Search

検索したいワードを入力してください

アクアパッツァのおすすめレシピ12選|向いている魚

Small c93989eb 9891 46a0 a7e9 81a20703f55cDJ-asuka
レシピ / 2019年01月30日
アクアパッツァのおすすめレシピ12選|向いている魚

アクアパッツアとは

アクアパッツァとは、イタリアのナポリ料理の一つです。「アクア」は「水」で「パッツァ」は「奇妙な、暴れる」などの意味があります。料理自体は、ブイヨンなどを使わずに、水とトマトだけを使った魚のスープの事です。

アクアパッツァは、特に何の魚を使ってどんな野菜を使用しなければいけないという決まりはありませんので、お好みの魚や野菜を使用して作ります。

アクアパッツアのおすすめレシピ12選

前述のとおり、アクアパッツァで使用する魚や野菜に決まりはありません。こちらでは、アクアパッツァの魚や野菜はもちろん、スープもアレンジしたレシピをご紹介します。

まずはレシピのアクアパッツァを参考にして作ってみて、慣れてきたら自分なりのアクアパッツァを作ってみましょう。

もちろん、レシピを読んで自分だけのアレンジを加えたアクアパッツアを作ってみるのも面白いです。

1:「いさきのアクアパッツァ」

アクアパッツァの最初のレシピは、いさきを使います。スーパーで販売されているいさきは、鱗とエラと内臓が入っていますので、先に処理をしておきます。家での処理が手間な場合は、スーパーの鮮魚コーナーでやってもらいましょう。

鱗は尻尾から頭に向けて取ります。包丁を立てて行うか、鱗取りを使いましょう。エラは、頭と胴体の隙間に指を入れて引き出します。いさきの大きさによっては、そのままエラと一緒に内蔵が出てきます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
いさき 1尾
あさり 水煮缶1缶
いか 1杯
とまと 2個
しめじ 1パック
かいわれ 1パック
にんにく 2片
1.いさきの鱗、内臓をとったら、大きく切れ目を入れる。
トマトは2個湯むきしておく。
にんにくはみじん切りに。
2.オリーブオイルににんにくを入れ熱し、にんにくで香りがついたら、いさきに焦げ目をつける。
3.2に、しめじ、トマトを入れ、蒸し煮。
4.全体に火が通ったら、大皿に盛り付け、最後にかいわれをのせて完成!

2:「サーモンのアクアパッツァ風」

2つ目のレシピは、サーモンの切り身を使ったアクアパッツァです。切り身ですので鱗や内臓はありませんが、煮込んだ後に身が崩れやすくなりますので、盛り付ける際には注意しましょう。サーモンが柔らかい時には、小麦粉をまぶし軽く焼きます。

あさりは殻付きの場合、砂が入っている場合もありますので、購入後には塩水に浸けて砂を吐き出させておきましょう。あさりの販売形態によっては、既に塩抜きを終えているものもあります。

Blockquote firstBlockquote second

【 材料・2人分 】
・生鮭(切り身) 2切れ
・茄子 1本
・アスパラ 3~4本
・トマト 8~10粒
・あさり 8~10粒
・アヒージョの素 1袋
・EXV. オリーブオイル 大さじ5
・白ワイン(辛口) 40cc
☆魚は鱈や鯛などでも。

【 作り方 】
①茄子は厚めの輪切りに、アスパラは1本を3等分に切ります。
バットに入れたEXV.オリーブオイル(大さじ1)を野菜の片面だけにつけて
グリルパン(フライパン)で焼きます。
焼いた野菜は盛り付ける時に使います。
②生鮭は塩を打って(分量外)15分ほど置いて
余分な水分をペーパーで除きます。
フライパンにEXV.オリーブオイル(大さじ1)を入れて温め
生鮭に7割くらい火が入るように焼きます。
焼けたら一度取り出します。
③同じフライパンにアヒージョの素、
EXV.オリーブオイル(大さじ3)、白ワイン、あさり、
トマトを入れて蓋をし中火にかけます。
沸いてきたら弱火にします。
④あさりが2、3粒、口を開いてきたら
サーモンをフライパンに戻し、蓋をして
5分ほど煮込めば出来上がりです
⑤焼き野菜をお皿にのせ、
④をスープと一緒に盛り付けます。

