Search

検索したいワードを入力してください

相性が占えるおすすめの占星術|六星占術/西洋/オリエンタル/宿曜

Author nopic icon道信楽
相性占い / 2019年02月21日
相性が占えるおすすめの占星術|六星占術/西洋/オリエンタル/宿曜

相性が占えるおすすめの占星術

占星術でも、相性を占うことが可能です。また今回は、6つの占星術をご紹介します。それにこの6つは、いろいろなメディアで取り上げられたことがあるほどの占星術となっています。よってどの占星術で相性を占ったとしても、今後の関わり方の指針が得られることでしょう。

ちなみに6つ全てを活用して相性占いをした場合、異なる結論が得られることもあると言えます。なぜなら使われている根本的な概念が異なったり、解釈が違っていたりするからです。

そしてその際になぜ異なる結論になったのか深く考えてみることで、自分と相手の相性に関わる重要な関係性を自分自身で発見することも可能でしょう。

六星占術

六星占術とは、合計12個の星に人を分けて相性を割り出す手法です。よってまずは、自分と相手が何星人に当たるかを把握すると良いでしょう。

そもそも六星占術には、六星占術という名のとおり6つの星人があります。そして先ほどの6つの星人の性質だけでなく、真逆の性格や性質も併せ持つ霊合星人もあります。これも6つの星人が存在しているため、六星占術において12個の星人が成立しているということです。

またどの星人が一番良いというのはなく、それぞれで性格や性質において良し悪しがあるとされています。したがってたとえ良くないとされている相性であっても、状況次第で良いものに変ずると言えます。

通常の星人と霊合星人の違い

六星占術において真逆の性質を持つために、霊合星人の方が相性が良い異性が見つかり難いとされています。よって霊合星人に当てはまった人は、根気良く探すように努めると良いでしょう。

ただ霊合星人の人も合うとされている一応の目安があるので、それを参考にするのをおすすめします。それに霊合星人の方が、基本の6つの星人よりもバリエーションに富んだ性質を有していると言えます。

したがってそのバリエーションの幅を上手く作用させていくと、基本の星人よりも相性の幅が広げられるのではないでしょうか。

西洋

西洋の占星術においては、自分の星座と他人の星座が惑星のどこにどうあるかで相性を導く手法があります。

したがって東洋の手法とは大分異なっており、東洋の占星術で相性を出したことがある人でも西洋占星術を使うことで違う視点から見ることが可能でしょう。

西洋占星術の多様性

西洋占星術とひとくくりにされている場合でも、実に多彩なものがあります。よって西洋占星術と呼ばれているもので相性を出したとしても、他の西洋占星術だと違う結果になるケースもあります。

要は西洋占星術の中でも、もっと細分化が可能ということです。ですので西洋占星術の相性占いをやり込んでいきたいなら、西洋占星術と見なされているもの全てで占ってみるのを推奨します。

オリエンタル

オリエンタル占星術は、水晶玉子が編み出した方法です。具体的にはインド占星術を骨子としている占いです。また女性誌でも取り上げられているほどの占星術なので、興味がある人は相性を調べておくと良いでしょう。

そしてオリエンタル占星術はインド占星術に基づいていますが、水晶玉子の独自の解釈の要素を多く含んでいます。よってインド占星術をある程度知っている人ほど、オリエンタル占星術の真価や良さを感じ取ることが可能でしょう。

宿曜

宿曜とは、平安時代に特に用いられた占星術です。それに宿曜は、宿という概念を使い宿同士の相性が占えます。また宿曜における相性は、6種類の間柄に大別されます。そしてその間柄は、1つのワードか2つのワードで成立しているかの違いがあります。

ちなみにその2つのワードで成立している関係は、2つのどちらかに状況次第で変化するとされています。よって宿曜の占いで2つのワードの間柄になった場合は、望ましくない関係にならないように注意すべきでしょう。

インド

インド占星術では、ラグナと月と火星と金星で相性が把握可能とされています。よってインド占星術においていろいろな星や概念がありますが、異性との相性を知りたい人はまずはこの4つに着目すると良いでしょう。

そしてラグナとは、これがインド占星術で占う上で前提と言われているほど重要な概念です。したがって4つの中で一番初めに、このラグナとは何を指しどういうことを意味するのかを把握することから始めると良いでしょう。

また西洋占星術においては太陽を重要視しますが、インド占星術の方は月を重要視します。

ホロスコープ

占星術を目に見えやすい形にしたものが、ホロスコープです。したがって西洋占星術やインド占星術だけでなく、他の占星術でも使えます。

よってできればホロスコープ自体の作成方法を学ぶと、いろいろな占星術に自分自身で用いることができるだけでなく相性についても深く把握可能でしょう。

西洋占星術でドラゴンヘッドがでたときの相性

西洋占星術においてドラゴンヘッドとは、課題を意味するとされています。よってドラゴンヘッドが西洋占星術の占いで出て来た場合、その人間関係で何らかの課題に出くわし乗り越える必要が生じます。

したがって少々の困難や嫌なことがあっても、関係を破綻させない方が望ましいでしょう。それにドラゴンヘッドが出ている間柄は特殊と言えるため、出た際に今後どういう風にしていくかじっくり考えることをおすすめします。

西洋占星術でドラゴンテイルがでたときの相性

西洋占星術でドラゴンテイルが出た場合は、昔からの親密な間柄と感じるケースが多いです。なぜならドラゴンテイルという概念が、元々その人に備わっている才能のようなものを指しているからです。

よってことさらに親しくなろうとせずにドラゴンテイルの間柄の人とは、深い関わり合いをしている場合が多いです。ただこのままだと何かを得ているとは言えないので、より一層飛躍するためには関係性を変化させる必要もあるでしょう。

占星術での相性の占い方

占星術で相性を占うには、誕生日を知る必要があります。この理由としては多くの占星術で、誕生日から占うことになっているためです。よって相性を知りたければ、自分の誕生日だけでなく相手の誕生日も把握することをおすすめします。

また誕生日を直接聞くのが難しい場合は、知人から入手するかインターネットのSNSのプレフィールをチェックすると良いでしょう。

生年月日

占星術での相性は、本名と誕生した時刻と年と月日や出身地などで占います。またこの出生時の情報は詳しければ詳しいほど、正確な占い結果が出るとされています。

なぜならどこかに生まれて来るということは、深い理由があるというのが占星術の根底に流れている考え方であるためです。そして占星術で、その生まれを生かせるかどうかを相性として占っているということです。

結婚

結婚はただ単に付き合うことよりも重い事柄とされているため、占いにもいろいろな情報が必要です。どういうことかというと、結婚するとお互いの親や兄弟や姉妹と関わる場合が多いためです。

したがって本格的に占ってもらう場合は、親や兄弟や姉妹の情報も出した上で総合的な相性を出しておくと結婚における失敗を防げることでしょう。

自分独自の占星術を確立しよう

自分に合う、占星術の理論の習得をおすすめします。なぜならどのような占星術もそれに対する感覚は人それぞれであり、自分に合うものに改良する必要があるためです。

例えばある人にとって毎回当たる占星術があったとしても、他の人だと性質が異なるため必ずそうなるとは限らないということです。よって今回ご紹介した占星術に足りない部分があると感じたら、占星術同士を組み合わせて独自の理論を確立してみるのはどうでしょうか。

こうすることで、誰のためでもない自分にだけに最も合う占星術を獲得することができることでしょう。

関連記事

Related

Line@