Search

検索したいワードを入力してください

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

Author nopic iconmori
レシピ / 2019年01月31日
カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

カンパリカクテルの特徴

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

カンパリカクテルの特徴は、独特の苦味と鮮やかな色味です。

カンパリとはエキス19パーセントの蒸留酒にハーブを加えて作ったリキュールのことで、トリノのバーテンダー、ガスパーレ・カンパーリによって1860年に開発されたお酒の銘柄です。彼の息子がカンパリと命名しました。

カンパリはカクテルには欠かせないお酒で、クセになるおいしさを持つ世界中で人気の銘柄です。

カンパリカクテルの特徴1:ハーブ系リキュール

カンパリはハーブ系リキュールです。

カンパリのレシピは非公開です。ビター・オレンジの果皮やコリアンダー、りんどうの根など、約60種類ものハーブが入った蒸留酒です。通常はカクテルとして、何かと割って飲みます。イタリアでは1対1で白ワインと割る飲み方が一般的です。

カンパリカクテルの特徴2:ほろ苦い大人の味わい

カンパリはほろ苦い大人の味わいのリキュールです。

苦味のあるカンパリは、ジュースなどの甘味のあるものと割ったり、ソーダなどで薄めて飲むのが一般的です。さわやかな苦みは、夏向けのカクテルに良く合います。

カンパリカクテルの特徴3:鮮やかな赤色

カンパリは、鮮やかな赤色をしています。

カンパリの赤味は、カルミン酸色素によるものですが、2007年10月から赤色2号・青色1号・黄色5号が使用されるようになりました。カルミン酸色素とは、カイガラムシのメスを乾燥させて抽出される着色料です。

カンパリを使ったカクテルのレシピ21選

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

カンパリは代表的なカクテルのベースとなる、大手酒造メーカー、ダヴィデ・カンパリ社のリキュールの銘柄です。日本での販売権はアサヒビールです。

カンパリはイタリアの蒸留酒で、苦いを意味するアマロ系のリキュールです。

それでは、おいしいカンパリを使ったカクテルのレシピ21選を見ていきましょう。

レシピ1:カンパリとガラナアンタルチ力でカクテル

カンパリとガラナアンタルチ力を割るカクテルです。

ガラナアンタルチカはアマゾンの野生植物ガラナを使った飲料です。ガラナはインディオの間で滋養強壮や薬用に使用されていたつる植物の赤い実です。カテキンやカフェインを多く含んでいます。無色でドクターペッパーやジンジャーエールに似た味です。

氷にカンパリ大さじ1を入れて、ガラナアンタルチカの缶を1本混ぜてカクテルの完成です。

Blockquote firstBlockquote second

カンパリとガラナアンタル力を合わせて。

カンパリ 大さじ1
ガラナアンタル力 1本
氷 適量

氷を先に入れて
カンパリを入れて
ゆっくりガラナアンタル力を注ぎ、軽く混ぜたら完成。

レシピ2:カンパリスプリッツ

カンパリスプリッツは白ワインとカンパリとソーダを3対2対1の割合で入れるカクテルです。

スピリッツはドイツ語です。オーストリアが支配していた当時のイタリアワインは度数が高かったため、炭酸や水でワインを割っていたことが語源です。

Blockquote firstBlockquote second

作り方は良く冷やしたカンパリを30ml。
メジャーカップの大きい方が満タンで30ml。

けど今回はとっても便利なグラスが用意されていて、Mのくぼみの高さで30ml。

次にレモンを搾りいれます。
この時あまりギュッと絞ってしまうとレモンの皮の苦みが出てしまうので、
軽くしぼってからグラスの中へ。

そして氷をたっぷり入れます。
炭酸が抜けないようにグラスのふちに沿わせ氷の隙間に流し込むようにして、
グラスの上部(ちょうど線のようなところがある部分)まで注ぎます。

最後にマドラーで下から持ち上げるように軽くステアして出来あがり。
あまり激しく動かすとせっかくの炭酸が抜けてしまうと言うことで、
ちょっと恐る恐るやってたらあまり混ざらなかった(苦笑)
これは普通に飲みやす~い。

レシピ3:カンパリコーラ

カンパリの苦味をやわらげるために、コーラを入れる飲み方がよくされています。

特にカクテルを飲み慣れていない方におすすめのカンパリコーラは、カンパリ1に対してコーラを4の割合で氷を入れたグラスに入れて飲みます。レモンの輪切りと果汁を少量加えると、さらにさわやかさが増していろどりが良くなるカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

