Search

検索したいワードを入力してください

着物収納ケースおすすめ人気ランキングTOP10|収納の注意点

Author nopic iconくまごろう
掃除 / 2019年02月22日
着物収納ケースおすすめ人気ランキングTOP10|収納の注意点

着物をコンパクトに収納するには

着物収納ケースおすすめ人気ランキングTOP10|収納の注意点

着物は日本古来の伝統的な衣装です。着物をきれいに管理するにはいくつかのポイントがあります。

着物の収納には、主に桐箪笥とプラスチック製のケースがあります。全ての着物を桐箪笥に入れられれば良いのですが、桐箪笥は大きく、値段も高価です。大事な着物は防湿に優れている桐箪笥、普段着や浴衣などはプラスチックケースに入れるなど、種類によって収納方法を変えると良いでしょう。

着物収納ケースおすすめ人気ランキングTOP10

着物収納ケースおすすめ人気ランキングTOP10|収納の注意点

着物を収納するのにおすすめの収納ケースTOP10をご紹介します。着物だけでなく、洋服や小物などを収納するのにも便利なケースや、持ち運びに便利なバッグタイプのものなど、さまざまな着物収納ケースがあります。

用途に合わせて使いやすい着物収納ケースを選びましょう。

第10位:コジット 洋服も入る着物バッグ

コジット 洋服も入る着物バッグ
コジット 洋服も入る着物バッグ

¥ 4,298

口コミ

お稽古に行く際使用してます。中の仕切りも多く、着物も安定して持ち運びし易いです。デザイン性も良く使い勝手も良いです。

コジットの洋服も入る着物バッグです。着物や付属品をまとめて収納、持ち運びができるバッグタイプです。撥水加工が施されているので、雨の日でも大事な着物を濡らさずに持ち運ぶことができます。

草履と折りたたみ傘は外側についているポケットに入れられるので、着物を汚さず全ての和装小物をまとめて持ち運ぶことができるのが特徴です。着付け教室に通うときや、冠婚葬祭に出席する時に便利な着物収納バッグです。

第9位:ベット下収納ボックス

ベット下収納ボックス
ベット下収納ボックス
口コミ

ベッドの下に収納しているのですが、 サイズがぴったりで助かりました。 材質的に湿気も吸収&乾燥してくれそう 気に入ってます。

ダンボール製の収納ケースです。ベッドの下に収まるサイズで、フタの真ん中に折り目が付いているのが特徴です。フタを半分だけ開けて中身を取り出すことができるので、ベッドの下からでも出し入れが簡単です。

着物だけでなく、洋服や靴などの収納にも適しています。インデックスシールが付属でついているので、分かりやすく収納することができます。

ダンボール製なので軽くて丈夫です。浴衣におすすめの着物収納ケースです。

第8位:桐収納 衣装箱 桐衣装ケース 1段

桐収納 衣装箱 桐衣装ケース 1段
桐収納 衣装箱 桐衣装ケース 1段

天然木桐材を使用した桐衣装ケースです。1段タイプから5段タイプまであり、4段と5段タイプにはキャスターが付いているので移動も簡単にできます。和室、洋室のどちらにもなじみやすいデザインなので、着物だけでなく洋服の収納にも使える衣装ケースです。

桐材は湿度を一定に保つ働きがあるので、湿気に弱い着物の収納に特に適しています。普段着用の着物や、お出かけ用の大事な着物を収納するのにおすすめの収納ケースです。

第7位:着物収納 桐たんす

着物収納 桐たんす たとう紙サイズ 4段チェスト キャスター付
着物収納 桐たんす たとう紙サイズ 4段チェスト キャスター付
口コミ

着物を入れるために、クローゼットに置きました。便利なので、もう一つ買おうかと思っています。

国産の着物収納桐たんすです。 桐天然木の無垢板を使用しているので、節のない木目と安定した色がきれいなデザインです。キャスターが付いているので、普段は押し入れにしまっておいて、使う時は簡単に引き出すことができます。

