Search

検索したいワードを入力してください

深大寺そばとは|東京都調布でおすすめの深大寺そば厳選22店

Small d547ed82 ee6c 45d1 9985 dca28f7fe9eeきのこ
食の知識 / 2019年01月28日
深大寺そばとは|東京都調布でおすすめの深大寺そば厳選22店

深大寺そばとは

深大寺(しんだいじ)は東京都調布にあるお寺さんです。このお寺の参道付近にはお蕎麦屋さんがたくさんあります。深大寺周辺で食べることができるお蕎麦が「深大寺そば」として伝わり今も20店舗ほどのお店が営業をしています。

深大寺そばの由来は、始まりは詳しくはわかりませんが、江戸の頃と言われています。小麦をつかった蕎麦で客をもてなしたのが始まりと言われています。

東京都調布にある深大寺とは

深大寺だるまなどでも知られるお寺さんである深大寺ですが、インドに旅をしたことで知られる三蔵法師ゆかりの寺で、水神である深沙大王から名前がつけられたと言われています。お寺は東京都立神代植物公園です。

様々な見どころが境内の中にありますが、山門がおすすめの一つで、深大寺で一番歴史ある建築物と言われています。

東京都調布でおすすめの深大寺そばの厳選22店

ここでは深大寺そば、あるいは調布で食べることができる深大寺蕎麦のお店をご紹介していきます。深大寺そばには組合があり、その組合に加盟しているお店からのご紹介です。それではよりすぐりの深大寺そばの店の特徴をみていきましょう。

店名1:湧水

外の席ならペットもOKといううれしいお店がこちら、湧水です。駐車場も完備のお店なので、使い勝手がよいです。そんな湧水では、おすすめなのが限定蕎麦メニューとなっている国産そば粉八割を使っている深大寺そば「湧水そば」です。

その他、冬季限定の甘酒は、お寺の拝観後に体を温めるのにおすすめです。深大寺入り口まで徒歩二分の場所にあるこちらで、深大寺そばを食べて見ましょう。

店名2:きよし

蕎麦の職人として50年の歴史あるきよしで、深大寺そばを食べてみましょう。店内はリニューアルもし、美しく変わっています。深大寺そばのほかにも、鴨せいろや、にしんそばなどメニューも豊富なので蕎麦が好きな人は何度も訪れたくなることでしょう。

国産そば粉を石臼でひいたきよしの深大寺そばは、人気の一品ですが、にしんそばも店主の自慢の一品ということなので、ぜひそちらも機会があればご賞味いかがでしょう。

店名3:青木屋

広々とした店内で一度に100名ほど収容できるお蕎麦屋が青木屋さんです。駐車場もあるので、何かと勝手が良いです。こちらの深大寺そばの魅力はそばのコシと言われています。カリッと揚がった天ぷらもおすすめです。また、深大寺門前の池がそばで、自然も豊かな立地通いの毛利のお店です。自然を眺めながらゆったりと蕎麦を食べることができます。

セルフのお蕎麦屋スタイルなので、バタバタせず自分のペースでおすすめです。

店名4:深水庵

座敷席と椅子とテーブルがあるほかに、季節の良いときは屋外席があるので、そちらでも深大寺そばを食べることができるお店が、てうちそば深水庵です。井戸水を使ったおいしい深大寺そばを食べることができるお店です。

外席もあるので、ペットと一緒に入ることができるお店となっています。

店内5:一休庵

自社製粉の粉をつかた手打ちそばやさんなのが、こちらの一休庵のお蕎麦です。こだわりのそば粉で作る深大寺そばは、香りが良いので、おそば好きにはたまらないでしょう。新粉の取れる季節に行ってみるのもおすすめです。

お蕎麦は、三種類で十割そば、一休そば、そして八割蕎麦となります。その他、一品料理もあるので、深大寺そばだけで物足りなく感じる人は、一品頼んで見ると良いでしょう。お酒に会う地酒もおいてあります。

店内6:門前

深大寺そばにある門前は、北海道のそば粉を使ったそばを提供している蕎麦屋さんです。一日限定30食という当店オリジナルブレンドがおすすめの一品です。そのほかに、深大寺そばだとお腹が空くという方には、麦とろ飯がついた麦とろ膳もあります。

韃靼そばの実がはいったそばなど数種類のそばがあります。お酒にあうおつまみとして、天ぷら、おでんなどの一品料理もあり、味にも定評があります。

店内7:大師茶屋

大師茶屋は、昭和37年創業の深大寺そばを食べることができるお店の一つです。すべて手打ちで作られた深大寺そばにあう天ぷらは、油にこだわっています。そばの風味、天ぷらの香りとともにぜひ味わってみましょう。

