Search

検索したいワードを入力してください

冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

Author nopic iconhappy_rabbit
レシピ / 2019年01月30日
冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

冷凍ハンバーグの解凍方法

冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

食卓に並ぶと手の込んだ料理に見えるハンバーグは、作り置きおかずの定番です。時間のある時にまとめて仕込んでおくだけで、夕飯にもお弁当のおかずにも活躍します。

今回は作り置きしておいた冷凍ハンバーグを美味しく焼くコツや、ハンバーグをマンネリ化させない人気のアレンジレシピを紹介します。

1:冷蔵庫で6時間以上かけて解凍

冷凍ハンバーグを使う時には、時間があればじっくりと自然解凍をしてから焼く事がおすすめです。この方法なら、ハンバーグの風味を保ったまま解凍できます。気温によって多少の違いがありますが、冷凍ハンバーグを6時間ほど冷蔵庫に入れて、ゆっくりと解凍していきましょう。

この解凍方法は、ハンバーグのタネを焼く前・焼いた後どちらでも対応できます。

2:触って硬さがなくなればOK

冷凍ハンバーグを冷蔵庫で解凍する時には、6時間が目安のひとつです。しかし季節や気温によって、解凍完了する時間は変わってくるので、余裕を持って準備しておきましょう。

解凍完了しているかどうかは、ハンバーグを触ってみれば分かります。解凍中のハンバーグを押してみて、硬さを感じなければ自然解凍完了です。

解凍せずに冷凍ハンバーグを美味しく焼く手順

冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

じっくりと自然解凍する事が良いと分かっていても、つい忘れてしまったり忙しくて手につかなかったりする事もあるでしょう。ましてやお弁当に入れるハンバーグは、すぐに使いたいと考える人が多いです。忙しい時でも、冷凍されている状態で、美味しく焼ける方法があります。

冷凍ハンバーグの状態で、美味しく焼ける手順を紹介します。

1:点火する前にフライパンにハンバーグを置く

最初にフライパンに油をひいてから、霜などを落とした冷凍ハンバーグを置きます。霜がついた状態だと、油がはねてしまうので忘れずに落としてください。冷凍ハンバーグをフライパンに並べ終わってから、火をつけます。旨味をとじ込めるために、強火にして両面に焼き色をつけましょう。

2:お水(約60cc)を入れる

強火にして冷凍ハンバーグの両面に焼き色をつけたら、蒸し焼きにするためにフライパンに水を入れます。水の量は冷凍ハンバーグ1個に対して、50~60ccが目安です。水の代わりに白ワインを入れても、美味しく風味豊かに仕上がります。

3:弱火をつける

お水もしくは白ワインをフライパンに入れたら、弱火でじっくりと蒸し焼きにします。解凍せずに焼くので、中までしっかりと火が通るようにします。

火が強いと、中に火が通る前に表面が焦げてしまう事もあるので、気を付けましょう。

4:アルミホイルなどでフタをする

ハンバーグを蒸し焼きをするために、フライパンに蓋をします。蓋が無い時にはアルミホイルで代用してもOKです。

フライパンの中にある水気が無くなるまで、弱火で焼き続けます。

5:6~7分加熱

フライパンにアルミホイルなどで蓋をしたら、弱火にしたまま6~7分加熱します。水気が無くなるまで、じっくりと加熱しましょう。冷凍している状態から焼いているので、焦って火を強めずゆっくりと加熱する事が大切なポイントです。

6:水気が少なくなったら裏返してフタをする

加熱してから6~7分経ったら、フライパンの中の状態を確認します。水気が無くなってきていたら、ハンバーグを裏返します。裏返したら、引き続き弱火の状態で蓋をして蒸し焼きしましょう。

7:4~5分後フタを取って裏返す

裏返してから4~5分蒸し焼きしたら、もう1度裏返します。今度は蒸し焼きでは無く、ハンバーグに焼き色をつけるためです。蓋をしない状態で中火で焼き色をつけていきます。

この焼き色を上手につけると、仕上がりがぐっと美味しそうに見えてきます。

8:両面2~3分ずつ焼き色をつける

両面2~3分ずつを目安に、焼き色をつけていきましょう。中火を保ったまま、こんがりと焼きめをつけていきます。

焼き色の加減は、自身の好みや使うレシピに合わせて見極めてOKです。

9:竹串で刺して透明な肉汁が出たら出来上がり

両面にしっかりと焼き色がついたら、完成も間近です。ハンバーグの中まで火が通っている事を確認するために、竹串で刺します。竹串を刺した穴から透明な肉汁が出てくれば、火が中まで通っている証拠です。

