Search

検索したいワードを入力してください

おすすめソムリエナイフ21選|使いやすいワインオープナーは?

Small 3360c317 cbde 4146 9d48 d270e752ba95優。
食の知識 / 2019年02月18日
おすすめソムリエナイフ21選|使いやすいワインオープナーは?

ソムリエナイフを選ぶコツ

おすすめソムリエナイフ21選|使いやすいワインオープナーは?

ワイン好きの人なら誰もが憧れる「ソムリエナイフ」。コルクワインを開けるときに使うコルクスクリューの一種ですが、ソムリエのようにスマートに使いこなすことができたらカッコいいと感じている人も多いでしょう。

今回は選び方や使い方などのコツ、おすすめのソムリエナイフを紹介していきますので、普段からソムリエナイフを使っている人もそうでない人も、ぜひ参考にしてみてください。

コツ1:持ちやすい形状のものを選ぶ

ソムリエナイフはコルクスクリューとキャップのシールをはがすナイフが一体になっており、折りたたみ式になっています。

デザインや形はいろいろなものがありますが、初心者や女性にはハンドル(持ち手部分)に厚みのあるものが使いやすいでしょう。全体が金属製のソムリエナイフもありますが、こちらはハンドルに厚みがないものが多く、感触も硬いので、力を入れた時に手が痛くなってしまうこともあります。

コツ2:ダブルアクションのものを選ぶ

ソムリエナイフは「フック・スクリュー・ハンドル・ナイフ」からなっており、このフックの数により、「シングルアクション」と「ダブルアクション」の2つにタイプがわかれます。

ワインのふちにフックをかけ、テコの原理でコルクを引き抜くのですが、ダブルアクションはフックが2つあることで2段階にわけてこの原理を使うことができ、より少ない力でコルクを引き抜くことができるので、初心者や女性には使いやすくおすすめです。

おすすめソムリエナイフ21選

ここからはおすすめのソムリエナイフを21選紹介していきます。シングルアクション、ダブルアクションともに紹介していきますので、ぜひソムリエナイフ選びの参考にしてみてください。

おすすめ1:funVino バーガンディ4662

funVino バーガンディ 4662
funVino バーガンディ 4662

¥ 1,296

口コミ

デザインがかっこいい上に、とても機能的で、かなりワインを開けて来ましたがなかなか壊れる様子がなく丈夫です。 おすすめ商品です。

こちらはfunVinoのソムリエナイフです。ダブルアクションになっているので、初心者や女性も無理なく使うことができます。

スクリューにはテフロン加工が施されており、錆びにくく、コルクに入り込みやすいのが特徴です。イタリア製ですが値段も手ごろなので、入門用に購入するのにおすすめのソムリエナイフとなっています。

おすすめ2:Firlar ソムリエナイフ

Firlar ソムリエナイフ ステンレス
Firlar ソムリエナイフ ステンレス
口コミ

兎に角、開けやすいです。 ナイフもよく切れるので、箔を取りやすいです。 二段式のフックも使いやすい やすいの連続ですが、おまけに価格も安いです。 買って満足の一品です。

Firlarのソムリエナイフは、Amazonのソムリエナイフ部門でベストセラー1位になったことがあるほど人気のソムリエナイフです。

全体がステンレスでできており、実用性・耐久性ともに抜群で、ダブルアクションなので長いコルクも簡単に引き抜くことができます。ハンドルは木製で握りやすい形をしているので、初心者におすすめのソムリエナイフです。

おすすめ3:シャトーラギオール

シャトーラギオール グランクリュ ブラックホーン 4016
シャトーラギオール グランクリュ ブラックホーン 4016

¥ 23,760

口コミ

見た目にも実際にも重量感があり、所有欲を満たしてくれます。 慣れればコルクも抜きやすく問題ありません。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはワイン好きの人なら誰もが憧れるシャトーラギオールです。ヨーロッパ中で人気のある「ラギオールナイフ」の中でも、フランスのソムリエ・ヴィアリス氏がデザインしたこのハンドメイドソムリエナイフは、世界中で高い評価を受けています。

ハンドル部分には水牛の角が使用されており、高い満足感を与えてくれ、一度は手にしたいソムリエナイフです。

おすすめ4:アレッシィ パロット

ALESSI パロット プルースト AAM321
ALESSI パロット プルースト AAM321

¥ 7,344

口コミ

ソムリエナイフにはいろいろ種類があるようですが、このオウムの形ににせた商品は、握りやすくて使いやすいです。(原文ママ・一部)

こちらはデザイナーのアレッサンドロ・メンディーニによってデザインされた、イタリアンのブランド、アレッシィのオウム型のソムリエナイフです。ダブルアクションになっているのでスムーズにコルクを引き抜くことができます。

