Search

検索したいワードを入力してください

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

Small ba7ad130 f9f9 4de6 b2b3 1e1fc7ed43e6佐賀裕司
言葉の意味 / 2019年02月12日
クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

クリスマスカードとは

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

クリスマスカードというのはもちろん「クリスマス時に特定の相手に送る親密を示すカード」となり、特にホームパーティーや公共で行なわれるクリスマスパーティー時に交換される特別な挨拶を伝えるためのカードとなります。

たとえば「メリークリスマス」と誰かに伝えたい際にそのフレーズを「カードに込めて相手に送る」という形になるため、そのフレーズはその後もずっと残ることになり、思い出になります。

クリスマスカードを海外の人に送る時期

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

国際結婚や海外に友人・知人がいる人の場合であれば、この「クリスマスカードを海外の人に送る時期」というのは非常に気になるポイントとなるでしょう。特に海外の文化と言えばキリスト教がメインとなっているため、この「クリスマスカードを送るタイミング」はとても重要です。

一般的には「感謝祭(11月の第4木曜日)」が終わった日から以降にかけて、クリスマスの時期の12月上旬までに出されるのが目安となります。

クリスマスカードの定番の英語メッセージ57選

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

さて、先述では「クリスマスカードを特定の相手に送る際の基本的な知識」についてご紹介しましたが、ここからいよいよ「クリスマスカードの定番の英語メッセージ57選」と題して、「そのクリスマスカードにどのような英語でフレーズを書けばよいか」についてご紹介していきます。

基本的に海外の知人にクリスマスカードを送る場合は「英語がメインになる」ため、その点を覚えておきましょう。

1:Merry Christmas!

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

まず最もオーソドックスな英語のフレーズとなるこの「Merry Christmas!」ですが、この英語のフレーズは基本的に「キリスト教でのクリスマスを祝うフレーズ」となり、「イエス(キリスト)様、お誕生日おめでとう」という意味合いで使われます。

この「Merry Christmas!」というフレーズはそのため、主にキリスト教をその宗派としている知人・友人に対して使える英語のフレーズとなります。

2:Happy Holidays!

次にこの「Happy Holidays!」という英語のフレーズについてですが、直訳すれば「楽しい休日を!」という意味合いになり、特定の相手の楽しい休日を直接祝うフレーズとなります。基本的なスペルの使い方ですが、この場合は語尾の「s」を必ず付けるようにしましょう。

この「Happy Holidays!」というのは特に宗教色が含まれず、キリスト教を宗派としていない人に対しても普通に送ることができます。

3:Joy to the world!

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

ロックバンドの名前にもなっているこの「Joy to the world!」という英語のフレーズですが、この英語の挨拶文もクリスマスの時期には非常に多く見られています。この英語のフレーズはよく「もろびとこぞりて」というキリスト教で扱われる聖歌の内容を示しており、主にキリスト教を宗派とする人たちの間で使用されるフレーズとなります。

4:Christmas wishes

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「May your Christmas wishes come true!」という少々長いクリスマスカードの英語フレーズとなります。この英語の直接的な意味合いは「あなたのクリスマスでの願いが叶いますように」という翻訳がなされ、特に「願い・希望」をメインに持ってきた英語のフレーズとなります。

子どもから大人に至るまで、この英語のフレーズを使えるため、用途に分けて使用しましょう。

5:Wishes for Merry

次は「With best wishes for Merry Christmas」という、これも少々長い英語のフレーズのご紹介となります。このクリスマスカードの英語のフレーズの意味合いは、「あなたにとって、クリスマスが恵み豊かな日になりますように」という「相手への祝福」を示すフレーズとなります。

クリスマスカードに書くべき英語のフレーズでは、このように「相手を祝福するための文句」が選ばれやすいです。

6:Joyful Christmas

次は「Joyful Christmas」、あるいは「May you have a warm,joyful Christmas this year」という英語のフレーズのご紹介です。先述のようにクリスマスカードに書くべき英語のフレーズでは「相手の祝福」を示す内容がメインとなるため、この場合も「あなたにとって、喜びに満ちたクリスマスになるように」という意味合いが込められます。

