Search

検索したいワードを入力してください

鯛の塩焼きのおすすめレシピ10選|リメイクレシピ5選

Author nopic icontom
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年11月22日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

鯛の塩焼きのおすすめレシピ10選|リメイクレシピ5選

鯛を使うおすすめの料理

塩焼き、煮付け、鯛めし、刺身、など調理方法がいろいろある鯛は人気魚です。専門家の間では「唇の肉」や「頬肉」などが重宝されていますが、さばくのがとても熟練を要しますので、購入する鮮魚店で「さばいて」もらったほうがよいでしょう。

日本では昔から馴染みの深い魚で、赤い色が「めでたい」として、祝いや儀式などに使われる重要な魚です。この魚を「魚の王」と呼んでいる国は「日本」だけで、海外では見られません。

鯛茶漬け

鯛茶漬けは、良い鯛が入った時はこれという定番の料理です。タレにつけた鯛をご飯の上にのせて、あついお茶をかけると鯛の表面が少し白くなって、美味しいお茶漬けができあがります。料亭のように「薄味仕立て」でいただくのもおいしいです。できれば、「ぶぶあられ」をかけると最高です。

Blockquote firstBlockquote second

人数:4人分
鯛茶漬けはおもてなしにもお出し出来そうですね。
胡麻さえあれば簡単にできます。
鯛のお刺身 適量
胡麻 40g
練りゴマ(あれば) 大さじ1
醤油 大匙2弱
みりん 大匙1
酒 大匙1
出汁 500cc
薄口醤油 大匙2
塩 少々
薬味(ミツバ、ネギ、大葉など) 適量
1.お刺身はさくのままでも切り身でも薄く塩をして30分置く。水が出たらキッチンペーパーでふく。
ピチットシートに挟んでも良い。30分。
2.鯛に塩をしている間に、胡麻をすり、調味料を入れてさらにすり混ぜ胡麻だれを作る。
出汁に薄口醤油と、塩を入れて沸かし、上からかける御汁を作る。
3.30分たったら鯛をさくの場合は薄く切り、2の胡麻だれに入れて混ぜる。
熱々のご飯に胡麻だれで和えた鯛を乗せ、薬味も乗せたら、2のだしをかける。

鯛のムニエル

普通に食べてもおいしい鯛をムニエルにします。ソースはレモン汁とバターを使っているのでさっぱりとして風味が良いです。また、お好み次第で「白ワイン大さじ1」で蒸してもおいしいです。フライパンでこんがりと焼いて「焦げ目」をつけてカリっとした食感を楽しみましょう。ピンクペッパーはお好みでどうぞ。

ソースはレモン汁を鍋に入れ温めピンクペッパーとバターをという高カロリーですが、ムニエルには大事な食材です。

Blockquote firstBlockquote second

<材料>1人分
鯛の切り身     1枚
ハーブソルト    少々
小麦粉       適量
バター       5g
オリーブオイル   小さじ1
☆レモン汁     大さじ1
☆バター      20g
☆ピンクペッパー  少々
玉ねぎ       1/2個
茹でブロッコリー  適量

<作り方>

1. 小鯛の鱗を取り3枚おろしにする
  切り身の場合はそのまま調理できます
2. 鯛の切り身にハーブソルトを振りかけて両面に小麦粉を薄く
  つける
3. フライパンにバターとオリーブオイルを入れて温め②の切り身
  を皮目から両面こんがり焼く
  一緒に輪切りにした玉ねぎも焼く
 (フライパンに入りきらない場合は別々に焼いてください)
4.【ソースを作る】
  レモン汁を鍋に入れ温めピンクペッパーとバターを入れ
  塩、こしょうで味を調える
  バターを焦がさないようによく混ぜ、沸騰直前で
火を止める。

5. お皿に焼いた玉ねぎ、茹でブロッコリーをのせて
ソースを敷いてから上にムニエルをのせる

鯛の塩焼き

上手に「鯛の塩焼き」を焼くレシピです。上手く焼くとふっくらして皮がパリッとして、お箸でほぐすと「ふんわり」とした鯛の身がポロっと取れる「鯛の塩焼き」はご飯にもお酒にも相性が良いです。

ご家庭にグリルがなかったら、「塩焼き」を作ることはできないようですが、フライパンで代用できます。鯛の塩焼きはフライパンでおいしく焼くことができます。ここではグリルで焼く方法を公開します。

