Search

検索したいワードを入力してください

ウユニ塩湖の魅力5つ|観光に行くときの注意点5つ

Small b696facf c3c2 4b1d 8aae c0f7dd9919f4スナチョーさん
お出かけ / 2019年02月26日
ウユニ塩湖の魅力5つ|観光に行くときの注意点5つ

ウユニ塩湖とは

ウユニ塩湖は塩の大地です。南アメリカ、ボリビア中央西部アルティプラーノ、アンデス山脈に囲まれた広大な塩の湖です。南アメリカのボリビアは、正確にはボリビア多民族国という共和制国家です。

ウユニ塩湖は、アルティプラーノの標高3,700mに位置し、南北およそ100km、東西約250km、面積10,582㎢の広大な塩の固まりです。ウユニ塩湖は日本の岐阜県とほぼ同じ面積があります。

ウユニ塩湖への行き方

ウユニ塩湖へのアクセスは、ボリビアの首都ラパスを目指します。日本からの直行便は無いので、アメリカ経由になります。

ラパスからウユニ塩湖へはアマゾナス航空を利用します。約1時間かかります。ラパス~ウユニ塩湖間は約550kmあります。陸路だとバスで10~12時間かかります。毎日就航しているアマゾナス航空便を利用するのが便利でしょう。

ウユニ塩湖の魅力5つ

Bg fortune
mayu_728
フォロワー139人
プロフィールを見る
Media?size=l

まさしく「奇跡」と言われるウユニ塩湖には、人々を惹きつける多くの謎(魅力)があります。ウユニ塩湖は、宇宙を映し出す広大なスクリーンです。ここでは、ウユニ塩湖の魅力を5つ紹介いたします。

1:「天空の水鏡」はとにかく絶景である

アンデス山脈は太古の昔、とてつもなく長い時間をかけて海底が隆起して形成されました。その山上に大量の海水が取り残されました。こうして誕生したのがウユニ塩湖です。

ウユニ塩湖は、全体の高低差が50cm程度のため「天空の水鏡」の名前を冠しました。世界で最も平らな場所にあるウユニ塩湖に降った雨は、流れることなく薄い膜を張ることで、宙(そら)を湖面に映し出し、神秘的な絶景を演出します。

2:塩でできたホテルがある

ウユニ塩湖には、家具や壁が塩でできた、その名もソルトホテルというホテルがあります。ソルトホテルは観光客用に1993年に職人の手によって建設されました。

家具や壁は、塩と水を含ませたセメントと塩のブロックから作られています。家具や壁は雨期が来るたびに補修・補強されます。本当に塩なのかと疑って、舐めることは厳禁です。

3:アルパカのステーキを食べることができる

ソルトホテルでは、アルパカのステーキを食べることができます。アルパカの毛は最高級品としてアパレル業界では珍重されていますが、ステーキとしても提供されます。

アルパカは南米で、お祭りの際にふるまい用の御馳走として食されています。意外にクセがなく、さっぱり柔らかく美味しいと、もっぱらの評判です。愛くるしいアルパカの姿を想像しないで召し上がってください。

4:ここでしか見れない星空がある

高低差が50cmほどのウユニ塩湖の湖面は天空を映す水鏡です。ここから仰ぎ見る星空は、ここでしか見ることができません。私たちの星、地球が銀河系の一員であること、そして推し量ることのできない宇宙のスペースを感じます。

きれい、美しいといった言葉では表現できない感動があります。「死ぬまでに一度は見てみたい。」と、世界中の人々に言わせる、説得力がここにあります。

5:珍しいお土産がある<アワヨ>

ウユニ塩湖のお土産は、塩、これでは定番すぎます。珍しいお土産、ボリビアの伝統的な織物、アワヨはいかがでしょうか。

アワヨは元々インディヘナ(土着の人)の女性が荷物を運ぶための布でした。ボリビアの市場に出かけると、色鮮やかなアワヨが山のように積み上げられています。

テーブルクロスやクッションカバーなど、インテリアグッズとして最適です。アワヨを使ったブレスレットやピアスもあります。女子は必見です。

週刊奇跡の絶景 ウユニ塩湖 ボリビア

週刊奇跡の絶景 Miracle Planet 2016年1号 ウユニ塩湖 ボリビア [雑誌]
週刊奇跡の絶景 Miracle Planet 2016年1号 ウユニ塩湖 ボリビア [雑誌]
口コミ

