Search

検索したいワードを入力してください

顔の形は5種類!顔の形ごとに合うメイクを紹介します

Author nopic iconばあむ
メイク・コスメ / 2019年02月14日
顔の形は5種類!顔の形ごとに合うメイクを紹介します

顔の形は大きく5つに分かれる

人の顔の形は十人十色ですが、特徴別に「卵型」「丸顔型」「面長型」「三角型」「四角型」と大きく5つにわけられます。

自分の顔の形がどの顔型に分類されるのかを知っていると、ヘアスタイルやメイクをより楽しめます。

顔の形にコンプレックスがある方も、それぞれの顔の形別対策法を知って、もっと魅力的になりましょう。

自分の顔の形を診断しよう

自分で顔の形を診断する場合、卵型を基準に、顔の縦横の比率で分類します。

目と口までの幅と、目じりから目じりの間の比率が1:1が卵型の特徴です。縦幅の方が長いと面長、横幅が長いと丸顔です。額が広くあごがシャープだと三角型、額が広くえらが張り気味だと四角型です。

ご自身の顔の形も測ってみましょう。

顔の形に合うおすすめメイク術5つ

顔の形によって似合うメイクが違っており、理想の顔の形に近づくようメイクで微調整をします。

卵型の顔の形が理想と言われており、それぞれの顔の形の特徴に合わせて、シェーディングやハイライト、チークの位置で顔の印象を調整してゆきます。

一度ゲットスレばずっと使えるメイクテクニックなので、ぜひご自身の顔の形にあったメイクを研究してみてください。

1:卵型におすすめのメイク術

5タイプの顔の形の中で、卵型が一番理想だとされています。卵型の顔の人は、どんなメイクやヘアスタイルも似合いますから、どんどん新しいスタイルにチャレンジしてみてください。

アップスタイルで顔の形を強調するスタイルも、卵型さんだけの特権です。

すべての顔型のメイクテクニックが、卵型さんには使えます。気になる顔のパーツがあるなら、他の顔型さんのテクニックを応用しましょう。

2:丸顔型におすすめのメイク術

幼い印象の丸顔型さんは、シャープで大人っぽさを意識するとバランスが取れます。丸顔型さんは、顔の比率が縦よりも横の方が長いのが特徴です。

顔の中心部にはハイライトを、顔の周りにはシェーディングをしっかり入れ、立体感を出します。

チークも、髪の生え際から斜めに入れます。幅は細めに、黒目の外側に入れて、よりシャープさを出します。

眉は並行眉気味で、眉山に角度をつけてキリッとした印象にしましょう。

3:面長型におすすめのメイク術

大人っぽい顔立ちの面長さんは、顔に余白ができないメイクをします。

小顔を狙ってシェーディングを頬に入れると顔の長さが目立つため、額の髪の生え際とあごに入れます。

チークも高めの位置に、横長の楕円に入れます。眉はやや太目で並行アーチが似合います。

頬の余白を埋めるよう、下まつ毛までマスカラを塗りましょう。リップも上唇をオーバーリップ気味に塗ります。ポイントメイクを味方につけましょう。

4:三角型におすすめのメイク術

三角型さんは、あごがシャープでカッコイイ印象です。額とあごの先にシェーディング入れて顔形を丸く見せます。

チークは頬の一番高い位置から低い位置にかけて、丸く広めに入れると、かわいい印象になります。

かわいい印象にしたいなら眉は短めアーチに、キレイ系にするなら眉尻を長めに書きましょう。

5:四角型におすすめのメイク術

四角型さんはあごが短いため、顔の縦の長さが短く見えがちです。顔の余白を埋めるように色を乗せましょう。


また顔がフラットに見えがちですから、額、目の下、あごにハイライトを入れ、チークもやや大きめの楕円に入れます。

シェーディングは額と顔回りに乗せ、小顔効果を作ります。

ヘアスタイルもトップにボリュームをつくり、顔の縦幅を強調するとよく似合います。

自分にあった美を求める人におすすめのスキンケア

天然成分にこだわる自然派化粧品のブランド、エトヴォスのスキンケアラインはもうお試しになられましたか。素材にこだだわった人型セラミドが配合されており、一度使うと、そのうるおい感を翌朝実感できると人気です。

