Search

検索したいワードを入力してください

キャビアの美味しい食べ方16選|最高級キャビアとは?

Author nopic iconさとひろろ
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年10月29日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2018年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

キャビアの美味しい食べ方16選|最高級キャビアとは?

キャビアの食べ方は?

ここでは、キャビアはどのような食べ方をすると美味しさが増すのかを紹介していきます。

キャビアは毎日食べるというよりは、お祝いの時や自分へのご褒美として楽しむ人が多いでしょう。美味しいキャビアをさらに美味しく食べる食べ方を知って、キャビアのある暮らしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そしてキャビアとはそもそも何かということについても併せて紹介していくので、キャビアの知識を深めていきましょう。

キャビアとは

キャビアは、日本と欧米では違う意味で使われることもある食べ物です。

日本でキャビアと言えば、後程詳しく紹介するチョウザメの卵の塩づけのことを指します。しかし、ヨーロッパでは魚卵全体のことをキャビアと呼ぶ場合もあります。海外旅行に行ってキャビアを食べようとする場合には、注意しましょう。

さらにキャビアが美味しそうなイメージあるロシアでは、日本でいう所のキャビアはチョールナヤ・イクラーと呼ばれます。

1:世界三大珍味の一つ

キャビアは、その美味しさからフォアグラやトリュフと共に世界三大珍味に数えられます。

ロシアのカスピ海とアムール川が産地になっていて、世界三大珍味と呼ばれるだけあってお値段もややお高めです。最近では、天然のキャビアは量が減っていきていて、キャビア養殖に力を注いでいる国や地域も少なくありません。

日本では、高知県や宮崎県などのキャビアの養殖場が有名です。海外にも出荷されて、人気があります。

2:チョウザメの卵の塩づけ

そもそもキャビアとは、チョウザメの卵の塩づけのことです。チョウザメの種類によって、卵の大きさや味が違うので値段も大きく異なる場合があります。

キャビアの美味しい食べ方を追求したい人は、味を食べ比べしてから食べ方を決めると良いでしょう。

さらに、人工キャビアや他の魚卵を使って作るイミテーションキャビアなどもあります。

キャビアの美味しい食べ方16選

ここからは、美味しいキャビアの食べ方を紹介していきます。キャビアを食べる機会がなかなか無い人だけでなく、キャビアを頻繁に食べる人にもおすすめの食べ方です。

キャビアは食べ方によって、印象が変ってきます。キャビアの量に余裕がある場合は、紹介する食べ方を何とおりからチャレンジしてみましょう。

最高の美味しい食べ方でキャビアを堪能すれば、贅沢で幸せな時間が過ごせるでしょう。

1:夏野菜のラタトゥイユ風

このレシピは、キャビアをジュレの上に振りかける食べ方です。キャビアをゴージャスに見せる食べ方ができるので、ホームパーティや誕生日など特別な日におすすめです。

ひんやりしているメニューなので、夏場にぴったりなキャビアの食べ方です。さらに野菜をたっぷり取ることができるので、栄養バランスを気にしたい人にもおすすめできる食べ方と言えるでしょう。

作る際には、ガラスの器にこだわると雰囲気が出ます。

Blockquote firstBlockquote second

1.野菜は食べやすい大きさに全て角切りにします。
2.厚手の鍋にオイルを熱し、ニンニクと赤唐辛子を中火で炒めます。
香りが出たら、タマネギを炒め、透き通ってきたら火が通りにくい順番で野菜を炒めます。
3.ズッキーニとピーマンを加えてオイルを絡ませたら、崩したトマトと白ワイン、ローリエを加えて30分ほど煮込みます。
4.タイム、バジル、塩コショウで味を整えればラタトゥイユ風の完成!
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。
ジュレの材料も温めながらゼラチンを溶かして、冷めたら冷蔵庫で冷やし固めます。
5.ガラスの器にラタトゥイユ風を盛り付け、ジュレを崩しながら上に載せます。
6.半熟卵を半分に切って中央に載せます。
7.真ん中にキャビアを盛り付ければ完成!

