Search

検索したいワードを入力してください

女性におすすめの手仕事10選|成功するために必要な要素

Author nopic iconruda
転職・就職 / 2019年02月19日
女性におすすめの手仕事10選|成功するために必要な要素

手仕事とは

Bg fortune
hsgyt0622
フォロワー142人
プロフィールを見る
Media?size=l

「手仕事」とは、その名のとおり自分の「手」を使ってする仕事のことで、特別な技術を身につけてそれをサービスとして提供することを仕事とすることを言います。一般的な会社員や事務仕事は経験を積めば「誰にでもできる」ことであるのに対し、手仕事は高いレベルでの熟練度が求められます。

今回はこの手仕事に迫り、その利点や必要とされる素質を考えます。また、特に女性に人気のある手仕事についてもご紹介していきます。

好きを一生ものの仕事にすること

手仕事をしている人に共通しているのは、その手仕事の内容が好きであるということです。ミュージシャンや女優、俳優も一種の手仕事ですが、彼らは音楽や演技が好きで、それを突き詰めていったことで仕事にすることができ、またその手仕事に一生を捧げる覚悟があります。

手仕事は、好きな趣味や特技を仕事にすることであり、その一つの手仕事と一生を共にすることが必要となる職業です。年齢による引退もないのが特徴です。

長く使える専門スキルは自分の武器

手仕事では、専門性の高いスキルが求められ、それは多くの場合年齢を重ねてもずっと使えるスキルです。時間が経っても、自分が年老いても長く使える専門スキルはどんな状況においても身を立てることができる大きな武器になります。

また、手仕事についている人は毎日毎日ずっと同じ技術を使い続け、磨き続けることができるので時間とともに熟練度はさらに増していき、どんどんその価値が高まっていきます。

女性におすすめの代表的な手仕事10選

ここからは、手仕事の中でも特に女性に人気のある職種を10個ご紹介していきます。これらの手仕事は、その需要が安定していて熟練度を上げるほどに収入も上がっていきやすい仕事です。

もちろん、これらの手仕事に求められるスキルのレベルは決して低くはありませんが、努力をすれば習得することは絶対に可能です。これから何か技術を身につけようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

1:ネイリスト

近年、女性客だけでなく男性客の利用も増えているネイルサロンで爪のお手入れやネイルメイクを行うネイリストは手仕事の中でも人気の高い職種です。実はネイリストとして働くためにはこれと言って決まった免許は必要なく、転職先としても選ばれやすいのが人気の理由の1つです。

手っ取り早くネイリストになるためにはスクールに通い、資格を取ると良いでしょう。通信講座や通学制の学校などさまざまな施設から選ぶことができます。

2:調理師

Bg human
irie-381
フォロワー187人
プロフィールを見る
Media?size=l

手仕事のためだけでなく、自己啓発のためにも挑む人が多いのが調理師です。調理師免許は国家資格であり、それなりに難易度の高い資格ですがこれを持っていることでできる仕事の幅が広がります。

まず、調理師免許を持っていると個人経営の飲食店を経営することができるようになります。これこそ調理師免許を利用した「手仕事」と言えるでしょう。また、大きなレストランで調理師として雇用される場合、手当がつく場合があります。

3:美容師/ネイリスト

Dummy2
mayu_728
フォロワー178人
プロフィールを見る
Media?size=l

ヘアスタイルを中心に「美」を提供する美容師も人気の手仕事です。近年では美容師とネイリストを兼ねている人もいます。美容師はその名のとおり「美容」をサポートするお仕事です。

美容師になるためには国家資格が必要になります。そのため、スクールに通ってしっかりと知識と経験を積む必要があります。簡単になれる職業ではありませんが、ファッションに興味があり、それを楽しめる人にはおすすめの手仕事と言えます。

4:エステティシャン

エステティシャンもお客さんの美をサポートする人気の手仕事です。「エステティシャン」という名がつく人の業務としては、フェイシャルエステ、ボディケア、リフレクソロジー、脱毛という種類があります。

エステティシャンとして働くためには国家資格は必要ありません。しかし、信頼を得て質の高いサービスを提供するために多くの人が「エステ資格」を取得しています。専門スクールに通うと経験も積むことができて効率的です。

5:セラピスト

Dummy1
necocori
フォロワー128人
プロフィールを見る
Media?size=l

セラピストも女性に人気の手仕事です。セラピストはエステティシャンと似たイメージを持たれますが、エステティシャンが整体寄りなのに対してセラピストは心と体を癒すことを目的としており、アロマテラピー、カラーセラピー、心理セラピーなどマッサージ以外の技術を使う人もたくさんいます。

セラピストとして働く際にも、エステティシャンと同じように国家免許は必要ありませんが、講座を受講し資格を取る人が多いです。

6:介護福祉士

介護福祉士は、近年その需要が急増しており、今後も伸びていくと予想される手仕事です。介護福祉士は、自身が介護を実行すること以外にもヘルパーとして働く人にアドバイスをすることで負担を軽減するという役割も担います。

介護福祉士の免許は国家資格です。この資格は、高校などの介護福祉教育を修了した人と、介護福祉施設での勤務経験がある人が受けることができます。

7:デザイナー

Bg fortune
hsgyt0622
フォロワー193人
プロフィールを見る
Media?size=l

男性女性に関わらず、デザイナーは人気の高い手仕事です。デザイナーというと、建築物やアート作品などを思い浮かべがちですが、ホームページを作成するWebデザイナーやプログラムを作成するプログラムデザイナー(プログラマー)もこの職種に分類されます。