7:Christmas blessing

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Christmas blessing」という、これもクリスマスの祝福をお互いに分かち合うために相手に伝える「クリスマスカードでの英語の挨拶」としては非常に使われやすいフレーズになります。

この「blessing」という単語は主に「祝福」という意味合いを指すため、クリスマスカードだけでなく、パーティー用の祝辞などでも使用されています。

8:Have a nice Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は稀にクリスマスカードの英語のフレーズで使われる「Have a nice Christmas」という表現のご紹介です。この「Have a nice Christmas」というのは一般的に使われる「Have a nice day(よい一日を)」のクリスマスカード版の表現で、主に宗派を問わずに使用することができます。

9:Christmas of grace

次は「Christmas of grace」という英語のフレーズで、この表現もクリスマスカードの挨拶文によく使われる表現になります。直接的な意味合いは「恵みあふれるクリスマスを」という表現になり、その意訳では「あなたにとって神様の恵みが豊かにあるように」という祈りのフレーズとしてもよく使われています。

10:Happy Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Happy Christmas」という英語のフレーズですが、これは基本的に「Happy New Year」などの英語のフレーズで知られているように、「よいクリスマスを(よい一年を)」という場合の意味合いとして使われ、クリスマスカードのフレーズとしても十分通用する文句となります。

この「happy」という英語はいろいろな場面で使われやすいため、ぜひこれを機会に覚えておきましょう。

11:Make the Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Make the Christmas」という一風変わった英語のフレーズのご紹介です。この英語のフレーズをクリスマスカードに書く際には、その特定の相手は基本的に「親しい友人・知人」である必要があります。特に改まった相手に使ってしまうと、その意味合いが「クリスマスを正しく祝いなさい」といったやや失礼なニュアンスになります。

12:Love at Christmas

次は「Love at Christmas」、あるいは「Thinking of you with love at Christmas」というクリスマスカードに書く英語のフレーズのご紹介です。この英語のフレーズの意味合いは「親愛なるあなたの良いクリスマスを祝福します」となり、基本的には「blessing」を使用する場合の英語のフレーズの意味と同じになります。

13:Great Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Great Christmas」、あるいは「Let's celebrate a great Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。これらの英語のフレーズもクリスマスカードに書くべき文句としては非常に好印象を持たせるフレーズになり、その意味は「大いなるクリスマスを一緒にお祝いしましょう」となります。

14:Rare Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Rare Christmas」、あるいは「Let's celebrate a rare Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Rare」という英語の意味は「珍しい」というよりも「貴重な」という意味合いで使われています。

その意味は「ともに貴重なクリスマスの瞬間を祝福し合いましょう」となり、クリスマスカードの文句としても好印象です。

15:Big Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Big Christmas」、あるいは「Let's blessing a big Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Big」という英語の意味合いは「大きい」という意味も含まれますが、どちらかと言うと「偉大な・稀な・貴重な」などの意味合いで使われています。

その意味は「偉大なるクリスマスをともにお祝いしましょう」となり、クリスマスカードの文句としてもよく使われます。

16:Peace and Christmas

次は「Peace and Christmas」、あるいは「Wishing your family peace and love at Christmas and always」という英語のフレーズのご紹介です。この英語のフレーズもクリスマスカードによく使われる文句となり、「あなたの家族の皆にとって、祝福と愛に満ちたクリスマスになるように」という願いが込められています。

17:Wish Merry Christmas

次は「Wish Merry Christmas」という、どこかで聞き慣れたクリスマスカードの英語のフレーズのご紹介です。この英語のフレーズの意味合いは「幸せなクリスマスを送れることを、心の底から祈っています」となり、特に相手に対する自分の親愛の情を同時に示す形になります。

18:Hope Your Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Hope Your Christmas」という、これも少々一風変わったクリスマスカードの英語のフレーズのご紹介になります。この英語のフレーズの直接的な意味合いは「わたしはあなたの祝福されたクリスマスをお祈りしています」となり、特に誰に対しても送ることができるクリスマスカードの英語のフレーズとなります。

