Search

検索したいワードを入力してください

パルミジャーノレッジャーノの美味しい食べ方|レシピ10選

Small 94dbe341 165e 49c8 8c8b 3cf672903bf3はなみ
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年12月04日

更新日:2019年02月04日

記載されている内容は2018年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

パルミジャーノレッジャーノの美味しい食べ方|レシピ10選

パルミジャーノレッジャーノとは

パルミジャーノレッジャーノは、チーズの一種で、チーズの中でも最高級のチーズとして知られています。今回は、パルミジャーノレッジャーノのおいしい食べ方やパルミジャーノレッジャーノを使ったおいしい料理レシピなどをご紹介していきます。

まずは、パルミジャーノレッジャーノとは、どのようなチーズなのか基礎知識を学んでみましょう。また、パルメザンチーズとの違いについてもみていきましょう。

イタリアチーズの王様

パルミジャーノレッジャーノは、イタリアチーズの王様という異名が付けられるほど、チーズの中では人気の高いチーズです。

パルミジャーノレッジャーノは、800年前から製法が変わらず、エミリア・ロマーニャ地方が原産です。パルミジャーノレッジャーノの原産であるエミリア・ロマーニャ地方産の刻印を押されることによって、パルミジャーノレッジャーノを名乗るチーズができるといわれています。

パルミジャーノレッジャーノの特徴

パルミジャーノレッジャーノは、皮が固くて厚めで、味はしっとりとした食感が特徴でかめばかむほどうまみが強くなる味わいを楽しむことができます。また、白い粉のような物はアミノ酸が固まった物で食べても大丈夫です。

さらに、パルミジャーノレッジャーノは熟成期間が最低12ヶ月と長く、さらに一日1個しか作れないという製法のため、他のチーズよりも価格が高めとなっています。

パルメザンチーズとの違い

パルミジャーノレッジャーノに名前が似ているチーズで、パルメザンチーズがあります。パルメザンチーズは、パルミジャーノレッジャーノに似ているという理由だけで実際には異なるチーズの種類です。

また、パルミジャーノレッジャーノはエミリア・ロマーニャ州の認定を受けていないチーズではパルミジャーノレッジャーノと同じ製法だったとしても異なるチーズとして扱われます。

パルミジャーノレッジャーノの美味しい食べ方

イタリアチーズの王様とも称されるパルミジャーノレッジャーノは、食べ方がさまざまです。溶かして食べるのはもちろんのことですが、パルミジャーノレッジャーノはハードチーズですので、硬めなのが特徴です。

ここからは、パルミジャーノレッジャーノのおいしい食べ方をいくつかご紹介いたします。ぜひ、パルミジャーノレッジャーノを手に入れたら試してみてはいかがでしょうか。

1:アーモンドナイフで砕いてそのままつまむ

パルミジャーノレッジャーノは、硬いハードチーズですので、アーモンドナイフなどで砕いてそのまま食べるというのもおすすめです。特にパルミジャーノレッジャーノは、熟成期間が長く濃厚な味わいを楽しめるチーズですので、おつまみとしては最適なチーズといえるでしょう。

2:おろして料理にかけたり混ぜ込む

料理にもオールマイティーに使えるのがパルミジャーノレッジャーノをおいしく食べるためのポイントともいえます。パルミジャーノレッジャーノをお好みの料理におろしてかけたり、混ぜ込むことで、料理に深い味わいをプラスすることができます。

3:ピーラーで薄く削ってトッピングにする

パルミジャーノレッジャーノはアーモンドナイフで砕いたり、おろし金でおろして食べるのが一般的です。または、ピーラーで薄く削ってパスタやリゾット、サラダなどのトッピングにして食べるのも、パルミジャーノレッジャーノをおいしく食べられるポイントです。

4:バルサミコ酢とのマリアージュ

パルミジャーノレッジャーノはバルサミコ酢との相性がいいのも特徴です。特にアーモンドナイフで砕いたパルミジャーノレッジャーノにバルサミコ酢をかけて食べるのが人気です。特にイタリアのレストランやチーズ屋の試食でも出されるほど、定番の食べ方といえます。

5:皮は食べられる?

パルミジャーノレッジャーノは皮が硬くて厚いため、食べられないところと勘違いをして捨ててしまっている方もいるでしょう。実はパルミジャーノレッジャーノに食べられないところはありません。

パルミジャーノレッジャーノの皮はチーズの熟成期間が長いのと製造工程で加える水分の量が少ないためチーズが凝縮されていると考えるといいでしょう。皮もスープや煮込み料理に加えると良いダシとなってくれます。