Search

検索したいワードを入力してください

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

Author nopic icon袴田未来
お出かけ / 2019年02月26日
豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

豊島を観光するなら知っておきたい特徴

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

瀬戸内海に浮かぶ人口約800人の島である豊島は、1970年頃より産業廃棄物の不法投棄による産廃問題が大きな問題になったことにより、メディアなどに大きく取り上げられるようになりました。現在では不法投棄された廃棄物の処理が進み、環境再生を目指す取り組みが続いています。

環境再生を目指す中、2010年頃より豊島美術館をはじめアート施設が設営され、国内外から観光目的で多くの方が訪れるようになりました。

アートとグルメが自慢の島

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

豊島は、硯地区、唐櫃地区、甲生地区、家浦地区と四つのエリアに分かれており、視覚や聴覚を楽しませてくれるアートが豊富に存在します。観光客が多く訪れるため食事処も多く、豊島の名産品であるオリーブなどを使用した料理を提供するカフェなどもあります。

豊島におけるアートは「生と死」をモチーフにした作品が多く、生物について深く考えさせられることでしょう。

豊島へのアクセス・近隣都市からの交通手段

豊島へのアクセスですが香川県の高松港からのフェリーと、岡山県の宇野港、同じく岡山県の宝伝港から犬島を経由し犬島港から豊島へ渡るフェリーが出ています。兵庫県の姫路港から小豆島を経由し土庄港から豊島へ渡る交通手段もあります。小豆島を観光したのち、豊島を観光するのも良いのではないでしょうか。

豊島を観光するなら立ち寄りたい人気スポット8選

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

豊島の中にはたくさんの魅力的な観光スポットがあるため、どこを観光したら良いのか選べないという方も中にはいらっしゃることでしょう。そのため、ここだけは絶対に外せないという人気スポットをこちらで、ご紹介させていただきます。

1:豊島美術館

豊島美術館は西沢立衛建築設計事務所の西沢立衛の設計により完成した美術館です。上空から見た形状は水滴をモチーフにしており、建築物の上部には二つの穴が空いています。

そこから外気や太陽光が内部に入り、日の入り方などにより表情を変えるアートのため、自然を体に感じられ、一日中楽しむことができるようになっている観光スポットです。

2:豊島棚田

時代が変わり衰退していった農業を取り戻そうと、プロジェクト化をおこなったことがきっかけで豊島の棚田は有名になりました。

豊島美術館の横に広がる棚田は再度人の手によって耕されることで命がふきこまれ、秋には稲穂が実り美しい棚田の風景が見られるようになっています。現代の平地で行う水田とは違い、棚田特有の段々は日本の古き良き時代の流れや、かつての豊島の豊かさを彷彿とさせることでしょう。

3:豊島横尾館

家浦地区にある豊島横尾館は、集落にある古い民家を改装してつくられました。遠目の外観は旧家独特のノスタルジックな雰囲気を感じられますが、一度中に入れば「生と死」をモチーフにした色彩が鮮やかな平面作品などが並びます。

建物には色ガラスを用いているため、光の効果で見え方が変化するようになっており、多様な角度で作品を楽しむことができる観光スポットとなっています。

4:心臓音のアーカイブ

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

ネット上で公開されている写真などでは伝わりにくいものがありますが、人の心音と光を使用したアートがこちらで展示されています。心音に合わせ光が点滅をおこない、視覚だけではなく聴覚をも楽しませてくれる芸術的な作品です。

こちらのアートも人間の「生と死」をモチーフにしており、希望者の方には自分の心音を録音しメッセージとともに作品にすることができるおすすめの観光スポットとなっております。

5:ピピロッティ・リスト

作品名は「あなたの最初の色」(私の頭の中の解−私の胃の中の溶液)です。蔵の中に色取り取りの風景や映像などを空間に投影し、主に視覚を楽しませてくれる作品となっています。生と死どちらかと言うと生に重きを置いた作品です。

6:ストーム・ハウス

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

ストーム・ハウスは名前にあるように嵐を疑似体験できる作品です。古民家の中の生活で、突然に訪れた嵐が過ぎ去るまでを約10分間に凝縮し、聴覚や触覚にうったえる作品となっています。鳴り響く雷鳴や激しく叩きつける水の音、振動に大きな驚きや感動を覚えることでしょう。

