Search

検索したいワードを入力してください

冷凍ブロッコリーのレシピ10選|ブロッコリーの解凍方法3つ

Author nopic iconsora
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年11月23日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2018年11月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

冷凍ブロッコリーのレシピ10選|ブロッコリーの解凍方法3つ

冷凍野菜は美味しくないと思っている人は多い

冷凍野菜はおいしくないとおもっている人は多くいます。しかし、冷凍解凍のポイントを押さえれば、生から調理した時と同じようにおいしく食べられます。

野菜の中には、冷凍した方が鮮度が保たれておいしく食べられるものもあります。ブロッコリーもその中の1つで、今回は、冷凍ブロッコリーの活用法を紹介します。

冷凍ブロッコリーのレシピ10選

お弁当や料理に添えると彩もよく、ブロッコリーは日々活用したい食材です。しかし、忙しい時には茹でる時間も面倒です。

そこで、茹でたブロッコリーを冷凍保存しておけば、いつでも使えて時短にもなり便利です。
ここからは、冷凍ブロッコリーを使った簡単でおいしいおすすめレシピ10選を紹介します。

1:簡単ナムル

まず始めは、冷凍ブロッコリーを使った簡単ナムルです。冷凍ブロッコリーは、解凍せずにそのまま使うので、さらにお手軽で時短になります。ポイントは、水っぽくならないように炒める時、水分をよく飛ばすことです。

最後に和えるのりとごまの風味が香ばしく、ご飯の副菜にもお酒のおつまみにもおすすめの1品です。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】(4人分くらい)

◎冷凍ブロッコリー 300g

◎水 100ml

◎キャノーラ油 小さじ2

◎おろしにんにく 少々

●焼海苔 1/2枚

●黒炒りごま 小さじ2

●塩 小さじ1/2

●白こしょう 少々

【作り方】

①フライパンに◎を入れてふたをし、強火にかけて5分くらい加熱する。

②ふたを取って、水分がなくなるまで炒め、火を止める。

③海苔をちぎって入れ、●を加えて混ぜる。

2:マヨサラダ

次に紹介するのは、卵と冷凍ブロッコリーをマヨネーズで和えたコクのあるサラダです。

サラダが水っぽくならないように、ブロッコリーは、解凍後水気をよく切っておきましょう。ブロッコリーは卵と一緒につぶしてしまうので、柔らかめに茹でるのがポイントです。細かくなっているので、野菜嫌いのお子さんでも食べやすいです。

サンドウィッチの具としてパンにはさんでもおいしいです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】

ゆで卵 1個
2.冷凍ブロッコリー 5〜6個
3.マヨネーズ 大さじ1
4.塩 ひとつまみ
5.コショウ 少々
6.ピンクペッパー 適量(お好みで)

【作り方】

1.卵はたっぷりのお湯で8分ほどゆで、ゆで卵にしておく。

2.ブロッコリーは解凍しておく。
生のものをつかうときは大体1/6株分くらいのブロッコリーをたっぷりのお湯で3分ゆでておく。

3.ボウルにゆで卵とブロッコリーを入れ、マッシャーでつぶす。
8割程度つぶれたらOK★

4.塩、コショウ、マヨネーズを入れてよく和え、お皿に盛る。
お好みでピンクペッパーをかけたら完成♡♡

3:スペイン風オムレツ

3つ目は、冷凍ブロッコリーと冷凍エビを使って、あっという間にできる簡単オムレツです。

ブロッコリーとエビを冷凍庫にストックしておけば、忙しい朝でも手軽にパパっと作れるお助けレシピです。材料を混ぜる時に味付けもしているので、そのまま食べてもおいしいですが、お好みでケチャップをかけてもいいでしょう。

冷めてもおいしいので、一口大に切り分けてお弁当のおかずに入れてもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】

冷凍むきえび 30g
2.冷凍ブロッコリー 3房
3.〇塩 ひとつまみ
4.〇ブラックペッパー 適量
5.〇コンソメ粉末 小さじ1/2
6.〇粉チーズ 小さじ2
7.〇マヨネーズ 大さじ1
8.〇片栗粉 小さじ1
9.〇卵 1個

【作り方】

1.エビとブロッコリーは少し室温に戻し切りやすい固さに溶かします。

2.包丁で細かく荒みじん切りにします。

3.お椀に2と○を全て入れ、よく混ぜます。

4.フライパンに薄く油をひき(分量外)、弱火にかけ、3を流し込みます。

5.蓋をして3分程焼きます。

6.火を止めて、ヘラで端から慎重に剥がして、お皿に盛り付けて完成です☆

【ワンポイントアドバイス】

ブラックペッパーはけっこう聞かせた方が美味しいです。

4:チーズマフィン

次に紹介するのは、ブロッコリーとコーン、チーズの甘くないマフィンです。

生地にはホットケーキミックスを使っているので、ふっくらと仕上がります。砂糖は加えずマヨネーズを混ぜることで、甘くないおかずパン風のマフィンになっています。

材料を混ぜてオーブンで焼くだけの簡単マフィンなので、忙しい朝にぴったりです。冷めてもおいしいので、お子さんのおやつにもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