押し入れにぴったり入るコンパクトな収納ですが、1段に3枚から4枚の着物を入れることができます。たくさんの着物をコンパクトに収納したい人におすすめの桐箪笥です。

第6位:天馬 フィッツケース スリムボックス

天馬 フィッツケース スリムボックス
天馬 フィッツケース スリムボックス
口コミ

ベッド下が12cmしかなく、一般的な14cmのケースが入らなかったのですが、これはぴったりでした。2個買ってオフシーズンの服を収納したら、クローゼットに余裕が生まれました。

天馬のフィッツケーススリムボックスです。フタの向きを変えることでケースの高さを12cmと14cmに調節できるのが特徴です。狭い隙間に収納する時は12cmに、たくさん収納したい時には14cmにするなど、使い方によって高さを変えられるのが便利な収納ケースです。

見た目はスリムでコンパクトですが、着物と一緒に帯や襦袢などの和装道具を一式入れられる収納力を兼ね備えています。

第5位:アイリスオーヤマ モスボックス

アイリスオーヤマ モスボックス
アイリスオーヤマ モスボックス
口コミ

和服の収納用に購入しました。たとう紙から出して、一箱に余裕を持って5枚入れています。処分も簡単です。軽いしコンパクトなので、持ち運びや重ね置きに便利です。(原文ママ・一部抜粋)

アイリスオーヤマのモスボックスです。クローゼットや押し入れに収納できる無臭防虫剤入り、防カビ剤配合の収納ケースです。通気性が良く、湿気に弱い着物を収納するのに適しています。

段ボールを使ったクラフト素材なので、処分する時は資源ごみとしてリサイクルすることができます。シンプルな見た目で中身が見えないので、かさばる着物をすっきりと収納したい人におすすめの着物収納ケースです。

第4位:きもの持ち運びバッグ

きもの持ち運びバッグ
きもの持ち運びバッグ

¥ 1,980

口コミ

遠方の結婚式に着物を持っていきたくて購入しました。すぐ届いて、安く、品質もしっかりしています。正解の買い物でした。

軽くて大容量の不織布製着物収納バッグです。着物や帯など、和装一式を入れられるので持ち運びに便利です。

内側にずれ防止のベルトがついているのが特徴です。バッグの中でずれないので、着物がシワになりにくく、冠婚葬祭の出席時に重宝します。

不織布製なので手頃な価格が魅力です。持ち運びができ、このままクローゼットや押し入れに収納できるので、利用頻度の高い着物を収納する時におすすめです。

第3位:アイメディア炭入り消臭着物一式収納ケース

アイメディア 炭入り 消臭 着物一式収納ケース
アイメディア 炭入り 消臭 着物一式収納ケース

¥ 1,296

口コミ

着物の整理のために購入。重ねて置けるのでべんりです。クローゼット上のスペースに丁度良いサイズでした。

アイメディアの炭入り消臭着物一式収納ケースです。一部が透明窓になっているので、ファスナーを開けなくても中身を確認することができるのが特徴です。

コの字型に大きく開くファスナーは着物の出し入れに便利です。底板と側面板により見た目以上の強度があるので、重ねて置くことも可能です。

持ち手が横についているので持ち上げやすく、使わない時は高いところに収納することもできます。

第2位:コジット 竹炭着物収納ケース 2層式

コジット 竹炭着物収納ケース 2層式
コジット 竹炭着物収納ケース 2層式

¥ 2,138

口コミ

着物の整理に購入。2段は使いにくいとの事ですが、よく使うものを上にとか考えて使えば結構便利です。 埃が被らず軽くてまぁまぁ使いやすいと思います。

コジットの竹炭着物収納ケースです。上下の2層に分かれているので、種類別に仕分けることができるのが特徴です。上段には和装小物、下段には着物を収納するなど、着物道具一式をまとめて収納できます。

竹炭入りのケースは匂いやカビを防ぎ、大事な着物を清潔に収納することができます。通気性、吸湿性の良い素材は、管理の難しい着物にピッタリです。使わない時にはコンパクトにたたむことができるので場所を取りません。

