Search

検索したいワードを入力してください

かき揚げを使ったお手軽レシピ10選|作り方の3つのコツ

Author nopic iconuruka
レシピ / 2019年01月31日
かき揚げを使ったお手軽レシピ10選|作り方の3つのコツ

かき揚げとは

東京で「かき揚げ」といえば、芝海老、小柱、ミツバをにてんぷら粉をつけ、ごま油で揚げたものを指すことが多いのですが、地方に行くと、その土地独自のかき揚げが多く見られます。

かき揚げは、てんぷら粉の中に複数の食材を入れ、まとめて揚げたてんぷらの一種です。

具材の組み合わせはさまざまであり、春菊や紅しょうが、シラウオ、サクラエビなどを、その食材単独でまとめて揚げたものも「かき揚げ」と呼ばれます。

使える食材

かき揚げには一般的に「海産物」「野菜」が入ります。海産物としては、海老(芝海老・桜エビ・白えびなど)、小柱、イカ、シラスなどが使われます。

野菜 としては、ネギ、タマネギ、ニンジン、ゴボウといった食材が使われまう。かき揚げを揚げる油も、地方やお店によってこだわりが異なります。

揚げ油として使われるのは、白絞油やサラダ油、ごま油などです。

かき揚げを使ったお手軽レシピ10選

ここでは、かき揚げの揚げ方から、かき揚げを使ったレシピまでご紹介します。

かき揚げを使ったレシピは、簡単でボリュームもあるので、まとめてかき揚げを作り冷凍保存しておけば便利に使えます。

1:ニラ・玉ねぎ・桜海老のかき揚げ

かき揚げの材料は、台所にそのときある食材をかき集めても、「かき揚げ」としてなり立ちます。あまり食材を有効利用したいときにも、かき揚げは便利な料理といえます。

このレシピの中にも登場する「クッキングペーパーを使って、かき揚げの形を整える」というテクニックは、かき揚げを揚げるときによく用いられる技術なので、実施してみましょう。

かき揚げの形を整えるグッズというのも、市販されています。

Blockquote firstBlockquote second

材料
ニラ 5本
玉ねぎ 1/4個
桜海老 大さじ3
天ぷら衣 適量
揚げ油 適量
作り方
1.ニラは3CM幅に、玉ねぎはスライスする。
2.天ぷら衣に【1】・桜海老をザックリと混ぜる。
3.170度の油でカラッと揚げる。
※バラけそうだったのでクッキングシートにのせて揚げました。
4.ひっくり返すとシートがはがれる。
5.キッチンペーパーで油を切る。

2:かき揚げライスバーガー

ハンバーガーショップで買ったり、スーパーの冷凍食品コーナーで買ったりするのが一般的な「ライスバーガー」を自宅で手作りするレシピです。

ライスバーガーのごはん部分の作り方を覚えておけば、かき揚げ以外のライスバーガーへの応用もききます。かき揚げは、なるべく平たいものを選んで使った方が、食べやすくなります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
ご飯(白米または玄米) 茶わん2杯
片栗粉 小さじ1/2
サラダ油 小さじ1
かき揚げ 1個
作り方
1.ご飯に片栗粉を入れて混ぜ合わせ、2等分にして、やや厚めのせんべい状の形を作る。
2.フライパンにサラダ油をひき、1を両面焼く。
3.2の1枚の上にかき揚げをのせ、もう1枚の2をはさむ。

3:かき揚げ玉子丼

本レシピは、スーパーの総菜コーナーなどで買ってきたかき揚げを、少し煮込んで卵でとじるだけの簡単丼です。煮込むので、かき揚げは水分を含んでしまいます。

あまりべちゃべちゃのかき揚げが好みではないという人は、ねぎを煮込んで卵でとじ、ごはんに乗せたかき揚げの上から「ねぎの卵とじ」をかけてあげれば、かき揚げがべちゃべちゃになるのを防げます。

Blockquote firstBlockquote second

材料
かき揚げ(惣菜) 1個
★水 100ml
★八方だし(麺つゆ) 適量
★砂糖 少々
作り方
九条ねぎ 適量
1.★を混ぜ合わせる。
※八方だし・砂糖の量はお好みで。
2.かき揚げを入れて煮込む。
3.卵を黄身と白身に分けて、白身を先に入れる。
4.白身が半熟になったら黄身を入れる。
5.黄身も半分くらい半熟になったら出来上がり。
6.九条ねぎを添える。

4:かき揚げリメイク・オムレツ

かき揚げたまご丼と同じ材料でも、全く別の料理になります。こちらのレシピでは、かき揚げを適当にカットし、卵でとじることで「オムライス」を楽しむことができます。

小さなお子さんがいる家庭では、丼物よりも「オムライス」の方が、子供が喜んで食べてくれます。食材が同じなので、大人は丼、子供はオムライス、でも良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料
かき揚げ 1/2個〜1個
紅生姜 ひとつまみ
★卵 2個
★麺つゆ 大さじ1/2
★水 大さじ1
サラダ油 適量
作り方
1.かき揚げを適当にカットする。
2.紅生姜を細かく刻む。
3.★を混ぜ合わせる。
4.【1】・【2】・【3】を混ぜ合わせる。
5.フライパンにサラダ油を熱し、【4】の卵液を流し込む。
6.固まってきたら形を整える。

