Search

検索したいワードを入力してください

気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

Small ba7ad130 f9f9 4de6 b2b3 1e1fc7ed43e6佐賀裕司
コーディネート / 2018年12月18日
気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

気温19℃

気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

皆さんは「気温19℃」と聞いて、どんな印象を持つでしょうか。気温19℃というのは日本の春夏秋冬においてどの季節でも到来する気温であり、その都度、服装をその気温に合わせてコーディネートする必要が出てきます。

気温19℃というのは、クーラー(冷房)を付けている場合を想定すればわかりやすいですが、かなり肌寒い気温となります。この肌寒い気温に見合った服装を探してみましょう。

気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

春の季節では、この気温19℃という気候がかなり多い時期でもあるため、その少々肌寒い気温に見合った服装のコーディネートはやはり必須の工夫となるでしょう。春用の服装として気温19℃に見合った服装はかなり充実してあるため、そのコーディネートにはそう時間は掛かりません。

基本的にハーフコートを羽織る場合もあれば、カーディガンなどをチョイスしておき、街中でも着たり脱いだりして調節することができます。

気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

秋の服装コーディネートの場合でも、基本的には「冬場のイメージ・気温」を想定した上でコーディネートされるため、気温19℃の設定での服装コーディネートはきわめて普通の方法となるでしょう。

秋の服装コーディネートの場合では、気温の想定も大切ですがさらに「ファッション性を引き出すようなコーディネート」が魅力的になるため、気温19℃の設定を多少横に置いてよいでしょう。

最低気温にもよるがやや肌寒い

気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

気温19℃という気候は先述しましたように多少肌寒い気候となるため、それなりに厚手の服装コーディネートを工夫しておく必要があります。特に合いの季節(春や秋)のシーズンにはこの気温19℃という気候が頻繁に訪れるため、春と秋の服装コーディネートにはセンスをピックアップする上で、十分工夫しておきましょう。

気温19℃におけるおすすめの服装6選

ここでは「気温19℃におけるおすすめの服装6選」と題して、特に合いの季節である春と秋のファッションセンスをもじった上での魅力的な服装コーディネートについてご紹介します。

気温19℃というのは肌寒い季節である上で、さらに朝・昼・夜に掛けての気温の変化が激しい気候となるため、まず大切なのはリバーシブルや、着衣・脱衣が可能な服装コーディネートを工夫する点です。

お勧め1:春

それではまず「春の気温19℃の気候に適切な服装コーディネート」の数々をご紹介します。春と言えば明るい色あいの服装コーディネートが望ましく、たいていの女性ファッションの場合ではピンクや白色のブラウス・カーディガンなどを基調にした服装となるでしょうか。

この場合でも脱着衣が可能なリバーシブルタイプの服装コーディネートが工夫の原点となるため、気温19℃に見合った服装を想定しておきましょう。

ピンクのパーカー・ブラックのブルゾン

まずは「ピンクのパーカー・ブラックのブルゾン」の服装コーディネートですが、これは春用の服装としても非常に便利な取り合わせになるでしょう。まずパーカーというのはカーディガンと同じく羽織物であるため、脱着衣が可能な上に、いろいろな服装コーディネートが可能になります。

ブラックのブルゾンはこの場合「保険的な役割」として、気温19℃以下になった場合に着衣しましょう。

ホワイトニット・色落ちデニム・デニムパンツ

次に「ホワイトニット・色落ちデニム・デニムパンツ」ですが、これも春用の服装としては適切で、特にニットのありがたさは肌寒い季節・気温19℃の気候には適当なぬくもりを与えてくれます。

そしてデニムパンツですが、この場合のデニムパンツはダメージが多少あった方がファッション性を引き出すのに適当で、さらに秋のセンスとしてもピックアップされるでしょう。

春らしいピンクやブルーを大事にする

春用の服装コーディネートの場合はまず「空色」や「ピンク」などの清々しい色あいやすっきりした色あいを貴重にしておき、とにかく明るい色あいを服装コーディネートの基調として備えておくことがベターです。

気温19℃の気候の場合でもこの「明るい色あいを醸し出す服装」の役割は大きく、それだけで春物の服装コーディネートに役立ってくれます。

お勧め2:春(2月)