現代の家とは違う古民家ならではの振動など、普段の生活とのギャップに驚かれる方が多いのではないでしょうか。

7:トビアス・レーベルガー

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

迷彩柄やストライプ、水玉などが壁面や机などの家具に施され、空間全体が作品となっています。ストライプにより空間が広く見えたり、縮んで見えたりと錯覚が生じ、身体全体で楽しんでいただけるような作品となっています。異次元的な空間に迷い込むような体験ができるおすすめの観光スポットです。

8:豊島シーウォールハウス

こちらの観光スポットは「人間の生」と「移動」をテーマにした作品となっています。家屋の中にはドラムなどの楽器が設置され、さらに楽器の演奏を用いた映像作品などを流すことで音が重なり合い、一体感が生まれるようになっています。視覚よりも聴覚をメインに楽しませてくれるアート作品でしょう。

豊島を観光する前に読んでおきたい一冊

美術館ができるまで なぜ今、豊島なのか? 著:佐々木良
美術館ができるまで なぜ今、豊島なのか? 著:佐々木良
口コミ

豊島をテシマと呼ぶ由来など、いささか詳しすぎるきらいもありましたが、全体的に、丁寧な解説で、豊島の歴史、なり立ちがよくわかりました。 豊島を訪問予定なので、大変参考になりました。

豊島を観光する前に豊島のことを少しでも知っておきたいと考える方におすすめの一冊です。豊島の歴史や成り立ちが詳細に綴られているため、とても参考になります。豊島観光から戻った際にも、この本をひとたび開けば豊島の素敵な情景が思い浮かぶことでしょう。

豊島観光におすすめ!絶景自慢のお食事処5選

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

豊島観光をしていると作品に集中してしまい食事をすることを忘れてしまいがちです。豊島では観光スポットだけでなくグルメにも力を入れていますので、作品を見たあとには美味しい食事を楽しみましょう。観光によって歩き疲れた際の休憩にも利用できるカフェがありますので、一休みしてはいかがでしょうか。

1:海のレストラン

豊島を歩いていると白い蒲鉾型の屋根が見えてきます。ガーデンを抜け建物に到着すると中はスタイリッシュなレストランになっています。

こちらの「海のレストラン」では、和食や創作料理をメインとしたレストランとなっており、和と洋が織りなすハーモニーで食の喜びを感じることができるような料理を常に提供してくださる、おすすめのお食事処です。

2:島キッチン

島キッチンは古民家風のカフェとなっております。こちらでは島で獲れた野菜をふんだんに使用した料理や魚料理を提供しています。島で獲れた野菜を使用した皆が大好きなカレーもあります。

カフェならではの季節のドリンクもありますので、何度訪れても新鮮な気持ちで食事を楽しむことができることでしょう。

3:イル ヴェント

イル ヴェントは軽食がメインのカフェとなっており、ドリンクやケーキなどの提供をおこなっています。内装はストライプを壁面に使用し、不思議な空間で食事をしているような感覚を受け、味覚だけでなく視覚も楽しませてくれるような食事処です。特にカップルや甘いものが好きな方におすすめです。

4:てしまのまど

豊島観光で立ち寄りたいおすすめスポット8選|お食事処5選

てしまのまどは落ち着いた雰囲気のあるカフェとなっています。こちらでは、自家製のパンや珈琲などのドリンクを楽しむことができます。珈琲に関しては自家焙煎をおこなっているようですので、珈琲好きの方や観光疲れでほっと一息をつきたい方におすすめのお食事処です。

5:食堂101号室

食堂101号室では野菜をメインにしたランチを提供しています。古民家調の内装により雰囲気もよく、野菜中心の食事は体に優しくすんなりと喉をとおっていきます。食器類にもこだわりがあり、とても上品なランチを味わうことができることでしょう。

豊島は世界中から観光客が多い注目のアートの島

豊島のアートは海外の有名なアーティストが作品を手がけていたり、訪日外国人向けに英語版のガイドブックなども発刊されているため、海外からの観光客が非常に増え、世界中から注目をされる観光地となっています。

日本の古民家の風情と素敵なアートのコラボは非日常的で新鮮な感動を、豊島観光に訪れるすべての人へ永遠に与え続けてくれることでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

豊島以外にも瀬戸内海には観光ができる島がたくさんあり、その中でも淡路島や、小豆島などが有名です。

豊島から本土へ向かって北進しますと岡山県に到着しますが、岡山県にもたくさんの観光名所がありますので豊島から戻る際には岡山県にもお立ち寄りください。

関連情報として下記リンクにおすすめ観光情報も載っておりますので、ぜひご覧ください。

関連記事

Related