Search

検索したいワードを入力してください

グラタン作りのオーブン温度と焼時間|おすすめのレシピ7選

Author nopic iconmyu-myuu
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年11月21日

更新日:2020年03月07日

記載されている内容は2018年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

グラタン作りのオーブン温度と焼時間|おすすめのレシピ7選

寒い日に食べたくなるグラタン

グラタン作りのオーブン温度と焼時間|おすすめのレシピ7選
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com/photo/437779/

熱々でとろりとしたグラタンは、寒い日に食べたくなる人も多いことでしょう。温かいグラタンは寒い日の料理にぴったりですので、ぜひできたてを食べてみてください。大皿で作れば、皆で分け合いながら一緒に食べられるのもグラタン良いところです。

今回の記事では、グラタンの基本的なことからアレンジレシピまでたくさんご紹介していますので、グラタン料理が初めての人も参考にしてみてください。

オーブンで美味しく作るのは意外と難しい

オーブンでグラタンを作る場合、1度中に入れてしまうと途中で開けにくいため、焼き時間や温度に悩む人も多いことでしょう。せっかくうまく焼けていても、オーブンを開けるのが遅すぎると余熱で焼け過ぎてしまうこともあります。

初心者が自分でアレンジグラタンを作ろうとすると、失敗してしまう可能性があります。慣れれば便利ですが、意外に難しいのがオーブンで作るグラタンです。

グラタンをオーブンで作る場合の温度や焼き時間

オーブンで美味しいグラタンを作るには、オーブンの設定温度焼き時間がポイントです。グラタンを作るときに必要な温度や焼き時間などを詳しくご説明していますので、初めてオーブンで作る人も安心してください。

レシピにはない、オリジナルグラタンを作りたい人もぜひチェックしてみてください。

最適な温度

オーブンでグラタンを作るときのおすすめ温度は、200度から250度の高温です。 高温で焼き上げることにより、中は熱々で表面に少し焦げ目のついたグラタンを作ることができます。

高温にすれば時短になるというわけではありませんので、高温にし過ぎて焦がさないようにしましょう。怖い場合は、低めの温度でじっくり焼いてみてください。

最適な焼き時間

オーブンのグラタンの焼き時間は、約15分から20分です。1人分など小さな容器の場合は短い時間でも焼き上がりますが、大きな容器で作る場合は長めに設定しておきましょう。

20分経っても焼き目がついていなかったり中が冷たかったりする場合は、3分から5分ほど追加してみてください。やり過ぎると焦げつく可能性がありますので注意しましょう。

うまく焼くポイント

グラタンを作るとき、すでに中身が熱くなっているものをオーブンに入れる場合は、3分から5分でも美味しいグラタンになります。一旦冷蔵庫で冷ましていた場合は、時間が短いと中身が冷たいままになることがありますので注意しましょう。

予熱が重要

オーブンを使う前に、しっかり予熱しておくことが重要です。予熱がきちんとできていないと、中身は冷たいままということがあります。予熱なしで全体をムラなく焼くためには焼き時間を長くしなければならないため、今度は表面が乾燥してしまいます。

オーブンで作るおすすめグラタン料理7選

オーブンで作る美味しいおすすめのグラタンを、全部で7つご紹介します。オーブンで作る場合は、大きめの容器でも作りやすいのがポイントです。同時に2種類作りたいときや、パーティーでたくさん作りたいときなどにも活用してみてください。