イラストを商品とするデザイナーも、近年ではアナログ絵ではなくデジタルでイラストを作成する人が多く、以前よりもコストのかからない職業となっています。

8:ハンドメイド作家

Uranai1
hsgyt0622
フォロワー175人
プロフィールを見る
Media?size=l

ハンドメイドの商品をWebショップなどで販売することを職業としている人も多いです。手先が器用でセンスのある人は、生活雑貨や洋服などを作って個人販売することでかなり安定した収入を得ることができるでしょう。

ハンドメイド作家になるために必要なのはアイディアと作成意欲、技術だけです。免許などは必要ありません。フリマアプリの普及で個人Webショップが作りやすくなったのもこの業種の人気を後押ししています。

9:バリスタ

Dummy1
necocori
フォロワー140人
プロフィールを見る
Media?size=l

バリスタも、おしゃれで人気の高い手仕事です。バリスタはコーヒーのプロというイメージがありますが、コーヒーだけでなくカフェやバーで飲み物、食べ物を提供する人という意味です。

バリスタとして活躍するためには、実は資格は必要ありません。コーヒーの淹れ方ひとつをとっても膨大なやり方があり、個人の嗜好に左右される物であるために一概に評価することができないからです。独学でユニークなやり方を見つける人が多いです。

10:ライター/ブロガー

Dummy1
hsgyt0622
フォロワー172人
プロフィールを見る
Media?size=l

Webライターやブログを書いて生計を立てる人もいます。インターネット上には情報があふれていますが、元をたどるとそれらはすべて人間によって発信されている物です。これを発信する人がライターやブロガーと呼ばれる人です。

ライターやブロガーとして成功するために必要なのは情報を集めるアンテナと、それを魅力的に書き上げる文章力です。多くの人の注目を集めるコツをつかむことができれば立派なWebライターです。

今の仕事に満足していますか?

いろいろな手仕事をご紹介してきましたが、これらの手仕事を選んでいる人たちに共通することは、その仕事のことが好きで毎日充実した暮らしをしているということです。何となくで選んだ仕事で毎日ストレスをためている人は一度これを考えてみてください。

一度選んでしまった仕事は二度と変えることができないなんて言うことはありません。今からでも遅くないのでもう一度自分に適している仕事が何なのか分析してみましょう。

手仕事で成功するために必要な要素5つ

手仕事は自分の好きなことを仕事にできる分、他の仕事よりも「やりたい」と考える人は多いですが、残念ながら全員が成功できるわけではありません。それでは、大好きな手仕事で成功するためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

以下に、手仕事を選ぶ際に備えていなければならない素質を5つご紹介していきます。これらのことができないと、手仕事を選んだことで逆に苦しんでしまうこともあるので注意しましょう。

その1:コツコツ継続して努力できること

手仕事は自分の技術に付加価値をつけて相手に売る仕事ですので、当然高いクオリティを維持し、日々精進しなければなりません。いくら才能があっても、努力を怠ればすぐに評判は下がり、商売としてなりゆかなくなってしまいます。

資格を取るためだけでなく、お客さんにより良いサービスをしたいという気持ちからコツコツ努力を重ねられる人が手仕事に向いています。

その2:狭く深く知識を追究できること

手仕事についている人は、言ってしまえばその道のスペシャリストであり、その仕事に関する知識だけは誰にも負けないという自信を持っていなければなりません。その人にしかできない特別な技術があるからこそ、そのサービスを受ける価値があると判断されます。

誰でも知っているような浅い知識だけでは当然職業として行うことはできません。その分野に関してだけはどこまでも深くどん欲に学ぶ努力をしましょう。

その3:苦しくても決して諦めないこと

手仕事をしようと思い立ち、資格を取ったりある程度の知識を身につけることは当然容易なことではなく、苦しいこともあるでしょうがあきらめてはいけません。その道で成功したいと考えるのであれば「絶対に達成する」という強い意志を持って取り組みましょう。

途中で諦めてしまっては、当然のことながら資格も取れませんし、資格がなければ働くこともできません。憧れの世界まであと少しと考え、頑張りましょう。

その4:プロである自覚と責任を忘れないこと

手仕事で相手からお金をもらっている以上、自分がプロであるという自覚と責任を持ちましょう。プロとしての自覚とは、その分野において自分が優れた知識と経験を持っているという自信を持つことです。そしていつでも高いクオリティのサービスをすることがプロとしての責任です。

その5:成功後も常に学び続けること

人気を集め、手仕事で成功を収めてもそれを鼻にかけてだらけてしまっては台なしです。成功した後こそ、その成功を維持させるために真摯に学び続けましょう。成功後に質が落ちてしまう人は多いですが、それは世間からの信頼を失う無責任な行いですので、買って兜の尾を締めましょう。

手に職をつけて一生ものの仕事を手に入れよう

上記のとおり、手仕事は一生を共にできるあなたの財産となる仕事です。企業で働く人はいずれは退職しなければならない時期がやってきますが、手仕事は生涯現役です。技術を身につけ、大好きな仕事とともに人生を歩んでいきましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

今回は人生を楽しくする手仕事について特集しましたが、手仕事以外の仕事についている人でも楽しく、効率よく仕事をすることは可能です。ちょっとした工夫や努力で仕事の充実度や待遇が大きく変わることもあります。以下の記事を参考にしてみてください。