Search

検索したいワードを入力してください

愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

Author nopic iconみきさわ
動物・ペット / 2019年02月26日
愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

愛犬の気持ちを理解しないといい関係は築けない

愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

良い人間関係を築くには、相手の気持ちを理解することが大切です。犬は、人の表情や行動から感情を読み取ることができます。また犬も人と同じように、感情を持っています。言葉はなくとも、人と犬は意思疎通できます。

犬の気持ちを無視すると、言うことを聞いてくれなかったり、他人に危害を加えるようになってしまうこともあります。愛犬と良い関係を築きたければ、まずは愛犬の気持ちを理解することから始めてみましょう。

愛犬の愛情表現10個

愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

愛犬は、いろんな行動で飼い主に愛情表現をしてくれます。例えばお腹を見せてくれるのは安心している状態として有名です。しかし、犬の性格もさまざまなので、クールな愛犬の愛情表現に、気づきにくいこともあるでしょう。

ここでは、愛犬の愛情表現を10個紹介します。「あれって愛情表現だったの」と、今まで気づかなかった行動があてはまる可能性があります。

表現1「何かを持ってくる」

愛犬が何かを持ってくるときは、「これで一緒に遊んでほしい」という欲求の表れです。特にお気に入りのおもちゃの場合は、「あなたになら渡してもいいよ」という信頼の証です。また、犬が自分の大切なものを持ってくるのは、「大切なものを大好きな人とシェアしたい」という気持ちの表れです。

落ち込んでいるときに、お気に入りのおもちゃを渡してくれることがあれば、「これで遊ぶと楽しいよ」と慰めてくれています。

表現2「食後にそばでげっぷをする」

「近くげっぷをするって愛情表現なの、ちょっと汚いんだけど」と思う方もいるでしょう。あなたの近くでげっぷをしちゃう愛犬は、とてもリラックスできているということです。愛犬から信頼されていると考えれば、一種の愛情表現ではないでしょうか。

しかし、あまりにもげっぷが多い犬は病気の可能性があります。普段から愛犬の様子をよく観察し、何か異変があればすぐに病院に連れて行ってあげてください。

表現3「あくびを真似する」

人どうしでも、つられてあくびをしてしまうことがありますが、これは人間には共感力があるからといわれています。犬にも同じ現象がみられます。人と犬の絆が強いほど、あくびがうつるといわれています。

犬があくびをする理由は、リラックスをしている場合もありますが、ストレスを感じていたり、緊張をほぐすためにしていることもあるので、気をつけてあげてください。

表現4「出かける時に寂しそうな顔をしない」

「寂しがってくれるほうが愛されてる気がする」と思う方もいるでしょう。しかし、この態度はあなたのことを本当に信頼している証です。逆に、出かけるときに吠えたり、落ち着きがないと、信頼されていないといえます。

家に愛犬だけしかいない状態になるのは、どうしても避けられません。「出かけるときに声を掛けない」など、飼い主がいなくなることに、なるべく不安やストレスを感じないように対策をしていきましょう。

表現5「帰って来たら大喜びする」

帰宅したら尻尾をブンブン振って、飛び跳ねて喜んでくれる行動は、あなたのことが大好きな証拠です。また、玄関にちょこんと座って待っていてくれる犬もいます。ダイナミックさは犬の性格なので、アクションの大きさで、大好き度が違うことはありませんので安心してください。

しかし、留守番を寂しがる犬は、帰宅後すぐに構ってしまうと、ますます留守番を嫌がるようになってしまいます。犬が冷静になってからなでてあげましょう。

表現6「一緒に寝たがる」

犬が寝ているときは、無防備です。その状態でもあなたの近くにいるということは、「この人の近くなら安心して眠れる」と感じています。また、あなたといつも一緒にいたいからです。愛犬は、あなたの匂いを感じると安心して眠ることができます。

家庭によっては、夜寝るときは犬と別室だという人もいるでしょう。一緒に寝たがる場面は夜だけではありません。あなたが何か作業しているとき、近くで昼寝をしてたりいしませんか。

表現7「じーっと見つめる」

愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

愛犬にじっと見つめられたことはありませんか。それは、あなたのことが大好きだと目で訴えています。「目は口ほどにものを言う」ということわざもあるとおり、愛犬はあなたに、必死に大好きであると伝えてくれています。目をそらさずに見つめ返してあげましょう。

犬のなかには、リーダーと認めた相手とは目を合わせない子もいるといわれていますが、それはそれで、信頼関係が築けているということではないでしょうか。

表現8「飼い主を見ると眉を上げる」

飼い主や、知っている人を見ると、犬は左の眉をあげるといわれています。あなたが帰宅したときに、左の眉が動いてはいませんか。また、友人と犬を合わせたときに、犬が友人を覚えているかということも、眉の反応を見ればわかります。

反対に、知らない人や怪しい人は右の眉を動かすといわれています。これは警戒心の表れです。

表現9「足に寄りかかってくる」

愛犬が足に寄りかかってくるのは、安心してリラックスできるからです。犬は基本的に敵を警戒しています。あなたのそばにいれば守ってくれると感じているので、信頼されているということです。