初心者でも簡単に作れるグラタンばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

1:タラバガニときのこのクリームグラタン

こちらのレシピは、オーブンで作るタラバガニのグラタンです。タラバガニの身だけでなく、タラバガニの甲羅も使っていますので、存分にカニを堪能したい人におすすめです。

豪華な見た目に仕上がりますので、誕生日やクリスマスなど、特別な日に作ってみてください。タラバガニ以外はすぐに手に入る材料ばかりです。

Blockquote firstBlockquote second

〈材 料〉
・タラバガニの身 200g強
・しめじ 1パック
・玉ネギ 1個
・バター 2かけ
・オリーブオイル 小さじ2
・白ワイン 大さじ1くらい

・牛乳 300cc
・小麦粉 大さじ3
・塩コショウ 少々
・ホワイトペッパー 少々
※無くても可

・ピザチーズ 適量
・粉末パセリ 適量

〈作り方〉
○下ごしらえ:玉ネギを少し薄めに切っておく

① バター・オリーブ油を入れたフライパンを熱し、溶けたら玉ネギを入れて炒め、
しめじ・白ワインを入れて全体的に炒めたら弱火して、10分くらい蓋をして玉ネギを柔らかくする
② 玉ネギが柔らかくなっていたら、茶こしで小麦粉をトントンと全体的にふるい、
具に混ぜ合わせる
③ 次に牛乳を300ccの半分150cc入れ、中火でよく混ぜながらグツグツと少しいいだしたら
残りの半分も入れて、さらに混ぜ、タラバガニを入れて、なめらかになるまで煮る
④ タラバガニ甲羅をグラタン皿にして、その中に、③を流し入れ、
その上の中央あたりにチーズ→その周りに少々の蟹の身を乗せ、オーブン余熱アリ250度
10分ほど(チーズが色付いたくらい)焼いて、粉末パセリを振り掛けたら完成☆

2:エビのポテトグラタン

こちらは、オーブンで作るエビがたっぷり入った海鮮系グラタンです。ほくほくしたじゃがいもと、プリプリのエビの食感を楽しむことができます。ポイントは、じゃがいもをそのまま入れるのではなく、マッシュして他の具材と混ぜ合わせているところです。

また仕上げにレモン果汁を掛けることで、さっぱりとした味にすることができます。エビは飾り用に数個取っておき、最後に上に飾ると豪華に見えます。

Blockquote firstBlockquote second

材料(3~4人分)
エビ 150g
じゃがいも 3個
ズッキーニ 1/2本
★生クリーム 大さじ5
★粉チーズ 大さじ2
★オリーブオイル
  大さじ1
★塩・こしょう 適量
粉チーズ
(仕上げ用)適量
レモン果汁 適量

エビはぶつ切りに、ズッキーニは1cm角程度に切る。フライパンに油を熱し、エビとズッキーニを軽く炒めて、塩・こしょうで味つけする。
エビは飾り用に数尾残しておいてもいいです。
①エビはぶつ切りに、ズッキーニは1cm角程度に切る。
フライパンに油(分量外)を熱し、エビとズッキーニを軽く炒めて、塩・こしょうで味つけする。じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切ってゆでる。やわらかくなったらお湯をこぼし、ボウルに入れてマッシュする。①と★の材料を加えて混ぜ合わせる。
②じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切ってゆでる。
やわらかくなったらお湯をこぼし、ボウルに入れてマッシュする。
①と★の材料を加えて混ぜ合わせる。
耐熱皿に平らになるように入れ、塩・こしょう、お好みで粉チーズを振って、200度のオーブンで約15分焼く。
③耐熱皿に平らになるように入れ、塩・こしょう、お好みで粉チーズを振って、200度のオーブンで約15分焼く。
レモン果汁を全体にちょっとずつかけたら出来上がり♪

3:かぶとカジキのカマンベールチーズグラタン

こちらは、カジキマグロをたっぷり使った本格的なグラタンです。見た目や食感をよくするためにも、下準備を丁寧にしましょう。カジキマグロを使ったグラタンは珍しいため、いつもと違うグラタンを作りたいという人におすすめです。

ポイントは、カマンベールやブルーチーズなどで濃厚に仕上げているところです。ワインにもよく合うことでしょう。少し手間が掛かりますので、休日のメニューにおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