5:イカの天丼とかき揚げ丼

このレシピでは、イカの天ぷらとかき揚げがあれば「イカの天丼とかき揚げ丼」になり、手に入ったのが海老の天ぷらとちくわの天ぷらなら「海老の天丼とちくわの天丼」になります。

つまり、具材は天ぷらであれば、種類を問いません。手に入った天ぷらを天丼のタレでからめてごはんの上に盛り付けるだけで、できあがります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
惣菜の天ぷら 適量
天丼のタレ(検索してね) 適量
ご飯 1人前
作り方
1.天丼のタレを用意する。
2.煮切ったタレに天ぷらを入れる。
3.少し煮詰めて絡める。
4.ご飯を盛り付け【3】の天ぷらをのせる。

6:かき揚げ蕎麦

本レシピでは、天ぷらもあらためて揚げていますが、作りおきのかき揚げや総菜売り場で購入してきたかき揚げなどがあれば、そばをゆでるだけの手間で「かき揚げそば」が作れます。

かき揚げは冷めてしまっていても、そばの熱々のつゆをかけるので、あらかじめ温めておかなくても大丈夫です。そばの上にかき揚げをのせ、つゆをかけるだけ、というお手軽メニューです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
蕎麦 1人前
桜エビと三つ葉のかき揚げ(検索してね) 1個
大葉とエビのかき揚げ(検索してね) 1個
長ネギ(小口切り) 1/4本
七味唐辛子 お好みで
【そばつゆ】 .
水 300ml
ダシの素 小さじ1
醤油 大さじ3
みりん 大さじ3
酒 小さじ1
砂糖 小さじ1
作り方
1.蕎麦を茹でたらゴシゴシ洗いまた温める(ポットのお湯をかける)。
2.天ぷらを揚げる。
3.【そばつゆを作る】
水を沸かして材料を全部入れてひと煮立ちさせる。
4.器に蕎麦を入れて天ぷら・長ネギをのせ、そばつゆを注ぐ。
5.お好みで七味唐辛子をかけて。

7:唐揚げ?かき揚げ?きんぴら鶏天

このレシピでは、「かき揚げ」の常識を打ち破ったかき揚げを作ります。通常かき揚げは、火の通り具合なども考慮して、平らに広げて揚げます。

このレシピでは、かき揚げを団子状に揚げます。火の通り具合は、いつものかき揚げ以上に注意して揚げるようにしましょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料
ささみ 3本170g
ごぼう 細め20cm 20g
玉ねぎ 小 1/2個 30g
三つ葉 12本くらい
人参 3cm 15g
麺つゆ3倍濃縮 大さじ1
おろし生姜 小さじ1
天ぷら粉 大さじ4くらい
塩 少々
揚げ油 適量
作り方
1.ささみ→筋を取り3cmくらいに切る
ごぼう・人参→千切り ごぼうは水にさらす
玉ねぎ→薄くスライス
三つ葉→2cmくらいに切る
2.ごぼうをザルにあげ、切った野菜をボールに入れ塩少々まぶして混ぜる
別のボールにささみに麺つゆ・生姜で下味をつける
20分置きました
3.しんなりした野菜・肉を合わせ 天ぷら粉を全体に混ぜ、肉の周りに野菜をくっつけ丸めてクッキングシートに置いていく
4.170度の油に③を優しく入れて 肉に火が通ったら油切りして出来上がりです。

8:パクチーとエビのかき揚げ

このレシピは、かき揚げの材料に、通常のかき揚げではあまり使われないパクチーを使っています。近年のパクチーブームで、「パクチー大好き」だという人は、ぜひとも試してみてください。

あえてかき揚げにするというレシピを思い浮かばなかったという人も多く、大好きなパクチーをかき揚げでも楽しめるのは、新たな発見となります。

Blockquote firstBlockquote second

材料
パクチー 数本
ニンジン 5cm位
玉ねぎ 1/4個位
小エビ 好きなだけ
市販天ぷら粉 適量
冷水 適量
揚げ油 適量
作り方
1.材料は細切りに、エビは細かく切ります。天ぷら粉は冷水で溶きます。
2.ボウルに入れた材料に、水で溶いた天ぷら粉を入れてよく混ぜます。
3.揚げ油を熱し、スプーンですくって静かに入れ、周りがカリッとなるまで中弱火で放置。カリッとなってきたらひっくり返します。
4.天つゆでもイケますが、お塩も美味しいです!