3:「カサゴでアクアパッツァ」

カサゴは、背びれに毒針や鋭い針をもっているものがいますので、まず背びれを処理しておきます。背びれの左右に切れ目をいれ、切れ目から指を入れます。次に、指で背びれの根本を挟むようにすると、背びれがはずれていきますので、それを繰返して完全に外します。

アクアパッツァにする際には、カサゴに火がとおりやすくするために、身に切れ目を入れます。白身魚の中では、カサゴは身が崩れにくいので、アクアパッツァ向きです。

Blockquote firstBlockquote second

美味しいのは知っていたけれど、これまで作ったことのなかったアクアパッツァ。
きれいなカサゴを見つけて初挑戦。
材料がこちら。
カサゴ1尾、アサリ15個位、ニンニク2片、オリーブ10粒、トマト2個、タイム半束、イタリアンパセリ半束、白ワイン100cc位、オリーブオイル、塩適量

カサゴは全体とお腹の中に塩を振って、タイムとイタリアンパセリを詰めて準備。
オリーブオイルで全体をこんがり焼いて。
オリーブオイルをたらした鍋にカサゴを移し、ワイン以外の材料を投入し強火。
ワインを注いだら蓋をし、アサリの口が開くまで数分蒸し煮に。
下準備を含めても30分程度で完成!
かさごはプリッとして、アサリやトマト、ハーブの香りがあいまったスープも最高です!
美味しいスープはパスタに吸わせて、絶品スパゲティに☆
言うことなし! 保証付きの美味しさです。

4:「野郎飯流・太刀魚のポワレアクアパッツア風」

アクアパッツァのレシピの4つ目は、太刀魚を使っています。太刀魚は、食べた時の身が柔らかいですが、煮付けても煮崩れしにくい白身魚です。ただし、皮が破れたり先に処理してしまうと身がボロボロになりますので、つけたまま調理しましょう。

太刀魚のお腹辺りの身は、柔らかくて崩れる場合もありますので、その部分をアクアパッツァにする場合は、小麦粉をまぶしておくとカリッとした焼き具合になります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
・太刀魚(食べたいだけ、白身だったら魚は何でもいい)
・アサリ(食べたいだけ)
・チェリートマトかミニトマト(食べたいだけ)
・菜の花(食べたいだけ)
・クレソン(適量)
・バター(適量)
・にんにく(適量)
・オリーブオイル(適量)
・白ワイン(適量)
・塩(適量)
・黒胡椒(少々)

■作り方
1.太刀魚の下処理を行い、両面にさっと塩と胡椒をふる。
2.バター:オリーブオイル1:1で太刀魚を皮面から焼く。皮をしっかりパリっとさせてから裏面にも火を入れて、皿に取り出す。
3.太刀魚を焼いたフライパンにオリーブオイルを追加で入れ、刻んだニンニクを炒めつつ、砂だししたアサリ、菜の花を入れて加熱。その後、カットしたチェリートマトも投入。しばらくしたら、白ワインで蒸し、アサリが開いたらスープの味を調整。塩が足りなければ塩を入れる。濃さは若干バターで調整。
4.先にアサリ達を盛り、その上に焼いた太刀魚をのせ、クレソンをあしらって完成。

5:「アクアパッツァリメイク揚げパスタパエリア」

アクアパッツァと揚げパスタを組み合わせたアレンジレシピが、こちらで紹介する料理です。パリパリに揚がったパスタとの相性が良いです。パエリア風ですので、ムール貝を使用していますが季節によっては牡蠣やマテ貝も使えますし、アクアパッツァ定番のあさりを使っても美味しくできます。

アクアパッツァには、魚と野菜とスープを使うという以外は特に決まりはありませんので、いろいろな料理と組み合わせてみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