葉付きのかぶ…3個
(かぶ用)オリーブ油…小さじ1
カジキマグロ…200g前後
(a)塩…少々
(a)ブラックペッパー…少々
(a)白ワイン…小さじ1
カマンベールチーズ…50g(カットされているものだと楽)
ブルーチーズ…8g
(オーブン前に全体にまわしかける用)オリーブ油…適量
(飾り用)パセリ…適量

下準備
かぶ
茎と葉…1cm幅に幅に切る
根…皮を剥いて5mm幅の半月切り
カジキ
カブの大きさに合わせて切る(厚みがあればスライス)
(a)の調味料で下味を付ける
チーズ類
カマンベールチーズ…放射状に12等分
ブルーチーズ…5mm角くらいにカット(今回は手に入らなかったので、ピザ用チーズで代用)

作り方
かぶの根はレンジココットに入れて、フタをして電子レンジ600W3分加熱(ヘルシオだと3分だと長すぎたようで、若干崩れたので2分くらいでもいいかも)
加熱したものは別の器に取り出しておきます。
下味をつけたカジキマグロはスノコを敷いたココットに入れて、フタをして電子レンジ600W1分程度加熱。
スノコごと別の器に取り出しておきます。
最後にオーブンで加熱するので、中まで加熱されていなくても大丈夫です。
かぶの茎と葉は、ココットに入れオリーブ油(小さじ1)をかけ軽く混ぜます。
カブの葉や茎は緑黄色野菜に当たるそうで、油と混ぜることでより吸収がよくなります!
フタをして電子レンジ600W1分程度加熱してひと混ぜしておきます。
この段階で、オーブンに予熱を入れておきます(200℃)。
オーブンに掛ける前に、ココットのシリコンカバーを外します。
加熱したかぶの葉の上に、かぶの根とカジキマグロをきれいに並べます(見た目のきれいさにつながるので丁寧に!)
オリーブ油をまわしかけフタをしないでオーブンで5分加熱する。
オーブンに掛ける前に、ココットのシリコンカバーを外します。
加熱したかぶの葉の上に、かぶの根とカジキマグロをきれいに並べます(見た目のきれいさにつながるので丁寧に!)
オリーブ油をまわしかけフタをしないでオーブンで5分加熱する。
チーズが柔らかくなるまで3~4分加熱します。
私はチーズに焦げ目を付けたかったので、230度に上げて5分ほど加熱しました。
お好みで飾り用のパセリを乗せたら完成!

4:シーフードグラタンパイ

こちらは、冷凍パイシートを使って作るパイグラタンのレシピです。タルト型のグラタンができ上がりますので、好きな量を切り分けて食べることができます。見た目がおしゃれですので、お客さんが来たときに出すと喜ばれることでしょう。

