Search

検索したいワードを入力してください

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

Author nopic iconそらあおぐ
食の知識 / 2019年02月18日
トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

トマトジュースは飲み過ぎなければ健康にいい

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

トマトは低カロリーで、美肌効果や風邪ようになるビタミンC、老化を防ぐビタミンE、塩分を体外に排出するために必要なカリウム、腸の環境を整えてくれる食物繊維など、多くの栄養を含んでいて、健康のために意識して食べるという人も多いです。

ですが、常にトマトを食べることも大変なので、トマトジュースで代用するという人もいます。トマトジュースも健康には良いですが、飲みすぎると逆効果となってしまうこともあります。

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

トマトには栄養が多く含まれているため、健康に良い食材です。しかし、そのトマトを使ったトマトジュースは飲みすぎると健康に対して逆効果となってしまうことがあります。

トマトジュースを飲みすぎてしまうことが危険と言われることには、いくつかの理由があります。なので、トマトジュースを飲むのであれば、その理由を理解して、トマトジュースを飲む量を調節して、健康に良い飲み方をする必要があります。

理由1:塩分の摂り過ぎになる

トマトに塩をかけると味をい引き立てることができます。そのため、トマトジュースにもトマトの味を引き立てるために塩が入っていることが多いです。

1日の塩の摂取量の目安は8g以下とされています。ですが、トマトジュースを頻繁に飲みすぎてしまうと、トマトジュースだけでこの目安に近い量の塩を摂取してしまう可能性があります。なので、トマトジュースはできるだけ無塩の物を選ぶようにしましょう。

理由2:リコピンの摂り過ぎになる

トマトにはリコピンという栄養素が含まれています。なので、トマトジュースにも多くのリコピンが含まれています。リコピンには美容効果や老化の防止などに効果があると言われています。

ですが、リコピンを摂るためにトマトジュースを飲み過ぎると、お腹が冷えたり、ゆるくなったりしてしまうこともあります。なので、トマトジュースでお腹を壊さないように飲み過ぎには注意が必要です。

理由3:カリウムの摂り過ぎになる

先に述べた通り、トマトにはカリウムも含まれています。人によってはカリウムを過剰摂取してしまうと、高カリウム血症となってしまう危険性があります。

高カリウム血症になりやすいのは腎臓が弱い人です。腎臓が弱い人が多くのカリウムを摂取してしまうと、腎臓でカリウムの処理ができなくなってしまう恐れがあります。なので、腎臓が弱い人はトマトジュースは飲み過ぎないように注意をしないといけません。

理由4:逆流性食道炎になる

トマトは酸味の強い食材です。また、トマトジュースの中には、そのトマトの酸味を活かした物もあります。しかし、その強いトマトの酸味は逆流性食道炎を起こしている人であれば、その症状を悪化させてしまう可能性があります。

1日のトマトジュースの量を調節すれば問題ありませんが、あまりにトマトジュースを飲み過ぎてしまうと症状悪化の原因となります。

理由5:胆石の原因になる

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

トマトにはシュウ酸が含まれています。このシュウ酸は体内のカルシウムと結合することで、シュウ酸カルシウムとなります。さらに、このシュウ酸カルシウムが胆石の原因となることがあります。

また、胆石以外にも、尿管結石や腎臓結石などの石に関する病気の原因となってしまうこともあります。そのため、トマトジュースの飲み過ぎがこれらの病気の原因となってしまう可能性もあります。

理由6:副腎疲労の原因になる

先に述べた通り、トマトにはカリウムが含まれています。そのカリウムをトマトジュースの飲み過ぎで摂取しすぎてしまうと、副腎疲労の原因となってしまいます。

副腎疲労を起こすと、ホルモンバランスが乱れたり、精神不安、食欲不振などの体調を崩しやすい体になってしまいます。また、血糖値が安定しにくくなり、満腹感を感じられなくなったりなどもします。

理由7:柑皮症の原因となる

トマトにはリコピンが含まれています。リコピンは健康を害する栄養素ではありませんが、トマトジュースを飲み過ぎることで、過剰摂取していると柑皮症という皮膚が黄色くなる病気の原因となってしまうことがあります。