大師茶屋の周辺は緑も豊かです。自然の中でゆったりと食べる深大寺そばはまた格別の味わいでしょう。

松の木

神代植物公園そばにある松の木は、深大寺そばをたべることができるお店の一つです。行列がランチにはできるほど人気の蕎麦屋さんです。ボリュームもあり、天ぷらもおいしいt評判です。

深大寺そばについてくるそばつゆは、辛めということですが、蕎麦湯をもらった最後に飲むときはほどよい味と感じる人もいることでしょう。

店名9:松葉茶屋

車椅子でも来店しやすいようにと工夫がほどこされた、深大寺そばをたべることができるおみせ、松葉茶屋です。手打ちの深大寺そばは、石臼でひいた国産の粉を使っています。宴会ができるスペースもあるので、大人数で訪れても大丈夫です。

店内には、高さ30mをこえるコナラの木があり、見事です。自然を感じながら、八割あるいは、十割の深大寺そばを楽しまれてはいかがでしょう。

店名10:鈴や

深大寺参道そばにあり、のぼりがたっているのですぐわかる蕎麦屋さんが鈴やさんです。こちらでは、深大寺そばのほかに、おもちや、つけものなど色んな物を食べたり、買ったりすることができます。

外席もあるので、天気の良い日は、参道の雰囲気や深大寺の自然を感じながら深大寺蕎麦を楽しまれると良いでしょう。自慢の天ぷらも忘れずに食べてみてはいかがでしょう。

店名11:矢田部茶屋

深大寺そばの矢田部茶屋は、細かいメニューの要望にこたえてくれるうれしい店の一つです。基本はそば定食コースですが、好みをある程度店側に伝えておくと、より食事を楽しく食べることができるでしょう。

コースには、深大寺そばはもちろん、煮物、天ぷらや和え物などがついてきます。大型バスで団体客もたべにくるお店です。

店名12:玉善

天ぷらが自慢の深大寺そばを出すお店がこちら、玉喜です。店の裏は自然が多く、たけのこなどが採取されます。玉善のとれたての旬の筍を天ぷらとしてメニューに出てきますので、このたけのこファンも多い店です。

店内は小上がりもあり、落ち着いた雰囲気の中、深大寺そばを食べることができます。家族経営ならではのアットホームな雰囲気が快適な店です。

店名13:味の陣屋

石臼でひいた国産のそば粉を使った深大寺そばをたべることができるおみせが、味の陣屋です。手打ちの深大寺そばのほかに、うどんもメニューとしてあるので、蕎麦が苦手な人と一緒でも楽しく食事時を過ごせます。

人気がある穴子のそばのほかに、野草野天付き蕎麦がこちらの魅力です。旬のものを天ぷらで食べることができるだけに、メニューがその時の天候などに左右されます。

店名14:曼珠苑

深大寺そば組合に参加しているおみせですが、残念なことに蕎麦屋ではなくカフェです。しかし、ここ以外カフェらしいカフェがないということで、深大寺そばではとても貴重な空間です。蕎麦は有名だけど、アレルギーがあって食べることが出来ない人など、様々な理由でカフェで休憩をしたい人にはおすすめのお店です。

ギャラリー併設で、お土産なども探しやすいのも特徴の一つです。

店名15:水神苑

深大寺の境内で、お寺を拝観したあとにのんびりとそばをたべることができるのがこちら、水神苑です。新緑に囲まれたなか、瀧の音を聞きながらそばをすする贅沢なひとときです。50年の歴史があるこちらでは、お祝い膳なども用意しているので、七五三など家族の祝い事のあとに利用されてみるのも良いでしょう。

会席料理、薬膳などもあり体にも優しい和食が身にしみます。

店名16:玉乃屋

深大寺で植物公園の自然を楽しみながらそばをたべることができる店の一つが、玉之屋です。旬にあった「季節のかわりそば」があります。その季節ごとにあったお蕎麦を食べに訪れてみるのもいいでしょう。

冷暖房完備のお店ですが、天気の良い日は外テラスでお蕎麦をすするのもおすすめです。林が間近にみえ外気を感じながらのそばは、自然を感じられてとても心地よいでしょう。

店名17:一福茶屋

坂道の途中にある深大寺そばのおみせ、「一福茶屋」です。テラス席もあるお店で、天気の良い季節は、テラス席で、蕎麦とビールの組み合わせがおすすめです。壺焼きの焼き芋が人気で、店の前に大きな壺が置いてあります。グラム売りなので、芋の大きさで値段が多少変わります。

場所は、少しわかりにくいところにあるのですが、その分、穴場的でゆったりとした時間を過ごせます。

店名18:梅月

そばはそばだけど、そば饅頭と羊羹にこだわったお店がこちら、梅月です。深大寺周辺ではそばを食べあと、家族や友人へお土産とと考えた時におすすめなのがこちら梅月がおすすめです。本練の甘さがひかめのようかんもおすすめで、人気があります。