スキンケアのモイスチャーラインの試供品サイズも販売されています。まずは2週間試してみましょう。

顔の形の特徴5つ

顔の形は「卵型」「丸顔型」「面長型」「三角型」「四角型」と5つの種類に分類されており、それぞれに特徴が違います。

「卵型」を基本として、顔の横幅が長いのが「丸顔型」、縦幅が長いのが「面長型」、額が広くあごがシャープなのが「三角型」、額が広くえらが張り気味なのが「四角型」だと言われています。

ご自身の顔の形がどの特徴に当てはまるのか、参考にしてみてください。

1:卵型

卵型は、顔の形の理想形だと言われています。眉から口までの幅と、両頬の幅が1:1で、どんなヘアメイクも似合うのが特徴です。

前髪をあげると卵を逆にしたようなシルエットです。顔のパーツの位置が理想形なので、丸みのあるイメージですが、立体感もあり、小顔に見えます。

2:丸顔型

丸型さんは、顔の横幅より縦幅の方が比率が長いのが特徴です。顔が横長で丸く見えると、幼くかわいらしい印象です。年齢を重ねても若く見える方が多く、優しい雰囲気と相まって、羨ましがられる存在です。

幼く見られがちなので、ヘアメイクは大人っぽくシャープにしても、バランスが取れて素敵です。オシャレの幅が広いのも特徴です。

3:面長型

面長型さんは、顔の縦の長さが横幅よりも長く、大人っぽく落ち着いた印象を持たれやすいのが特徴です。

子どもは丸顔で鼻が短く上向きです。大人は鼻が長く下を向くので、面長型さんは大人の特徴が濃く、クールに見られます。

ヘアメイクは大人っぽい印象を活かして落ち着いたクールな雰囲気か、顔の横幅を強調するヘアメイクで面長を隠すのか二つのパターンがあります。その人のキャラクターに似合う雰囲気づくりをしましょう。

4:三角型

三角顔さんはハチと呼ばれる頭の出っ張りが目立ち、あごがシャープです。えらが張っていることを気にする人も多いので、華奢なあごは人から憧れられる特徴です。

顔立ちのシャープさは、クールなイメージと結びつきやすいため、かわいい雰囲気が好きな方には工夫が必要です。

トップにボリュームをつくり、顔の下でカールを強めに作ると、顔のシャープさが目立ちません。

5:四角型

四角顔さんは額が広めで、えらが張り気味で、直線的なイメージを持たれやすいのが特徴です。顔の形をカバーするなら、トップにボリュームをつくり、全体的にひし形のシルエットをイメージしましょう。前髪もバングスタイルではなく、横に流す感じが似合います。

クールなイメージの美人を目指しましょう。

自分の顔の形に合うメイクをしていこう

ヘアメイクのトレンドを取り入れることもおしゃれの楽しみですが、まずは自分の顔の形にあった、自分らしいおしゃれを確立するのが大前提です。

自分に似合う、自分のスタイルがある女性は、それだけでステキで憧れられる存在です。自分のスタイルを持った上で、トレンドを取り入れるとカッコよく決まります。

自分の顔の形を冷静に判断するのが難しいなら、プロの目で診断してもらうのも手です。骨格診断を受けてみましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

自分の顔の形にあったおしゃれをもっと深くしって、女子力をあげてみませんか。

男性から見た「モテる髪型」研究や、若い頃の顔の形のまま維持する顔体操の記事をご紹介します。

顔の形を知った上で、おしゃれの幅を広げてみてください。

関連記事

Related