Search

検索したいワードを入力してください

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

Author nopic iconkaede
人間関係 / 2019年02月18日
逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

ことわざ逃げるが勝ちの意味

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

自分が困った状況に置かれた時、他人と意見が対立した時など、逃げたくなるような場面に遭遇した経験はあるでしょうか。そういった時は、逃げるよりも立ち向かった方が良いという考えが一般的です。

しかし、時には逃げた方が良い場合もあります。逃げるが勝ちということわざは「長い目で見れば逃げた方が得策」という意味です。状況によって臨機応変に対応を変える際に使われます。

逃げるが勝ちの14のシチュエーション

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

「逃げる」という言葉は当然、今の状況から脱するという意味になります。しかし、人によって逃げたいとおもうシチュエーションは人によってさまざまです。逃げるが勝ちとおもえるシチュエーションには、何があるのか見ていきましょう。

シチュエーション1:いつも不安な恋愛

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

恋愛は素晴らしいものですが、常に楽しい気持ちにさせてくれるわけではありません。「相手を信じることができない」「相手の考えがわからない」など、恋愛は不安な気持ちになることもあります。

付き合っている相手があまり誠実な性格でなければ、なおさら不安は募っていくことでしょう。常に不安な気持ちしかもたらさない恋愛が、あなたにとって本当に必要なのか自問自答する必要があります。

シチュエーション2:いじめ

いじめは学校で起きるイメージが強いですが、職場や近所づきあいなども例外ではなく、大人も対処に困るほどの社会問題と化しています。いじめはもちろん良くないことですが、全ての人が問題を上手く解決するのはかなり難しいことです。

いじめられている状況が長引けば精神的に参ってしまう人も出てくることでしょう。そのため、できるだけ早い段階で逃げるが勝ちと考えることも重要です。

シチュエーション3:ほんとうに辛い仕事

辛い仕事と言えば「やりがいが感じられない」「残業が多い」などが挙げられます。仕事にやりがいを見出すことができれば精神的な充足感が得られますし、定時で帰宅するのが当たり前なら疲れを次の日に持ち越すこともないでしょう。

抱える辛さを解消することができなければ、仕事に対する不満となって積み重なっていきます。そんな時は逃げるが勝ちということわざを思い出してみてください。

シチュエーション4:苦手な上司

現在の仕事を辞めたくなる人は多いですが、その理由はさまざまです。辞職理由の1つとして苦手な上司を挙げている人もいます。苦手な上司として例えば、立場を利用してパワハラやセクハラなどを仕掛けてくる、部下の話を全く聞こうとしないなど、尊敬できない行動をする人が多いです。

逃げるが勝ちということわざを自分に言い聞かせ、部署異動や転職などで苦手な上司から離れるのも1つの方法と言えるでしょう。

シチュエーション5:人の悪口ばかり話す友人

他人と関わる以上、時には相手に対する不満が沸き上がり、友人に愚痴をこぼすこともあるでしょう。しかし悪口は言われる対象が自分であっても、他人であっても聞けば不愉快な気分にしかなりません。

そのため、話す内容が悪口ばかりの人は、例え友人であっても信頼度が減っていきます。相手が友人だからといって、他人の悪口に無理して付き合うのは苦痛です。逃げるが勝ちと考え、友人から離れるという選択肢もあります。

シチュエーション6:険悪な親子関係

家族でも仲の良い家庭があれば、険悪としか言いようがない家庭もあります。険悪になっている親子関係の修復は難しく、それでもお互いに「家族だから」と無理して関わろうとする人は多いです。

しかし、関わっていて両者とも幸せになれないならば、時には逃げることも視野に入れてみてはどうでしょうか。逃げるが勝ちといっても、縁を切るのではなく「お互い冷静になる時間を作るために離れる」という考え方もあります。

シチュエーション7:仕事に行きたくない

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

「今の仕事に満足している」「職場の人間関係は良好」など、仕事に対する不満を持っていない人でもやる気が湧かない日というのはあります。そんな時は出勤しなければという義務感、そして出勤したくないと嫌がる気持ちの板挟みになることでしょう。

この場合、逃げるが勝ちとばかりに思い切って休むのもありです。嫌々出勤したところで、やる気がないなら実力を発揮できず、返って職場の迷惑になることもあり得ます。

シチュエーション8:遅刻してしまった

遅刻してしまった場合、多くの人は慌てて連絡を取り、急いで会社に向かいます。遅刻したことを上司や先輩に怒られると考えれば、全速力で向かい、丁寧に謝罪しなければなりません。

しかし、状況によっては逃げるが勝ちの場合もあります。例えば寝坊しただけなら「体調不良で連絡が遅れた」と話せば、遅刻とおもわれない可能性は高いです。ただ、これは普段遅刻しない人しか使えない方法なのでご注意ください。

シチュエーション9:後続車が車間距離を詰めてくる

車を運転する上で一番重要なのは、安全運転を心がけることですが、中にはわざと車間距離を詰めて煽ってくる後続車もいます。状況によっては大きな事故が起きかねない危険な行為です。

仮に後続車を避けるためにスピードを上げても、さらに車間距離を詰めてくるだけでしょう。ここで恐怖を感じる人もいれば、怒りが沸き上がってくる人もいます。しかし熱くならず冷静に、逃げるが勝ちと横にずれて、後続車に道を譲るのが得策です。