冷凍シーフドミックスやホールコーン缶など、すぐに買える材料でできますので、初心者でも挑戦しやすいです。

Blockquote firstBlockquote second

タルト型 18cm
・冷凍パイシート… 2枚
・じゃがいも… 大 1個
・冷凍シーフードミックス… 150g
・ホールコーン缶… 適量
・ピザ用チーズ… 適量

調味料

[炒め用]
・バター… 大さじ1弱
・白ワイン… 大さじ1弱
・塩コショウ… 適量

[ホワイトソース用]
・バター… 30g
・小麦粉… 30g
・牛乳… 300ml
・塩… 適量

① 冷凍パイシートは、軽く打ち粉をした台の上に10~15分おき、2枚のつなぎ目を重ねて麺棒で型の2~3周りほどの大きさに広げます
② ①を型にゆるく敷いてはりつけ、麺棒で表面を転がし周りの生地を外し、底にフォークで穴をあけ冷蔵庫で15分ほどおきます
③ じゃがいもは、1cm角に切り水にさっとさらし、竹串が通る程度に茹でざるに上げ水気を切ります
④ 冷凍シーフードミックスはあらかじめ解凍し、塩水でさっと洗い水気を拭き取ります
⑤ バターで③・ホールコーン缶をつやよく炒め、さらに②を入れさっと炒め、白ワインを回し入れ汁気がなくなるまで炒め塩コショウをします
⑥ オーブンを200℃に温め、②に重しをのせて15分焼きます
⑦ フライパンにバターを入れ弱火にかけ溶けてきたら、小麦粉を振るい入れとろっとするまで炒めます
⑧ 牛乳を100mlずつを加え、泡立て器でかき混ぜながら煮て、⑤を入れ塩で味を調えます
⑨ オーブンを200℃に温め、⑥に⑧を入れ平らに広げピザ用チーズをのせ、25分ほど焼いて完成!

5:りんごグラタン

こちらは、りんごを豪快に使ったグラタンです。オーブンでしっかりと焼き上げることにより、軟らかくてジューシーなりんごグラタンを楽しむことができます。

りんごの中には、ハム、アーモンド、らっきょうなどを混ぜて作った卵サラダが入っています。子どもと食べる場合は、らっきょうを除いても良いでしょう。りんごがたくさん手に入ったらぜひ挑戦してみてください。皆が驚くこと間違いなしです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料・2人分】
 ■リンゴ・・・1個
 ■ピザ用チーズ・・・適宜
 ■乾燥パセリ・・・少々        
 ≪たまごサラダ≫
 ■茹で卵・・・1個   
 ■ハム・・・2枚(20g) *** 縦に4等分し、5~7㎜幅の短冊状に切る  
 ■らっきょう・・・3個 *** 粗目のみじん切りにする 
 ■炒りアーモンド・・・3個 *** 包丁の背で細かく潰しておく
 ●マヨネーズ・・・大さじ1.5~2
 ●塩・ブラックペッパー・・・各少々

【作り方】
①卵サラダを作ります。ボウルに茹で卵を入れ、フォークで粗目に潰し、ハム、らっきょう、アーモンド、マヨネーズ を加えて混ぜ、 塩・コショウで味を調えます。
②りんごは縦半分に切り、芯の部分をスプーンでくり抜きます。
③くり抜いたところに①を詰め、上にチーズをのせてアルミホイルで下から包みます。※蓋はしません                   
④180℃に余熱したオーブンで約30分焼きます。
⑤皿に盛り付け、上から軽く塩とブラックペッパー、乾燥パセリを散らします。
※塩とブラックペッパーはお好みでどうぞ

6:トマトグラタン

こちらのグラタンは、作業が少なくとても簡単にできますので、初心者や時間のない人におすすめです。トマトを切る以外は、ウインナーを並べたりチーズを載せたりしてオーブンに入れるだけです。市販のミートソースを使うことで、簡単でも濃厚なグラタンに仕上げることができます。

時短料理ですので、忙しい朝にもおすすめです。余ったらお弁当に入れても良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

トマト 1人1個
市販のミートソース 1人分
ウインナー 3本
とろけるチーズ 適宜

1.トマトを5mm厚さに切って、グラタン皿に平たく入れる
2.ミートソースをかけて、ウインナーを並べ、溶けるチーズを乗せる
3.230℃のオーブンで20分焼いて出来あがり!

7:里芋とベーコングラタン

こちらは、じゃがいもではなく里芋を使ったグラタンのレシピです。里芋を使うことで、季節感のあるグラタンになります。具材は里芋の他にむきエビやコーン、ベーコンなどが入っていますので、グラタンだけでも満足感があることでしょう。

里芋を扱うときは、手にぬめりがついたままだと痒くなったり荒れてしまったりすることがありますので注意しましょう。簡単に作りたい場合は、ホワイトソースは市販のものを使っても大丈夫です。

Blockquote firstBlockquote second

【里芋とベーコンのグラタン】
《材料》3〜4皿分
・里芋 7個
・スライスベーコン 34g
・玉ねぎ 1/2個
・しめじ 1/2株
・むきエビ 12個
・酒 少々
・片栗粉 少々
・とけるチーズ 適量
・コーン 大さじ3
・お好みでパセリ 少々
※ホワイトソース 3〜4人分
(トイロさんのレシピを参考に準備しました)