19:Love in Christmas

次は「Love in Christmas」というワンフレーズによるクリスマスカードの英語文のご紹介です。この英語のフレーズの直接的な意味合いは「あなたにとって、愛情に満たされたクリスマスになるように」という特に「愛情」をメインにした英語のフレーズとなります。

この英語のフレーズもクリスマスカードに非常によく使われるフレーズとなるため、ぜひ使ってみましょう。

20:Remain in Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Remain in Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この英語のフレーズもクリスマスカードの文句には非常に使われやすく、その意味合いは「よきクリスマスに、たくさんの思い出を残しましょう」や、「あなたの祝福がそのクリスマスに(確実に)あるように」などとなります。

21:Love With Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Love With Christmas」、あるいは「Let's celebrate affectionate Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。これらの英語のフレーズもクリスマスカードで使用されるフレーズで、その意味合いは「愛が豊かな実りをもたらすクリスマスをお祝いしましょう」となります。

22:Best in Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Best in Christmas」、あるいは「Let's celebrate the best Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「best」という英語の意味合いは「最高の」や「貴重な」、または「あなたにとって最大の」などの意味合いになります。

「あなたにとって実り豊かなクリスマスになるように」という意味合いになり、クリスマスカードの文句としても好印象です。

23:Bless in Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Bless in Christmas」という単発の英語フレーズのご紹介です。この英語のフレーズの意味合いは先述の「Blessing」の場合と同じく、「あなたのよきクリスマスを心から祝福します」という意味になり、クリスマスカードの文句として多用されるフレーズとなります。特に特定の相手同士で使われる場面がよく見られています。

24:Pleasant Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Pleasant Christmas」、あるいは「Let's celebrate a pleasant Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。このフレーズもクリスマスカードの文句としては非常によく使われますが、この場合の「Pleasant」の意味は「気持ちの良い・快適な」などの意味合いよりも、「喜ばしい・奇跡的な・祝福されるべき」などの意味合いで使用されます。

25:Brilliant Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Brilliant Christmas」、あるいは「Let's celebrate a brilliant Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Brilliant」の意味合いは「光る・てかる」などの意味合いではなく、「輝かしい・喜ばしい・奇跡的な」などといった、やや意訳的な意味合いで使われます。

非常に喜ばしい日を祝福するために使われ、クリスマスカードの文句としても十分使われます。

26:Attractive Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Attractive Christmas」、あるいは「Let's celebrate an attractive Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Attractive」という英語の意味は「アトラクション」に使われている「アピール」の意味も含まれており、「魅力的な・貴重な」などの意味合いを含めます。

クリスマスカードの文句としてもよく使われており、非常に好印象となります。

27:Pretty Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Pretty Christmas」、あるいは「Let's celebrate Pretty Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Pretty」の意味合いは「可愛らしい」という意味よりも、「貴重な・すごい」などといった「偉大さ」を示す意味合いで使われています。

「あなたとともに素晴らしいクリスマスを祝いましょう」となり、クリスマスカードの文句としてもよく使われます。

28:Merry Xmas!

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Merry Xmas!」という、これはおそらく一番クリスマスカードの文句として使われやすい英語のフレーズとなるでしょう。この場合は先述の「Merry Christmas」の「Christmas」部分を「Xmas」に変えただけなので、その意味は普通に「メリークリスマス」と言う場合と同じになります。

29:Longing Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Longing Christmas」、あるいは「Let's celebrate your longing Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Longing」は「憧れの○○」という意味を示しますが、基本的には「素敵な・・この日を過ごせて嬉しい」などの意味合いとなり、「あなたと素敵なクリスマスを過ごせて嬉しい」という意味になります。

クリスマスカードの文句としても非常によく使われます。

30:Valuable Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Valuable Christmas」、あるいは「Let's celebrate valuable Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合に使われる「Valuable」という英語の意味は「価値のある」と言うよりも「貴重な・素敵な」などの「恵み」を示す意味として使われます。

「あなたと一緒に、この恵み豊かなクリスマスをお祝いしましょう」となり、クリスマスカードでもよく使われます。

31:Beautiful Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Beautiful Christmas」、あるいは「Let's celebrate a beautiful Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Beautiful」の意味は「美しい・綺麗な」などの意味も含める上で、「新しい気持ちをもってクリスマスを一緒にお祝いしましょう」となります。