外観の趣もよく、お店の雰囲気は周囲とマッチしていてフォトジェニックです。そば饅頭、深大寺ようかんどちらもお土産に最適です。

店名19:鬼太郎茶屋

水木ワールド全開の深大寺そばのみせがこちら、鬼太郎茶屋です。店には、鬼太郎に関連するオブジェがたくさん並んでいて、みているだけでも楽しくなります。漫画やアニメでおなじみの「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木さんの第二の故郷ということで、こちらにこのような蕎麦茶屋があります。

オリジナルの限定グッズも販売されているので、蕎麦はもちろん、鬼太郎ファンにとっては聖地です。店内の妖怪ギャラリーは必見です。

店名20:元祖島田家

五代目の店長が店を仕切る老舗の蕎麦やである元祖島田家は、創業が文久年間です。周囲の変遷や歴史をもすべて知っているお店で、昔から変わらぬ深大寺そばをたべてみましょう。お店の自慢は、コシのある蕎麦で、湧水にもこだわります。粉も石臼にこだわり、熱を持たないように丁寧に挽いています。

お店では、「野草天ぷらセット」や、三味そばと精進揚げセットの「むさしの」が人気です。旬の野草天ぷらも香り高くおすすめです。

店名21:深大寺窯

深大寺周辺でおそばやなど店を経営している人たちが集まってできた組合深大寺そば組合にも加盟しているお店、深大寺窯は、残念ながら蕎麦屋さんではありません。しかしながら、深大寺近隣に遊びに行くことがあったら、ぜひとも立ち寄ってほしいところです。深大寺窯では、土鈴、楽焼などを購入・体験することができます。

お寺を詣で舌あとに、その年の干支を深大寺窯で購入するのもおすすめです。

店名22:八起

八起は、水車が周る深大寺山門にほど近いとろこにある深大寺そばを食べるお店です。緑が豊かで、和風な建物は、外国からきたお友達を連れて行くにもぴったりな観光名所の一つとしておすすめです。

奥の方には、テラス席もあるので、季節によっては、店内でそばを召し上がるよりも自然の空気を感じながらの外が心地よいときもありますので、そちらでそばを食べるのがおすすめです。外テラスはペットもOKです。

お家でも深大寺蕎麦をたべよう

深大寺そば
深大寺そば

¥ 837

口コミ

乾麺特有の香りはないが、とても旨いです。ざるそばが一番です。

もちろん生で手打ちで食べるにかぎるという人もいるでしょうが、お家でも気軽に深大寺蕎麦を食べたいという時に便利なのが乾麺です。明星商品からでているコスパのよい深大寺そばは、ストックしておくと気軽に深大寺蕎麦をあじわえる一品です。

ぜひ、深大寺蕎麦が好きな人はもちろん、深大寺へまだ行ったことがない人もどんな感じなのかをお家で試してみてはいかがでしょう。

深大寺そば以外の都内にある有名そばの特徴

深大寺のお寺さんの周辺では、深大寺蕎麦がもちろん有名な都内のそばとなりますが、その他にも都内にはおいしい蕎麦があります。今回はそのそばのうちとろろそばと、あられそばの二種類について特徴などをご紹介します。

そば1:とろろそば

お蕎麦でとろろそばといえば、どのようなのを思い浮かべるでしょうか。基本は、そばに長芋や山芋をすったものがトッピングしてあるものをとろろそばと呼びます。とろろは、別のいいかたで、山かけと呼びます。

地域によっては、山かけそばといったり、とろろのまえに「冷やし」がつく場合があります。うずらの卵やオクラなどがオプションでついてくるとろろもあります。

そば2:あられそば

あられそばとはどのようなそばを言うのか、想像がつくでしょうか。あられと言われると、お菓子などのような具材をイメージしてしまいがちですが、江戸時代から続く伝統のあられそばというのは、冬の季節にたべるホタテの貝柱を使ったお蕎麦のことを言います。

もともとは富津・粋更津あたりの名物のそばですが、都内でもあられそばを出すお店がありますので、みかけたらぜひ試してみてはいかがでしょう。

深大寺周辺でグルメを楽しもう

深大寺周辺にある深大寺そばをたべることができるお店を中心に今回はご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。深大寺の周辺は蕎麦屋も多いですが、ほかにもまだ見どころや、深大寺ならではのグルメもあります。

ぜひ深大寺詣でににでかけた帰りでも周辺を散策し、美味しいグルメを見つけてみましょう。

東京のおすすめ古民家カフェやモツ鍋店

東京都内をもっと楽しむために、古民家をリノベーションしたカフェや雑貨店、あるいはモツ鍋屋などを訪れてみませんか。下記のウェブサイトにはその情報が乗っていますので、是非参考にしてみましょう。