Search

検索したいワードを入力してください

仲間で盛り上がるための面白い質問21|質問の上手な使い方

Small e1b01f8f 843c 4ad8 a598 8d73a9efd0e5nameless
カテゴリ:雑学

初回公開日:2018年11月03日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2018年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仲間で盛り上がるための面白い質問21|質問の上手な使い方

飲み会やコンパを盛り上げたい

飲み会やコンパを楽しい場にしたいと考えている人はきっと多いことでしょう。しかし、実際に盛り上げるにはどうすればいいのかがわからないと感じたり、盛り上げようとして失敗してしらけてしまわないか不安だと感じる人も同じように多いことでしょう。

今回は、飲み会やコンパを盛り上げるきっかけとなる、面白い質問や、場が盛り上がる面白い質問の具体例についてご紹介します。

みんなにとって面白い質問ネタを探そう

場が盛り上がるような面白い質問や話のタネは、端的に言えばその場に居る人のほとんどにとって共有できるような話題です。逆に言えばマニアックすぎる内容であっても、マニアックな集まりであれば盛り上がる面白い質問になります。

逆に避けたほうがいい話題は3つあり、それは「政治」「宗教」「スポーツ(の贔屓にしているチーム)」の話題です。これらは盛り上がらないどころか喧嘩の原因になることすらあります。

場を盛り上げる面白い質問21

場が盛り上がるような面白い質問とは、その場に居る人たちで共有できるような話題だとご紹介しました。ここからは具体的に場が盛り上がるような面白い質問について21個ご紹介します。

全般的には、YES/NOで答えられないような質問が場を盛り上げる面白い質問になります。なぜならば、言葉で答えれば会話へと発展する糸口になるからです。

1:最近観た映画

面白い質問その1は最近見た映画についての質問です。人気の映画ともなれば、観客動員数も非常に多く見ている人も、見ようと考えている人も非常に多いため、場が盛り上がりやすい面白い質問になります。

また、見た映画などからお互いの趣味を探るきっかけにもなり、映画好きでなくても過去に見た映画やドラマ、アニメなどの話題に繋げて盛り上げることができるので、面白い質問の一つです。

2:爆笑したこと

面白い質問その2は爆笑したことについてです。基本的に爆笑したことというのは面白い話なので、興味を持って食いついてくれる人が多く話に花が咲きやすい面白い質問です。

答える内容は爆笑した芸人や身近なできごと、インターネット上のコンテンツどのようなものでも問題ありませんが、自虐ネタと他人弄りネタを使う場合は、出すタイミングと使い方について慎重になる必要があります。

3:休日の過ごし方

面白い質問その3は休日の過ごし方などについてです。鉄板ともいえる定番の質問ですが、休日は人それぞれさまざまなことをしているため、話を盛り上げやすい面白い質問の一つです。

答える場合は、嘘はよくありませんが多少は話を盛ったとしても、突っ込みや興味を持ってもらえそうな事などを答えると、話への食い付きがよくなります。

話が盛り上がりませんので休日は寝ているなどの答え方はNGです。

4:手短な自己紹介

面白い質問その4は手短な自己紹介などです。この質問で重要なのは「手短」という部分になります。

式典などでお偉いさんが長々と自分について語る場面に遭遇された方は多いでしょう。人間誰しも長々と他人の話それも自己紹介を聞きたくはありません。そのため、長々と自己紹介してしまうと場がしらけてしまうでしょう。

しかし手短に自己紹介を行えばお互いの共通点などを知れて、話が盛り上がる面白い質問になります。

5:面白エピソードなどを話してもらう

面白い質問その5は面白エピソードなどです。これは面白い質問その4の手短な自己紹介と関連させて質問すると出身地や出身校、職場が同じ人などで場を盛り上げる場合には特に役立ちます。

ただし、慣れている人でないと滑ってしまったり、身内だけで盛り上がってしまいグループが分断してしまうなどの恐れもあるため、注意が必要です。また、自虐ネタやイジリを使う人も居ますが失敗すると悲惨なので使い方には気をつけましょう。

6:地元の名物など地元に関する質問

面白い質問その6は地元に関する質問です。共通点が無くても知らない話というのは盛り上がりやすい話の一つです。地元の人しか知らない特産品やなどは聞いていて面白く、話に花が咲きやすい面白い質問でしょう。