1人分
調理時間:5分未満

カンパリとコーラで割ったカクテル。
カンパリ 40ml
コーラ Full up
1.氷を入れたグラスにカンパリとコーラを入れて混ぜるだけ。

レシピ4:梅花(メイファ)

梅花は1981年にホテルバーテンダー協会創作カクテルコンペティションで第1位に輝いたカンパリカクテルです。

奥原智明氏の作品で中国語の名前が付いたカクテルですが、和の梅酒がベースです。梅酒の甘さとグレープフルーツの酸味、カンパリの苦味でフルーティでおいしい仕上がりです。

梅酒 3/7・カンパリ 1/7・パンペルムーゼ(グレープフルーツのリキュール) 1/7・グレープフルーツジュース 2/7をシェイクします。

Blockquote firstBlockquote second

1人分
調理時間:5〜15分

梅酒を使ったカクテル。
梅酒 30ml
カンパリ 10ml
グレープフルーツジュース 20ml
1.カクテルシェーカーに全ての材料と氷(分量外)を入れてシェイクする。
2.カクテルグラスに1を注ぐ。
梅酒の作り方は関連記事を参照。市販の梅酒でもOKです。

レシピ5:カンパリオレンジ

カンパリオレンジはカンパリとオレンジジュースを1:3で割る、たいへんポピュラーなカクテルです。

オレンジの香りを強くしたい方は、カットしたオレンジか絞った果汁を付け加えてください。最後にカンパリオレンジ全体をよくかき混ぜてください。

カンパリオレンジは凍らせてクラッシュさせるとフローズンカクテルに、カンパリ30㏄にお湯を150cc注ぐとホットカンパリになります。蜂蜜を加えてもおいしいです。

Blockquote firstBlockquote second

人数:1人分
調理時間:5〜15分

カンパリとオレンジジュースで割ったカクテル。
カンパリ 40ml
オレンジジュース Full up
1.氷を入れたグラスにカンパリとオレンジジュースを入れて混ぜるだけ。

レシピ6:ピーチツリー☆カンパリレモン

オリジナルピーチツリーを使用したカンパリのカクテルです。

オリジナルピーチツリーは桃の香りを付けたリキュールで、1984年から発売されているお酒です。アメリカで大ヒットした商品で、日本でもロングセラーとなっています。

ピーチツリーリキュールにオレンジ果汁と炭酸を加える甘めのカクテルがポピュラーですが、そこにレモン果汁の酸味とカンパリの苦味をプラスして大人のテイストに仕上げています。

Blockquote firstBlockquote second

〈材料〉1杯分
オリジナル・ピーチツリー…大さじ2くらい
カンパリ…小さじ2くらい
レモン果汁…大さじ1くらい
炭酸水…適宜
氷…適宜

コレらをグラスの中でミックスさせるだけ
簡単美味しいカクテルの出来上がり

レシピ7:サクレレモン de フローズンカンパリオレンジ

フタバ食品のサクレレモン(レモンの輪切りが載せられたレモンシャーベット)とオレンジジュースを入れたカンパリのカクテルです。

サクレレモンはコンビニなどで発売されていて、猛暑で売り切れた人気のシャーベットです。サクレレモンのレモンの輪切りとミントの葉を使用して、さわやかなカンパリカクテルに仕上げましょう。

Blockquote firstBlockquote second

<材料>一人分
カンパリ 大さじ2
オレンジジュース 大さじ6
サクレレモン 大さじ6
サクレレモンのレモン
ミントの葉

<作り方>
1 グラスにカンパリとオレンジジュースを入れる
2 サクレレモンを大さじで丸くボール状になるようにすくい
1のグラスに入れる
3 レモンとミントを飾って出来上がり

レシピ8:レッド・ハイ・ブリッジ

アセロラと梅酒のさわやかな酸味に、カンパリの苦味が似合うカクテルです。

カクテルはシェイクして事前に冷蔵庫で冷やしてから、グラスに注ぎます。

アセロラは中央~南アメリカに自生している常緑低木になっている赤い実です。ビタミンCが豊富に含まれているため、健康に良いとされています。

Blockquote firstBlockquote second

梅酒30ml、カンパリ10ml、アセロラドリンク20mlをシェーク。 色も味わいもなかなか良ww

レシピ9:梅スプモーニ

梅酒とグレープフルーツジュースに氷とカンパリを入れたカクテルです。甘酸っぱい梅酒に柑橘系のほろ苦いジュースとカンパリが大人の味わいです。

スプモーニは泡立つという意味のロングカクテルです。炭酸を入れるとさらにさわやかなテイストになります。

Blockquote firstBlockquote second

梅酒15ml、カンパリ10ml、グレープフルーツ・ジュース30mlを、氷を入れた小さめのタンブラーに注いで、混ぜるだけ。 ほんのり苦いカンパリとグレープフルーツの味わいが、甘酸っぱい梅酒とよく合います。