クリスマスカードでも非常に綺麗な英語の文句として有名で、最近、頻繁に使われ始めたフレーズとなります。

32:Rich Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Rich Christmas」、あるいは「Let's celebrate a rich Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Rich」というのは「お金持ち」という意味ではなく、「豊かな・恵みのある」などの意味をもって、「実り豊かなクリスマス」というニュアンスになります。

「あなたとともに実り豊かなクリスマスを祝いましょう」となり、クリスマスカードの文句としてよく使われます。

33:Formal Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Formal Christmas」、あるいは「Let's celebrate a formal Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Formal」という言葉はいろいろな場面でよく使われていますが、このクリスマスカードの文句として使われる英語の意味合いでも「公式な・共同の」などとなり、「一緒にお祝いするクリスマス」という意味になります。

34:Future Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Future Christmas」、あるいは「Let's celebrate a future Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この英語もクリスマスカードの文句としては非常によく使われていて、その意味は「一緒に未来に広がるクリスマスをお祝いしましょう」となります。

この場合の「Future」の意味は「未来・将来」などを指し、特に「将来性のあるビジョン」という意味になります。

35:Just for Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Just for Christmas」、あるいは「Let's celebrate just for Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この英語のフレーズもクリスマスカードの文句としては非常によく使われており、その意味合いは「あなたと一緒に新鮮なクリスマスをお祝いしましょう」となります。特に親愛を示したい相手に対して送られます。

36:Various Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Various Christmas」、あるいは「Let's celebrate various Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Various」という英語の意味合いは「いろいろな」という意味よりも「たくさんの恵みが込められた」という、やや意訳的な意味合いで使われます。

37:Scenic Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Scenic Christmas」、あるいは「Celebrate the scenic Christmas」という英語フレーズのご紹介です。

この場合の「Scenic」の意味ですが、一般には「景色が綺麗な」や「美しい気候の」などの意味が持たされますが、このクリスマスカードの文句として使う場合は「心の景色を良くする」という意味合いを込めて「心を落ち着かせた上で、クリスマスをお祝いしましょう」となります。

38:Glory of Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Glory of Christmas」、あるいは「Let's celebrate the glory of Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Glory」という英語の意味には「栄光・偉大な・素晴らしい・良い・魅力的な・聖なる」などといった、キリスト教用語としても多く使われる「神聖な」という意味合いが込められます。

そのためクリスマスカードの文句としても非常によく使われています。

39:Our Dear Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Our Dear Christmas」、あるいは「Let's celebrate our dear Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Dear」の意味合いはその意味どおりに「親愛なる」という本来の意味で使われます。

「皆と一緒に、このクリスマスを親愛なる心をもって祈り合いましょう」という意味になり、クリスマスカードの文句としても多く使われます。

40:Unknown Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は少々珍しい「Unknown Christmas」、あるいは「Let's celebrate the unknown Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Unknown」という英語の意味合いですが、これは「未知の・知られていない」という意味ではなく、「まったく新しい」という「神聖な」の意味を直接指します。

若い人たちの間でよく使われる表現で、クリスマスカードでも珍しい表現です。

41:Single Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Single Christmas」、あるいは「Let's celebrate a single Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Single」という英語の意味は「単身の・単独の・孤独な」という意味合いではなく、「一人でじっくりと」という意味が込められており、「一人で心を落ち着かせて、じっくりとクリスマスをお祝いしましょう」となります。

42:Eternal Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次はクリスマスカードの文句としても人気のある「Eternal Christmas」、あるいは「Let's celebrate eternal Christmas」という英語フレーズのご紹介です。「Eternal」という英語の意味は「永遠の」というそのままの意味で使われており、「今後も変わらずに、ずっと一緒にクリスマスをお祝いしましょう」となります。

クリスマスカードの文句としても非常に綺麗なフレーズです。

43:Young Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Young Christmas」、あるいは「Let's celebrate a young Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Young」という英語の意味は「若い」という意味よりも、「幼子」などの意味で使われており、「純真な気持ちをもってクリスマスをお祝いしましょう」というニュアンスになります。

