Search

検索したいワードを入力してください

別れた相手とよりを戻す10個の方法|してはいけないこと4つ

Author nopic iconもんもーる
恋の悩み / 2019年02月26日
別れた相手とよりを戻す10個の方法|してはいけないこと4つ

よりを戻す前にメリットとデメリットを知っておこう

別れてしまったものの、まだ相手に対する想いが捨てきれず、「もう一度よりを戻すことができれば」と考えたことがある方も少なくないことでしょう。

よりを戻すことには、いい面もあれば悪い面もあります。ここではまず、一度別れた相手とよりを戻す前に、そのメリットとデメリットの双方をチェックしておきましょう。

いい面と悪い面の両方をよく吟味したうえで、よりを戻すべきかどうか落ち着いてじっくり考えることが大切です。

よりを戻すことによるメリット3つ

まずは、よりを戻すことで得られるメリットについて3つピックアップしてご紹介していきます。

一度別れた相手と再び恋人関係に戻ることで、どのような幸せを得られるのでしょうか。以下では詳しくご説明していきますので、よりを戻すべきかどうかお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

1:信頼関係ができる

よりを戻すことで得られるメリットとしてまず挙げられるのが、信頼関係ができるということです。

破局という難しい状態を乗り越え、再び恋人関係を築くことで、二人の間でそれまでにはなかった強い絆や信頼関係を生み出すことができるでしょう。

よりを戻すということは、二人でともに力を合わせて愛情を再構築するという営みに他なりませんので、今まで以上に特別な関係を築くことができるはずです。

2:自分の間違いに気づける

自分の間違いに気づけるということも、よりを戻すことで得られるメリットの一つとして挙げられるでしょう。

よりを戻す際に「再び別れるようなことはしたくない」という思いを強くするので、破局の原因になってしまった自分の過ちをよく反省し、それを繰り返すことの内ように己の言動を省みることができるようになります。

つまり、よりを戻す過程において、それ以前よりも精神的に成長することができると言えるでしょう。

3:愛情がお互いに強くなる

よりを戻すことのメリットとして、愛情がお互いに強くなるということも挙げられます。

破局という困難をともに乗り越え、再び恋人としてよりを戻すことで、二人ともお互いに対する愛情や想い入れがより一層深まることでしょう。

「もう二度と離れたくない」という気持ちから、今まで以上に相手のことを思いやるようになるでしょうし、また新たな気持ちで恋人としての関係を築くことができるので、二人の愛はさらに強まります。

よりを戻すことによるデメリット3つ

以上では、よりを戻すことで得られるメリットについてご紹介してきました。物事にはいい面もあれば、同時に悪い面を併せ持っています。

当然ながら、よりを戻すことにはデメリットもあると言えるでしょう。ここからは、よりを戻すことによる主なデメリットを3つご紹介していきます。

以下のデメリットについてもよくよく考慮したうえで、よりを戻すかどうかを決めましょう。

1:また裏切られる可能性がある

よりを戻すことのデメリットとしてまず挙げられるのが、また裏切られる可能性があるということです。

自然消滅のような形ではなく一方が他方を裏切るような形で破局した場合には、よりを戻したとしても再び裏切られるのではないかといった不安や疑念を抱いてしまうでしょう。

特に相手に非があり別れた場合には、よりを戻すことができたとしても相手のことを100%信じることができないため、苦しさを常に感じてしまいます。

2:よりを戻すまでに時間がかかる

よりを戻すまで時間がかかるということも、よりを戻すことのデメリットの一つとして挙げられるでしょう。

破局した後はお互いにわだかまりがあるものですし、またすぐには元通りの関係に戻ることは難しいので、再び恋人同士になるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。