レシピ10:Campari Sangria

カンパリにオレンジ・レモンのスライス・シナモンを加えて作るサングリアのカクテルです。

サングリアとはスペインやポルトガルで愛飲されている、赤ワインにフルーツやスパイスを漬けて作るカクテルです。風味づけにブランデーをいれます。

赤ワインをカンパリに変えて作るサングリアは、苦みと甘味がうまく調和した絶妙な味わいがあります。

Blockquote firstBlockquote second

「カンパリサングリア」
オレンジとレモンのスライスをたっぷり、そしてちょっとシナモンを入れ、カンパリで漬け込んで特別なサングリア。ソーダで割れば最高にスッキリ爽やかですが、お湯割りしたホットも◎。

・カンパリ
・オレンジ、レモン、シナモン

レシピ11:赤いお酒で作るクリスマスカクテル

熊本の赤酒は甘味のある赤い酒です。赤酒とカンパリに泡立てた生クリームが絶妙にマッチするカクテルです。

生クリームの代わりにバニラアイスにしても、デザートみたいにおいしいカンパリカクテルになります。

赤酒は熊本の地酒で、正月や郷土料理、料理酒には欠かせないお酒です。もろみを搾る前に木炭を入れて日持ちを良くさせる製法のため、アルカリ性に傾きます。そのため、甘味が出て色が赤くなります。

Blockquote firstBlockquote second

料理研究家のHiguccini(樋口正樹)です。今年のクリスマスもあと少しで終わりますが、クリスマスっぽいカクテルのご紹介です〜!
人気のイタリアのリキュール「カンパリ」と、熊本で古くから愛されてる「赤酒」という2つの赤いお酒を組み合わせたオリジナルカクテルです。ほろ苦みが特徴的なカンパリ、シロップのように甘い赤酒、さらに雪に見立てた生クリームで滑らかな口当たりをプラス。見た目もとびきりクリスマスっぽさを感じさせる演出で、聖夜をゆっくり楽しむのにぴったりの美味しさです!愛しい方と一緒にお召し上がりくださいませ!

<材料>1人分
・カンパリ 40ml
・赤酒 20ml
・生クリーム 10〜20ml (五分立て)
・ロックアイス 適量

<作り方>
1)ロックグラスの入ったグラスにカンパリを注ぐ。
2)ショットグラスに赤酒を注ぐ。
3)1に2をのせ、グラスに優しく生クリームを注いで完成。
4)グラスに赤酒を注ぎ、軽くステアしていただく。

生クリームの代わりに、バニラアイスをトッピングしても美味しいですよ。

レシピ12:テキーラ・サンライズ

テキーラ・サンライズとは、ザクロで作られた赤いグレナデンシロップを朝日に、オレンジジュースを朝焼けに見立てたメキシコのマイナーなテキーラのカクテルです。

テキーラ・サンライズは、ローリングストーンズや映画などの影響で有名になったカクテルです。

氷の入ったグラスにテキーラとオレンジジュースを入れて、グレナデンシロップを静かに注いで底に沈めます。カンパリを少々足して、カンパリカクテルにしてみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

フェンネルで使ったオレンジの皮。中身はジュースにしてテキーラと一緒にカクテルにしました。名前はテキーラ・サンライズ。テキーラ45mlに氷を入れ、オレンジジュースでグラスを満たし、かき混ぜます。最後に静かにカンパリ小匙2杯をグラスのふちに沿って入れます。アルコール分の少ない、きれいで美味しいカクテルです。

レシピ13:チェリッシュ

ジン・キルシュ・アップルジュースを使用したカンパリのカクテルです。

ジンとは、大麦・小麦・じゃがいもなどを発酵させた蒸留酒です。キルシュとはさくらんぼを種ごと発酵させたドイツの酒で、ケーキのシロップの香りづけなど主に製菓に使用されるスピリッツです。ジンと一緒にカクテルに使われることもあります。