【作り方】
・むきエビは酒と片栗粉で揉み水で洗って下処理します。
・玉ねぎはスライスします。
・里芋は皮をむいて一口大に切ってレンジで5分ほど加熱します。
・油をひいたフライパンにベーコン、えびを入れて炒めます。
・玉ねぎ、しめじ、里芋を入れて加熱します。玉ねぎがしんなりしたら具材をバターなどを塗ったグラタン皿に移します。
移す前にフライパンから、盛り付け用のえびをいくつか取り除いておきます。
・ホワイトソースをかけえび、コーンを散らしてからとけるチーズを乗せ、200°C設定にしたオーブンで15分〜20分焼いたら出来上がりです。

グラタンにおすすめの耐熱容器をご紹介!

ストウブ レクタンギュラー ディッシュ
ストウブ レクタンギュラー ディッシュ
口コミ

色違いの赤、青と一緒に3個購入しました。比較的安価でパーティー映えがし、洗浄などの手入れが簡単なのが良いです。

ご紹介する商品は、グラタンを作るときに便利な耐熱容器です。電子レンジとオーブンどちらも使用することができますので、グラタンだけでなくさまざまな料理におすすめです。またこちらの容器は色違いも数種類販売されており、一緒に重ねて収納できます。

大容量で色合いもおしゃれですので、皆とパーティーをするときにもぴったりです。食べた後の後処理が大変なグラタンですが、こちらは食洗機も使えます。

トースターや魚焼きグリルで作るグラタンレシピ

グラタンと言えばオーブンをイメージする人もいるでしょうが、実はトースターや魚焼きグリルでも美味しく作ることができます。トースターや魚焼きグリルで作るおすすめのレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

お食事系だけでなく、子どもにも人気のフルーツ系グラタンもあります。きっとお気に入りのレシピが見つかることでしょう。

トースターで作るおすすめグラタンレシピ4選

トースターで簡単に作れるグラタンレシピを、全部で4つご紹介します。トースターは、中身を確認しながら作りやすいのがポイントです。焦げやすい具材で作りたいときにもおすすめです。

ティータイムにぴったりの、スイーツグラタンもご紹介しています。トースターらしいパンを使ったグラタンもありますので、ぜひチェックしてみてください。

1:<アボカドまるごと豆腐グラタン>

こちらは、パーティー料理におすすめのアボカドと豆腐のグラタンです。アボカドがそのまま器になりますので、容器が焦げ付く心配もありません。またアボカドの中には調味料を混ぜ合わせた豆腐を入れていますので、濃厚でありながら食べやすくなっています。

見た目は小さくても、アボカドはお腹にたまりますので少量で満足できます。おしゃれなレシピを探している人におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

アボカド 1個
豆腐(木綿、絹どちらでも) 100g
ハム 2枚
A:味噌 大さじ1/2
A:マヨネーズ 大さじ1
A:こしょう 少々
しょうゆ 一たらし
ピザ用またはチェダーチーズなど 適宜
パセリのみじん切り 少々

1.アボカドを2つに切っておく。
豆腐を耐熱容器に入れ、ラップをし600Wで2分加熱し、熱々にする。ざるにあげて水を切る。
2.水が切れた豆腐にAをまぜ合わせる。
ハムを短冊型に切る。8枚の飾り用ハムを残して、他は豆腐に混ぜ込みます。
3.アボカドにおしょうゆをほんの一たらししてから豆腐生地を詰め、こんもりと盛る。
ハムを斜め格子状に置き、チーズを載せる。
4.オーブントースターで5分ほど焼いて、焼き目がついたら取り出して
あればパセリを散らして出来上がりです。