Blockquote firstBlockquote second

材料:
鯛の切り身 4切
塩 適量
海水程度の塩水 ボールに半分程度
1.まずは、海水程度の塩水をボールに用意して
から鯛の切り身を入れて優しく振るい洗いします。
2.1のボールから鯛の切り身を取り出し、
キッチンペーパーにひと切れずつ包んでいきます。
15分程冷蔵庫で休ませましょう。
この処理で魚の臭みが取れます。
3.2を冷蔵庫から取り出し、キッチンペーパーを
はがして、皿にのせて両面に強めに塩をふります。
4.皮目を上にしてグリルで15分焼きます。
5.4をひっくり返して、グリルで身の方を5分
焼きます。
6.最後に再度ひっくり返して皮目を2分焼きます。
これで出来上がりです。お皿に盛って、かぼす
などを添えましょう。

鯛の塩焼きのおすすめレシピ10選

「鯛の塩焼き」をご紹介しますが、基本の焼き方を述べます。魚屋さんで前処理をしないときは、ウロコ取りを尾から頭へ向けて動かし、ウロコを落とさなくてはいけません。次に鯛全体に塩を振りますが、胸ヒレと尾には、「飾り塩」として多めに付けます。胸ヒレ、尾などは焦げ易い部分なので、アルミを巻いておきます。そして両面をしっかりと焼きます。

これが基本の焼き方です。では「おすすめレシピ」です。

レシピ1:鯛の塩焼き シンプルモード

鯛の塩焼きのおすすめレシピ10選|リメイクレシピ5選
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

鯛の塩焼きで、始めから前処理をしているバージョンで、「鯛の切り身」を使います。鯛に強めの塩をふってグリルで焼くのが特徴です。15分程「冷蔵庫」で休ませますが、この処理で魚の臭みを取ります。面倒くさいですが必ず行うことをお勧めします。でき上がりがかなり違うはずです、最後のカボスはゆずなどの柑橘類系なら何でもよいでしょう。

キッチンペーパーは余計な水分を取り除くために一つ一つ丁寧に包みましょう。

Blockquote firstBlockquote second

鯛の切り身 4切
塩 適量
海水程度の塩水 ボールに半分程度
1.まずは、海水程度の塩水をボールに用意して
から鯛の切り身を入れて優しく振るい洗いします。
2.1のボールから鯛の切り身を取り出し、
キッチンペーパーにひと切れずつ包んでいきます。
15分程冷蔵庫で休ませましょう。
この処理で魚の臭みが取れます。
3.2を冷蔵庫から取り出し、キッチンペーパーを
はがして、皿にのせて両面に強めに塩をふります。
4.皮目を上にしてグリルで15分焼きます。
5.4をひっくり返して、グリルで身の方を5分
焼きます。
6.最後に再度ひっくり返して皮目を2分焼きます。
これで出来上がりです。お皿に盛って、かぼす
などを添えましょう。

レシピ2:鯛の塩焼きでお寿司 と 肉じゃが

美味しい「鯛の塩焼き」をほぐして、「すし飯」に混ぜるという贅沢な料理です。さらにハムや竹輪、錦糸卵などを入れると、料亭のご飯みたいです。歯ごたえが良いように「レンコン」を丁寧に前処理していますので、飽きのこない味を引き出しています。グリルでなくてもフライパンでもいいですが、鯛の身が硬くならないように気をつけてください。

すし飯は「鯛の塩焼き」の味を活かすため、酢が強くならないように、砂糖を加えます。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2人分)
すし飯・・・・・1合分
鯛(切り身)・・・・・2切れ
さやえんどう・・・・・8枚
れんこん・・・・・50g
A
 酢・水・・・・・大さじ1
 砂糖・・・・・大さじ2分の1
 塩・・・・・少々
 刻み海苔・・・・・適量
作り方:
1) れんこんは皮をむいて薄く半月切りにする。
   小鍋にれんこんとAを入れて 透明になるまで炒り煮する。
   さやえんどうはさっとゆでて斜めに2つに切る。
2) 鯛は塩(分量外)を適量ふり、魚グリルで焼き、身をほぐす。
3) すし飯、1)、2)を混ぜて器に盛り、刻み海苔を散らす。
※ ハムや竹輪を混ぜたり 錦糸卵をのせてもいいです。