9:いわしと玉ねぎのかき揚げ

いわしというと、臭いがあるので少し調理が難しいイメージがありますが、油でからりと揚げてしまうので、かき揚げにしてもおいしくいただけます。

一般的なかき揚げでは面白みがないと感じるときなど、ちょっとしたアレンジとしてエビやイカの代わりにいわしを使ってみるのもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

材料
(2人分)
いわしのフィレ ‥‥4枚(2尾分)
玉ねぎ ‥‥1/2
黒ゴマ ‥‥大さじ1
酒・醤油 ‥‥各小さじ1
GABAN ターメリック<パウダー> ‥‥小さじ1強
小麦粉 ‥‥小さじ2
かき揚げの衣 ‥‥天ぷら粉・炭酸水(又は冷水)
揚げ油 ‥‥適宜
作り方
1 いわしは幅1センチの斜め切りにし、ボールに入れ酒・醤油で下味をつけます。
2 玉ねぎは5mmの幅に切り、いわし、黒ゴマ、クミン<パウダー>を合わせます。
3 いわしや玉ねぎに衣がよくからむよう小麦粉をまぶします。 
4 衣を合わせ、さっくり混ぜ合わせます。
5 170度〜180度の油温でからりと揚げます。

10:さっくさく・人参葉のかき揚げ

こちらのレシピも、普段は食材として使わないにんじんの葉を使ったかき揚げです。にんじんの葉を入手するのはなかなか難しいでしょう。

葉まで含めて販売している業者や、農家から直接にんじんを入手できる場合には、試してみてはいかがでしょうか。新しいかき揚げに出会えるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料
★小麦粉 100g
★ベーキングパウダー 5g
★酒 大さじ1
★水 200cc
★氷 2個
★マヨネーズ 小さじ1
作り方
細かく刻んだ人参葉 2本分くらい
刻んだ玉ねぎ 1/2個
刻んだ人参 1/4本
揚げ油 適量
1.★を混ぜて、天ぷら粉をつくります。
2.人参葉、玉ねぎ、人参などお好みの具材を混ぜて170度くらいの油で3分程揚げたら完成です(*´∀`*)

自宅で整ったかき揚げを揚げてみたい人におすすめ

エポラス すっきりかき揚げリング SKR-01
エポラス すっきりかき揚げリング SKR-01

¥ 1,296

口コミ

とてもいい商品なのですが、取っ手の短い商品がダイソーに置いてありショックです。

かき揚げを自宅で揚げると、どうしても具材が散らばってしまったり、団子状になってしまったりします。

クッキングペーパーなどを使って適量ずつ揚げるテクニックもありますが、「すっきりかき揚げリング」を使えば、簡単に丸いかき揚げを揚げることができます。

今まで散らばってしまうかき揚げに悩まされてきた、という人にはおすすめの一品です。

かき揚げの作り方のコツ3つ

かき揚げを使ったお手軽レシピ10選|作り方の3つのコツ

かき揚げのコツをご紹介する前に、そもそもかき揚げの「あるべき姿」とはどのような状態か考えてみましょう。

サクサク感を大切にしたい、野菜と魚介を一緒に食べる「味」の組み合わせを楽しみたいなど、人それぞれかき揚げに期待することは若干異なるでしょう。

ここでは、「材料」「揚げ方」「保存」という観点で、コツをご紹介します。

材料選びのコツ

かき揚げは「サクッ」とした食感がないと、がっかりしてしまいます。材料の面からも、天ぷらを作ったときに「サクッ」とした食感になる材料を選んで、かき揚げの具材としましょう。

かき揚げの具材の組み合わせとして、根菜と葉物など、異なる種類の野菜を組み合わせると食感が面白くなります。根菜類は火が通りにくいので、薄く小さめに切りましょう。

魚介類も、野菜と同じタイミングで火が通るよう大きさと厚さを調整しましょう。

揚げ方のコツ

かき揚げを揚げる油の温度は、火が通りにくい具材は170℃でじっくりと、それ以外の場合は180℃ぐらいで揚げます。

油の量は3cm程度の深さで構いません。少量ずつ揚げるのがコツです。途中、かき揚げの真ん中を菜箸で穴を開けると火の通りが早くなります。

油鍋から取り出したら、かき揚げを縦にして油をしっかり切るのが、サクサクのかき揚げにするコツです。

保存のコツ

かき揚げの油をしっかりと熱を取ってから冷凍保存しましょう。温かいうちに冷凍庫に入れてしまうと、衣がべたついてしまいます。

冷蔵庫内の温度を上げてしまい、ほかの冷凍品に影響を与えてしまうので、必ず冷めてから冷凍しましょう。

余分な油を吸い取る際は、クッキングペーパーがおすすめです。冷凍庫に入れるときは、アルミトレイなど熱伝導性の高い金属製の容器がおすすめです。短い時間で凍らせることができます。

かき揚げで手軽に美味しく

かき揚げを使ったお手軽レシピ10選|作り方の3つのコツ

かき揚げにはいろいろな食材を使うことができ、マンネリ化を防ぐことができます。作ったかき揚げは、冷凍保存しておけば、食事を用意する時間がないときなどに、便利に使うことができます。

いろいろな食材を使えるため、バランスよく栄養を取ることができ、使い勝手も良いので、かき揚げを積極的に日々のレシピに組み込んでみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

日々の食事作りは、食材を工夫したり調理環境を工夫したりすることで、手軽に時短ができます。以下の関連記事も参考に、毎日の食事作りが快適になるよう工夫してみましょう。

関連記事

Related