まずは「春(2月)用の服装コーディネート」のご紹介ですが、この場合は気温19℃以下の気候が実に多く訪れるため、特にブルゾンタイプの服装やネイビージャケット、さらにはハーフコートなどを着用するとよいでしょう。

男性の場合も女性の場合でも、この春・秋シーズンの服装コーディネートを工夫する場合は「どちらでも着用できる便利な品ぞろえ」が店先でも見られます。

ブルーのシャツ・ブルゾン・グレーのスキニー

まずは「ブルーのシャツ・ブルゾン・グレーのスキニー」のご紹介です。この場合の服装コーディネートのポイントは、ブルゾンを貴重とした服装コーディネートとなるため、その外観は割とごわっとしたアレンジが目立つ形になります。

この厚手の服装コーディネートのポイントに注目した上で、先述の「脱着衣が可能な服装」を想定しておくことで、気温19℃の場合でも快適な服装となるでしょう。

ボーダー柄・ジャケット・ネイビーパンツ

次は「ボーダー柄・ジャケット・ネイビーパンツ」についてご紹介します。この場合の服装コーディネートのポイントではまず「ボーダー柄の服装」を原点に置き、その上でネイビーパンツのシックな色調で締めるというタイトな仕上がりになります。

気温19℃の気候がよく見られる春先の服装としても、このジャケットファッションは非常に多くの場面で見られるため、ボーダー柄とも非常にマッチするでしょう。

シックで落ち着いたコーディネート

春先の服装コーディネートのポイントとしてピックアップされやすいのが、この「シックで落ち着いたコーディネート」の工夫になるでしょう。

この場合の服装コーディネートの利点はまず、先述したごわっとなりやすい服装をタイトに引き締める形でのコーディネートが可能になる点と、気温19℃の肌寒さをカバーできる二重の利点が見られます。

お勧め3:春(3月)

次は「春(3月)」におすすめの服装コーディネートのご紹介をしていきます。3月と言ってもまだまだ春先の肌寒さがしばらく残り、服装コーディネートを工夫する際でもなるべく「暖かめのファッション」が求められます。

特に3月というのは「これから本格的な春の気候に向けての過渡期のシーズン」として認められるため、気温19℃の服装コーディネートをしっかり演出してみましょう。

ホワイトニット・ジャケット・ネイビーパンツ

まずは「ホワイトニット・ジャケット・ネイビーパンツ」の服装コーディネートですが、この場合のポイントでは「ジャケットとホワイトニットとの絶妙の魅力・色調バランス」が魅力となるでしょう。

その上でネイビーパンツでシックに決めておき、全体的なファッションバランスをスマートに演出できるという特典が付きます。気温19℃の気候でも、しっかり寒さをカバーできます。

ホワイトニット・ジャケット・デニムパンツ

次は「ホワイトニット・ジャケット・デニムパンツ」の服装コーディネートですが、この場合でもまず「ジャケットとホワイトニットの色調の魅力」を先に想定しておき、その上でややゆったりと着ることができるデニムジャケットの魅力がポイントとなります。

デニムパンツやデニムスカートの魅力はこの「ゆとりを持たせた上で、シックな魅力を同時に醸し出せる点」で、気温19℃の場合でもしっかり寒さを防げます。

青色とデニムを基調とした爽やかな印象

「青色とデニムを基調とした爽やかな印象」についてですが、まず青色の服装コーディネートでは先述の「春特有のファッション性を引き出せる唯一のカラーポイント」となるため、実に多くの春用ファッションの中で重宝される服装となります。

その上で、気温19℃前後の気候の場合でもしっかり寒さ対策ができるため、デニム生地の爽やかさ印象と実用的なファッションを同時に合わせ持つことができます。

お勧め4:秋

さて、先述では「春用の服装コーディネートとそのポイント」についてご紹介してきましたが、ここからは「秋用の服装コーディネートとそのポイント・魅力」についてご紹介していきます。

秋用の服装コーディネートで着目する点はまず、先述のように「さらにファッション性・芸術センスを引き出す服装」で、その上で気温19℃の場合でも寒さ対策を十分できる服装コーディネートを心掛けましょう。

レッドニット・革ジャン・ネイビーパンツ

まず「レッドニット・革ジャン・ネイビーパンツ」の服装コーディネートですが、この服装の魅力的なポイントはまず「革ジャンのシックかつワイルドな魅力」を十分引き立てる上で、さらにネイビーパンツでシック(タイト)に決めるという二重の魅力がある点です。