また、グラスにかけておくだけでもおしゃれを演出でき、訪れるゲストを喜ばせることができるのでおすすめです。

おすすめ5:DULTON

DULTON ソムリエナイフ バンブー
DULTON ソムリエナイフ バンブー

こちらは1988年に東京で創業された、インテリア雑貨DULTONのソムリエナイフです。ハンドル部分にはバンブーが使用されており、和を感じさせるおしゃれなデザインとなっています。

ダブルアクションでハンドルもしっかりとした造りになっており、とてもリーズナブルなので初心者にもおすすめのソムリエナイフです。

おすすめ6:Pulltex プルタップス トレド

Pulltex プルタップス トレド
Pulltex プルタップス トレド

¥ 9,720

口コミ

さすがプルタップス。使い勝手がいいですね。コストパフォーマンスを考えるとシャトーラギオールはかっこいいがちょいとお高め、プルタップスはちょうどいい感じですね。(原文ママ・一部)

こちらはスペインのワイングッズメーカー・プルテックス社のソムリエナイフです。ダブルアクション機能はプルテックス社によって考案され、プロから愛好家まで幅広く使われているのがこのプルタップスです。

コスパも優れているので、シャトーラギオールはなかなか手が出せないという人でも使いやすいソムリエナイフです。

おすすめ7:Farm. クイッククリック

Farm. クイッククリック
Farm. クイッククリック
口コミ

見た目は高級感はありませんが、使いやすさ最高! てこ部分が移動することでとても抜きやすいです。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはイタリアのメーカー・Farm.のソムリエナイフです。ハンドルについているワンタッチボタンでスクリューとレバーが同時に開く設計になっており、使いやすさ抜群のソムリエナイフです。

また、フォイルカッターにも特徴があり、4つの刃により90度回転させるだけで簡単にキャップシールを切り取ることができ、初心者には嬉しいデザインとなっています。

おすすめ8:アスロ ソムリエナイフ 黒檀

アスロ ソムリエナイフ 黒檀
アスロ ソムリエナイフ 黒檀

¥ 12,960

口コミ

丁寧な造りの良さを感じるソムリエナイフです。 海外製高級ソムリエナイフにも負けない品質に大満足です。

こちらは刃物で有名な岐阜県関市のアウトドアナイフメーカー・アスロのソムリエナイフです。日本製のソムリエナイフと言えばアスロと言っても過言はないのではないでしょうか。

ハンドル部分には黒檀が使用されており、耐久性に非常に優れているので、自宅はもちろんアウトドアでも問題なく活躍してくれる一品です。

おすすめ9:Daitban ソムリエナイフ

Daitban ソムリエナイフ
Daitban ソムリエナイフ
口コミ

抜栓する際に、淵に立てる部分が2段階になってる点がかなり使いやすい。ビンの栓抜きとしても、どんな開けにくい地ビールの栓もらくらく開けやすい。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはビールの栓抜きとしても使うことができるDaitbanのソムリエナイフです。のこぎり型のフォイルカッターなのでキャップシールが切りやすく、ダブルアクションなので初心者や女性でも長いコルクを簡単に引き抜くことができます。

価格の割に高級感があり、プレゼントとしても選びやすい一品です。

おすすめ10:バキュバン ウェイターズ

VACUVIN ウェイターズ コルクスクリュー
VACUVIN ウェイターズ コルクスクリュー
口コミ

格好いいソムリエナイフは数あれど、使いやすさを追い求めるとこの形になるだろうなぁという商品です。 個人的には、デイリーワインをこれで開けて飲むとぴったり来ます。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはワインアクセサリーのリーディングブランドであるオランダのバキュバンが開発したソムリエナイフです。栓抜きの機能も付いており、ダブルアクションになっているので使い勝手がよくおすすめです。価格も低いので、家庭で普段使いするのにぴったりのソムリエナイフです。

おすすめ11:IEOKE ソムリエナイフ

IEOKE ソムリエナイフ ステンレス
IEOKE ソムリエナイフ ステンレス
口コミ

このタイプのオープナーを初めて使いましたが、とても使いやすいです。なかなか開けやすく、初心者にも使いやすいです。おいしいワインを飲もう!