第1位:アストロ 着物収納ケース 5枚組

アストロ 着物収納ケース
アストロ 着物収納ケース

¥ 1,880

口コミ

これは便利です。着物の収納ダンスの持ち合わせがないし、タンスを入れる部屋もないのでありがたいです。

アストロの着物収納ケースです。通気性が良く丈夫な不織布製の着物収納袋です。コの字型のファスナーで着物の出し入れが簡単にできます。不織布は軽くて通気性が良い上に、ほこりを通さない素材なので、湿気や空気がこもらないのが特徴です。

たとう紙に比べて破れにくく扱いやすいです。非常にコンパクトで低価格なため、気軽に使うことができる人気の着物収納袋です。普段着や浴衣の収納におすすめです。

たとう紙できれいに着物収納

(美濃和紙) たとう紙 きもの用 おあつらえ
(美濃和紙) たとう紙 きもの用 おあつらえ

¥ 975

口コミ

素敵なたとう紙なので、浴衣や普段着物も大切にしまって、季節を着替えたいと思いました。 着物を大切にする気持ちは、着物にも伝わりそうです。

たとう紙は着物を包んで保管するための紙です。吸湿性に優れ、カビや変色を防ぐのに効果的です。上質な美濃和紙を使用していて、高級感のある見た目が特徴です。

たとう紙は日本で古くから使われている着物の保管方法で、湿気に弱い着物の収納に最適です。ですが、虫がつくことがあるので定期的な交換が必要です。大切な着物はたとう紙に包んで桐箱に収納するのがおすすめです。

着物を収納する際の注意点

着物収納ケースおすすめ人気ランキングTOP10|収納の注意点

着物は大切に扱えば長くきれいに使うことができます。収納する時にも、正しい方法で収納することが重要です。

着物を傷めないたたみ方や、虫への対策など、着物を長持ちさせるためのテクニックをご紹介します。大切な着物をきれいに保管しましょう。

注意点1:たたみ方

着物は正しくたたまないとシワができたり、生地が傷んだりすることがあります。着物をたたむときは、汚れを防ぐために広くて明るい場所にたとう紙などを敷きましょう。

左手側に衿肩、右手側に裾がくるように置くとたたみやすいです。晴れ着や礼服など、模様や紋がついている着物は、凹凸の形がつくことがあるので、模様の部分に薄い紙をあてると良いでしょう。

衿肩をきれいに折り、衿丈を伸ばして整えることがポイントです。

注意点2:防虫・防カビ

着物は湿気に弱くカビが生えてしまうと着れなくなってしまいます。風通しの良いところで保管し、カビを防ぎましょう。

防虫剤は無臭タイプのものがおすすめです。また、防虫剤は同じ種類のものを使うことがポイントです。複数の防虫剤を混ぜて使うと、防虫剤の成分が化学反応を起こし、着物にシミができてしまうことがあります。

防虫のために、ウールなどの虫がつきやすい衣服とは収納を分けて、汗や汚れは早めに取り除きましょう。

注意点3:汚れ落とし

着物が汚れてしまった時は、できるだけ早く対処することが重要です。液体汚れの場合は、汚れた時にハンカチやティッシュで上から優しく押さえ拭きしましょう。強く押さえたり、こすったりすると、着物に汚れがしみついてしまいます。

着物の汚れは基本的に水で拭き取るようにしましょう。水だけで汚れが落ちない場合は、薄めた中性洗剤でたたくように拭き取ります。着物はデリケートな衣類なので、汚れ落としも慎重に行いましょう。

着物は収納ケースでコンパクトに整理しよう

扱いの難しい着物ですが、丁寧に管理をしていれば長く使うことができます。小さくたたむことができないので、収納ケースに入れてコンパクトに整理しましょう。使う時にきれいに着られるように、普段から防虫、防カビに気を付け、定期的にチェックすることが大切です。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

収納上手な人は、きれいに見せるコツを知っています。見せる収納や使いやすい収納など、さまざまな収納術があります。

片付けが苦手で、部屋がごちゃごちゃしてしまう人でも、少しの工夫ですっきりと収納することができます。収納のコツを知って、快適な空間を作りましょう。

関連記事

Related