★材料(4×5×7cmのマフィンカップ4個分)

・ホットケーキミックス 100g
・コーン缶 大さじ2
・ブロッコリー 4切れ(冷凍可)
・ピザ用チーズ 適量

・卵 1個
・マヨネーズ・牛乳 各大さじ1

★作り方

1.ボウルにAを入れてよく混ぜ、ホットケーキミックスを加えて
  粉っぽさがなくなるまで よく混ぜる。
  コーン缶を加えて さっくりと混ぜる。

2.型の6分目まで1を流し込み、ピザ用チーズとブロッコリーをトッピングし、
  170℃のオーブンで、20~25分焼く。

5:ブロッコリーとコンビーフのバター醤油炒め

次は、コンビーフとブロッコリーをバター醤油で炒めた、食欲をそそる1皿です。

保存のきく缶詰と冷凍保存してあるブロッコリーを使っているので、思い立った時にササッと作れます。忙しい朝やもう1品おかずが欲しい時におすすめです。

炒めたコンビーフの旨みが野菜にも絡まって、箸が止まらないおいしさです。バター醤油の香ばしい味は、パンにもご飯にも合うおかずです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】

冷凍ブロッコリー 10カットくらい
2.コンビーフ 1缶
3.舞茸 1パック
4.卵 1個
5.バター 大さじ1と1/2くらい
6.醤油 大さじ3くらい

【作り方】

1.冷凍ブロッコリーは予めレンジで解凍するか、茹でて水を切っておく。
舞茸は好きな大きさに切る。

2.フライパンに軽く油を入れ、熱くなってから舞茸を入れ火を通す。

3.ブロッコリーを入れ、コンビーフをフライパンの中で適当にほぐしながら焼く。

4.中のものを寄せ、スペースを作ってから、溶き卵を入れ、卵焼きを作る。火が通ったら適当な大きさにしてザックリ混ぜる。

5.バターと醤油を入れ、全体にザックリ混ぜ、醤油のいいにおいがしたら完成!

【ワンポイントアドバイス】

どんどん混ぜるだけ!
卵焼きは混ぜすぎないようにするとキレイ!

6:和風サラダ春巻き

マヨネーズベースのサラダを、春巻きの皮で巻いて揚げた1品です。

揚げ物は食べ応えも満腹感もあるので、食用旺盛な男性やお子さんにも喜ばれること間違いなしです。味のポイントはお醤油と鰹節です。ミスマッチともおもえる和素材を加えることで、こってりしたマヨネーズ味もさっぱりといくつでも食べられます。

揚げ物のカロリーや油が気になる方はオーブンで焼くと、カロリーも油も大幅にカットされてヘルシーです。

Blockquote firstBlockquote second

<材料> 10個分
・冷凍むきえび    7匹(70g)
・冷凍ブロッコリー  5~6個(80g)
・ゆでたまご      2個
・にんにく        1/2片
・醤油          小さじ1
・酒            小さじ1
・かつおぶし      ひとつかみ
・マヨネーズ      大さじ3
・塩           少々
・春巻きの皮(大)  5枚
・揚げ油        適量
・レモンスライス(飾り) 適宜

<作り方>
①にんにくをみじん切りにして、フライパンに入れて、
 冷凍むきえび、冷凍ブロッコリー、酒を入れて中火にかけて、
 火が通るまで加熱する。
※具の周りについた氷の水分が飛ぶようにふたはしない方が良いです。
※加熱むらが出来ないように、はしなどで、動かしながら加熱するのがお勧めです。

※冷凍むきエビや冷凍のシーフードミックスは、
 解凍せずに、そのままフライパンなどで解凍しながら調理することで、
 旨みが逃げずに美味しく仕上がります。

②冷凍むきエビと、冷凍ブロッコリーに火が通ったら、
 醤油、かつおぶしを加えて、和え、火を止めて、みじん切りにします。

③ボウルに茹で卵を入れて、フォークなどでつぶし、
 ②、マヨネーズを加えて、和え、塩で味を整えます。

④春巻きの皮を半分に切って、
 ③の具を10等分にし、
 薄力粉と水を溶いたノリ(分量外)を使いながら、
 巻いていきます。

⑤180℃の油でカラッと揚げます。

7:炊きこみチキンライス

次に紹介するのは、炊飯器で炊くだけのとっても簡単なチキンライスです。

フライパンでチキンライスを作ると、手順も多く洗い物も増えて大変ですが、紹介するチキンライスは、冷凍の具材と調味料を全て一緒に炊飯器に入れて炊くだけの手間いらずです。炒め油も使わないのでヘルシーです。

