の情報だと物事を把握することができないため、全体の情報を知りたがります。

また、このように右脳派の人は全体から多くのことを大雑把に分析することができるので、情報処理能力も高いと言えます。

特徴3:決断にも感情やフィーリングが優先

右脳派の人の特徴3つめは、決断にも感情やフィーリングが優先ということです。右脳派の人は、何かを決断する時に、論理性や筋道だった話よりも感情や自分のフィーリングを大切にします。

そのため、たとえ論理的な話の中でメリットが多いと言われているのことでも、自分のフィーリングが合わなければ、その話は完全に無視してしまいます。

特徴4・芸術センスに富んでいる

右脳派の人の特徴4つめは、芸術センスに富んでいるということです。右脳派の人は、空間や直感力以外にも、芸術センスに富んでいる人がとても多い傾向にあります。そのため芸術家や音楽家などは、フィーリングや感情に正直な人が多いです。

特徴5:衝動的で脱線しやすい

右脳派の人の特徴5つめは、衝撃的で脱線しやすいということです。右脳派の人は、自分の感情やフィーリンングに素直なぶん感情的な部分も多くあります。そのため、話や行動が衝撃的で脱線しやすいという特徴もあります。

また、いきなり感情的になったり気分の差が激しかったりする時があるため、周りの人は大変な時もあります。

特徴6:チームで好奇心を発揮できる

右脳派の人6つめは、チームで好奇心を発揮できるということです。右脳派の人は、考えや発想が柔軟であり、新しいことに対する好奇心も旺盛なので、チームの中でも好奇心を発揮できる存在として注目されることが多いです。

占いに興味のある方におすすめの本はこちら

こちらの本は、占いの本の中ではダントツに人気のある本です。365日分のメッセージが細かく記されているので、1ページだけでもかなりの読み応えです。占いをあまり信じていない方にも、おすすめできるほど当たっている本です。

占い関連でもう一つおすすめしたいサービスが電話占いです。特に、電話占い(ヴェルニ)は電話占い中でもおすすめできるので、ぜひチェックしてみてください。

左脳派と右脳派の強みと向いている職業

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

最後に、左脳派と右脳派の強みと向いている職業についてお話ししていきます。それぞれの脳によって特徴や強みも変わってくるので、向いている職業もそれぞれ違ってきます。自分がどっち派なのかを理解して、その強みを知ることで自分にあった職業をめざすことができます。

自分にあった職業に就くことで精神的にも肉体的にも楽になれます。ぜひ、参考にしてください。

左脳派の強み

左脳派の強みは、数字に強いことや計画を立てて進めていくことに対する能力です。左脳派の人は、物事を論理的に判断できて冷静な対応をすることができるので、仕事場でも重宝されます。

また、左脳派の人はコツコツと地道な努力をすることもできるので、そんな左脳派の強みを生かして、仕事に専念できるといいです。

向いている職業

左脳派の強みや特徴を踏まえて、左脳派に向いている職業は研究者や弁護士などの、頭を使って論理的に考えて行動する職業が向いています。計画を立てて、ひとつのことをきっちりとこなしていくことも得意です。

また、事務職などの細かい作業をコツコツする職業も左脳派の人には向いています。

右脳派の強み

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

右脳派の強みは、直感力やクリエイティブな思考を生かして行動できるということです。そのため、人によっては他の人が思いつかなかったような周りの人をあっと思わせるようなアイディアを出してくることがあります。

また、右脳はの人はそのクリエイティブな発想や頭の柔軟性を生かすことで、天才的な人材が発掘されることもあります。

向いている職業

右脳派の人の特徴や強みを踏まえて、右脳派の人に向いている職業は芸術家や音楽家、発明家などのクリエイティブな発想を主に活用するような職業です。新しいことを発見することや、空間をうまく捉えて物事を進めていけるような能力がある右脳派の人は、自分の職業を心から楽しむことができます。

左脳派と右脳派で得意なことが異なる

左脳派と右脳派の特徴12コ・左脳派/右脳派の強みと向いてる職業

いかがでしたか。今回は、右脳はと左脳はの特徴12個やそれぞれの強み、向いている職業などを詳しくご紹介していきました。右脳と左脳では、脳の働きもかなり違うため、どの脳がよく働いているかによってその人の性格や適性も変わってきます。

右脳と左脳で得なことが異なってくるので、自分が右脳派か左脳派かを見極めて、それぞれの特性を生かしていけるといいです。

左脳派と右脳派についてもっと知りたい

今回は、右脳はと左脳派の特徴について述べていきましたが、左脳派と右脳派の役割の違いは男女でも違ってきますし、その詳しい診断方法もあります。左脳派と右脳派についてもっと知りたい方や、自分がどちら派なのかを知りたい方はぜひ、次の記事も最後まで読んでみてください。

自分がどちらの派なのかを知ることで、日頃から自分の特性を意識して行動できるようになります。

関連記事

Related