クリスマスカードの文句としても「純真」という意味を持つ英語はよく使われます。

44:Prophetic Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Prophetic Christmas」、あるいは「Let's celebrate prophetic Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Prophetic」という英語の意味は「預言」となりますが、この場合は「約束された」という意味合いを持ちます。

「神様によって約束されたクリスマスをお祝いしましょう」という意味になり、今後のクリスマスの祝福を表します。

45:Immature Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Immature Christmas」、あるいは「Let's celebrate immature Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Immature」という英語の意味は本来の「未熟な」という意味合いを含む上で、先述と同じく「純粋な心をもってクリスマスをお祝いする」というニュアンスになります。

46:Meaningful Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Meaningful Christmas」、あるいは「Let's celebrate a meaningful Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Meaningful」という英語の意味合いは「意味ありげな」という本来の意味では使わず、「円満な・完熟した」などの意味で使われています。

クリスマスカードの文句としても「完熟した」という意味の英語はよく使われます。

47:Graceful Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Graceful Christmas」、あるいは「Let's celebrate Graceful Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Graceful」という英語の意味には「優雅な・爽やかな・祝福のある」などがありますが、このうちの「祝福のある」という意味が使われています。

「一緒に祝福の豊かなクリスマスを祝おう」という意味になり、クリスマスカードでもよく使われます。

48:Pure Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Pure Christmas」、あるいは「Let's celebrate pure Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Pure」という英語の意味は日常でもよく使われており、「純粋・純真」というニュアンスが非常に強く込められています。

「純粋な心をもってクリスマスをお祝いしましょう」という意味合いになり、クリスマスカードの文句として人気があります。

49:Grateful Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Grateful Christmas」、あるいは「Let's celebrate a Grateful Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Grateful」という英語の意味は「偉大な・優雅な・壮大な」などとなりますが、このクリスマスカードの文句として表現する場合でもそのままの意味合いで使われます。

「偉大なるクリスマスをお祝いしよう」となり、クリスマスカードでも人気が高いです。

50:Certain Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Certain Christmas」、あるいは「Let's celebrate a certain Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Certain」という英語の意味は本来「確実な・確かな」などと訳されますが、このクリスマスカードに書く場合は「当然のクリスマスをお祝いしましょう」となります。

つまり「クリスマスをお祝いするのは当然」となるため、キリスト教のフレーズとなります。

51:Delicious Christmas

次は「Delicious Christmas」、あるいは「Let's celebrate delicious Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Delicious」という英語の意味は「美味しい・美味」となりますが、この場合は「美しい・魅力的な」というニュアンスで使われます。

「魅力的なクリスマスを心から祝いましょう」となり、クリスマスカードの文句でも非常に人気があります。

52:Intimate Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Intimate Christmas」、あるいは「Let's celebrate our intimate Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Intimate」という英語の意味は「親密な○○」となりますが、このクリスマスカードに書く場合でもそのままの意味合いで使われます。

「わたしたちにとって親密なクリスマスをお祝いしましょう」となり、クリスマスカードの文句でも人気があります。

53:Vigorous Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Vigorous Christmas」、あるいは「Let's celebrate a vigorous Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Vigorous」という英語の意味は「快活な・活発な」となりますが、このクリスマスカードに書く場合は「新鮮な・イエス様は生きておられる」などのニュアンスで使われます。

54:Splendid Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は若い人の間でよく使われる「Splendid Christmas」、あるいは「Let's celebrate a splendid Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Splendid」という英語の意味は「すごい・見事な」などとなり、クリスマスカードの文句としてもそのままのニュアンスで使われます。

「偉大なクリスマスをお祝いしましょう」となり、クリスマスカードの文句としても人気です。

55:Virtue Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Virtue Christmas」、あるいは「Let's celebrate Virtue Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この「Virtue」という英語の意味は「美徳・純潔・効果」などとなりますが、このクリスマスカードに書く場合は「純潔」の意味合いとなり、「純潔な姿勢をもってクリスマスをお祝いしましょう」となります。

56:Spectacular Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Spectacular Christmas」、あるいは「Let's celebrate a spectacular Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。「Spectacular」という英語の意味は「壮大な・大きな」などとなり、クリスマスカードの文句としてもそのままの意味合いで使われます。