上記を踏まえた上で、さらに気温19℃の場合でも寒さをしっかり防げるポイント(利点)があるため、どんな状況でも実用的なファッションとなるでしょう。

タータンチェックシャツ・黒スカート

次は「タータンチェックシャツ・黒スカート」の服装コーディネートですが、この場合の服装の魅力的なポイントはまず「タータンチェックのチェック柄を可愛らしく見せた上で、なおかつ黒スカートで芸術的センスを引き出す」という二重の利点になります。

気温19℃の場合では主に「布生地のぬくもり」が肌恋しくなるのが特徴で、その場合は綿生地よりもさらに魅力的な服装コーディネートとなるでしょう。

秋らしい大人しめのカラーで統一感を持たせる

秋のファッションコーディネート・服装のバランスへの工夫を想定する場合には、まず「シックで統一した大人っぽいファッション」や、「同じくシックで統一されたしっとりとしたファッションスタイル」が大きな魅力的ポイントとなります。

この芸術的でありさらに実用的な服装コーディネートを心掛ける上で、気温19℃の場合でも十分寒さをカバーできるような暖かいファッションセンスが求められます。

お勧め5:秋(10月)

さて、次は秋(10月)に見られる服装コーディネートの魅力についてご紹介します。秋でも10月と言えば、まだまだ暖かい日や暑い気候が十分想定され、気温19℃以上の毎日が続く場合が多くあります。

このような「朝は寒くても昼になれば十分暑い」という気候の場合では、まず脱着衣が可能な簡易服の服装コーディネートが実用的になるため、それ用のファッションセンスを磨いておきましょう。

グレーカットソー・ジャケット・ブラックパンツ

まずは「グレーカットソー・ジャケット・ブラックパンツ」の服装コーディネートについてです。この場合の服装のポイントは「カットソーのゆったり感を表した服装に加え、さらにブラックパンツのシック感で統一する」という大人の魅力を引き出す服装にポイントがあります。

特にこの場合のジャケットの効果は「脱着衣が可能なアイテム」として取り揃えておき、気温19℃以下の場合の保険的なアイテムとしておきましょう。

ボーダーカットソー・ジャケット・黒スカート

次は「ボーダーカットソー・ジャケット・黒スカート」についてです。この場合でも先述の「ブラックパンツ」のシックで統一された魅力的な服装コーディネートと同じく、ボトムスの方を黒色にまとめることで大人っぽいセンスを取り入れる形になります。

さらにボーダー特有の暖かな服装コーディネートが魅力的で、気温19℃前後の寒い気候の場合でも十分実用的なファッションとして認められます。

全体的に落ち着いた色合いでまとめる

気温19℃のおすすめの服装6選|レディース・メンズ別

基本的に秋用のファッションの引き出し方・服装コーディネートのポイントは、「シックな服装で統一することによって大人っぽさ・しっとり感を引き出すこと」にあり、これは男性・女性の服装コーディネートの場合でも同じコーディネート方法となります。

特に秋特有の移ろいやすい気候を想定した上で、気温19℃以下・それ以上の気温の変化にも十分対応できるファッションを工夫することが大切です。

お勧め6:秋(11月)

さて、次は秋(11月)におすすめされる魅力的な服装コーディネートについてのご紹介です。11月ともなれば秋も十分深まった頃合いになり、特に紅葉シーズンなどで見られる「非常に大人っぽいシックな服装・女性ならではしっとり感を十分演出された服装」などが流行します。

この場合でも、特に秋特有の移ろいやすい気候を想定した上で、気温19℃前後の移り変わりを念頭に置いた服装を選んでおきましょう。

グレーシャツ・ブラックパンツ

まず「グレーシャツ・ブラックパンツ」の服装コーディネートです。この場合の服装コーディネートの魅力的なポイントは、まず「グレー」と「ブラック」という非常にシックな感覚で統一された大人っぽいイメージの演出にあります。

特にメンズの場合ではこのようなシックで統一された服装コーディネートのポイントは高く、女性の場合では芸術的センスをさらに引き出すための土台となるでしょう。

タータンチェックシャツ・白スカート・タイツ

次は「タータンチェックシャツ・白スカート・タイツ」についてのご紹介です。この場合は特に「白スカートの魅力・色調的なバランス」が映える形で残るため、秋のファッションとしても非常にバランスの取れた「明るい系の服装」としてアレンジできます。