=材料・分量=
パスタ 4人分
ナス 3本
しし唐 5~6本
ヤリイカ 2杯
ムール貝 1パック
赤ウィンナー 1袋
イエローミニトマト 5~6個
水 400ml
にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ
アクアパッツァ 1箱

=作り方=
パスタを茹で時間より1分少なく茹でます
ザルにあけしっかり湯切りしておく
フライパンでパスタを揚げ焼きします
しっかり焦げ目がついたらひっくり返します
焼けたらペーパータオルでしっかり油を切る
ナスとしし唐も揚げ焼きにしてバットにいれておく
フライパンにムール貝と水を入れひと煮立ちしたらアクアパッツァの素とスパイスを半分入れます
ヤリイカ・ナス・しし唐を入れひと煮立ちさせる
たこさんウィンナーを茹でておく
イエローミニトマトは半分に切る
ホットプレートに揚げパスタをおいて温度を保温くらいにして温める
アクアパッツァのスープを少し入れ汁気が少なるまで沸騰させる
具とミニトマトをいれ残りのスープを加え軽く温める
残りのスパイスを全体にふりかける

6:「スパイシー・カレー味のアクアパッツァ」

アクアパッツァのスープにカレー風味を加えたものがこちらのレシピです。カレーにトマトは合わないと言う人もいますが、トマトを使ったトマトカレーという料理もありますので、こちらのアクアパッツァもカレー風味と合います。また、使用する魚は白身魚であさりも入っていますので、シーフードカレーの風味も出てきます。

ただし、アクアパッツァですので、ご飯を混ぜる場合は通常のカレーではなくカレー雑炊風になります。

Blockquote firstBlockquote second

材料「2人前」
鯛切り身  二切れ
「白身魚ならOK」
玉ねぎ 1/2
アサリ 100g
トマト 1個
白ワイン 50cc
GABAN タ―メリック「パウダー」   少々
GABANレッドペパー「パウダー」 少々
塩・胡椒  各少々
オリーブオイル 小匙2
ニンニク 小匙1

クローバー調味料
GABAN クミン「パウダー」      小匙1/2
GABAN ターメリック「パウダー」     小匙1
GABAN レッドペッパー「パウダー」   少々
GABAN フェヌグリーク「パウダー」    少々
コンソメ顆粒           小匙1/2
塩・胡椒             各少々

クローバー作り方
1 鯛切り身に白ワイン「分量外」をふりかけ5分程お
  き水分を拭き取りGABAN タ―メリック「パウダー」
  ・GABANレッドペパー「パウダー」塩・胡椒をふっ
  ておく、アサリの砂出しもしておく
2 調味料を全部混ぜておく
3 スキレット2台を火にかけオリーブオイルを各小匙
  1加え温まったら1の鯛を加え両面きつね色位に焼
  き一度取りだしておく「後で煮込むので焦げ目がつけばOK」
4 3のスキレットににんにくを加え炒め香りが出てきた
  ら玉ねぎを加え炒め透き通ってきたらトマト・アサ
  リ・取り出して置いた3を加え白ワインを加える
「材料はスキレットに各1/2ずつです」
5 4が沸騰したら調味料全部を加えアサリの殻が開い
  たら2~3分程煮込んで出来上がり

7:「ストウブ アクアパッツァ」

ストウブとは、フランスにある調理器具のメーカーです。素材から出る蒸気で蒸し料理ができるのが特徴です。従来のアクアパッツァと違い、野菜や魚の水分でスープができますので、味が濃厚になります。

Blockquote firstBlockquote second

オリーブオイルに、2かけのニンニクみじん切りと、アンチョビチューブ約3㎝を入れたホットプレートで
表側になるお鯛ちゃんを焼きつけ、裏返し塩コショウ。
白ワイン(無ければ料理酒でOK)を振り入れ(鍋の底から約1㎝くらいの量)、蓋して中火約5分。
砂抜きしたあさりとトマトを入れて蓋して弱火約10分で出来上がり。