10:お好みのソースをかける

火が通っている事を確認したら、お皿に移します。サラダなども一緒に盛り付けて、ハンバーグの上に好みのソースをかければ完成です。

冷凍ハンバーグを焼いたフライパンに余っている肉汁に、料理酒・ケチャップ・中濃ソース・砂糖・醤油を入れて弱火で煮ると、デミグラスソースを作れます。

ハンバーグを冷凍したい時におすすめ

ジップロック/フリーザーパックMサイズ45枚入り
ジップロック/フリーザーパックMサイズ45枚入り

¥ 972

口コミ

何度もリピートしてます。冷凍庫でも使えるので便利。ビニールが厚くしっかりしてます。人参の細切りなどカット済みのものを入れて冷凍しており、固まってしまった場合にテーブルに打ち付けてほぐすことがありますが、破れたり穴が開くことはありません。シメジなら2株ちょい入ります。

冷凍ハンバーグを保存する時には「ジップロック/フリーザーバッグ」が便利です。

タネを作った後にラップで1つずつくるみ、金属トレイに重ならないように並べて冷凍します。冷凍されたら、金属トレイから取り出し「ジップロック/フリーザーバッグ」に入れて、再度冷凍しましょう。

この方法は、ハンバーグを焼く前・焼いた後どちらでも対応できます。急速に冷凍すると旨味が逃げないので手早く冷凍しましょう。

冷凍ハンバーグを使ったアレンジレシピ9選

冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

大量に作り置きした冷凍ハンバーグも、毎回同じレシピで食卓に並ぶと飽きてしまいます。食卓がマンネリ化してしまわないためにも、色々なバリエーションで冷凍ハンバーグをアレンジしてみましょう。

作り置きした冷凍ハンバーグならタネを作る手間が省けるので、少し手の込んだ料理も簡単に作る事ができます。簡単にできるものから、ホームパーティーに並べられるものまで種類豊富にピックアップしてみました。

1:簡単煮込みハンバーグ

少ない材料で手軽に作れる冷凍ハンバーグレシピが、煮込みハンバーグです。じっくりと火を通せるので、冷凍ハンバーグの中まで火が通っていなかったという心配もありません。

たっぷりのとろとろとしたソースで煮込んだハンバーグは、食卓に並んだ後も冷めにくいというメリットがあります。好きな野菜と一緒に煮込めば、色々なバリエーションのソースも楽しめる事でしょう。

Blockquote firstBlockquote second

玉ねぎ 1個、白菜 1枚、人参 少々を細切りにしてフライパンに少量の油を入れて炒めます。ここに薄力粉 大さじ2をふりかけて全体に混ぜ、粉っぽくなくなったら、水 1/2カップ、ケチャップ 大さじ2、ウスターソース 大さじ2、赤ワイン 大さじ1、塩 小さじ1/2を混ぜたものを加え、木ベラで混ぜながらとろみをつけます。フライパンで焼いたミニハンバーグを入れて2~3分煮込んだら出来上がり

2:カレーハンバーグ

じっくりことこと煮込むなら、食欲をそそるスパイスが効いたカレーハンバーグもおすすめです。カレーの具のマンネリ化に悩んでいる時の、アレンジレシピとしても活躍します。

今回紹介したレシピは、しっかりと辛さが効いた大人向けのカレーですが、子供用に甘口のカレーと煮込んでも美味しく仕上がります。スキレットを使えば、本格的なレストラン顔負けのカレーハンバーグが完成です。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
冷凍ハンバーグ(100g) 2個
ジャガイモ・男爵 小・3個
青唐辛子 3本
ホットオイル 適量
カレー・ルー(こくまろカレー・辛口) 2.5皿分
ドライ・ガーリックのスライス 適量
水 150ml