2:エビときゅうりのハーブタルタル

キャビアの美味しい食べ方16選|最高級キャビアとは?
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

このキャビアの食べ方は、偽キャビアを添えるだけの簡単なレシピです。もちろん偽キャビアではなく本物のキャビアを使えば、洗練された美味しさを堪能することが可能です。

バランス良いメニューを使った料理なので、キャビアの純粋な味わいを楽しむことができます。前菜として食卓に出すと喜ばれることでしょう。

おすすめのメインディッシュは、ステーキです。とても贅沢な時間が、過ごせるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

1.きゅうりはピーラーで薄くスライスし、塩少々を振っておく。
2.むき海老はボイルしておく。
3.卵は固ゆでにして、殻をむいて刻んだら、香りソルト」、マヨネーズ、ヨーグルトを加えてディップを作る。
4.皿の真ん中に3をこんもりと置き、キッチンペーパーで水分を拭き取ったきゅうりを2、3枚重ねて卵ディップの周りをぐるりと囲む。きゅうりのセルクルにいっぱいになるまで卵ディップを詰める。
5.エビと偽キャビアをトッピングする。

3:サヨリのカルパッチョディルソースキャビア添え

このキャビアの食べ方は、サヨリのカルパッチョの上のソースにさらにキャビアをプラスする贅沢なレシピです。

この食べ方は、イタリア料理でキャビアを楽しみたい時におすすめです。作り方も簡単で、サヨリを3枚におろし、オリーブオイルや白ワインビネガー、塩、コショウで味を付けて冷蔵庫で冷やします。

さらに、焼いた赤パプリカと交互に重ねて並べていきます。お好みの量のソースをかけた上からキャビアを載せていきます。

Blockquote firstBlockquote second

サヨリをさばきます
3枚おろしに染ます
骨も使います
キッチンペーパーで水けをょ拭き取ります
パプリカはガス火で焼いて皮を剥きます
裏の色の薄いところは綺麗にそぎ取り
赤身の綺麗な部位のみを残します
中の白い部位を綺麗に取り除き2cm幅にカットします
冷たく冷やします
キッチンペーパーで水けをょ拭き取ります
食器は
冷凍庫に入れ冷やしておきます
ディルは
葉の伏せ付箋を集めます
ボウルに
オリーブオイル50ccとディル・白ワインビネガー10ccを加え
塩とブラックペパーで味を調え撹拌します
羽プリストサヨリを入れ
冷蔵庫に入れ冷やします
食器に盛りつけます
食器は冷蔵庫からとりだし
上にさより・赤パプリカを相互に並べます
上からソースを回しかけ
上にキャビアを乗せます

4:地中海のキャビア混ぜるだけで高級パスタ

このキャビアの食べ方は、高級なパスタを食べたいと思った時におすすめです。混ぜるだけで楽しめるので、キャビアの種類を複数試してみると味の違いが分かりやすいでしょう。

作り方は、まずパスタを茹でます。オリーブオイルを大さじ4絡めたパスタにキャビアを混ぜるだけでOKです。

普段は料理しないけれど、キャビアをゲットした人などにおすすめしたいレシピです。パスタのみなので、キャビア本来の味を楽しめます。

Blockquote firstBlockquote second

茹で立てのパスタ(乾麺で150g:2人分)に
オリーブオイルを大さじ3〜4程からめ
ボッタルガパウダー1袋とおろしニンニクを少々をくわえ
しっかりとまぜる
本当にこれだけ。
カラスミの風味の絡んだパスタの完成!