「壮大なクリスマスを一緒にお祝いしましょう」となり、クリスマスカードの文句としてもよく使われます。

57:Lively Christmas

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

次は「Lively Christmas」、あるいは「Let's celebrate a lively Christmas」という英語のフレーズのご紹介です。この場合の「Lively」という英語の意味は本来の「生き生きとした」というニュアンスよりも「永遠に生き続ける」という意味合いの方が強く表現されます。

この場合も「イエス様が永遠に生きておられる」という意味合いで使われています。

クリスマスカードの英語の使い方を知りたいあなたに

しあわせを贈るクリスマスカード
しあわせを贈るクリスマスカード
口コミ

全ページがカラーで、クリスマスカードの誕生に関するエピソードや その時代時代の貴重なカードが掲載されています。

さて、先述では「クリスマスカードでよく使われている英語のフレーズ・挨拶文」についていろいろとご紹介してきましたが、ここでは「さらにもっとクリスマスカードで使える英語のフレーズを知りたい」と言うあなたにおすすめの一冊をご紹介します。

今回ご紹介するのは『しあわせを贈るクリスマスカード』(カラーフィールド)で、本書ではクリスマスの伝統と、クリスマスカードの書き方が詳細に紹介されています。

クリスマスカードを英語で書く時のポイント3つ

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

先述では「クリスマスカードの一般的な書き方・英語のフレーズの使われ方」などについてご紹介してきましたが、実際にクリスマスカードを誰かに送る場合には、その送る際に必ず守らなければならない最低限のマナーがあります。

その最も大きなマナーとして知られるのは、「宗派の違う人にキリスト教の習慣を押し付けない」というもので、宗派の違いにはまず配慮しておくことが大切です。

1:相手の宗派に気をつける

クリスマスカードに使える英語のメッセージ57選!

先述でもご紹介しましたが、まずクリスマスカードを誰かに送る場合には必ず「相手の宗派に配慮しておくこと」が求められ、その相手の宗派がもしキリスト教ではなく別の宗教に熱心であった場合には、クリスマスカードは「あえて送らない」という配慮が必要です。

特にクリスチャン、ユダヤ教などの場合であれば、習慣的な行事、またはキリスト教に関連する宗派であるため、クリスマスカードを送っても問題はありません。

2:書き方のルール

さらにクリスマスカードを送る際のマナーについてですが、クリスマスカードというのは基本的に「親愛なる相手に対して送る特別なカード」となるため、ワープロなどによる活字で全文を仕上げることはよくありません。

少なくとも「相手の住所と氏名は手書きで書くこと」が大切で、手書きによって伝わる差出人のぬくもりを直接その相手に受け入れてもらえる試みとなります。

3:仕事上の相手に送る場合

次に「仕事上の相手に送る場合」を踏まえたフォーマルなクリスマスカードの文面の書き方のご紹介です。この場合は友だち感覚で使うフレーズは避け(英語のフレーズでも)ましょう。

Merry Christmas!
お疲れの体を癒していただくために、本日は下記のとおり「クリスマスパーティー」を企画いたしました。どうぞ皆さま、奮ってご参加ください。


このように公式に書き、下記の部分には日時・場所などを明記しましょう。

クリスマスカードには英語のメッセージを添えよう!

クリスマスカードというのは、実際にカードで送ったり、あるいはSNSなどの電子メールで送ることができるなどのバラエティに富んだバージョンが見られ、その際でも「英語のフレーズを面白おかしく書いてみる」などの工夫がなされます。

クリスマスカードであるため特に「正確なフレーズ」に執着する必要はなく、真心を伝える姿勢をもって「魅力的な英語のフレーズの工夫」をしてみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

先述では「クリスマスカードに使える英語のメッセージやフレーズ」をメインにご紹介してきましたが、まだまだ他にもたくさんの「クリスマスカードに最適な英語のフレーズ」が用意されています。多くの関連情報を参考にしましょう。

クリスマスカードというのは一般的に「親愛なる人に送る特別なカード」としてあるため、英語の基本的な文法や表現に執着する必要はありません。精一杯の愛を込めて贈ることを心掛けましょう。

関連記事

Related