レシピ3: 鯛の塩焼き・フェンネル風味

甘い香りのする、「フェンネル」は消化促進・消臭に効果があるスパイスで、これを加えることにより鯛の塩焼きの「魚臭さ」がなくなります。西洋では魚料理やピクルスの風味付けに使われています。また、インドではカレー料理にも使われています。鯛にフェンネルを振りかけるは焼く前にします。

フェンネルが良くしみ込むように「フェンネルは約15分前にかける」と記されています。身の方も皮の方も良く振りかけておいてください。

Blockquote firstBlockquote second

(2人分)
鯛切り身             2切れ
GABANフェンネル(パウダー)   少々
塩                 適量
1、鯛は、焼く15分前に塩とフェンネルを両面に振りかけておく。
2、グリルで7分焼く。

レシピ4:鯛の塩焼き 葱ソース 梅肉

鯛の塩焼きのおすすめレシピ10選|リメイクレシピ5選
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

温度が低いオーブン使用の場合は、できるだけ高い温度で焼くのがコツです。オーブンが無ければ、魚焼きグリルや網などで焼いてもかまいません。ハンドブレンダー(かき混ぜ器)は「ブラウン マルチクイック」を使ったと記されておます。玉ねぎを滑らかにするために使います。「鯛の塩焼き」の塩味に玉ねぎソースが優しく包んで、そこに梅肉がアクセントを添える一品です。

玉ねぎソースがきめての料理で、鯛によく合います。

Blockquote firstBlockquote second

材料
鯛切り身、塩、日本酒、梅干し、みりん、九条ねぎ
A、白葱(白い部分)、昆布だしの素顆粒、日本酒、薄口しょうゆ、みりん、粉山椒

----------------------------------------------------------
オーブンを300℃に設定しあたためて下さい
① 鯛は、さっと洗いキッチンペーパー等で水分をとります。 塩と日本酒を軽くふっておいて下さいね。
② 梅干は、種を取り除きすり鉢ですります。 なめらかになったらみりん少々を加え更にすり、ほど良いかたさに調節してくださいね。 九条ねぎ(小口切り)を混ぜ合わせます。

A、の材料で "葱ソース" をつくります
③ 白葱は小口切りにします。
④ 子鍋に水(70cc)を入れ熱し、沸騰したらこぶだしの素と日本酒を入れてください。
⑤ ④に白葱を入れ、蓋をして弱火で白葱がくたっとやわらかくなるくらいまで煮ます。
⑥ ⑤の火を止め、鍋にハンドブレンダーを入れ、なめらかになるようブレンダーにかけます。
⑦ ⑥を再度熱し、良い濃度になるよう弱火で少し煮つめます。 薄口しょうゆとみりんで味をととのえて・・葱ソースの出来上がり!

⑧ 〈葱ソースをつくりながら・・〉 鯛を、クッキングシートをひいた天板の上にのせ、300℃のオーブンで8分焼いてください。
⑨ お皿に、温かい葱ソースをのせ、粉山椒をふり → 焼きあがった鯛 → ②の梅肉を添えて出来上がり

レシピ5:鯛の塩焼きのうま煮丼

とろみのついた「鯛の塩焼き」をどんぶりにした贅沢な料理です。鯛の塩焼きは始めからでき上がったものを使用していますので、なるべく塩を落として使うと良いです。軽く煮たてて、塩味を抜いてもよいでしょう。後から、がらスープ、醤油、砂糖、酒、みりんなどを入れて煮ますので、あまり塩味は濃くない方がいいです。

玉ねぎとほうれん草は湯通しした後は、「シャキシャキ感」を残すためにざるに上げておきます。

Blockquote firstBlockquote second

鯛の塩焼き(鯛小)半身  ほうれん草 三本  タマネギ 四分の1個
水 50ml  がらスープの素 中サジ1  醤油 小さじ1  みりん 中サジ1
酒 中サジ1  砂糖 中サジ1  酒 小さじ1  オイスターソース 小さじ1
塩コショウ 少々  胡麻油 適量  水溶き片栗粉 適量  ご飯 一膳