もちろん気温19℃前後の日でも十分実用的な服装となり、タータンチェックの暖かさを演出しながらタイツの「タイトな感覚」をもって大人っぽさを醸し出せます。

冬を意識したモノトーンコーデ

さて次は「冬を意識したモノトーンコーデ」についてのご紹介ですが、冬用の服装コーディネートにおいて配慮される点は2つで、1つ目は「暖かさをきちんと確保できる服装」、そして2つ目は「服装のファッション性を十分に引き出せる工夫」となります。

男性の場合でも女性の場合でも、やはりどんな季節の服装をコーディネートする際でも「バランスの取れた格好の良い色調」を工夫することは必須となります。

気温19℃前後の服の魅力をさらに知りたいあなたに

先述では「気温19℃前後の服装コーディネート」のご紹介をメインにしながら、春から秋に掛けての服装コーディネートをご紹介してきましたが、ここでは「さらに気温19℃前後の季節に最適な服装を知りたい」と言うあなたにおすすめの一品をご紹介します。

今回ご紹介するのは「ファッション通販サイト(SHOPLIST)」で、当サイトではメンズ・レディースを問わず、さまざまな季節服の魅力を紹介しています。

気温19℃におけるお勧めアイテム

気温19℃前後の季節というのは、春夏秋冬のどの季節でも普通に到来する可能性のある気温となります。この「19℃」という気温がどの程度の肌寒さなのかをしっかりインプットしておくことが大切ですが、簡単に把握しようとする場合は「冷房の19℃設定」を想定してみるとよいでしょう。

つまり、冷房による冷気がかなり効いた部屋にいる感覚と同じになるため、風が吹いたりすると、それだけで震える寒さとなります。

コート・ジャケット

まず「コート・ジャケットでしっかり寒さ対策をしながら、実用的な服装コーディネートを検討する大切さ」についてです。この場合の服装コーディネートの利点は3点あり、1点目は「寒さを防げる実用的な服装」、2つ目は「ファッション性を引き出せる魅力的なポイント」、そして3つ目は「気温19℃前後でも調節可能な服装」となります。

このうちでも3点目の脱着衣が可能な服装の工夫が、最も重要なポイントとなるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

ブラックを購入しました。
表面の素材がとても分厚くて、袖口がリブとなっているし、しっかり防風防寒できそうなダウンコートです。

カーキやブラックといったシックな色を選ぶ

先述からの引き続きの内容となりますが、まず「カーキやブラックといったシックな色を選ぶことの大切さ」についてご紹介します。特にカーキ色の服装というのはそれだけで「暖かさ」と「服装としての奥行」を表してくれる色あいで、ファッション性を十分引き立ててくれる土台となってくれます。

その上でシックな色調(ブラックやネイビーなど)でバランスよく統一することで、気温19℃前後の季節でも十分対応できるでしょう。

トレンチコートで大人っぽくキメるのもお勧め

次に「トレンチコートの服装としての魅力」についてですが、このトレンチコートの魅力はまず「どんな服装にも合わせやすい」という最大の利点があります。

特に秋物の服装コーディネートではこのトレンチコートの魅力が欠かせず、たいていのコート選びの際にはトレンチコートとの取り合わせが勧められます。

トレンチコートの暖かさをもって、気温19℃前後の気候でも十分対応できるため、とても実用的な服装となります。

暑い時には脱ぐことができるのも利点

先述から何度もご紹介していますように、コートやカーディガン・パーカーなどの羽織物のアウターの場合は「脱着衣が可能な服装コーディネート」を演出してくれるため、気温19℃前後の気候の季節においても十分実用的な服装として対応できます。

気温19℃前後の気候・季節で特に困るのが、「朝は寒くても昼になれば暑くなる」という点で、この際に快適な体温を保てる服装を考えておくことがポイントです。

セーター・ニット

秋物の服装コーディネートとして、このセーターやニットのおすすめが全国のファッション店でなされます。

確かにセーターやニットの場合では「その服装のファッション性を十分に引き出しやすい魅力的なポイント」が満載ですが、しかしパーカーやコートなどのように脱着衣が可能な服装とはならないため、気温19℃前後の気候に着用する服装としては不向きな場合があります。