【作り方】
1.じゃがいもは良く水洗いし、半分に切る(ぼくは皮はむかないので)。電子レンジで2分ほど加熱。
2.冷凍ハンバーグは室温で解凍しておく(冬なので)。
3.スキレットを熱し、ホットオイルを入れ、ハンバーグとジャガイモを入れ、強火で5分ほど加熱。
4.ハンバーグを裏返し、さらに3分ほど加熱。
5.この間に、お湯を沸かしカレールーを溶き入れ、ドライ・ガーリックのスライスも加える。
6.これをスキレットに回し入れる。その上に粗挽き唐辛子を振り入れる。
7.青唐辛子を入れて、中火でしばらく放置。
8.これで完成。

3:春キャベツとハンバーグの白だしさっと煮

3月~5月頃になると出回る春キャベツは、柔らかい食感と野菜の甘みを感じられます。冷凍ハンバーグは、そんな春キャベツとも相性が抜群です。ヘルシーなご飯と作りたい時や食欲が無い日には、やさしい風味が口いっぱいに広がる白だしと一緒に、簡単に作れる白だしさっと煮はいかがでしょうか。

少し焼き色をつけておくと、味のアクセントになるのでおすすめです。春キャベツは大きめにちぎって、風味を楽しみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料(4人分)

◎水...700ml
◎ヤマキ割烹白だし...100ml
キャベツ(手でちぎる)...400g
冷凍ハンバーグ...8個

作り方
[1] ◎汁を入れキャベツの芯を入れ沸騰させる。
[2] 手でちぎったキャベツを
加え、レンチンしたハンバーグを並べ、蓋をし3~5分お好きな硬さで煮る。
[3] 途中でキャベツを混ぜる。
蓋をし、食卓へ。
[4] 盛り付けて完成です。

4:土手煮風ハンバーグ

名古屋のソウルフードとして親しまれている土手煮も、冷凍ハンバーグのアレンジレシピとして取り入れられています。本来の土手煮で使う牛スジやモツを、冷凍ハンバーグに置き換えて、くたくたに煮込むだけで完成です。

濃い目の味付けなので、ごはんのおかずとしてだけではなくお酒のお供としても活躍します。牛スジやモツは柔らかくなるまで時間がかかりますが、冷凍ハンバーグなら調理時間の短縮にも繋がります。

Blockquote firstBlockquote second

<材料 2人分>

(あわせ味噌)
赤味噌...大さじ3
醤油...大さじ2
酒...大さじ1
みりん...大さじ1
コチュジャン...小さじ1

大根...3cm程度
米...小さじ1程度
鰹出汁、上質の鰹節で取った出汁...1.5カップ
ソフトブラウンシュガーまたは三温糖...大さじ1.5
人参、皮を剥き乱切り...細いもの1本
作り置きまたは市販のハンバーグ...2個
茹で卵、丸ごと...2個
マッシュルーム、石突を取り2つ割り...3個
<作り方>

1.あわせ味噌の材料をよく混ぜ合わせる。

2.大根は皮を剥き半月、6等分する。たっぷり浸かる水と共に鍋に入れ、米を加えて火にかける。グツグツ煮たって来たら火を弱めて蓋をし、柔らかくなるまで煮る。ざるに取り出し米を洗い流し水切り。

3.鍋に出汁を入れ火にかける。煮立ってきたら砂糖を加えて2と人参を入れ、火を弱めて蓋をし、15分程度、甘味がしっかり野菜に染み込むまで煮る。

4.3にあわせ味噌、ハンバーグ、卵、マッシュルームを加える。あわせ味噌が全体に混ぜ合わさったら、100均のアク取りシートを被せて蓋をし、弱火で15分程度、煮汁が少し減ってとろみが付くまで煮る。

5:ハンバーグストロガノフ

ロシアの郷土料理のひとつ、ビーフストロガノフを冷凍ハンバーグに置きかえて作ったアレンジレシピです。牛肉を冷凍ハンバーグで代用しているだけなので、本格的な味を楽しめます。

手間はかかりませんが、材料は色々と必要になるのでソースを大量に作り置きするのも良いでしょう。いつもと違った食卓にしたい時や、ホームパーティーをしたい時にも喜んでもらえるレシピのひとつとなりそうです。