ここまで一つの場所を深く掘り下げている本はありそうでなかったと思います。豊富な写真と文章のお陰で、一般的なウユニ塩湖のイメージはもちろんの事、また違った一面も垣間見る事が出来ます。

「週刊 奇跡の絶景」のページをめくると、迫力のある写真が目に飛び込んできます。世界の絶景を切り取った写真とともに、その地にまつわるとても興味深い話で構成されているビジュアルマガジンが「週刊 奇跡の絶景」です。

この号は、世界一の奇跡と称されるウユニ塩湖を徹底的に紹介しています。この一冊があれば、ウユニ塩湖の全てが分ると言っても過言ではないでしょう。

ウユニ塩湖に観光に行くときの注意点5つ

ウユニ塩湖は観光スポットですから、環境・施設は整備されています。しかし、ウユニ塩湖を一歩離れると、注意しなければならないことがあります。日本での常識が全く通用しない場面に遭遇することもあります。

ここでは、ウユニ塩湖観光に際しての注意点を5つ記載しておきます。

1:日本人になれたツアー会社を選ぶ

ウユニ塩湖へ個人で行くことはできません。日本人向けのツアー利用をおすすめします。ウユニ塩湖へは、2011年に空港が開設されたため、首都ラパスから約1時間のフライトで行くことが可能になりました。

ツアー催行会社やホテルは、空港から車で10分ほどの距離の街の中心部に集中しています。6月~10月の乾季は、ウユニ塩湖が一面、真っ白になります。六角形の世界が延々と続きます。水鏡ねらいなら、雨期がおすすめです。

2:ベストシーズンを外さない

ウユニ塩湖のベストシーズンの判断はとても難しいです。真っ白な塩の世界を見たいのであれば、6~10月の乾季が良いでしょう。また、天空を映す水鏡に出逢いたいのであれば、1~3月の雨期がおすすめです。その時の、天候も気になります。

3:余裕を持った日程とする

前述しましたが、ウユニ塩湖へは個人で行くことはできません。日本人に適したツアーを組んでくれる旅行会社にお任せしましょう。あれもこれもではなく、余裕のあるスケジュールで行動できるツアーがベストです。

4:タクシーを利用する際の注意点

ボリビアで日本人がタクシーを利用する際は、十分に用心してください。途上国ではタクシーがらみの犯罪が多いからです。

ボリビアでは免許証と車さえあれば、タクシーの仕事が始められます。やむを得ずタクシーを利用する際は、宿泊先のホテルに手配してもらうのが賢明です。

5:治安と物価と服装

ウユニ塩湖は観光客が多いので、治安の不安はありません。ただし、ボリビアは強盗・傷害事件が多いので、夜間の外出は避けてください。日本の比ではありません。

物価は安く、200円を支払えば定食が食べられます。ウユニ塩湖のあるボリビアは標高が高いので、寒暖差があります。体温調節ができる服を持参してください。

ウユニ塩湖で絶景を楽しもう

百聞は一見に如かず、日本の故事成語は的確に核心を貫いています。ネットや雑誌からの情報では伝わらないことがたくさんあります。「体感」してみて初めて、語れることもあります。

「死ぬまでに一度は見てみたい。」と言わしめる、ウユニ塩湖へ出かけてみましょう。必ず、感動があるはずです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ここまで南米ボリビア、ウユニ塩湖に関する情報を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

日本でもウニニ塩湖のような美しい景色が見られる場所があります。以下の関連記事にのっていますので、ぜひご覧になってみてください。また、美しい風景と、その風景を写真に撮るコツの記事もございます。