このIEOKEのソムリエナイフは、ナイフが非鋸歯なのでとても鋭く、簡単にキャップシールを切り取ることができます。ハンドル部分には手触りの良いマホガニーが使用されており、値段の割に高級感を持たせてくれています。栓抜きの機能もついているので、ワインに限らずお酒の席には持っておきたい一品です。

おすすめ12:ASAMOOM ソムリエナイフ

ASAMOOM ソムリエナイフ
ASAMOOM ソムリエナイフ
口コミ

しっかりとした作りです。 ナイフ部分も良く切れます。 この価格で、見栄えの良いホルダーも付いていて、コスパも大変良いです。(原文ママ・一部抜粋)

こちらは中国のメーカー・ASAMOOMのソムリエナイフです。ダブルアクションになっているので、長いコルクも簡単に引き抜くことができます。合皮製の収納ケース付きで、高級感のあるデザインは贈り物としても最適です。

持ち運びにも便利なので、自宅はもちろん、パーティーや旅行にもおすすめです。栓抜きの機能も付いている、とても使い勝手の良いソムリエナイフです。

おすすめ13:クタール ソムリエナイフ

クタール ダブルアクション ソムリエナイフ
クタール ダブルアクション ソムリエナイフ

こちらはフランスのメーカー・クタールのソムリエナイフです。スクリューやナイフの出し入れがしやすく、ダブルアクションなので初心者や女性にも使いやすいデザインとなっています。ハンドル部分は木製で手にフィットしやすい形になっており、コスパも優れているので、自宅で普段使いするのにおすすめです。

おすすめ14:デュルック ソムリエナイフ

デュルック ソムリエナイフ ステンレス
デュルック ソムリエナイフ ステンレス

¥ 3,888

口コミ

スクリューがイタリアワイン向けで少し短いので、ボルドーなど、コルクが長いワインなら、余分に一巻きねじ込むと綺麗に抜けます。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはフランスで最も人気のあるメーカーの一つであるデュルックのソムリエナイフです。シンプルかつ機能的なデザインはいつまでも飽きを感じさせないのでおすすめです。

各パーツには厳選された材料が使用されており、計算され尽くした絶妙のポジションに取り付けられているので、「コルクを抜く」という動作において世界最高レベルのパフォーマンスを誇ります。

おすすめ15:ロバートクラス ステンレス

ロバートクラス(独) ソムリエナイフ ステンレス
ロバートクラス(独) ソムリエナイフ ステンレス

こちらはドイツのメーカー・ロバートクラスのソムリエナイフです。オールステンレスなので重量感があり、使うほどに手になじんでくる逸品です。お値段もなかなかよいですが、そのぶん愛着もわく一品です。

おすすめ16:SEKI マホガニー

SEKI ソムリエナイフ マホガニー
SEKI ソムリエナイフ マホガニー

¥ 3,780

口コミ

木の感じと色のなじみ具合なのか、友人にも褒められるほど高そうに見えます。もっぱら旅行用に使おうと思って購入しましたが家でも使っています

こちらは刃物の町、岐阜県関市で生産されているSEKIのソムリエナイフです。親指一本でナイフを取り出すことができるのが特徴で、キャップシールをスマートに切り取ることができます。

木製のハンドルは握りやすく、シングルアクションではありますが、慣れてくれば女性でも使いこなせるようになります。

おすすめ17:CORKAS 木製ハンドル

CORKAS ソムリエナイフ 木製ハンドル
CORKAS ソムリエナイフ 木製ハンドル
口コミ

横までも花柄があって、めっちゃ高級感ある。先ぽの所がわざとギザギザにして、めっちゃ使いやすい。今まで買ったの栓抜きはここ全然注意しなかった。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはキッチン用品を取り扱っている中国のメーカー・CORKASのソムリエナイフです。ダブルアクションで、しかもスクリューが長いので、長いコルクも簡単に引き抜くことができます。

ハンドル部分にまで花柄が刻まれており、値段の割に高級感を持たせてくれます。手になじみやすい厚めの木製ハンドルなので、初心者にも使いやすいおすすめのソムリエナイフです。

おすすめ18:Flying Colors

Flying Colors 花梨木製ハンドル
Flying Colors 花梨木製ハンドル
口コミ

手になじむフィット感が先ず気に入りました。しっかりした造りを裏付ける重量感も良い。

こちらはカナダのメーカー・Flying Colorsのソムリエナイフです。ハンドル部分には高級な花梨が使用されており、手にとてもなじむので、贈り物としても喜ばれる一品です。

力学による曲がりハンドルなので、初心者や女性、高齢者を問わず簡単にコルクを引き抜くことができるのでおすすめです。

おすすめ19:ライヨール ソムリエナイフ 牛角

ライヨール ソムリエナイフ 牛角
ライヨール ソムリエナイフ 牛角

こちらはフランスのナイフメーカー・ライヨールのソムリエナイフです。ハンドル部分は牛角でできているので耐久性に優れており、ナイフの切れ味もシャープです。

手になじみやすいデザインではありますが、こちらはシングルアクションなので、どちらかと言えば上級者向きのソムリエナイフです。

おすすめ20:ラギオール・アン・オブラック

ラギオール・アン・オブラック ホーン 5108
ラギオール・アン・オブラック ホーン 5108

¥ 25,920

口コミ

洗練された流線のフォルムに手に持つとずっしりとくる重厚感。ワインを抜栓する楽しさが増えますよ。(原文ママ・一部抜粋)