また、そこで方言などが出たときは「可愛い」などのリアクションをするなどでも、面白い質問とは関係がありませんが場を盛り上げることができるのでおすすめです。

7:本やテレビや映画などの世界で生きられるなら

面白い質問その7は本やテレビ映画などの世界で生きられるならどの作品が言いかという質問です。面白い質問1の最近見た映画と関連して使うと、話が盛り上がりやすい面白い質問でしょう。

好きな作品を聞いても魅力を語られるだけで、一方的に話す聞くという状況が生まれやすいです。しかし、その世界で生活するならとなれば好きだけでなく、いつもと違った視点と考えが生まれ、会話が盛り上がりやすくなります。

8:第一印象について

面白い質問その8はお互いの第一印象についての質問です。まだ、場が暖まっていない参加者もそれほど打ち解けていない時におすすめで、面白い質問その4の簡単な自己紹介とあわせると使いやすいです。

第一印象から「勉強できそう」「スポーツできそう」といった答えを引き出しつつ、でも実はといった形の回答を行うことで、お互いについて深く知ることができる上に会話も弾むため場が盛り上がりやすいです。

9:部活動やスポーツなどの質問

面白い質問その9は過去の部活動や、今行っているスポーツなどの質問です。先述のようにスポーツの話題は気をつけろとご紹介しましたが、これは「野球の贔屓チームは?」「サッカーはどこファン?」などのような質問です。

部活動を含め過去から現在までスポーツを行っている人は多く、共通点を探しやすいため話に花が咲きやすく相手の意外な一面も知ることができるので、おすすめの面白い質問の一つです。

10:宝くじが当たったらという質問

面白い質問その10は宝くじが当たったらどうするかという質問です。宝くじが当たって3億円手に入ったらとか、10万円手に入ったらなどの形で金額を指定しても良いでしょう。

お金の使い方から人となりというのはある程度わかる上、意外に宝くじが当たったらなんて考えることが無いため場が盛り上がりやすい面白い質問です。

11:自分を動物に例えたらどんな動物か

面白い質問その11は、自分を動物に例えたらどんな動物かという質問です。面白い質問4の手短な自己紹介とあわせて使いやすく、その人物が自分自身をどのように見ているのかを知ることもできるため、お互いを深く知ることができます。

さらに、珍しい動物や、あまりにも印象と違う動物が出てくれば、ツッコミをいれたりちょっとイジることもできるので、場が盛り上がりやすい面白い質問の一つです。

12:5年後何してる?

面白い質問その12は5年後の自分についての質問です。あまりプライベートに立ち入ることも無く、遠すぎず近すぎることの無い未来の話は、気軽な質問の割には話が弾みやすいおすすめの面白い質問です。

答える場合は今と同じ生活してると答えてしまうと、場を盛り上げてくれる人がいない場合話が終わってしまうので、夢や希望などを多少盛りながら話すと良いでしょう。

13:好きな食べ物の話

面白い質問その13は好きな食べ物の話です。あまりにも定番過ぎますが、コンパや飲み会でこれから頼む料理を決めたり、たまにものすごく面白い食べ物の話が出てくるので、意外に話が盛り上がりやすいおすすめの面白い質問です。

多くの場合人には好きな食べ物があるので、話の輪に入りづらそうにしている人に話すきっかけを与える質問としてもつかえるためおすすめです。

14:好きな飲み物や好きなお酒の話

面白い質問その14は好きな飲み物やお酒の話です。好きな食べ物の話と同様に定番過ぎる質問ですが、コンパや飲み会などで頼むドリンクを決めたり、オシャレなお酒の話が出ると盛り上がりやすい面白い質問の一つです。

好きな食べ物の話と同様に好きな飲み物を持っている人も多いので、話の輪にうまく入れない人に話すきっかけを与える質問としてつかえますが、アルコールが苦手な人も居るので気をつけましょう。

15:好きに旅行にいけるならどこに行きたいか

面白い質問15は好きに旅行にいけるならどこに行きたいかという質問です。旅行となるとスケジュールの調整などで自由に行くことが難しいですが、好きに旅行にいけるならばと前置きすることで話に花が咲きやすくなります。

面白い質問6の地元の話と同様に、知らない場所の話などは聞いていても面白く、また好き勝手話すだけなので同調する人や、話しを膨らませてくれる人なども現れやすいので、おすすめの面白い質問です。