Blockquote firstBlockquote second

<材料 2人分>

オリーブオイル...適宜
レッドオニオン(アーリーレッド)、薄く櫛形切り...大1/2個
にんにく、薄くスライス...大1かけ
ブラウンマッシュルーム、石突の汚れた部分を取り除き薄くスライス...6~8個
小麦粉...軽く大さじ1
白ワイン...150~180ml
味の素固形または顆粒コンソメ、100mlの湯に溶かす...1個/袋
きゅうりのピクルス、細かく刻む...大さじ1~2
トマトペースト...大さじ2
パプリカ...大さじ1
作り置きのハンバーグ、冷凍ものは解凍しておく...2個
塩ブラックペッパー...適宜
水切りヨーグルト...大さじ3~4(水を切った後の量)
<作り方>

1.ソテーパン、もしくは蓋付きのフライパンにオリーブオイルを熱し、たまねぎをしんなりするまで焦がさないようにしっかりと炒める。(6~7分)

2.1ににんにくとマッシュルームを加え、マッシュルームに火が通るまで更に2~3分炒める。マッシュルームが油分を吸収し過ぎ鍋底が焦げ付くようであれば、オリーブオイルを適宜追加する。

3.2に小麦粉を加え、全体に満遍なく粉が行き渡るように木べらでよく混ぜ合わせる。

4.3に白ワインと湯で溶いたコンソメを加え、粉のだまが出来ないようによく混ぜ合わせる。ピクルス、トマトピューレ、パプリカも加え、混ぜ合わせながら煮立てる。

5.4にハンバーグを加え、火を弱め蓋をし、15~20分煮込む。ソースの濃度が濃すぎるようであれば、湯を適宜加え緩める。

6.一旦火から鍋を離し、ソースがグツグツと煮立っていない状態にして、ヨーグルトを加えて全体によく混ぜ合わせる。再び火に戻し煮立ったら出来上がり。

6:ハンバーグリメイクミートソース

冷凍ハンバーグを大量に作りすぎて、飽きてきてしまったという時にはミートソースにしてしまいましょう。焼く前のタネなら冷蔵庫で解凍してほぐし、焼いた後のタネなら細かく刻めばOKなので、どの状態の冷凍ハンバーグでもほぼ変わらず調理できます。

冷凍ハンバーグをアレンジしたものとは思えないので、手の込んだミートソーススパゲッティに見えるのも嬉しいポイントです。手軽に済ませたいランチタイムにもいかがでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

《材料4人前》

ハンバーグの残り 300g
トマト缶(ダイス) 1缶
コンソメ固形   2個
にんにく     2片
オリーブオイル  大さじ2
砂糖       小さじ2
ウスターソース  大さじ1
塩コショウ    少々
タバスコ     6滴~
バター      10g

《作り方》
1.ハンバーグは2~1.5cm角程度に粗く刻む
にんにくはみじん切りにする。

2.鍋(フライパン)に、にんにくとオリーブオイルを入れ弱火にかける。
香りがたったら1のハンバーグを加え、炒める。
にんにくと馴染むように、ハンバーグを半分に割るような感じで、ほぐし炒める
(煮込むと多少崩れるのでほぐしすぎないように)

3.にんにくとハンバーグがなじんだら、トマトとコンソメ、砂糖、ウスターソースを加え
15~20分程度中火の弱め~弱火で煮込む。時々混ぜてね。

4.塩、胡椒で味をととのえ、バターと、好みでタバスコを加え、
軽く混ぜながら1-2分程度煮込んだら完成。

7:チーズハンバーグドリア

焼いた後の冷凍ハンバーグなら、とても簡単に作れるアレンジレシピがチーズハンバーグドリアです。ご飯とおかずを一緒に食べられるので、ワンプレートレシピを考えている時にも重宝します。

チーズをたっぷりかければ、食べごたえ充分な男性でも満足できるレシピの完成です。あまり時間をかけずに、洋食屋のように本格的なドリアを作れるのは、あらかじめ作っておいた冷凍ハンバーグの最大のメリットと言えます。

Blockquote firstBlockquote second

材料4人分
冷凍したハンバーグ 4個
溶けるチーズ 160グラム

ご飯 4杯分
たまねぎ 1/2個

A
カレー粉 大さじ1
コンソメ顆粒の素 小さじ2
ウスターソース 小さじ2
ケチャップ 大さじ2〜3

塩コショウ

作り方
1 冷凍ハンバーグは解凍する
たまねぎはみじん切り

2 フライパンに油を熱し、たまねぎを炒める。ご飯を加えてAを加える。
塩コショウして味をととのえる

3 耐熱皿に入れてハンバーグ、チーズをのせてオーブントースターで5〜7分焼く。

8:ハンバーグアレンジでロコモコ丼

ワンプレートで野菜とお肉を一緒に楽しめる、ロコモコ丼はカフェご飯としても人気を集めています。作り方は簡単なので、冷凍ハンバーグをアレンジして自宅でもお手軽カフェご飯を楽しみましょう。