5:キャビアとローストビーフ

このキャビアの食べ方は、キャビアをローストビーフの上に載せて食べるというシンプルな食べ方です。ローストビーフとキャビアは味の相性が良いだけでなく、見た目にも豪華なのでパーティにおすすめです。

このレシピをより美味しくする食べ方は、キャビアだけでなくローストビーフの質にもこだわる方法です。ローストビーフは、自分で作ってみることも良いでしょう。牛ロースのローストビーフ用などを購入すれば、案外簡単です。

Blockquote firstBlockquote second

ローストビーフのキャビアのせ

6:なんちゃってキャビアdeリボンパスタ

このキャビアの食べ方は、パスタとキャビアを食べる方法です。なんちゃってキャビアだけでなく、本物のキャビアとパスタの相性抜群です。

作り方は、とても簡単です。手早く混ぜることがポイントになってくるので、時間との勝負です。見た目もかわいいパスタなので、恋人に振る舞う料理にしても良いでしょう。

もちろん、普通のパスタでも問題ありません。

Blockquote firstBlockquote second

まぁ~、パスタを茹でる所から説明してたら
日が昇っちゃうから
思いっきり、そこは省略するぜぃ~~朝日あくまだんしゃくあせる
ちなみに茹で時間は、アルデンテや時間支持通りや
ボイルオーバーお好みで何でもいいんだけど、
オイラは支持より2分多めに茹でたよ!
タップリのお湯に塩・割としっかり目、そしてオリーブオイルを
ちょいとばかし入れて茹でた・・・とだけ言っておこうウインクOK
でっ!
パスタの茹で汁は乾燥を防いだり、ソースに加えたりできるから
絶対に全部は捨てないで、カップ1杯分くらいは温存して置いてね!
あとは以下で説明する通りディプとパスタを絡めて
なんちゃってキャビアと和えるだけだから難しいことはないねっ

7:冷製キャビアのスパゲッティ

このキャビアの食べ方は、冷たいパスタでキャビアを堪能したいという場合に最高です。パスタは、柔らかめに茹でることがポイントです。

作り方は、粒マスタード、レモン汁、オリーブオイル、塩、胡椒にジンを掛けてソースを作っていきます。茹でたパスタは、氷などを使って冷たくしていきます。

その後、ソースとパスタを絡め、キャビアやレモンピール、細かく切ったあさつきをトッピングすれば完成です。

Blockquote firstBlockquote second

カッペリーニ100グラム
キャビア1瓶
粒マスタード小1
レモン汁小1
ジン 少々
オリーブオイル大さじ3
塩、胡椒少々
あさつき(みじん切)少々
レモンピール

粒マスタード、レモン汁、オリーブオイル、塩、胡椒、それにジンを乳化。
パスタを茹でる。
アルデンテよりも少し柔らかく茹で、流水、氷水でキンキンに冷やす。
ソースにあえ、皿に盛り付けてレモンピール、あさつき、キャビアを飾る。

8:なんちゃってキャビア風ディップ^^;

このキャビアの食べ方は、節約したいけれどキャビアが食べたい時におすすめのレシピです。

作り方も簡単で、本物のキャビアに近い味を楽しむことができます。たっぷりのキャビアと一緒にご飯を食べたい人やお腹に優しいキャビアの料理を楽しみたい時に最高です。シンプルな食べ方なので、ご飯の質にこだわると美味しく食べられるでしょう。

キャビアでは、塩辛いなと感じる人にもおすすめしたい食べ方です。

Blockquote firstBlockquote second

@とんぶり・・・1袋

@アンチョビフィレ・・・2枚

@アンチョビの油・・・大匙1

@ナンプラー・・・小匙2分の1

@醤油・・・小匙4分の1~

@粒々マスタード・・・小匙2分の1

@ニンニク・・・1片~2片(摩り下ろして小匙2分の1)

@粗引き黒胡椒・・・少々

\(゜□゜)/\(゜□゜)/\(゜□゜)/\(゜□゜)/\(゜□゜)/\(゜□゜)/

すり鉢に材料の「とんぶり」以外を全部入れる。ここでアンチョビはみじん切り、ニンニクは摩り下ろしてね合格
念入りにペーストする
2 ・・・でっ、↑のものに「とんぶり」 INビックリマークビックリマーク


