Search

検索したいワードを入力してください

女性に手仕事10選|成功するために必要な要素

Author nopic iconruda
カテゴリ:転職・就職

初回公開日:2018年10月30日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

女性に手仕事10選|成功するために必要な要素

手仕事とは

「手仕事」とは、その名のとおり自分の「手」を使ってする仕事のことで、特別な技術を身につけてそれをサービスとして提供することを仕事とすることを言います。一般的な会社員や事務仕事は経験を積めば「誰にでもできる」ことであるのに対し、手仕事は高いレベルでの熟練度が求められます。

今回はこの手仕事に迫り、その利点や必要とされる素質を考えます。また、特に女性にのある手仕事についてもご紹介していきます。

好きを一生ものの仕事にすること

手仕事をしている人に共通しているのは、その手仕事の内容が好きであるということです。ミュージシャンや女優、俳優も一種の手仕事ですが、彼らは音楽や演技が好きで、それを突き詰めていったことで仕事にすることができ、またその手仕事に一生を捧げる覚悟があります。

手仕事は、好きな趣味や特技を仕事にすることであり、その一つの手仕事と一生を共にすることが必要となる職業です。年齢による引退もないのが特徴です。

長く使える専門スキルは自分の武器

手仕事では、専門性の高いスキルが求められ、それは多くの場合年齢を重ねてもずっと使えるスキルです。時間が経っても、自分が年老いても長く使える専門スキルはどんな状況においても身を立てることができる大きな武器になります。

また、手仕事についている人は毎日毎日ずっと同じ技術を使い続け、磨き続けることができるので時間とともに熟練度はさらに増していき、どんどんその価値が高まっていきます。

女性に代表的な手仕事10選

ここからは、手仕事の中でも特に女性にのある職種を10個ご紹介していきます。これらの手仕事は、その需要が安定していて熟練度を上げるほどに収入も上がっていきやすい仕事です。

もちろん、これらの手仕事に求められるスキルのレベルは決して低くはありませんが、努力をすれば習得することは絶対に可能です。これから何か技術を身につけようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

1:ネイリスト

近年、女性客だけでなく男性客の利用も増えているネイルサロンで爪のお手入れやネイルメイクを行うネイリストは手仕事の中でもの高い職種です。実はネイリストとして働くためにはこれと言って決まった免許は必要なく、転職先としても選ばれやすいのがの理由の1つです。

手っ取り早くネイリストになるためにはスクールに通い、資格を取ると良いでしょう。通信講座や通学制の学校などさまざまな施設から選ぶことができます。

2:調理師

手仕事のためだけでなく、自己啓発のためにも挑む人が多いのが調理師です。調理師免許は国家資格であり、それなりに難易度の高い資格ですがこれを持っていることでできる仕事の幅が広がります。

まず、調理師免許を持っていると個人経営の飲食店を経営することができるようになります。これこそ調理師免許を利用した「手仕事」と言えるでしょう。また、大きなレストランで調理師として雇用される場合、手当がつく場合があります。

3:美容師/ネイリスト

女性に手仕事10選|成功するために必要な要素
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

ヘアスタイルを中心に「美」を提供する美容師もの手仕事です。近年では美容師とネイリストを兼ねている人もいます。美容師はその名のとおり「美容」をサポートするお仕事です。

美容師になるためには国家資格が必要になります。そのため、スクールに通ってしっかりと知識と経験を積む必要があります。簡単になれる職業ではありませんが、ファッションに興味があり、それを楽しめる人には手仕事と言えます。

4:エステティシャン

エステティシャンもお客さんの美をサポートするの手仕事です。「エステティシャン」という名がつく人の業務としては、フェイシャルエステ、ボディケア、リフレクソロジー、脱毛という種類があります。

エステティシャンとして働くためには国家資格は必要ありません。しかし、信頼を得て質の高いサービスを提供するために多くの人が「エステ資格」を取得しています。専門スクールに通うと経験も積むことができて効率的です。

5:セラピスト

セラピストも女性にの手仕事です。セラピストはエステティシャンと似たイメージを持たれますが、エステティシャンが整体寄りなのに対してセラピストは心と体を癒すことを目的としており、アロマテラピー、カラーセラピー、心理セラピーなどマッサージ以外の技術を使う人もたくさんいます。

セラピストとして働く際にも、エステティシャンと同じように国家免許は必要ありませんが、講座を受講し資格を取る人が多いです。

6:介護福祉士