アップルジュースはウォッカ割りなどがカクテルとしては有名です。さわやかな酸味がカンパリにもぴったりです。

Blockquote firstBlockquote second

人数:1人分
調理時間:5〜15分

甘さの中にも、カンパリのほろ苦さのあるカクテルです。「チェリッシュ」と名付けました♪
①ジン 30ml
②キルシュ 10ml
③カンパリ 10ml
④アップルジュース 10ml
炭酸水 20ml
ミントの葉、ライム、レモンス、チェリー1 各少量
1.①~④まで順にグラスに注ぎ、最後に炭酸水を注ぎ、ビルドします。
2.チェリー1個を沈めてライム、レモンのスライス、ミントの葉を飾ります。

レシピ14:プレリュードフィズ

プレリュードフィズは、カルピスを利用したカンパリのカクテルです。

フィズカクテルのアレンジで、プレリュードとは導入部・前奏曲・前兆という意味です。最初にオーダーしたいカクテルといわれています。

カンパリ 30ml・カルピス(原液) 20ml・レモンジュース 10mlをシェークして氷を入れたグラスに注ぎ、炭酸水を注入して軽くかき混ぜて、レモンのスライスを飾れば完成です。

Blockquote firstBlockquote second

人数:1人分
調理時間:5〜15分

カンパリベースのカクテル。カルピスを入れるのが特徴。
カルピス(または同じ系統の乳酸菌飲料) 20ml
カンパリ 30ml
レモンジュース 10ml
ソーダ(無糖) Full up
1.氷を入れたグラスに、全ての材料を入れて混ぜるだけ。
カルピス(原液)とソーダの代わりに市販のカルピスソーダでもおいしくできます。

レシピ15:ルビー・モスカート

ルビー・モスカートとは、冷やしたフルーティで甘いスパークリングワイン5分の4にカンパリ5分の1をシャンパングラスに注いだカクテルです。

ルビー・モスカートは赤味が美しい、華やかなカンパリのカクテルです。

Blockquote firstBlockquote second

2/2の誕生酒は「ルビー・モスカート」。酒言葉は“他人への配慮を忘れない気品ある人”というそうです。 冷やしておいたカンパリとスパークリングワインを、1:4の割合で

レシピ16:カンパリソーダ

カンパリカクテルの王道はカンパリソーダです。

カンパリ45mlに炭酸水と氷を入れた、冷たいタイプのロングカクテルです。スライスオレンジまたはレモンを添えてさわやかにいただきます。トニックウォーターもおすすめです。

イタリアの食前酒として、定番の飲み心地です。

Blockquote firstBlockquote second

最後にグラスに何もないのって、嫌よねえ・・・って二人で。
閉店(23:00)がもうすぐの22:45の状態です。

カンパリソーダ、好きなのです。
赤い色と、あのほろ苦さと。

レシピ17:ピーチツリー☆カンパリオレンジ

ピーチツリーにカンパリと炭酸水を入れて、オレンジスライスを載せていただきます。

炭酸水の代わりにオレンジジュース使うと、甘味と酸味がましてサングリアのような味がたのしめます。オレンジキュラソーを足してもおいしくなります。

Blockquote firstBlockquote second

<材料>1杯分
オリジナルピーチ・ツリー・・・大さじ2くらい
カンパリ・・・小さじ2くらい
オレンジ(輪切り)・・・1枚
炭酸水・・・100cc~150cc
氷・・・適宜
※アルコールの強さ、味はお好みで量を調節してください四つ葉

<作り方>
①グラスに氷を入れ、ピーチツリー、カンパリを注ぎ、炭酸水も注ぐ。
②オレンジを飾れば完成!

レシピ18:カンパリグレープフルーツクリームソーダ

カンパリグレープフルーツにアイスクリームを加えてまろやかな食感にしたカクテルです。

本来、カンパリグレープフルーツに炭酸は使用しませんが、ソーダ水を増やして飲みやすいテイストに仕上げています。

カンパリの苦味を酸味の強い柑橘系のジュースで割るカクテルはさわやかな喉越しなので、本来は夏向きの飲み物です。カンパリグレープフルーツは、長い時間をかけてのんびりたのしむ、ロングカクテルの部類に入ります。

Blockquote firstBlockquote second

『カンパリグレープフルーツクリームソーダ』

★★★
〈材料 1杯分〉

ICE BOXグレープフルーツ 1個
カンパリ        大さじ2
ソーダ         適量
アイスクリーム     適量(森永MOWバニラ1/2カップ)