ブロッコリーはほぐし混ぜてしまうので、野菜嫌いのお子さんでも食べやすいでしょう。鶏肉の代わりに、ツナ缶でもおいしくでき上がります。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】

鶏モモ 150〜200g
2.玉ねぎ 1/2個
3.冷凍コーン(缶詰でも) 好きなだけ
4.冷凍ブロッコリー 大きめ5個
5.お米 2合
6.*コンソメキューブ 1個
7.*ケチャップ 2〜3周
8.ブラックペッパー お好みで

【作り方】

1.お米を研いでメモリ2まで水を入れる

2.玉ねぎはみじん切りにする

3.1に材料全て入れる。野菜は冷凍のままでOK。鶏モモは1枚ドーンと乗せる。コンソメキューブは崩しながら全体にパラパラ〜っと。ケチャップもぐるぐるっと。

4.炊き込みモードがあればそれにする。なければ普通に炊飯スタート。

5.炊き上がったら鶏モモを取り出し、好きな大きさにほぐす。※熱いので要注意
全体を混ぜて完成。

8:ココナッツミルクカレー

次に紹介するのは、女性に人気のココナッツ香るタイ風カレーです。

スープのようにさらっとしているので、口当たりはあっさりしていますが、辛さは強めです。ココナッツミルクの甘さの奥からピリッとしたカレーの辛さが来て、後を引くおいしさです。

見た目もおしゃれなので、友人を招いておもてなし料理として出せば、喜ばれること間違いなしです。辛いのが苦手な方は、カレー粉の量を調節してお好みの辛さにしてください。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】

冷凍海老 6尾
2.冷凍ブロッコリー 8房
3.玉ねぎ 1/4個
4.カレー粉 大さじ3
5.薄力粉 大さじ1
6.ガラスープ 大さじ1
7.バター 10g
8.ココナッツミルク 200ml
9.塩、胡椒 少々
10.ローリエ あれば1枚
11.水 400ml

【作り方】

1.海老とブロッコリーは、室温で15分ほどおいて解凍し、耐熱容器に入れて酒、塩(ともに分量外)をふり、レンジで2分ほど加熱する。

2.玉ねぎは、繊維を切るように薄切りにし、厚手の鍋に入れてバターと共に透き通ってしんなりするまで中火で炒める。

3.カレー粉、薄力粉を加えてさらに炒め、全体がまとまったら、水とローリエを加えて沸騰させ、よくかけ混ぜながら2-3分煮る。

4.ココナッツミルクを加えて、全体を混ぜ、3分ほど煮込む。

9:チーズ焼き

全てコンビニで購入した材料で作った、簡単だけどボリュームのある1品です。

時には、すごく疲れていたり忙しかったりして、食事の支度も面倒な時がありませんか。そんな時にピッタリのお手軽レシピです。コンビニで買ったものを合わせて焼くだけですが、お肉も野菜も摂れてお腹も満足の1品です。味付けも冷凍カルビのたれだけで、調味料いらずです。

今日はおもいっきり手抜きをしたい、という時に作ってみてはいかがでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

材料1~2人分
牛カルビ焼き(セブン-イレブン冷凍食品)   1袋
冷凍ブロッコリー(セブン-イレブン冷凍食品) 1袋
ピザ用チーズ                    50g

作り方
1)冷凍ブロッコリーを電子レンジで解凍します。皿に広げてラップを被せ、電子レンジ600wで2分ほど加熱。水が出るので皿を傾けて水気を切ります。

2)牛カルビ焼きを解凍します。電子レンジで温めましょう。袋に穴をあけ、そのまま電子レンジ600wで1分30秒ほど加熱します。

3)グラタン皿に冷凍ブロッコリーと牛カルビ焼きを交互に入れます。牛カルビ焼きのパックに残ったタレを回しかけ、ピザ用チーズをちらします。オーブントースターの温度を250℃に設定し、7~8分、チーズに焼き目がつくまで焼きます。

このまま食べても美味しいですが、お好みでタバスコをふってもいいかも。

10:スープ

最後に紹介するのは、カレー風味のミルクスープです。ピリッとしたカレー味が食欲をそそります。

1皿で野菜も魚もたっぷり摂れる、食べ応えのあるスープです。鍋料理で使うことの多い鱈ですが、味が淡泊でどんな調味料とも合うので、洋風の味付けでもおいしく仕上がります。