混ぜ混ぜする・・・・・だけっあせる

  ・・・・・ぐすんっ。。。
3 ソース入れや消毒済みの瓶に入れたら完成だウインク拍手拍手拍手
 ビジュアル的に彩りが寂しかったから、 イタリアンパセリ(分量外)をちょいとトッピングウインクラブラブラブラブ

9:鯛とキャビアのリゾット

このキャビアの食べ方は、リゾットの具材としてキャビアを楽しみたいという人におすすめです。使うお米は、イタリア産カルナローリ米を使うとより美味しい食べ方ができます。

この食べ方の作り方は、まずは、アンチョビとエシャロットをバターで炒めたフライパンにご飯を入れて好きな固さにしていきます。味や形を整えた上に焼き色を付けた鯛の刺身やキャビアをトッピングしていけば完成です。

Blockquote firstBlockquote second

鯛の刺身を直火に当てて片面に焼き色をつけ、すぐに氷水に取ります。

フライパンにEXオリーブオイル大さじ1とバターを入れ、バターが溶けたらみじん切りにしたアンチョビとエシャロットを中火弱で炒めます。

エシャロットに火が通ったら米を洗わずにそのまま入れます。

米を油で包むようにして炒め、米のまわりに油の膜が出来てきたら白ワインを入れ強火でアルコールを飛ばします。

ここから水を加えていって米をアルデンテに仕上げていくのですが、人によって水だったりお湯だったりブロードだったりします。

また、米にはさわらずにフライパンを振って混ぜる人と、木ベラで混ぜる人がいたりもします。

ちなみに僕は、水を使って米はさわらない派です。

で、先ほどの米がかぶる倍ぐらいの水を加え、中火強で加熱します。
最初の1回目はやや多めの水で、それからは米が浸かるギリギリのところぐらいにして少しずつ米を煮ていきます。
一気に水を加えると、米を炊く感じになるのでアルデンテに仕上がらないです。

だいたい3回か4回ぐらい水を加えたあと、米が好みの硬さに近くなったところで、塩で味を調えながら水分を調整します。

お皿に盛って鯛の刺身を乗せ、さらにキャビアを飾ってイタリアンパセリを散らしたら完成です。

10:ジャガイモのピューレとマスカルポーネの前菜

このキャビアを食べ方は、一口で楽しめる前菜にぴったりな方法です。自宅でパーティをする予定がある人などにおすすめです。

作り方は、ジャガイモのピューレを作りその上にマスカルポーネとキャビアを載せていくというシンプルな料理です。

この食べ方は、ジャガイモのピューレが味のポイントとなってきます。ジャガイモを生クリーム、バターと混ぜる際には、味見しながら行うと失敗しにくいです。

Blockquote firstBlockquote second

まずジャガイモのピューレを作ります。
ジャガイモは皮がついたまま自ら茹でます。

串が中までスッと入るぐらいになったら取り出し、熱い内に皮を剥き裏ごしします。

フライパンに裏ごししたジャガイモ、温めた生クリーム、バターを加え木べらで混ぜながら加熱していきます。

適当な濃度になったら火を止めて軽く塩をして味をととのえます。

スプーンにジャガイモのピューレを乗せ、その上からマスカルポーネを乗せ、最後にキャビアを加えセルフィーユを飾ったら完成です。

11:帆立とエリンギのカルパッチョキャビアのっけ

このキャビアの食べ方は、おもてなしメニューを考えている人にぴったりです。シャンパンを飲みながら食べるキャビアのおつまみを探している人におすすめです。

作り方は、茹でて冷やしたエリンギとホタテをシーソルトとエクストラバージンオリーブオイルを使ってミックスしていきます。

キャビアは、材料をお皿に盛りつけた一番最後に載せていきます。キャビアで美味しいと感じた人は、イクラなど他の魚卵でも食べてみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