〈つくり方〉

グラスにICE BOXを入れて、
カンパリ、ソーダの順に注ぎ、
形を整えたアイスクリームを乗せる。

★★★

氷がグレープフルーツ味なので、勝手にカンパリグレープフルーツになります。

炭酸が強すぎるとアイスを入れたときにあふれるので、

軽くステアしてからの方が安全です。

レシピ19:ICE BOXでカンパリソーダ

氷の代わりに森永製菓のグレープフルーツ味のアイスボックスを利用した、カンパリのカクテルです。

アイスボックス1パックに対してカンパリ30ml、炭酸水100mlを入れてミントを飾ります。炭酸が抜けないようにゆっくりステアしながらいただきます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
◯1人分
・アイスボックス<グレープフルーツ> ── 1P
・カンパリ ── 30ml
・炭酸水 ── 100ml
・(ミント) ── お好みで

詳しい作り方

01
グラスに森永製菓アイスボックスグレープフルーツを入れてステア!
(グラスを冷やします!)
02
カンパリと炭酸水を加えてステア!
お好みでミントを飾って完成♪

レシピ20:カンパリオレンジゼリー

カンパリ100ml・水100ml・オレンジジュース200mlを使用したゼリーです。

アガーを使用します。アガーとはカラギーナンという海藻や豆科のローカストビーンガムの抽出物からできている、ゼラチンのような材料です。無味無臭で仕上がりに透明感と光沢をもたらしてくれるため、素材の味と色が引き立ち、プルっとした独特の食感がたのしめます。

Blockquote firstBlockquote second

【カンパリオレンジゼリー】
アガー・・・15g
グラニュー糖・・・40g
水・・・100ml
カンパリ・・・100ml
100%オレンジジュース・・・200ml
(オレンジ・・・2個、ナパージュ・・・適量)
①アガーとグラニュー糖を乾いた器の中で混ぜ合わせ、
 鍋に入れた水とカンパリの液に少しずつ加え溶かす。
②中火にかけ、沸騰してきたら少し火を弱め、
 かき回しながら1分以上沸騰させる。
③オレンジジュースを加え、よく混ぜ合わせて
 全体が馴染んだら火から下ろす。
④常温に置き、粗熱がとれ固まり始めたら
 デザートカップに分け入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
 好みで皮をむき、実だけを切り出したオレンジを
 小さく切ってのせ、艶出しのためにナパージュする。
 (ナパージュまたはグラサージュは製菓材店で購入できます)

レシピ21:カンパリグレープフルーツのジュレ

カンパリグレープフルーツをジュレにした大人の味です。苦味ばしったテイストなので、好みの甘さに砂糖を入れて仕上げてください。

ジュレとはフランス語でゼリーのことです。凍らせるという意味で、イタリアのジェラードなどと語源が一緒です。

Blockquote firstBlockquote second

~材料~

グレープフルーツジュース 250ml
カンパリ 50ml
粉ゼラチン 5g(少量の熱いお湯で溶かす)
砂糖 適量
ミントの葉があるとお洒落かも

これを何時間か冷蔵庫で冷やし固めて完成ですー簡単ー♪

カンパリカクテルに興味がある方におすすめ!

サントリーのカンパリ アートデザインボトル(グリーン)は、お手頃価格のすてきな絵がついたおすすめのカンパリです。

こちらのボトルの絵は、1920から1930年代にカンパリの宣伝と広告、瓶のデザインを手がけた芸術家フォルトゥナート・デペーロの作品です。

カンパリはイタリアではアペリティフ(食前酒)に欠かせないカクテルです。食前酒にちなんだ白黒のスケッチ作品に、ポップな彩色がほどこされています。

カンパリと同じハーブ系リキュール

ハーブ(薬草)が入ったリキュール(蒸留された酒)は、紀元前古代ギリシャのヒポクラテスの造った薬酒(ワインに薬草を入れたモノ)が起源とされています。

その後11世紀に錬金術師たちによって蒸留酒であるリキュールが生命の水として発明され、薬酒として重宝されました。13世紀にリキュールに薬草の成分が入れられるようになり、以後は修道院で伝えられ、嗜好品として飲まれるようになったのは15世紀に入ってからでした。

ハーブ系リキュール1:イエーガーマイスター

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

イェーガーマイスターはドイツ産のハーブ系リキュールで、苦味が弱く甘味があるのが特徴です。

ミント・リンドウ・アニス・甘草・蜂蜜、など56種類のハーブが入っていて、深紅色で緑色のボトルに入っています。ドイツではビールのともと呼ばれていて、胃が冷えたら飲みます。