鱈が旬の寒い季節に食べたい身体の温まる1皿です。牛乳は沸騰させると分離してしまうので、最後に入れてさっと温めるのがポイントです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】

生鱈 2切れ
2.塩 小1/2
3.玉葱 1玉
4.セロリ(葉) 1茎くらい
5.じゃがいも 大きめ1個
6.バター 5g
7.小麦粉 大1
8.カレー粉 大1
9.ローリエ 1枚
10.水 2カップ
11.冷凍ブロッコリー 適量
12.牛乳 1カップ
13.塩、胡椒 適量

【作り方】

1.生鱈に塩をまぶして、少しおく

2.玉葱は薄くスライス、セロリの葉は刻み、じゃがいもは、一口大に切る。

3.玉葱、セロリの葉をバターで炒め、しんなりしたら小麦粉、カレー粉を入れて粉っぽさがなくなるまで炒める

4.水、ローリエ、じゃがいもを入れ、じゃがいもに火が通ったら、塩をしておい鱈、冷凍ブロッコリーを入れ弱火で3分くらい煮る

5.おろし際に牛乳を入れ、あたため、塩胡椒で味をととのえる。

野菜の冷凍保存法を知りたい人におすすめはこちら

もっと野菜を!生のままベジ冷凍
もっと野菜を!生のままベジ冷凍
口コミ

食材が無駄にならず、とっても重宝しています。 本の通り、何の問題もなく食せます。

せっかく買ってきた新鮮野菜を、使いきれなくてダメにしてしまったことはありませんか。この本では、下茹でなどの面倒な下処理なしに、野菜を生の新鮮なまま冷凍する方法を紹介しています。

各野菜ごとの冷凍保存方法や上手な解凍法、冷凍野菜を使った簡単レシピは必見です。また、野菜を冷凍保存するメリットなども解説していて、野菜を無駄なくおいしく活用できる方法が満載の1冊です。

冷凍ブロッコリーの解凍方法3つ

冷凍保存しておいたブロッコリーを解凍したら、水分が多く出てぐちゃっぐちゃになってしまったり、柔らかすぎてボロボロに崩れてしまったという経験はありませんか。

冷凍ブロッコリーは、解凍のコツを押さえれば、生からゆでた時と同じように美味しく解凍できます。冷凍ブロッコリーの解凍方法は3つあります。以下にそれぞれの解凍法を紹介していますので、コツを押さえて冷凍ブロッコリーをおいしく食べましょう。

方法1:自然解凍させる

1つ目は、自然解凍です。ブロッコリーの自然解凍は、お弁当などに入れる時に適しています。朝、凍ったブロッコリーをそのままお弁当箱に入れておくと、調度お昼ごろに解凍されて食べごろになっています。

解凍された時水分が出る可能性があるので、他のおかずに水分がしみ込まないように、アルミカップなどにいれておくといいでしょう。

方法2:さっと湯通しする

2つ目は、湯通しで解凍する方法です。あらかじめ茹でてから冷凍したブロッコリーは、解凍時に茹ですぎると柔らかくなりすぎてしまうので、1分程度さっと湯通しするくらいで十分です。

その後さっと冷水をかけると、シャキッとした食感になり色も鮮やかになります。解凍後のブロッコリーは、水っぽくならないようにキッチンペーパーなどで水分をよく拭き取っておきましょう。

方法3:電子レンジで加熱する

3つ目は、電子レンジで加熱する方法です。レンジで加熱すると水分が飛ぶので、湯通しした時より水っぽくならず甘みも増します。

レンジで解凍の場合は、過熱しすぎると水分が飛びすぎてスカスカにになってしまうので、様子を見ながら加熱しましょう。

冷凍のブロッコリーをおいしく食べましょう

今回は、冷凍ブロッコリーを使ったレシピと解凍法を紹介しました。ブロッコリーは、料理にもお弁当にも活用頻度の高い優秀野菜です。

生のままだとすぐに鮮度が落ちてしまいますが、冷凍保存しておけば1ヵ月ほどはおいしさを保っておくことができます。そこで、購入したら新鮮なうちにすぐ冷凍保存して、忙しい朝に夕食のおかずにお弁当に、いつでもブロッコリーをおいしく食べましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ブロッコリー以外にも、冷凍保存しておくと便利な野菜や食材がたくさんあります。下記のレシピ記事を参考に、忙しい朝のお弁当作りや皆大好きなカレーにも、便利な冷凍食材を活用してみてはいかがでしょうか。