2:トムヤムパングラタン

こちらは、にんじん、もやし、青梗菜などの野菜がたっぷり入ったグラタンです。グラタンの中に食パンが入っていますので、主食を別で準備しなくても満足感があります。お腹いっぱい食べたい人は、食パンの量を増やしても良いでしょう。

トムヤムクン味の調味料を入れるのがポイントで、コンソメ味以外のグラタンを食べたい人におすすめです。食べるときに半熟卵を割れば、とろっとした黄身がパンと混ざって美味しくなります。

Blockquote firstBlockquote second

(1人分)
人参・・・1/4本
もやし・・・1/2袋
青梗菜・・・3枚
☆『エスニックガーデン』クッキングペースト トムヤムクン味・・・小さじ2
☆水・・・100cc
卵・・・1個
チーズ・・・30g
食パン(6枚切り)・・・1枚
乾燥パセリ・・・お好みで
1.人参:斜め千切り
  もやし:3cmくらいにざく切り
  青梗菜:食べやすい大きさに
2.グラタン皿に野菜を入れ、落としラップをして、600wのレンジで3分加熱。
3.☆を入れて混ぜたら、中央に卵を割り入れる。
  白身が白っぽくなるまで、1000wのトースターで焼く。
  その間に食パンを8等分に切っておく。
4.周りに切った食パンを並べ、チーズを散らして、パンにこんがり焼き目が付くまで、再び1000wのトースターで焼く。
5.パセリを振って完成!

3:簡単フルーツグラタン

こちらは、スイーツ系のグラタンを探している人におすすめのフルーツグラタンのレシピです。オーブンなしで簡単な材料でさっと作れることができますので、休日の朝食やティータイムなどにぴったりです。

フルーツはお好きなもので結構ですが、ジューシーなりんごがおすすめです。またグラノーラは、液から上に出ていると焦げ付く可能性がありますので注意しましょう。子どもから大人まで皆が喜ぶ甘いグラタンに仕上がります。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
◎りんご、オレンジ、ぶどうなど好きなフルーツ・・・好きなだけ
◎フルーツグラノーラ(あれば)、パウダーシュガー・・・適量
◎薄力粉・・・大さじ1
◎バター・・・10g
A
◎牛乳・・・100ml
◎卵・・・1個
◎はちみつ(砂糖で代用可)・・・大さじ2

【作り方】
①りんごは薄く切り、オレンジは皮をむく。ボウルにAを入れてよく混ぜ、薄力粉を加えて更に混ぜる。(だまになっても大丈夫です)
②耐熱容器にフルーツを並べ、
ボウルの液を流し込む。隙間にフルーツグラノーラを入れてバターをちぎって上の数カ所に乗せ、トースターで15分焼き、シュガーパウダーを振る。

4:カレーのパスタグラタン

こちらは、スパゲティーを使ったグラタンのレシピです。材料はあらかじめ茹でたり炒めたりしていますので、オーブンがなくてもトースターだけで仕上げることができます。

ポイントは、カレー風味に仕上がっているところです。ホワイトソースも使っていますので、カレーのルウと絶妙に絡み合います。今回は2段熟カレーを使っていますが、自分の好きなカレーがある場合はそちらを使っても美味しくでき上がります。

Blockquote firstBlockquote second

★カレーのルゥ(2段熟カレー使用) 20グラム
★水 100cc
ホワイトソース 100グラム
スパゲッティー 100グラム
タマネギ 1/4個(50グラム)
とろけるチーズ 2枚
※ホワイトソース缶を使用の場合、牛乳または水を加えて 

1.スパゲッティーは半分に折り、たっぷりの塩水で表記の1分前まで茹でてザルにあげる。
2.タマネギを薄切りにし、油を熱した小鍋でさっと炒めて★印を加え、とろみがつくまで煮る。
3.1をグラタン皿に入れ、上にホワイトソース→2の順にかけてチーズを乗せてトースターでこんがり焼いたら完成!