作り方

1、鯛の塩焼きを骨を取り除きながら、端でほぐし、オーブンで加熱する。
2、ほうれん草はざく切り、タマネギは薄切りし、フライパンに湯を沸かしてほうれん草とタマネギを入れて湯どうしてザルにあげる。
3、フライパン(中華鍋)に胡麻油をしいて、ザルにあげたほうれん草とタマネギを塩コショウを軽くして炒める。
4、ほぐした鯛の塩焼きをフライパンに入れ炒め、水、がらスープ、醤油、砂糖、酒、みりん、オイスターソース、を入れて煮る。
5、煮たってきたら、水溶き片栗粉を入れて軽く煮詰め、とろみがついたら出来上がり。
温かいご飯にかけてどうぞ。

レシピ6:鯛の塩焼きで湯豆腐

鯛の塩焼を湯豆腐に入ただけのシンプルな料理ですが、鯛のうまみが湯豆腐のダシになりなかなかの味です。味は中々深いものがあります。

ダシは酒と塩そして鯛の身の自然なうまみを大切にした、飽きない味です。豆腐にも鯛のうまみと香りは移っています。

Blockquote firstBlockquote second

鯛カマ、アラ1尾分(鯛一匹でもよい)
昆布5cm
水2cup
酒大匙3
みりん 大匙1
白醤油 大匙1
山椒 少量
豆腐1丁
ワカメ適量
■ ★タレ★
切り胡麻大匙1
醤油大匙1
砂糖小匙1/2
酢小匙1
ラー油少量
刻みネギ少量
1 鯛のアラに塩をまぶし、しばらく置く。熱湯をかける。すぐに水にさらし、鱗を丁寧にとる。

2 水に昆布加え沸騰直前に一旦、昆布をとり、鯛のアラを入れる。酒、みりん、白醤油、山椒を注ぎ落し蓋をして煮る。

3 約15分、鯛あらに火が通ったら、戻した若芽とカットした豆腐を加える。

4 このみでタレの調味料を合わせ、味を調えつけタレにする。

レシピ7:電子レンジで鯛の塩焼き

「スチームロースター」魚をまるごと調理できる道具です。本体はわらかいボウルです。突起部を切り込みに差し込むと、筒状に変形します。ここに魚を入れて電子レンジで加熱すると、蒸し焼き状態になります。が、両サイドは開いているので、そこから食材の表面の水分が飛び、パリッとした状態を作り出せるという商品です。

電子レンジで鯛の塩焼きを作る時は、「スチームロースター」を使用して行います。

Blockquote firstBlockquote second

電子レンジで鯛の塩焼き

ルクエから出た水分を飛ばしながら

外はバリッと

中は今までのレンジ料理のように素早く加熱できる

スチームロースターを使ってみました

まずは付属冊子のレシピ通りに挑戦してみました

スチームロースターの中にたっぷりの塩を入れて

鯛のうろこは取らずにそのまま

内臓は取って形を整えるためにキッチンペーパーを入れてます
                   
後は、スチームロースターをクルンと閉じて
                  
500wの電子レンジで8分

その後ふたを開けずに2分放置後皿に開けると
                   
魚にも塩にも焦げのあとがあります

塩で包んで魚の美味しさを包み込んでいるので実はふわっとしています

背びれの部分に切込みを入れて皮を外して
            
オリーブオイルとレモンをかけて頂きました

レシピ8:鯛のペペロンチーノ

パスタと鯛の塩焼きの取り合わせは珍しいようですが、「パスタ」も鯛めしの「ご飯」も同じ「炭水化物」なので、よく合います。にんにく、オリーブオイル、唐辛子の3つがパスタとともに加わってペペロンチーノ(唐辛子)になります。にんにくを炒めると香ばしさが増しますので、オリーブ油は十分な量を使うのがポイントです。

鯛の塩焼きは最後にのせるだけですが、はっきりと個性を出している鯛は、さすがといえます。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
鯛の塩焼き
金時人参 1本
ニンニク 1/4
梅昆布茶 適量
七味 お好み量
オリーブオイル たっぷり
パスタ 250g
三つ葉 適量
胡椒 少々

【作り方】
1. 大きな鍋でお湯を沸騰させて、パスタを8分茹でる。
2. オリーブオイルをたっぷりフライパンにひいて、刻んだニンニクを炒める。
3. 金時人参は千切りにして炒める。
4.茹でたパスタを湯切りをして、フライパンでオリーブオイル、人参、ニンニクと絡める。
5.梅昆布茶、七味をお好み量ふりかけて味を整える。
6.パスタを盛り付けて、レンジで温めた鯛、三つ葉を添えて、胡椒をかければ完成です。