1、エリンギは食感が残るように軽くボイルし冷水で冷やしておく
2、ホタテをひとくちだいに切り1と和えシーソルトとエクストラバージンオリーブオイルで味付けする
3、ニンニクの切り口を皿に軽く塗り風味をだす
4、皿にセルクルをのせ2をスプーンで詰めていく
5、セルクルを抜きまわりにベビーリーフを散らしキャビアをのせて完成
オリーブオイルとブラックペッパーを挽いていただきます
キャビアは原価がはるのでイクラや飛びっ子でもいいかも^_^素材の味を大切にしたシンプルな料理です!

12:憧れのキャビアでタルティーヌ

このキャビアの食べ方は、初めてキャビアを食べるという子供からも人気のあるメニューです。キャビアを使った料理は、他の具材で節約したいという場合も、水切りヨーグルトが使われているので経済的です。

特別なおもてなしや記念日などは、水切りヨーグルトではなくマスカルポーネを使っても良いでしょう。使う具材は、自分の好みによってアレンジしてみることもおすすめです。

パーティでは、具材だけ用意する方式もおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

マスカルポーネを使いたかったのだけれど、
食材がリッチだったので、カロリーの点も考えて
水切りヨーグルトにしました~(´0ノ`*)

13:キャビアと大葉の冷製ジェノヴェーゼパスタ

このキャビアの食べ方は、ワインと相性の良いキャビア料理を探している人におすすめです。大葉ジェノバソースがあれば、すぐにできるので料理が苦手な人にもおすすめです。


作り方は、とても簡単です。茹でたパスタを大葉ジェノバソースで絡めて上からキャビアを載せていくだけでOKです。

シンプルな食べ方ですが、見た目もゴージャスです。リッチな気分を味わいたい休日などにおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

自家製大葉のジェノベーゼソースを使います。
鍋に湯を沸かし、パスタを袋にかかれた時間茹でます。
茹であがったパスタをざるにあげ、流水で冷やししっかり水気を切ります。
ボウルに入れ、ソース、キャビアと混ぜ合わせます。
皿に盛り付け、完成。

14:キャビアを楽しむ前菜、焼いたアボカドと

このキャビアの食べ方は、アボカドとキャビアを一緒に食べたい気分のときに最適です。下処理を済ませたアボカドがあれば、比較的に簡単に作ることが可能です。

このレシピは、アボカドを焼く珍しいレシピです。アボカドの食べ方を極めたいという人にも、おすすめです。

前菜におすすめのレシピなので、ホームパーティで出してみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

スライスしたアボカドを直火で焼いて片面に焼き色を付けます。

お皿に盛ってキャビアを乗せ、イタリアンパセリを飾ったら完成です。

15:ライム風味のカニとキャビア

このキャビアの食べ方は、クリスマスなどにおすすめのレシピです。そば粉のパンケーキは、市販の物でもオリジナルでも構いません。

キャビアは小さいけれども、お値段が高いです。キャビアがたくさん入っているという雰囲気を味わうためにキャビアの底にカニの身を入れてあります。キャビアを購入する際には、パッケージもインスタ映えするものを選ぶと良いでしょう。

シャンパンとやウオッカとも、相性の良いレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

カニは塩ゆでしてあるものにライム果汁をかけただけ。

キャビアの塩気があるので、他に味付けは必要ありません。

キャビアといえば、やっぱりそば粉のパンケーキでしょう(ただのイメージです)と、小さなパンケーキも作りました。

パンケーキだけ食べると若干もさっとしますが、キャビアとカニを乗せると良いかんじの食感。
お皿には3枚だけですが、足りるわけもなく、何度も追加しました。(結局焼いた分全部食べた。)

キャビアの塩気、カニの甘み、ライムのさっぱり後味がめちゃめちゃおいしい!!!