Blockquote firstBlockquote second

L購入しました裾がベルトあたりで丁度いいです☆
割と薄手ですが上にコートが着れるので問題ありません

19℃では非常に使いやすいアイテム

セーターやニット生地の服装をコーディネートする場合には、まず「セーターを基調にした服装コーディネート」となるため、セーターはそのままずっと着用する服として想定しておき、その他の小物的な服装によって体温調節を図ることが大切になります。

気温19℃前後の気候においてセーターの着用は最適ですが、19℃以上になって暑くなった場合には、薄手のセーターを着用することを工夫しましょう。

メンズであればネイビーやレッドなどを

メンズの服装コーディネートで唯一変わらずおすすめされる色あいとしては、まず「ネイビーブルー」や「レッド系の服装」の色あいのコーディネートとなるでしょうか。

この場合の魅力としてもまずは「シックな感じで統一すること」を念頭に置き、その上でそれぞれの個性に見合ったファッション性を引き出すことに目的があります。

気温19℃前後の気候でも調節可能な薄手のセーターにしておくことがベターです。

レディースはホワイトで女性らしさを演出

レディースの服装コーディネートの場合では、まず「女性らしさを演出してくれるホワイト系生地の魅力」がおすすめです。ホワイト系生地や、あるいは薄いピンク系の生地の服装の魅力は「暖かさと柔らかさ」を同時に演出してくれる魅力があり、その上でたいていの女性に似合う可愛らしさを醸し出してくれます。

この場合でも気温19℃前後の気候に対応できるように、脱着衣が可能な服装をコーディネートしておきましょう。

タイツ

春物の服装・秋物の服装の両方のコーディネートの場合に通用するのが、特にレディースの場合ではこの「タイツの活用」になります。タイツは特に、インナー・アウターをなるべく薄手にコーディネートした場合の必須のアイテムとなってくれ、その保温効果によって、気温19℃前後の気候が変わらない場合でも十分実用的な服装となります。

Blockquote firstBlockquote second

肌触りはとても滑らかですが、スニーカーを履いても滑るということはなくちょうどいいです。
4月中旬の朝晩が少し寒い日(最高気温20度、朝晩は13~15度)に着用した所、熱すぎも寒すぎもせず快適でした。

ショートパンツやスカートと組み合わせる

タイツの魅力は先述しましたように、インナー・アウターを薄手にした場合でもその保温効果によって実用的で、特に気温19℃前後の気候でも十分に体の保温を逃がさない必須のアイテムとして認められます。

特にショートパンツ・スカートスタイルを演出する場合には、タイツの保温効果が欠かせない魅力となるため、ボーイッシュな服装・薄手の服装を演出する際にはタイツの流用を工夫しましょう。

足を細く見せる効果も

特に黒色のタイツの魅力はこの「足を細く見せる効果」が際立って見られます。その理由は、タイツは足全体をその色あいで包み込んでくれる上で、さらにもともとが細身の服装アイテムとなっているため、体を引き締める上で「その色あいだけに注目させる効果があること」に起因します。

そのため、秋や冬に厚手上着をコーディネートする場合でも、このタイツ効果によってごわつき感がなくなります。

気温に合わせた服装でお洒落を楽しもう

先述では「気温19℃前後の季節に対応できる服装コーディネート」をはじめ、いろいろな服装コーディネートをする場合での、さまざまなファッションセンスの引き出し方についてご紹介してきました。

気温19℃前後の気候というのは特に、春や秋などのシーズンに非常に多く見られる曖昧な気候として知られるため、脱着衣が可能な服装を想定する上で「暑さ・寒さ対策」を十分に配慮する必要があります。

服装の特徴を理解し自分に合ったものを選ぼう

いろいろな服装コーディネートについてご紹介してきましたが、どの服装コーディネートを考える場合でもまず大切なことは「自分の個性に見合った服装コーディネートをすること」です。

流行をはじめ、「さまざまな形でおすすめされるファッションセンス」を参考にすることは良いですが、その場合でも自分の魅力を最適に引き出す方法を心掛けましょう。その上で気温19℃前後の気候に見合った服装を演出しましょう。

関連記事

Related