魚焼きグリルで作るおすすめグラタンレシピ4選

オーブンやトースターを持っていない人におすすめなのが、魚焼きグリルで作るレシピです。他の料理にオーブンやトースターを使ってしまっているときにも便利です。魚焼きグリルは魚を焼くのに最適ですが、実はグラタンなど他の料理に活用することもできます。

オーブンやトースターに劣らないすてきなレシピをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

1:ガラムマサラが香るグラタン

こちらはカボチャを使ったグラタンですが、ガラムマサラなどでアジアン風味に仕上げているのが特徴です。大人が食べるグラタンを探している人におすすめです。子どもと一緒に食べる場合は、ガラムマサラやブラックペッパーなどの調味料の量を調節してみてください。

いつもと一味違うグラタンを食べたい人は、ぜひ挑戦してみてください。かぼちゃが美味しい冬の季節にぴったりです。オーブンではなく魚焼きグリルで作れます。

Blockquote firstBlockquote second

南瓜とゆで玉子のスパイシーグラタン(1人分)♪
南瓜150g
玉子2個
バター適量
ソース/
小麦粉10g
ガラムマサラ小さじ2分の1
スライス玉ねぎ10g
バター10g
ブイヨン少々
塩1つまみ
ブラックペパー少々
パン粉大さじ1
粉チーズ大さじ1

鍋に玉子を入れ、ひたひたの水を加え火にかけ、沸騰して10分、かた茹で玉子をつくります。
その間に南瓜を食べやすい大きさに切り、水で洗い、耐熱容器に入れ、600wのレンジで3分。
(大きさで変わりますので、加減してくださいませ)
小麦粉とガラムマサラを混ぜます。
玉ねぎはスライサーで薄くスライスします。
ソースを作ります。
ボウルに混ぜ合わせた粉類とバター、スライスした玉ねぎを入れ、600wのレンジ数秒。
バターが溶けたら、泡立て器で混ぜ、またレンジに数秒かけます。
牛乳半量とブイヨンを加え、30秒レンジにかけ、混ぜます。
残りの牛乳を加え、30秒レンジにかけ、塩、ブラックペパーで味を整えます。
耐熱容器にバターを薄く塗り、南瓜、カットしたゆで玉子を並べ、ソースをかけます。
パン粉と粉チーズを混ぜたものを、まんべんなく乗せ、魚焼きグリルで3~4分、焼き色がついたら出来上がり

2:牡蠣とほうれん草のグラタン

こちらは牡蠣がたっぷり入った豪華なグラタンです。見た目もおしゃれですので、特別な日のメニューにおすすめです。牡蠣は、先にフライパンで焼いておくことがポイントです。仕上げはオーブンではなく魚焼きグリルで作りますので、他の料理をオーブンで同時に作ることが可能です。

また先に炒めていますので、グラタンの焼き時間は5分でOKです。機器によって多少の違いがありますので、様子を見ながら加減してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

牡蠣 10個
ほうれん草 1束
玉葱 1個
豆乳(牛乳でも可) 400cc
バター 30g
小麦粉 大3
コンソメキューブ 1個
塩 小1/4
ピザ用とろけるチーズ 40g
GABANオレガノ 小1/2
パセリ(みじん切り) 大1

1.ほうれん草は根元を切り幅4cmに切る
ほうれん草を茹で冷水にとって水けを絞る
生牡蠣は貝柱のときに牡蠣の殻がついていることがあるので注意しながら大根おろしで洗う
キッチンペーパーで水気をとる
2.牡蠣に薄く小麦粉(分量外)をつける
フライパンにサラダ油大1(分量外)を入れ片面1分、裏返し1分焼く
皿に取り出す
3.牡蠣を焼いたフライパンにバターを入れとかし中火で玉葱を3分炒める
塩で味を調え
小麦粉をふり入れ玉葱にまぶすように炒める
全体がなじんだらコンソメキューブをほぐし入れ豆乳を少しずつ混ぜながら加え沸騰させぬよう煮る
ほうれん草を入れ混ぜる
4.グラタン皿に入れ、牡蠣を上に並べ、オレガノをふりチーズを乗せて、魚焼きグリルで5分程こげめがつくまで焼く
パセリをふって出来上がり