レシピ9:絶品・鯛チャーハン

鯛の塩焼きのおすすめレシピ10選|リメイクレシピ5選
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

鯛チャーハンは鯛の塩焼きの身を使っていますので、一度焼いた香ばしさにチャーハンのうまみが溶け合って絶品の味です。作者さんはチャーハンの具を炒めるときは、ラードが良いとしていて、他のサラダオイルやオリーブ油よりもうまみが増すといっておられます、一度試しにやってはいかがでしょうか。

作り方は、下記の材料と、鯛の塩焼きの身をほぐして入れて、チャーハンを炒めるだけのシンプルさです。

Blockquote firstBlockquote second

材料:
・ほぐし身の鯛。
・玉子。
・紅白かまぼこ。
・長ネギ。
・ニンジンのナムル(お弁当の残り物)。
・紅ショウガ。
・ラード。

作り方
鯛チャーハンに添えたのは
小松菜入りのわかめスープ。
このスープには鯛の頭を入れダシを取りました。

一度焼いた物を使っているので
香ばしさが出ていて最高な出来栄えです。

レシピ10:鯛の兵四郎焼き(塩焼)

鯛の塩焼きの変形で、万能調味料といわれている「平四郎ダシ」を塩の代わりに振りかけて作ります。ダシは良くしみ込むように30分間振りかけた後放置します。ダッチオーブンは、煮る・焼く・蒸すなどなんでもできる万能鍋です。クッキングシートと引っ付かないように編みを敷きます。

Blockquote firstBlockquote second

★ 材料 ★ (3人分)
☆鯛…3切れ
☆減塩あご入り兵四郎だし…1袋

~作り方~
1.鯛に兵四郎だしを破ってふりかけ約30分ほど置いておく。
2.余分な水分を拭き取り、ダッチオーブンにクッキングシート&網をセットしたところへ入れて、加熱13分+余熱15~20分で出来上がり。

鯛の塩焼きをプロの味で

祝い鯛 焼き鯛
祝い鯛 焼き鯛

豊洲の天然の真鯛です。冷凍することなく生の真鯛を丁寧に焼いています。 天然の真鯛は海流によって身がひき締り、体色は桜色で艶やかです。 養殖の真鯛は生け簀の中で泳ぐため、体全体が黒ずんでいますが、 天然の真鯛の「焼き鯛」は色が鮮やかに仕上がっており、風味があってとても美味しいです。プロの味を体験するのに良いチャンスです。

鯛の塩焼きのリメイクレシピ5選

鯛の塩焼きを作っていて余った「身やアラ」は捨てるのはもったいないですので、それらを余すことなく利用しましょう。もう一度利用するという意味で「リメイク」といいますが、どれも主婦やプロの皆さんの知恵が生きています。リメイクするときはあらかじめ出来上がった鯛の塩焼きを使いますので、焼く手間がかかりません。

レシピ1:リメイク鯛ほぐし身の焼きおにぎり

焼きおにぎりの香ばしさは、胃が疲れた時やお酒の後によく感じられますが、それに「鯛の塩焼きの」うまみが加わると疲れを忘れるほどの美味しさです。鯛を使って焼きおにぎりを作ると、料亭で出てくるような豪華さが堪能できます。お子さんにも喜ばれるレシピです。

焼き加減は,火でカリッとするように両面を焦げないように焼いてください。

Blockquote firstBlockquote second

■材料(2人分)
ごはん / お茶碗軽く2杯
鯛の塩焼き(ほぐし身) / 半身
万能ねぎ / 小さじ2
白ごま / 小さじ1
さしみしょうゆ / 小さじ1
塩 / 少々
宅麺

■作り方
①ごはんに鯛のほぐし身、その他の材料を入れ混ぜ合わせる
②「1」を4分割して、おにぎににする
③フライパンに油をしかず、中火で両面に焼き目をつければ完成!

