Search

検索したいワードを入力してください

電子レンジでアルミホイルを使えない2つの理由|使えない容器

Author nopic iconかの
雑学 / 2019年02月19日
電子レンジでアルミホイルを使えない2つの理由|使えない容器

電子レンジのしくみ

電子レンジはなぜ食材を温められるのかご存じでしょうか。日常的に使用する電子レンジではありますが、その仕組みやどうして温まるのか考えて使用している人は少ないでしょう。

電子レンジはマイクロウエーブと呼ばれる電子波を送り、水の分子を振動させてぶつかり合わせ、その摩擦によって中に入れた食材を温めています。

電子レンジでアルミホイルを使えない2つの理由

アルミホイルやアルミ製の容器を電子レンジに入れて温めると発火したり温めたりできない場合があります。

最近では電子レンジが使えない容器も以前に比べて少なくなってきましたが、アルミホイルは調理に使うことも多く、調理に電子レンジを利用する方にとってはアルミホイルが使えないと不便です。では、なぜ電子レンジはアルミホイルが使えないのでしょうか、その理由について調べてみました。

理由1:火花が出る

アルミホイルは金属を薄く引き伸ばして作られています。電子レンジは中に入れた食品に含まれる水分を振動させて加熱する仕組みになっていますので、アルミホイルのような金属にマイクロウェーブがあたると、電流が流れて発火する恐れがあります。

雷に打たれた時と同じように、中をとおる電流が出口を求めて先のとがった部分から逃げ出そうとして、火花が出て食材に燃え移り火事の原因になる場合があるため大変危険です。

理由2:温められない

電子レンジから放出されたマイクロウエーブは、アルミホイルが全て吸収してしまうので温められません。

先ほどもお話ししたように、電子レンジは食材の中に含まれる水分を振動させて摩擦熱で加熱する仕組みになっていますので、マイクロウエーブが電流となって吸収されてしまうアルミホイルに食べ物を包んでいると食材を温めることができなくなります。

アルミホイル以外でも使えない7つ容器

電子レンジが使えない容器はアルミホイル以外にもあります。電子レンジは素材に含まれる水分を利用して加熱するものですので、水分を含んだ容器は電子レンジで加熱することはできませんので注意しましょう。

電子レンジが使えない容器は、おもに次の7種類のものになります。電子レンジを使用する時は、電子レンジが使える容器かどうかを確認してから使用しましょう。

1:金で柄が書かれた食器

金で文字が書かれていたり模様が描かれているおしゃれな食器を利用している方は、電子レンジが使えないので注意しましょう。

アルミホイルと同じように金は金属ですので、電子レンジから発せられるマイクロウエーブが当たると電流が発生し火花が出ることがあります。

また、電流の熱に耐えきれず、金で描かれた文字や模様が衝撃ではじけ飛んでしまうことがありますので注意しましょう。

2:耐熱性のない容器

耐熱性のないガラス容器などは電子レンジに入れると割れてしまうことがあります。時間が短かければ熱に耐えることもできますが、何度も電子レンジで過熱しているとひび割れてしまうことがあります。

また、樹脂でできた容器は、種類によって耐熱温度が違いますので注意しましょう。電子レンジは加熱すると 100度以上になることもあります。そのため、耐熱温度が低いシリコンや樹脂製の容器は電子レンジに入れて温めてはいけません。

3:耐熱性のない陶器・磁器・漆器

陶磁器は窯に入れて熱を加えて作るものですが、電子レンジとは違い、徐々に温度を上げて作るものですので、電子レンジのように短い時間で加熱する場合はその熱に耐えられず爆発することもあり大変危険です。

漆器は木製のものに漆で色を塗っているものですので、熱を加えると塗りが剥げてしまいますので電子レンジを使わないようにしましょう。

4:カップ麺

カップ麺のフタは裏側がアルミ製になっていることがありますので、カップ麺を電子レンジで加熱することはできません。

ただの紙だと勘違いして電子レンジで加熱しようとすると、発火して火事になる恐れがあり大変危険です。最近では電子レンジを使って加熱調理するものもありますが、カップ麺は蓋がアルミでできていることがほとんどですので、調理方法を確認したうえで電子レンジを使いましょう。