16:ツブツブエンジェルヘアパスタ

このキャビアの食べ方は、細いパスタでキャビアを食べたいという人におすすめなレシピです。冷製パスタが食べたい気分の時にも、最適です。

キャビアが手に入らない時は、とんぶりで代用しても良いでしょう。色合いを気にする人は、トマトだけでなくキュウリなども入れて、色鮮やかにすることもおすすめです。

よく冷えた状態をキープすえるためにキャビアを入れる直前まで冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

1.エンジェルヘアパスタをゆでて、冷水にとって水きりをしておく。
2.粒マスタード、レモン汁、オリーブオイルをボールにいれてよく かき混ぜ、塩、コショウで味を調える。
3.2に1のパスタをいれて混ぜて、皿に盛る。
4.細の目にきったトマト、キャビア、あさつきを飾って出来上がり。

キャビアに興味がある人におすすめ

純ロシア産最高級キャビア”BLACK DIAMOND”ROYAL PREMIER
純ロシア産最高級キャビア”BLACK DIAMOND”ROYAL PREMIER
口コミ

最初はそのままのキャビアをスプーンですくって食べましたが、臭みも塩辛さもなくクリーミーで正に本物のキャビアとはこういう物なのだと実感しました。

このキャビアは、自分の中のキャビアをイメージを大きく変えたい人におすすめです。シベリアン・オセトラの魚卵を使っているキャビアで、限定生産されているところが魅力的です。

さらにワシントン条約を守り、チョウザメを守る活動にも力を入れている団体のキャビアなので、安心して楽しむことができます。環境問題に興味がある人にも、おすすめです。

キャビアの種類とランク

ここでは、大まかなキャビアの種類とランクを紹介していきます。一口にキャビアと言っても、美味しさや食べ方のおすすめはランクで異なります。

自分がゲットしたキャビアはどの種類なのかに注目して、最適な食べ方をしていきましょう。同じ食べ方を複数の種類で行ってみて、食べ比べしてみることもおすすめです。

1:ベルーガ

ベルーガは、100〜200kgものたいじゅうがあるチョウザメの仲間のキャビアです。大人になるまで20年という月日が必要になります。

近年では、数が少なくなってきているので珍しさランクでは上位に名前が上がります。大きめのキャビアなので、食べ応えも十分です。選ぶ際には、明るめの灰色をしているものを選ぶと良いでしょう。

2:オセトラ

オセトラは、ロシアチョウザメとシップチョウザメのことです。カスピ海に住んでいて、大きさは中粒です。

ナッツの風味がするので、料理などに使うと風味が増すと人気があります。成熟しきった大人からは、インペリアル・キャビアと呼ばれるイランの皇帝などが愛してきた琥珀色のキャビアが、取れることもあります。インペリアル・キャビアは、ランクも上位です。

また色のバリエーションが多いことも、特徴的です。

3:セヴルーガ

セヴルーガは、小さいサイズのキャビアが好きな人から人気があります。他のチョウザメとは違い、大人になるまでの時間が短いという特徴があります。

味会いは独特の風味がするので、癖になる美味しさです。小ぶりなので、パーティーなどのおもてなし料理などにもおすすめです。

4:代用キャビア

代用キャビアは、高いキャビアがなかなかゲットすることが難しい人から人気があります。ランプフィッシュやアブルーガキャビアが有名です。キャビアが好きだけど値段が高いと悩んでいる人は、購入を検討してみましょう。

キャビアの食べ方を知って美味しく食べよう

キャビアは、食べ方によって印象も変わってきます。今回紹介したキャビアの食べ方を試してみて、お気に入りの食べ方を見つけていきましょう。

レシピは、自分なりにどんどんアレンジしていきましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

キャビアに興味がある人は、その他の高級食材の美味しい食べ方の記事もチェックしてみましょう。贅沢な食材を使って、最高の食事を楽しむことができるでしょう。おもてなし料理にも、最適です。