8:「メバルのアクアパッツァ」

アクアパッツァのレシピ8つ目は、メバルを使います。メバルとは、北海道から九州の沿岸部に生息する魚で一番釣れる時期が11月~4月ですが、一般的にどの季節でも釣れます。種類はクロメバル、アカメバル、シロメバルの3種類で、胸ビレの軟条の数で見分けます。

Blockquote firstBlockquote second

(材料)
メバル 2尾
(鯛やイサキ等お好みのの白身のお魚)
貝類 適量
(あさり、ハマグリなど)
ジャガイモ
玉ねぎ
マッシュルーム
(お好みのキノコ類、なくても良い)
ニンニク 2かけ
プチトマト
オリーブオイル 適量
白ワイン 1カップ
水 1カップ
塩、コショウ

(作り方)
①厚手の鍋に多めのオリーブオイルと潰したニンニク
を入れて弱火にかけ、香りが出たら皮付きのミニ
新じゃがと1/4に切った玉ねぎを入れて蓋をして
蒸し焼きにする。
② 途中何度かジャガイモを返して、ジャガイモが
ほぼ柔らかくなったら魚を乗せ、周りに
貝類を入れて、キノコとプチトマトを乗せ
塩コショウをする。
白ワインと水を入れて蓋をして弱めの中火にして
10分位蒸し煮にする。
③ 塩加減をして、取り分けて、レモンをシュッと絞っ
て召し上がれ♪

9:「マヒマヒのアクアパッツア」

マヒマヒとは、シイラという魚で大きいものでは体長2メートル、体重40kgにも成長する大型肉食魚です。サッパリとした白身魚で、海外では高級魚として扱われています。

大きな魚ですので、アクアパッツァに使用するのは切り身です。身はしっかりしていますが、冷凍保存した場合には煮崩れやすくなることもありますので、その際は小麦粉をまぶして焼いたものでアクアパッツァを作ります。

Blockquote firstBlockquote second

★★★レシピ★★★
マヒマヒ(シイラ)1切れ、パプリカ赤30g、マッシュルーム8個、「だしとスパイスの魔法」シリーズ(アクアパッツァ)1箱、水50ml
フライパンにオリーブオイルを入れてからマヒマヒを入れてスパイスをふりかけて焼きます。
パプリカ、マッシュルームを加え、調味液、水の順に入れて蓋を閉めて5分煮ます。

10:「ほうぼうのアクアパッツァ」

ほうぼうは、かさごの一種で、変った外見が特徴です。口が大きくて髭が生えていたり、ヒレの色がカラフルだったりします。煮つけても崩れにくい身ですので、アクアパッツァ向きの魚です。また、活きがいいものは刺身にしても美味しくいただけます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
ほうぼう2匹(お好みの白身魚でどうぞ)・あさり一杯・プチトマト適量・ケイパー小さじ1にんにく一片・水150cc・白ワイン150cc・オリーブオイル大さじ2半・オレガノ・バジル

作り方
ほうぼう
①魚は内臓を掃除しておく
②フライパンにオリーブ油・にんにくみじん切りを加え、香りを出す
今回はストウブ鍋でじっくりふっくら煮詰めています
③②にほうぼうを入れ、軽くソテーする
④アサリ、ケイパー、トマトを加え、塩を少々ふり、白ワイント、水を回し入れ、蓋をして中火で20分蒸し焼きにする。水分がなくなったら途中水を足す
⑤味をみて、塩コショウで整え、オレガノ・バジルのスパイスを加えて出来上がり~♪♪♪

11:「赤魚のアクアパッツァ」

赤魚は、業務用の冷凍販売などで安く手に入る魚です。冷凍ものが多いですが、煮付けても身が崩れにくく、プリプリとした食感が特徴です。販売される際には、頭と尾びれをカットしたものが多く、骨がありますのでアクアパッツァ以外のフライなどの料理を作る際には、解凍してから三枚おろしにする方法をおすすめします。