その間、相手が他の人と付き合ってしまうこともあるでしょうし、またなかなかよりを戻すことができないことでストレスも溜まってしまう場合もあります。

3:相手を束縛する可能性がある

よりを戻すことのデメリットの一つとして、相手を束縛してしまう可能性があるということも挙げられるでしょう。

「また別れを告げられてしまうのではないか」「愛想をつかされて捨てられるのではないか」と常に疑心暗鬼な状態になってしまい、相手に過剰な束縛をしてしまいがちです。

そうなるとお互いに自立し尊重しあうよい関係が築けなくなってしまうので、よりを戻すことができても結局再び別れてしまうでしょう。

相手とよりを戻すためにできる10個の方法

以上では、よりを戻すことのメリットとデメリットの双方をご紹介してきました。よりを戻す前に、このようにいい面と悪い面の両方を知り、それらについてよく考えましょう。

何度も考えた上でよりを戻すことを決心したのならば、そのために努力をしなければなりません。

ここからは、相手とよりを戻すためにできる10個の方法をご紹介していきますので、失恋しても相手への想いを捨て切れられない時に参考になさってみてください。

1:冷静になる

相手とよりを戻すためにできる方法としてまず挙げられるのが、冷静になるということです。

破局した後はどうしても気持ちが不安定になってしまいますが、そんな状態で相手とよりを戻そうとしても断られてしまうだけですので、まずは冷静になって今の二人の関係をよく落ち着いて考えることが必要です。

よりを戻すことは可能なのか、どのくらいの見込みがあるのかを冷静に分析することからはじめましょう。

2:ダメになった原因を思い出す

ダメになった原因を思い出すということも、相手とよりを戻すためにできる方法の一つとして挙げられるでしょう。

愛し合った二人がそもそもどうして別れる道を選んでしまったのか、何が原因だったのかをよく考え分析することで、相手とよりを戻すチャンスがあるかどうかを知ることができます。

相手が自分のことを嫌いになったわけではなく、すれ違いが重なって別れたという場合には、まだよりを戻すチャンスはあるでしょう。

3:あわてて相手に連絡しない

相手とよりを戻すためにできる方法の一つとして、慌てて相手に連絡しないということも挙げられます。

感情的になって相手に連絡しても、「別れたのにしつこく連絡してきて気持ち悪い」とマイナスの印象を与えかねません。

別れた後はお互いにネガティブな感情をもってしまっているので、いったんはその感情が収まるまで冷却期間を置き、その間は連絡したくても相手に連絡せずにいるということが大切です。

4:時間と距離をおく

時間と距離を置くということも、相手とよりを戻すためにできる方法の一つとして挙げられるでしょう。

別れた後すぐによりを戻すことを求めても、相手からは拒絶される可能性が非常に高いので、まずは時間と距離の両方を置くことが必要です。

時間と距離を置くことでお互いに頭を冷やし、冷静になって考えることができるでしょう。そうすれば感情的に別れてしまった場合にも、やり直すチャンスはあるはずです。

5:相手とのつながりを一度絶つ

よりを戻すための方法の一つとして、相手とのつながりを一度立つということも挙げられます。

相手とのつながりを断ち、別々の時間を過ごすことではじめて、付き合っていた頃の幸せだった記憶を思い出しお互いに必要としあう気持ちを取り戻すことができるでしょう。

反対に、別れた後も相手とずっとつながっていると、お互いの嫌なところばかりを意識してしまいかねませんので、よりを戻すどころかそれが遠のいてしまいます。

6:ケンカをした場合は早めに謝る

ケンカをした場合には早めに謝っておくということも、相手とよりを戻すためにできる方法の一つとして挙げられるでしょう。

ケンカ別れした状態だと相手は自分に対してネガティブな気持ちを持ったままになってしまい、よりを戻すどころか永遠に嫌われてしまいかねませんので、早めに謝っておくことが大切です。

また、その際には「よりを戻したい」といったことは一切言わず、シンプルに自分の非を詫びるだけにしておきましょう。

7:相手との連絡方法は残しておく

よりを戻すための方法の一つとして、相手との連絡方法は残しておくということも挙げられます。

別れてからしばらくは相手との連絡は断ったほうがよいですが、よりを戻すためには冷却期間を置いた後再び連絡を取る必要があるので、相手を着信拒否にしたりブロックしたりはせずに、連絡方法を残しておくことが必要です。

8:焦らない

焦らないということも、よりを戻すためにできる方法の一つとして挙げられるでしょう。

別れた直後はお互いに相手に対するわだかまりやネガティブな感情を引きずっているので、焦ってこちらからアプローチしたところで、相手からは拒絶されるだけです。

また、拒絶されてさらに焦り、しつこくよりを戻すことを求めるとストーカーとしてみなされてしまう場合もありますので、焦りは禁物だと言えるでしょう。

9:前向きに生活する

よりを戻すためにできる方法の一つとして、前向きに生活するということも挙げられます。

明るくポジティブに日々の生活を送っていれば、以前よりもずっと内面的な魅力のある人間に成長することができますし、そうすれば別れた相手も「今のこの人とならばもう一度やり直してもいいかな」とよりを戻すことに前向きになってくれる可能性があります。