冷凍ハンバーグを丼に使う時は、ミニサイズがおすすめです。盛りつけもしやすく見栄えが良くなるだけではなく、サラダとハンバーグの量も調整しやすくなります。アボカドをプラスしたり、キャベツをレタスで代用しても良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

●材料
ハンバーグ 1人分
キャベツ 葉っぱ1枚
卵 1個

★ケチャップ 大さじ2
★ウスターソース 大さじ1
★バター 5グラム
★白ワイン 大さじ1

ごはん 1膳

万能ねぎ 適量
マヨネーズ 適量
油 適量

●下ごしらえ
作り置きのハンバーグをレンジであたためる
キャベツを千切りにする

●調理
1.小鍋に★の調味料を入れて火にかける。焦がさないように混ぜながらアルコールを飛ばし、ぐつぐつしてきたらハンバーグを加え、弱火にしてからめながら少し煮込む
2.フライパンに油を熱して目玉焼きを作る
3.どんぶりにごはんをよそい、その上にキャベツを乗せる。
4.ハンバーグを盛りつけ、残ったソースをハンバーグとごはんにかける
5.目玉焼きを乗せ、お好みでマヨネーズを。万能ねぎを散らしたらできあがり!

9:冷凍ハンバーグでホットサンド

ホットサンドメーカーを使えば、パンに冷凍ハンバーグを使いたい時にも簡単に取り入れられます。食べごたえも充分なホットサンドなので、ランチタイムにも重宝します。

今回紹介しているレシピは焼く前の、冷凍ハンバーグをアレンジした手順が紹介されています。焼いた後の冷凍ハンバーグなら、さらに時短に繋がるのでさらに手軽に作れるはずです。

Blockquote firstBlockquote second

食パン・6枚切り 2枚
冷凍ハンバーグ 1個・100g
小松菜 小・1束
ホットオイル 適量
マヨネーズ 適量
ケチャップ・中濃ソース 適量
1.冷凍ハンバーグは常温で1時間ほどおいておく。これでそこそこ解凍が出来るはず。
2.小松菜はさっと水洗いし、軸は1cm葉は3cmに切っておく。
3.ニトスキを熱し、ホットオイルを入れ、小松菜を5分ほど炒める。
4.小松菜をいったん取り出し、ハンバーグを入れ、強火で5分ほど焼く。
5.これで焦げ目が付くので、反転させ、火を中火にして蓋をかぶせ、さらに5分ほど焼く。
6.食パンの外面部分にホットオイルを塗っておく。1枚目の内面に小松菜を載せ、食パンの縁にマヨネーズを塗る。
7.2枚目にはケチャップと中濃ソースを塗っておく。
8.1枚目の小松菜の上にハンバーグを載せ、温めておいたホットサンド・メーカーにセット。2枚目もセット
9.ホットサンド・メーカーを適宜反転させ、食パンの外面がきつね色になれば完成。

冷凍ハンバーグを美味しく焼いて食べよう

大量に作って保存できる冷凍ハンバーグは、解凍方法や焼き方で味や食感が大きく異なります。コツやポイントを掴んで、美味しい状態で食卓に並べましょう。

冷凍ハンバーグだからこそ、手軽に作れるアレンジレシピはどれも簡単なのに、手間がかかっているように見えるものばかりです。冷凍ハンバーグを作る時点でタネの大きさを色々作っておくと、アレンジもしやすくなります。手軽に美味しく作って料理上手を目指しましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

冷凍ハンバーグ以外にも、お弁当おかずやおやつに重宝する冷凍保存できるレシピをまとめた記事をピックアップしてみました。時間がある時にまとめて作り置きしておけば、忙しい日でもストレス無く家事を楽しめます。

美味しく冷凍保存できる食材は、毎日家事を頑張っている人達の心強い味方となる事でしょう。

関連記事

Related