レシピ2:リメイク鯛の塩焼き絶品鯛めし

鯛の塩焼きが余ったからリメイクという名がついています。「鯛の塩焼きのリメイク」といっても、茶碗蒸しのと鰹昆布だしと、押し寿司に飾ったイクラを使っているので、なかなか豪華です。レシピでは「鯛のアラ」を使っていますが、鯛の塩焼きそのものでもいいでしょう。始めの炊き込みの時の「ダシ」と鯛のうまみが加わり微妙な味が生まれました。

Blockquote firstBlockquote second

■材料(1.5合分)

・米 1.5合
・塩焼きにした鯛のあら(頭、大きな骨など) 1尾分
・ほぐした身 1/2尾分
・鰹と昆布の合わせだし 150~200ml
・酒 大さじ1
・塩 小さじ2/3~1 (鯛の塩加減により調整)

■作り方

1.米を洗いざるに上げて水を切る。
2.炊飯釜に1の米、だし、酒、塩を入れ、1.5合の目盛まで水を足す。
3.鯛のあらを並べて普通モードで炊く。
4.あらを取り出し(小骨に注意)ほぐした鯛の身を加えて軽く混ぜ、蓋をして2~3分蒸らす。

レシピ3:残った鯛の塩焼と松茸の吸い物の鯛めし

鯛の塩焼きの残りを使い、そこへお吸い物を入れて生米と一緒に炊くという便利なレシピです。そのため鯛はできた塩焼きのものを使いますので、オーブントースターやフライパンで焼く手間がいりません。

お吸い物を入れるのは塩焼きだけでは塩気が足りないと感じないようにダシとして加えます。この時、水加減は通常の場合と同じですので、ご注意ください。最後に鯛の塩焼きの骨を取りのぞくのはお忘れなく。

Blockquote firstBlockquote second

材料 (米2合分) 残った鯛の塩焼き半ペラ  米2合  永谷園松茸の吸い物2袋

1炊飯器で作る
ため米をとぐ
2通常の水加減で
水を入れて
吸い物をいれる
鯛の塩焼きを
入れて炊く
3炊き上がったら
鯛を皿に取り
出す
4鯛の骨を取り
味をほぐす
ほぐした味を
入れて混ぜて
出来上がり

レシピ4:余った鯛の塩焼きでミルクリゾット

鯛の塩焼きにミルクを入れてリゾット風に炊き上げたおかゆという感じのレシピです。ミルクの風味を際立たせるためチーズとバターを入れています。かなり濃厚な味ですが、鯛の適度な塩味が不思議とよく合います。最後に味を引き締めるために、ブラックペッパーをかけてアクセントとしています。

リゾットですので、ある程度水分を飛ばし「とろとろ」にするまで加熱しましょう。ただし焦げ目がつくまで加熱しない方が良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料 (1人分)
牛乳150cc
ごはん茶碗少なめ一杯
バター1かけ
溶けるチーズひとつかみ
■ 塩胡椒
■ 黒胡椒
1鯛の塩焼きは身を外して食べやすくほぐしておく。骨をしっかりとってね。

2鍋に牛乳150ccをいれて煮立たせ、茶碗少なめ一杯のごはんとほぐした鯛を入れて煮る

3水分が飛んでトロトロになったら、バターひとかけと、溶けるチーズを入れて溶かす。

4最後に塩胡椒で味を調える。器に盛り、お好みでブラックペッパーをふる

レシピ5:簡単リメイク!鯛の塩焼きをあら汁風に

鯛の塩焼きを残った「頭」としっぽを使い「あら汁風」のお吸い物の素材を有効利用して作ります。昆布を炊くときに入れて煮ますが沸騰したら昆布は取り除いて、さらに煮ます。最後の塩は好みで加減しましょう。場合によっては必要ない時もありますが、適量は入れた方がよいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料
水300cc
だし昆布5cmぐらい
塩2つまみ程度
1鍋に水と昆布を入れ、塩焼きした鯛の頭の部分と残った尾びれや骨があれば一緒に入れます。

2鍋を弱火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、10分ほど煮立たせます。
途中でアクが出てきたら、こまめに取り除いてください。

3塩を入れ、味を整え完成です。

鯛の塩焼きを作ってみよう

鯛を一匹買ってきて、さばくのは難しいのですが、切り身にしたものなどを使うと「鯛の塩焼き」は、ぐっと身近な料理になります。一度挑戦したら、その味の深さのとりこになるでしょう。鯛を制覇できたら、ほかの魚もきっとできるようになります。高級魚の鯛を扱えることは料理自慢には必須なことです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

鯛は刺身やサラダなど調な料理に使うことができます。「鯛の塩焼き」以外の色々な料理法を見てみましょう。また、鯛の煮つけはコツがあり、それらを知ると美味しさがアップします。下記のサイトから情報を得てください。