5:アルミ製おかずカップ

アルミ製のおかずカップもアルミホイルと同じく電子レンジで加熱するのは控えましょう。アルミ製のおかずカップを電子レンジで加熱すると火花が出て破裂する場合もあり、温められた容器から有害物質が流れ出し体に害を及ぼす危険もあります。

アルミ製のおかずカップの場合は、中の食材を鍋に開けて加熱するなどほかの方法で温めてください。

6:レトルト食品

電子レンジを使って調理するレトルト食品であれば電子レンジを使っても構いませんが、特に記載のない場合は電子レンジで加熱しないようにしましょう。

レトルト食品は容器がアルミでできているものも多く、お湯を使って温めるタイプのレトルト食品は、熱を通しやすくするため、アルミでできているものがほとんどです。その場合に電子レンジで温めると中で爆発してしまうことがあります。

7:鍋焼きうどん

鍋焼きうどんは容器がアルミ製でできているものもありますので、電子レンジを使わないでください。

容器がアルミ製の鍋焼きうどんは、基本的にそのままガス台にかけて火を加え加熱調理するものですので、電子レンジを使わないようにしましょう。

アルミ製の容器に入れられた鍋焼きうどんは、電子レンジに入れると火花が出て食材に燃え移ることがあります。

電子レンジを使ってレパートリーを増やそう

電子レンジ簡単レシピ100+
電子レンジ簡単レシピ100+

¥ 1,058

口コミ

料理下手な方でも簡単に美味しく作れるレシピばかりで使いやすいレシピ本です。ガスを使わないので焦げる心配もなく、安心という点でもおすすめです。

電子レンジを使えば調理時間も短くてすみ、フライパンやお鍋などの調理器具も最小限ですませられますので、後片付けの時短にも役立ちます。

電子レンジは「温め」しか使ったことがないという方は少なくありません。しかし、電子レンジで作れる料理はたくさんありますので、ぜひ電子レンジを上手に利用しましょう。

電子レンジでアルミホイルを使うには

アルミホイルは基本的に電子レンジに入れて加熱することはできません。以前は電子レンジは暖め機能しか付いていないものが多くありましたが、最近の電子レンジは多機能ですので、設定を変えるとアルミホイルを使うことができます。

オーブン機能

電子レンジでアルミでできた容器やアルミホイルに包んで加熱したい場合には、オーブン機能を使いましょう。オーブン機能はヒーターの熱で加熱する仕組みになっていて、レンジ機能とは温め方が違いますので、アルミが使われた容器であっても調理することができます。

ただし、オーブン機能を使う場合は、アルミホイルはつかえてもラップをつけたまま加熱することはできませんので注意して下さい。

トースター機能

アルミホイルを電子レンジで加熱するには、オーブン機能のほかにもトースター機能を使えば温めることができます。パン焼き機を想像していただければわかりますが、トースター機能を使うときにはアルミホイルが、熱部分に当たらないよう注意しましょう。

アルミホイルが大きすぎたり、折れ曲がって電熱部分にあたると発火する恐れがあります。電子レンジの中に入れるときはアルミホイルが当たっていないかどうか必ず確認しましょう。

電子レンジは安全に使おう

電子レンジは、正しい使い方をすれば家事の時短にもなり便利です。電子レンジを利用して加熱すれば、野菜などのビタミン豊富な食材でも栄養素を壊すことなく調理できます。

電子レンジを使ったレシピ本やレシピを紹介するサイトなどなども多くありますので、電子レンジを上手に使ってレパートリーを増やしたり、楽しくお料理しましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう

電子レンジを使えば色々な料理に利用できます。例えば食材を冷凍すればまとめ買いにも便利で、お料理したものをそのまま冷凍すれば電子レンジで解凍するだけで食べることができるなど大変便利です。

また、電子レンジ以外にも炊飯器などほかの調理器具を使えばお料理の幅を広げられます。次の記事では食品の冷凍方法や解凍方法、炊飯器を使った調理方法が紹介されていますので、ぜひ併せてご覧になって参考にしてみてください。