こちらはフランスのメーカー、ラギオール・アン・オブラックのソムリエナイフです。このメーカーは「オリジナリティあふれるラギオールナイフを造ろう」ということで1992年に設立された工房です。

一つ一つ丁寧にハンドメイドで作られ、使い込むうちに手になじんでくるので、手放せなくなる逸品です。刃には硬質なカーボンスチールが使用され、ハンドルは牛角でできているので、とてもクールな仕上がりになっているます。

おすすめ21:関兼常 ソムリエナイフ ブラック

関兼常 ソムリエナイフ ブラック
関兼常 ソムリエナイフ ブラック

こちらは関兼常がプロヂュースする高級ソムリエナイフです。フォイルカッターには波刃が採用され、切断性に優れています。ハンドル部分にはブラックリネンマイカルタが使用されており、衝撃に強く、経年劣化しないのが特徴です。海外でも評価の高い逸品となっています。

ワインを美味しくキープするならコレ!

真空式 ボトルストッパー
真空式 ボトルストッパー
口コミ

予想を超えて機能の高かったものでした。これからも大切に使いたいと思います。

コルクワインを開けたけど、一度に飲み切れなかったという経験はないですか。一度開けたワインをそのまま置いておくと、酸化して味が落ちてしまいます。

そんな時に便利なのが、真空状態でボトルにフタをすることのできる、COSTZZのワインストッパーです。こちらはポンプを上下させることで中を真空状態にすることができるので、ワインや日本酒の一時保存に最適な商品です。

ソムリエナイフを使うときのコツ

おすすめソムリエナイフ21選|使いやすいワインオープナーは?

いろいろなソムリエナイフを紹介しましたが、実際に使うにはどのような点に気を付ければいいのでしょう。ここではソムリエナイフを上手に使いこなすためのコツを3つ紹介していきます。これらがわかれば、見た目にもスマートにワインを開けられるようになりますよ。

コツ1:キャップシールは瓶を回さずにはがす

ワインを開ける時にまず必要なのがキャップシールの開封です。ハンドルに収納されているナイフを取り出して、ボトルの口のキャップシールをはがします。

この時にポイントとなるのが、ボトルを回すのではなく、ナイフを一周させて切れ目を入れるということ。ナイフをしっかり持ち、奥で半周、手前で半周させれば一周分の切れ目を入れることができます。そして、ナイフを使って真上に切り取るようにキャップを外しましょう。

コツ2:スクリューはコルクの中心に刺す

続いて、スクリューをコルクに刺します。この時に注意しなければならないのが、スクリューをコルクの中心に垂直に刺すということです。まずスクリューの先端をコルクの中心に当て、最初の一周で垂直になるように突き立て、そのままハンドルを回してまっすぐスクリューを刺し込んでいきます。

途中でスクリューが傾いてしまうとコルクをうまく引き抜くけなくなってしまうので、この点を注意して垂直のまま刺し込んでいきましょう。

コツ3:コルクはまっすぐに引き抜く

最後にフックをボトルの口に引っ掛けて支点とし、ハンドルを引き上げてコルクを抜いていきます。コルクが垂直になっていることを意識しながら、まっすぐ引き抜いていきましょう。

ハンドルが上がってくるとフックが引っ掛からなくなってくるので、もう一度ハンドルを回してさらにスクリューを刺し込み、同じようにコルクを引き上げます。ダブルアクションの場合はまず上のフックを使い、続いて下のフックを使います。

いいソムリエナイフで豊かなワインライフを

おすすめソムリエナイフ21選|使いやすいワインオープナーは?

今回はソムリエナイフの選び方や使い方のコツ、おすすめのソムリエナイフをいろいろと紹介しましたが、いかがだったでしょうか。普段からソムリエナイフを使っている人の中にも、新しい発見があったという人がいるのではないでしょうか。

興味はあるし憧れるけど使ったことがないという人は、ぜひこの機会にソムリエナイフデビューをして、あなたのワインライフに花を添えてみてはいかがですか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

「コルクワインは一度開けたら飲み切らなければ」、「でもその日のうちに飲み切るのは難しい」、そんなことありませんか。そんな時に役立つのが、開封後のワインの保存方法に関する記事です。また、「シャンパンとスパークリングワインってどっちも炭酸だけど、何が違うの?」という人におすすめなのが、シャンパンの条件に関する記事です。

これらの記事で、ワインに関する知識を深めてみてはいかがでしょう。

関連記事

Related