初期では手のひらや足の裏などに症状が見られるようになります。症状が強くなると全身に広がることがあります。ただし、命に関わるような病気ではなく、リコピンの摂取を抑えると症状は治ることが多いです。

理由8:便が赤くなる

リコピンは赤い色素でもあります。そのため、トマトジュースを飲み過ぎることで、リコピンを大量に摂取してしまい、便が色素に染まって赤くなることがあります。

これも病気ではないため、トマトジュースの量を調整して飲み過ぎ内容に注意すれば自然と治ることが多いです。ただし、トマトジュースの飲み過ぎをやめても、便が赤いままであれば、別の病気の可能性があるため、病院で診てもらうようにしましょう。

理由9:糖質の過剰摂取

トマトは健康に良い食材のため、ダイエットなどにも効果がありそうに感じてしまう人も多いです。しかし、トマトには糖質が多く含まれているため、ダイエットには不向きな食材です。

特に、トマトジュースでは気がつかないうちに飲み過ぎてしまい、糖質を過剰摂取してしまい、太る原因となってしまう可能性もあります。

理由10:むくみの原因となる

先に述べた通り、トマトジュースには多くの塩が使われている物があります。塩の過剰摂取は体の水分を奪ってしまいます。すると、気がつかないうちに、多くの水分を摂ってしまうため、むくみの原因となってしまいます。

むくみは代謝を悪くしてしまうため、エネルギーを効率良く消費することができなくなってしまい、太りやすい体質を作ってしまうことになります。

トマトジュースの活用方法

トマトジュースは飲み過ぎると体には良くありません。しかし、量を調節して飲み過ぎないように注意をすれば健康のためになります。

また、トマトジュースをそのまま飲むのではなく、料理に使うこともできます。トマトジュースではしっかりと味付けされているため、実際のトマトを使うよりも時短することができたりなどもします。

おすすめのトマトジュース3つ

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

上記で述べた通り、飲み過ぎに注意をすればトマトジュースは健康に良い飲み物です。なので、トマトジュースを飲む際には、量を調節して、飲み過ぎないように注意しましょう。

また、トマトジュースにはいくつも種類があります。種類によって味が違ったり、無塩であったり、無添加であったりなど、特徴もいろいろとあります。なので、トマトジュースを健康のために飲むのであれば、選び方にも注意が必要です。

商品1:光食品 オーガニックトマトジュース

光食品のオーガニックトマトジュースは完熟したオーガニックトマトを使用し、保存料や着色料を使わずに作られているため、安心して飲むことができます。

また、光食品のオーガニックトマトジュースはトマトジュース独特の酸味が少なく、マイルドな味わいとなっています。なので、飲みやすいトマトジュースになっています。ただし、飲みやすいため、飲み過ぎには注意しないといけません。

商品2:順造選 純トマト食塩無添加

順造選 純トマト食塩無添加は自然のままの味にこだって作られているトマトジュースです。使われているトマトは国内産の桃太郎です。その桃太郎を食塩無添加でトマトジュースにしています。

余計なことがされていないので、トマト本来の味をそのまま楽しむことのできるトマトジュースとなっています。

商品3:伊藤園 熟トマト

伊藤園 熟トマトは完熟したトマトを使った100%のトマトのジュースです。砂糖、食塩が無添加でトマトの味をストレートに楽しむことができます。また、ペットボトルになっているので使い勝手も良く、扱いやすいです。

トマトジュースの飲み過ぎに注意しましょう

トマトジュースの飲み過ぎが危険な理由10個|おすすめ商品3つ

トマトには多くの栄養が含まれているため、健康に良い食材です、そのため、そのトマトを使ったトマトジュースも健康に良いです。ただし、トマトジュースは飲み過ぎてしまうと逆効果になってしまう恐れもあるので、飲み過ぎないように量を調節して飲むようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

トマト以外にも体に良い食材や料理はたくさんあります。また、人によって必要となる栄養素も異なります。なので、いろいろな食材の栄養素を知り、いろいろなレシピを知って、健康に繋げましょう。

関連記事

Related