Blockquote firstBlockquote second

材料 Ingredients
赤魚のアクアパッツァ
赤魚(Red Rockfish)1尾(1 fish)¥250($2.50)
あさり(Short-Neck Clam)1パック(200g)¥150($1.50)
にんにく(Garlic)2片(2 cloves)¥20($0.20)
ブラック・オリーブ(Black Olives)25g ¥100($1.00)
ミニトマト(Mini Tomatoes)6粒(6)¥50($0.50)
アンチョビ(Anchovy)2尾(2 pieces)¥60($0.60)
ケッパー(Caper)10粒程(10 pieces)
パセリ(Parsley)適量(suitable amount)
ローリエ(Laurier/Bay Leaf)2枚(2 leaves)
オリーブオイル(Olive Oil)適量(suitable amount)
白ワイン(White Wine)1 Cup ¥100($1.00)
塩・胡椒(Salt and Pepper)適量(suitable amount)
バケット(Baguette)4スライス(4 slices)¥50($0.50)

アクアパッツァは感覚的に魚のホイル焼きを作っているようでした。ハードル高いかなと思っていたのですが、食材さえ揃えば後はフライパン1枚ですぐ出来上がるというのが一番の魅力ですね

12:「秋刀魚ときのこのアクアパッツァ」

アクアパッツァのレシピの最後は、秋刀魚とキノコを使っています。一般的には、白身魚でアクアパッツァを作る事がおおいですが、こちらは青魚を使っています。秋刀魚は脂も多い魚ですので、アクアパッツァにする場合は、内蔵を処理しておくか最初にしっかり焼いて脂を落しておけば美味しくできます。

Blockquote firstBlockquote second

材料】
にんべん『だしとスパイスの魔法』アクアパッツァ...1箱(調味液1袋 スパイス1袋)
秋刀魚...2尾
マッシュルーム...1パック
しめじ...1パック
プチトマト...12個
酒...小さじ2
水...50cc
オリーブオイル...大さじ1
ブロッコリー...お好みで

【作り方】
1フライパンにオリーブオイルを熱し、秋刀魚、スパイスを入れて表面を焼きます。
2プチトマト、マッシュルーム、しめじ、調味液、酒、水を入れ、弱火で5分煮たら出来上がりです

アクアパッツアを作るにはこれ!

こちらは、アクアパッツァの専用鍋とも言える商品です。蓋が特殊な形をしていますので、少ない水分または、野菜と魚の水分でアクアパッツアを作ることができます。

また、完成したらそのまま食卓にはこんでも良いデザインですので、煮崩れを防ぐことができます。

アクアパッツアに向いている魚は

アクアパッツァのレシピをご紹介させていただきましたが、アクアパッツァに向いているのは、どのような種類の魚なのでしょうか。一般的にどのような魚でも野菜でも良いとされていますが、実際はどうなのでしょうか。

スズキやタラなどの白身魚

アクアパッツァに向いているのは、スズキやタラなどの白身魚です。もちろん、青魚や赤身の魚でもアクアパッツァを作る事はできますが、一番合うのは白身魚です。

これは、アクアパッツァの作り方に由来します。アクアパッツァを作る際には、まず魚を焼きそこに白ワインを加えます。次にトマトなどの野菜を加えます。そうすることでスープがクリアな味になりますが、青魚や赤身に場合は、魚そのものの味が強く出てしまいます。

アクアパッツアを作ってみよう

アクアパッツァは、魚と野菜があれば、あとは鍋で煮込むだけですのでとても簡単です。専用鍋を使えば、そのまま食卓に運べますので、片付けも楽になります。魚をさばくのが苦手な人は、スーパーの鮮魚コーナーでも処理してくれますし、冷凍物であれば調理をするだけですみます。

レシピを参考にして、簡単にできてしかも美味しいアクアパッツァに挑戦してみましょう。

洋風おせちや魚料理も見てみよう

アクアパッツァは、魚を使った洋風料理です。洋風料理のおせち料理には、どのようなものがあるのでしょうか。また、魚料理には他にどのようなものがあるのでしょうか。

こちらでは、上記2つの関連記事を紹介しています。料理のレパートリーを増やす参考にしてください。

関連記事

Related