別れを引きずってネガティブに生活するのではなく、楽しく生きるようにしましょう。

10:自分磨きをする

自分磨きをするということも、よりを戻すためにできる方法の一つとして挙げられるでしょう。

よりを戻すためには相手にもう一度自分を好きになってもらうことが不可欠ですので、自分磨きをして外見・内面ともに魅力的な人間になることが必要です。

例えば自分に似合う髪型や服装を研究したり、あるいは仕事や趣味に一生懸命打ち込んでみてはいかがでしょうか。

自分磨きをして魅力的な人間になり、相手をもう一度振り向かせましょう。

よりを戻せずにお悩みの方におすすめの占い

「別れた相手ともう一度よりを戻したいけれど、なかなか思うようにいかずに悩んでいる」という方におすすめしたいのが、電話占いのヴェルニです。

ヴェルニは電話一本で全国各地の有名占い師に相談したり、恋愛運や相手との相性を占ってもらえる人気のサービスです。

直接会いに行く必要がなく、自宅にいながら手軽に占い師にみてもらえるので、ぜひ恋のお悩みをヴェルニで相談してみてはいかがでしょうか。

相手とよりを戻したい時にしてはいけないこと4つ

以上では、相手とよりを戻したいときにできる方法をご紹介してきました。相手ともう一度やり直したいという時には、このような方法を試すとともに、やってはいけないNG行動を絶対にしないことも大切です。

ここからは、相手とよりを戻したい時に絶対にしてはいけないことを4つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1:何度も相手に連絡をする

相手とよりを戻したい時に絶対にしてはいけないこととしてまず挙げられるのが、何度も相手に連絡をするということです。

何度も連絡をすることで相手に嫌われてしまう可能性が高いですし、何より相手が望んでいないのに一方的に連絡をするのは人としてNGです。

しつこく連絡をすることでよりを戻すことができるどころか、完全に復縁の望みが断たれてしまいますので要注意です。

2:連絡が取れないからといって家まで行く

連絡が取れないからといって家まで行くということも、よりを戻すために絶対にしてはいけない行為の一つです。

連絡が取れないということは相手があなたと連絡を取りたくないと考えているからであり、そのような状態で相手の家に押しかけてしまうのはストーカーとみなされても文句が言えない行為です。

何より、相手の気持ちを考えずに自分の気持ちを押し付ける行為は絶対にやってはいけないことです。

3:謝罪だけを繰り返す

相手とよりを戻したいのならばやってはいけないことの一つとして、謝罪だけを繰り返すということも挙げられます。

相手からすると、何回も謝られても困ってしまいますし、余計にあなたのことをわずらわしく感じてしまいかねません。

こちらに非があって別れたのならば、一度しっかりと謝罪をし、その後はしばらく冷却期間を置くことが必要です。

4:相手の気を引くような極端な行動をする

相手の気を引くような極端な行動をするということも、よりを戻したいのならば絶対にしてはいけないことです。

相手の気を引きたいからといって「よりを戻してくれないのならどういう行動にでるかわからない」といった脅迫めいたことを言ったり、暴力的あるいは相手に恐怖を感じさせるような言動を取るのは絶対にNGです。

このようなことをしてしまうと、完全に相手から嫌われてしまうでしょう。

よりを戻したいなら焦らず落ち着こう

今回はよりを戻すための方法などについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

よりを戻したいのならば、別れた後すぐに相手に「もう一度付き合いたい」と伝えたり連絡をするのではなく、焦らずに落ち着き、いったん冷却期間を置くことが必要です。

そのうえで、また相手が自分に好意を示してくれているのならば、誠実な態度で相手に再び想いを伝えましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

別れた相手ともう一度恋人同士に戻りたいとお考えならば、復縁するための方法についてもっと調べておきましょう。

以下の関連記事ではよりを戻す方法や復縁したい時におすすめのおまじないについて特集しているので、ぜひご覧ください。