16:無人島に持っていくなら何を持っていくか

面白い質問16は無人島に持って句なら何を持っていくかという質問です。自然環境でのサバイバルやキャンプがブームとなっている今では、話しに食いつく人が多く盛り上がりやすい面白い質問の一つです。

また、無人島に持って行くものから相手の人となりなどを知ることもできて、持っていく物の選定が一種のゲーム的な盛り上がり方をするためおすすめです。

17:笑えなかった冗談の話

面白い質問その17は笑えなかった冗談についての質問です。人にはそれぞれ苦手とするものや、いわゆる地雷というものがあります。そういったものに誤って触れてしまわないためにも有効な質問の一つです。

ただし、好きなものの話も嫌いなものの話も盛り上がりやすい話ですが、こちらの質問は嫌いなものの話で導入と後始末が難しい部類の質問になります。ちょっと話がマンネリなどで刺激がほしいときに使うと良いでしょう。

18:良く聞く音楽の話

面白い質問その18は良く聞く音楽についての質問です。一般的に音楽が嫌いな人は少なく、スマートホンが普及した現代では日常的に音楽を聞いている人は非常に多いため共通点が見つかりやすい質問の一つです。

好きな音楽やおすすめの音楽の話などに話が膨らみやすく、話の輪にうまく入れない人にも話すきっかけを作りやすいので、場を盛り上げる時におすすめです。

19:大失敗やおかしなことをした経験について

面白い質問その19は、大失敗の経験やおかしなことをしてしまった経験についての質問です。人間誰しも失敗を重ねて成長するので、誰にとっても答えやすい質問の一つです。

また、大失敗やおかしな経験というのはその人が持つ意外な側面を浮き彫りにしてくれるので、少し相手について親しくなったあとなどには話しのスパイスとなり、さらなる盛り上がりのきっかけになります。

20:フェチの話

面白い質問その20はフェチについての質問です。誰しも好みというものや、人に言い辛い嗜好を持っている事が多いので盛り上がりやすい質問の一つです。

比較的プライベートな話になるので、ある程度参加者が打ち解けて場が暖まってきた頃に質問すると場を盛り上げやすい面白い質問の一つです。

21:好きな異性のタイプの話

面白い質問その21は好きな異性のタイプについての質問です。面白い質問20のフェチの話と同じく、人間誰しも好みがあり、異性の話ともなれば特に盛り上がりやすい質問です。

好きな異性のタイプの話も比較的プライベートな話になるので、参加者同士が打ち解けて場が盛り上がってきた頃に質問すると盛り上げやすいでしょう。

面白い質問を上手に使うコツ

面白い質問の傾向や、面白い質問の具体例についてご紹介しました。しかし、面白い質問も使うタイミングを間違えれば場が盛り上がる事はありません。

そこで、面白い質問を上手に使うコツについてご紹介します。

ゲームと組み合わせればさらに盛り上がる

初対面同士で参加者同士が打ち解けていない場合は会話を続けることが難しいです。そこで、ゲームと組み合わせて目的を追加することで会話を行いやすくすると場が盛り上がりやすいです。

ゲームはさまざまなパーティーゲームがありますが、会話のための目的を与えてくれれば何でもいいです。

意中の人の情報ゲットもできる

飲み会やコンパで気になる人や意中の人が参加していることがあります。普段は会話する機会に恵まれなくても、飲み会やコンパでは会話する機会が非常に多いので、親しくなったり情報をゲットするチャンスです。

情報をゲットしたい場合は、プライベートに近づく質問を自分から先に話す形で行うと良いでしょう。

だれかが不愉快になる話題はさける

自分が盛り上がると考えていても、誰かをサンドバッグにして笑いを採るような話題は避けましょう。誰かを笑いものにする人間と思われるのはデメリットが多いですし、笑えはしますがあまり気持ちのいい笑いではありません。

面白い質問ネタをしこもう

面白い質問や面白い質問の具体例をご紹介しましたが、本当に場を盛り上げるためには場数を踏んで経験地をあげるしかありません。また、アンテナを伸ばしてトレンドや日常の変化に気が付く姿勢も大切です。

面白い質問ネタをしこんで、飲み会やコンパなどを盛り上げましょう。