3:山芋と豆腐のグラタン

こちらはフードプロセッサーを使って簡単にできるグラタンです。絹ごし豆腐や山芋を使ってしますので、ヘルシーで優しい味わいに仕上がります。魚焼きグリルで短時間で作ることができますので、忙しいときにもおすすめです。

麺つゆとマヨネーズの組み合わせで和風のグラタンになりますので、味噌汁などの日本料理と合わせても良いでしょう。チーズが好きな人は、っぷりと掛けて、とろっとした食感を楽しんでください。

Blockquote firstBlockquote second

《材料》 (大人2人前)
★山芋  ・・・  200g位
★絹こし豆腐 ・・・  75g位
★玉子    ・・・  1個
★めんつゆ  ・・・  大さじ1
★マヨネーズ ・・・  大さじ1
じゃがいも ・・・ 2個
ベーコン  ・・・  適量
ピザ用チーズ ・・・ 好きなだけ

《作り方》
1. じゃがいもはあらかじめ電子レンジで柔らかくして、
   食べやすい大きさに切っておく。
   ベーコンも食べやすい大きさに。
2. ★全部を、フードプロセッサーなどで、混ぜ合わせる。
3. 耐熱皿にじゃがいもとベーコンを並べ、2をかける。
4. チーズを好きなだけかけ、好みでパン粉や粉チーズを振る。
5. 魚焼きグリルで、焦げ目が付くまで焼いたら出来上がり。

4:サーモンの和風グラタン

こちらは、味噌やだし醤油で和風に仕上げるグラタンです。メインのサーモンの他に、しめじ、長芋、なす、ミニトマトを入れていますが、だしに合うものなら別の具材を入れても美味しく作ることができます。

グリルOKのフライパンであれば、そのまま魚焼きグリルに入れて焼くことが可能です。そのまま食卓に出せば、おしゃれであっと驚くグラタンになることでしょう。色合いを美しくするために、ぜひ最後に青じそを掛けてください。

Blockquote firstBlockquote second

*味噌…大さじ3
*ヨーグルト…大さじ3
*マヨネーズ…大さじ3
*だし醤油…少し(普通のお醤油でもちろんOK)

チーズ…お好きなだけ
青じそ…お好きなだけ

サーモン…3切れ(他にささみや鶏胸肉をよく使います)
しめじ…1/3袋
長ねぎ…1/2本
長いも…10㎝
なす…1本
ミニトマト…8コ
具材は何でもありです

①ミニトマト以外の具材をお好みに切って軽く炒め耐熱容器に入れ(私は鉄のフライパンで炒めてそのままグリルに入れています)、ミニトマトも入れる
②*を合わせたものを回しかけ、チーズをのせる
③魚焼きグリルで予熱なし7分焼き、青じそをのせる

こんがり焼き目の美味しいグラタンで心もあったか

こんがり焼き目がついたグラタンは、見ているだけでも温かく感じることでしょう。できたてのグラタンは食べると心もほっこりしますので、ぜひ寒い日に食べてみてください。季節感のあるレシピなら、食卓も華やかになります。

今回ご紹介したように、オーブンがなくてもトースターや魚グリルで簡単に作ることができます。見た目も味もすてきなグラタンを作って、心も身体も温まりましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回たくさんのグラタン料理をご紹介しましたので、さっそくグラタンを作りたくなったことでしょう。グラタンが大好きな人におすすめの関連記事がありますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

グラタンを作るときにおすすめの献立や、グラタンによく使われる具材などがたくさん紹介されています。レパートリーが増えるだけでなく、グラタンを作るのがもっと楽しくなることでしょう。