また、あなたに甘えているときもあります。「抱っこして欲しい」とか「散歩に連れて行って」と訴えている可能性があります。時間があるときは、積極的に構ってあげましょう。

表現10「常にあとをついてくる」

常にあなたのあとをついてくるのは、あなたが大好きで、あなたといつも一緒にいたいからです。また、犬には本能的にリーダーに付いていくという習性があります。

しかし、これは問題行動の可能性もあります。犬が「家の中ですらあなたと離れるのが不安だ、寂しい」と感じている場合があります。お風呂やトイレに入ってもドアをカリカリと引っ掻いていませんか。構い過ぎず、適切な距離をもって接してください。

愛犬にご褒美をあげよう

アイリスオーヤマ 三重県産 松阪牛サイコロカットジャーキー90g×3個
アイリスオーヤマ 三重県産 松阪牛サイコロカットジャーキー90g×3個
口コミ

関西の友人に三重県のお土産として渡したところ、ワンちゃん大喜びで完食!あげてよかった!

10個の愛情表現を紹介しましたが、あなたも何か愛犬が喜ぶことをしてみませんか。いつも愛情表現してくれる愛犬に、ご褒美をあげましょう。いつもありがとうという感謝を、おいしいおやつで表現してみてはいかがですか。

愛犬にありがとうを伝える方法5つ

愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

愛犬に感謝の気持ちを伝えていますか。犬は人間の感情を理解しています。お互い言葉が通じないからといって、感謝の気持ちを伝えることを忘れないでください。愛犬はちゃんとわかってくれます。

愛犬はたくさんのサインで愛情を表現してくれています。では人はどう表現したら良いのでしょうか。ありがとうの伝え方を5つ紹介します。

方法1「言葉に出して伝える」

まずは言葉で伝えましょう。言葉の意味はわからなくても、どんな感情を自分に向けてくれているかは愛犬もわかります。犬は、飼い主の声のトーンや表情、しぐさなどで喜んでいるのか、悲しんでいるのか判断しているといわれています。

言葉をかけるときは、特に笑顔で伝えることが大切です。「お留守番ありがとう」や「ブラッシング終わったよ、じっとしててくれてありがとう」など、積極的に伝えてあげましょう。

方法2「食事を少し豪華にする」

犬はあなたの与えたものしか食べることができません。食事は愛犬にとって楽しみの1つと言える大事なことです。その食事を豪華にしてあげれば、目に見えて喜んでくれるでしょう。

例えば、いつものドライフードにトッピングをしてあげたり、お肉系のウェットフードにしてあげたりしてみましょう。缶詰やレトルト系のものを常備しておけば、手軽にご褒美をあげられるので、試してみてください。

方法3「いつもと違うお散歩をする」

毎日しているであろうお散歩ですが、コースを変えると、刺激があって喜びます。また、普段より長めに歩いてみたり、朝と晩の2回にしてあげたりしてみてください。いつもよりあなたと遊べた愛犬は大満足することでしょう。

また、ノーリードにできる場所でボール遊びなどもしてあげられれば、開放感もあってより楽しく遊べます。時間や場所があれば、ご褒美に連れて行ってあげてください。

方法4「旅行へ連れて行く」

犬が出かけるのが好きであれば、旅行に連れて行ってあげるのも良いでしょう。最近はペットと泊まれる温泉や、ペットと一緒に豪華な食事ができるホテルもあるので、一緒に想い出をつくってみてはいかがですか。

旅行に行く際に気をつけて欲しいのが、喜ばせてあげようと連れて行ったのに、逆に違う環境でストレスを感じてしまう犬もいるということです。愛犬の性格を見極めて、連れて行ってあげましょう。

方法5「マッサージをする」

犬も身体が疲れるので、マッサージを気持ちよく感じます。愛犬と一緒に、リラックスしているときに、頭皮などをマッサージしてあげましょう。中には気持ちよすぎて寝てしまう犬もいるとのことです。

注意することは、嫌がる部分は無理に触らないという点です。愛犬のうっとりとした表情が見られるので、ぜひやってみてください。

愛犬とのいい関係を築きましょう

愛犬の愛情表現10個|ありがとうを伝える方法5つと関係性

今回は、愛犬からの愛情表現と、飼い主の愛犬への感謝の伝え方をご紹介しました。意外な愛犬の愛情表現もあったのではないでしょうか。また、飼い主として愛犬への愛情表現は充分なのか、考えるきっかけになったら幸いです。

犬は愛情を注げば注ぐほど、ちゃんと応えてくれます。感謝をきちんと伝え、これからも仲良く過ごしてください。

その他の動物に関する内容も見てみよう

猫カフェは有名ですが、猫以外にも、犬やフクロウといった動物カフェが最近増えているそうです。犬だけじゃなく、他の動物にも興味のある方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

.

.

関連記事

Related