オスの鹿がラベルに描かれているのは、イェーガーマイスターにハンターの守護聖人という意味があるからです。ヨーロッパではストレートで飲まれています。

ハーブ系リキュール2:スーズ

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

スーズはフランス産のハーブ系リキュールです。黄色い液体は消化を促進する効果があるため、フランスでは食前酒として親しまれています。ライム・グレープフルーツジュースと割って飲みます。

主な原材料はリンドウ科の植物・ゲンチアナの根です。ゲンチアナは胃腸病に使われる薬草です。

スーズはピカソに愛されたハーブ系リキュールで、静物画にその姿がしっかりと残されています。

ハーブ系リキュール3:アペロール

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

アペロールはイタリア産のハーブ系リキュールの銘柄で、カンパリに比べるとオレンジの風味が強く、より穏やかな味わいになります。イタリアではとりあえず一杯の食前酒です。

蓼食う虫で有名な苦味のある漢方薬タデと、マラリアの特効薬であるアルカロイドを約30種類も含んでいる南アメリカ原産のアカネ科の薬用樹木・キナ(機那)が入ったハーブ系リキュールです。

ロック・ソーダ・コーラ・トニック割りがポピュラーです。

ハーブ系リキュール4:サザンカンフォート

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

サザンカンフォートはアメリカで造られたハーブ系リキュールです。

1874年にニューオーリンズでバーテンダーが、中性スピリッツとオレンジ・ピーチ・レモンなどの幾種類もの果物とハーブを組み合わせて発明しました。1889年から製品販売されています。サザンカンフォートは製造会社の名前で、南部の安らぎ・歓びという意味です。

もともとはアルコール度数が50度もあったお酒です。

ハーブ系リキュール5:ウニクム

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

ウニクムはハンガリーの、46種類のハーブが入ったリキュールです。40度あります。

1790年に皇帝のために造られた薬用酒です。ウニクムはハンガリー語で「これはユニークだ」といういう意味です。ほのかにクリームの甘味があり、苦みが強い味わいです。

ウニクムはハンガリーの国民的なお酒で、1989年までほとんど輸出されていませんでした。日本でいうところの養命酒のような位置づけです。

ハーブ系リキュール6:フェルネット・ブランカ

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

世界一苦いリキュール(二番目はウニクム)、フェルネット・ブランカは、1845年に造られた欧米で広く愛飲されているハーブ系リキュールです。

アロエ・タイショウガ・カモミール・サフラン・東洋系スパイスなどの27種類ものハーブやスパイスが使用されています。

コーラ割りが有名です。オレンジジュース・ソーダ割りが一般的です。エスプレッソに入れる飲み方は、フェルネット・ブランカがより苦く感じられます。

ハーブ系リキュール7:シャルトリューズ

フランス産のシャルトリューズは、修道士の間で伝わったハーブ系リキュールです。

リキュールの女王と呼ばれるシャルトリューズの製造方法は詳細な製造法は明らかにされていません。ブランデーをベースにして砂糖・アンゼリカ・シナモン・ナツメグなどの130種類のハーブを加えて樽で熟成しています。

シャルトリューズはストレートで飲む方法が基本ですが、カクテルにも使われます。トニック割りでライムを絞ると良いでしょう。

美味しいカンパリカクテルを作ろう

カンパリを使ったカクテルレシピ21選|ハーブ系リキュールとは

美味しいカンパリカクテルを作って人生をたのしみましょう。

カンパリはカクテルになくてはならない、世界中で親しまれているハーブリキュールです。独特の苦味と風味がさまざまなジュースやアルコール・炭酸とマッチして、わたしたちに芳醇な味わいと発見を与えてくれます。

カンパリのカクテルは今回の記事に紹介した以外にも、数限りなく存在します。工夫を凝らして、味わいのあるオリジナルのテイストを見つけていきましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

カンパリを使ったおいしいカクテルの作り方がわかったところで、他のリキュールのカクテルのレシピも知っておきましょう。

以下のリンクに、「カルーアミルクを使ったカクテルレシピ10選・アレンジレシピ」と「アマレットを使ったおすすめカクテル19選・スイーツ4選」の記事があります。

カルーアはメキシコ産のコーヒーリキュールで、アマレットとは杏仁を利用したアーモンドのような香りを持つイタリア発祥のリキュールです。

関連記事

Related