シチュエーション10:怖い人に絡まれた

日本は平和だとよく言われていますが、トラブルがないわけではありません。自分には落ち度が全くなかったにも関わらず、見知らぬ怖い人に絡まれることがあります。喧嘩が強い人や負けず嫌いな人、正義感のある人などは逃げずに立ち向かうことでしょう。

話し合いだけで解決できるのが一番良いのですが、場合によっては暴力を振るわれ、ケガをする場合も考えられます。そのため、時には逃げるが勝ちと考えることも大切です。

シチュエーション11:社内イベントに行きたくない

会社の一員として働いている以上、嫌でもやらないといけないことは多々あります。その内の1つが社内イベントです。参加するよう強制されること自体は少ないものの、参加しなければいけない雰囲気に流されてしまうのはよくあることでしょう。

しかし、どうしても気が乗らないなら参加せず、プライベートの時間の確保を優先してください。その方が充実した時間を過ごせるので、結果的には逃げるが勝ちとなります。

シチュエーション12:勉強したくない

学校の課題や受験対策、資格取得など、勉強は学生も社会人も関係なく取り組む機会が多いものと言えるでしょう。勉強を楽しめる人は問題ありませんが、義務感だけで取り組んでいる人は不意に逃げ出したくなる時もあります。

そんな時は逃げるが勝ちと考えましょう。勉強を完全に放りだすのではなく、寄り道をする感覚で一時的に別のことをして気分転換します。

シチュエーション13:話下手で人付き合いが苦手

人付き合いを苦手とする理由は人によって違いますが、話すのが不得意なことを理由として挙げている人もいます。他人と関わっていく上で会話は欠かせないもので、話すことができなければお互いに楽しくありません。

しかしあなたが人付き合いをあまり必要としないタイプの人なら、無理に他人と会話しようとしなくても良いでしょう。逃げるが勝ちの精神で、必要なこと以外は話さないと割り切ってしまうのが得策です。

シチュエーション14:話を聞いてもらえない

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

人と話し合いをする際、相手の性格や状況によっては、自分の話を聞いてもらえないことがあります。例えば自分の考えが全て正しいと信じ込んでいる人、話している最中、完全に頭に血が上ってしまった人などです。

ここで無理に話を聞いてもらおうと努力しても、あまり効果はないでしょう。それよりも逃げるが勝ちと一旦話を中断し、時間を置いた方が良い場合もあります。

仕事から逃げたいあなたに向いてるサービスはこちら

今の仕事を「逃げるが勝ち」と判断したなら、すぐに転職活動をした方が良いでしょう。仕事をしながら転職活動ができるサービスとしておすすめなのが「マイナビエージェント」です。スタッフのサポートが手厚く、求人数が多いので仕事が探しやすいのが特徴です。

逃げるが勝ちが上手な人

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

逃げるが勝ちなシチュエーションを理解していても、自分がいざ直面すると逃げる判断が遅い、もしくはできないという人がたくさんいます。逃げるが勝ちが上手な人は、どんな考え方を持った人なのでしょうか。

頭の回転が早い人

逃げるが勝ちが上手な人は、周囲の人よりも頭の回転が早いです。自分を取り巻く状況や問題点などを冷静に観察し、逃げた方が良いのか、逃げるタイミングはいつかなどを素早く分析していきます。

頭の回転が早いので、行動に移すのも周囲より早いです。そのため、周囲の理解が追い付かず、誤解を受けることも多々あります。

自分が有利になる方法を考えている人

常に自分が有利になる方法を考えている点も、逃げるが勝ちが上手な人の特徴です。自分が不利益を被ってでも人のためになることをするのが美徳とされていますが、自分を有利な立場に置く姿勢が悪いこととは限りません。

有利な立場を常に確保しておくことで、自分に連なる家族や会社なども有利になるという考え方もあります。さらに精神的余裕も生まれやすいため、いざという時に逃げるための状況判断もしやすくなります。

人一倍幸せになりたいと思っている人

逃げるが勝ちが上手な人は「幸せになりたい」という欲求が人よりも強い傾向にあります。幸せを求める気持ちはみんな同じですが、何もせずに手に入れられる程度の幸せだけでは満足できないタイプです。

より多くの幸せを手に入れるため、時には逃げる必要があるということを理解しています。逃げた方が自分は幸せになれると判断すれば、逃げるのをためらうようなことはしません。

自分の立ち位置やレベルを知っている人

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

自分は集団の中でどんな立ち位置か、自分の実力はどれくらいのレベルかということをよく理解しているのも逃げるが勝ちが上手な人の特徴です。自分のことを正確に理解していると、他人にミスを指摘されれば改善しようとするでしょう。

これを逃げてると解釈する人もいますが、言い換えれば向上心が強いということです。

くよくよしない人

逃げるが勝ちが上手な人は、多少のことでくよくよしたりしません。過ぎたことでいつまでも悩んでいては、新しい解決策を生み出すことが難しくなるからです。ある程度割り切って考え、悩み過ぎないのも大事ということでしょう。

逃げるが勝ちを選択するのも大切

逃げるが勝ちの14のシチュエーション|逃げるが勝ちが上手な人

逃げてばかりいてはいけないということは、多くの人が理解しています。しかし冷静に観察していれば、逃げるが勝ちという場面も数多く存在します。時には逃げるのも大切だということを覚えておいた方が良いでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう

逃げるが勝ちというシチュエーションは、自分にとってあまり良い状況でない場合が多いです。最終的な目的はあなたが無事に辛い状況を脱することなので、以下の記事も参考にして「逃げるが勝ち」を達成しましょう。

関連記事

Related