Search

検索したいワードを入力してください

落花生やピーナッツの産地千葉県の有名店12選|お土産10個

Author nopic iconharuchika
プレゼント / 2019年02月27日
落花生やピーナッツの産地千葉県の有名店12選|お土産10個

落花生とピーナッツの違いは

落花生とピーナッツは同じ食べ物です。木や殻など植物の総称を落花生と呼び、実の部分だけをピーナッツと呼びます。落花生の語源は、地上にある枝に裂いた花の基部から子房柄が地中にもぐって実を付けます。花が落ちて豆が誕生する事からこの名前が付けられました。

落花生にはいくつかの種類があり、品種によって味が違います。落花生の生産が盛んな千葉県ではどのようにして生産されているのか調べてみましょう。

千葉県の落花生やピーナッツとは

千葉県で落花生の栽培がスタートしたのは明治9年からです。農家の牧野氏が神奈川県から種を購入したのが始まりです。ピーク時の昭和40年には66500ヘクタールありましたが、平成19年には6420ヘクタールに減少しています。

国内で流通している落花生やピーナッツの約9割は外国産で国内産は約1割程度になっています。国内産の約8割が千葉県で生産されており、味の良さで高い評価を得ています。

落花生やピーナッツの産地千葉県の有名店12選

千葉県は落花生の生産地とあって、県内には多数の落花生販売店があります。道の駅や百貨店などでも気軽に購入できますが、お店まで行って購入すると多くの商品があります。落花生を販売するお店は独自のこだわりがあります。

お店によって製法が違うのでよく比較して購入しましょう。落花生の販売で有名なお店12選を紹介します。

お店1:エハラピーナツ

エハラピーナッツは、昭和35年から落花生を取り扱うお店です。落花生は、千葉県八街市有名ですが、エハラピーナッツがある印旛郡も同じ土壌で美味しい落花生が生産できます。エハラビーナツは、栽培した落花生を自社工場で製造し加工して販売しています。

一貫生産する事で、フレッシュで香りの良いピーナッツを食べることができます。定番商品は落花生ですが、味付けピーナッツやアイスクリームなど多くの商品を取り扱っています。

お店2:酒井のピーナツ

Bg fortune
hsgyt0622
フォロワー140人
プロフィールを見る
Media?size=l

酒井のピーナツは、千葉県産の落花生認定店になっているお店です。熱いうちに真空パックされ販売され、香りを逃さない真空パック製法で贈り物にも最適です。

そして、ご当地ソフトクリームとして「酒井さんちの落花生ソフト」を販売しています。濃厚だけどしつこくない味わいはお店の人気商品になっています。メディアにも登場した事のあるお店で千葉のお土産を探してみましょう。

お店3:いとうピーナッツ

創業100年を迎える老舗のピーナッツ店です。多くのメディアにも紹介される大変有名なお店で、看板商品は「ピーナッツペースト」です。自社工場で古くからの製法にこだわった作り方で、じっくり焙煎して商品化されます。仕入れ先農家も50年以上の長い付き合いで、高品質の落花生を仕入れています。

濃厚なピーナッツペーストのほか、八街産の落花生を多く取り扱っています。落花生のから煎りは、種類ごとに販売しています。

お店4:新芳商店

創業120年以上の新芳商店は、地元農家や農協から厳選した落花生を仕入れています。独自の加工技術によって作られるため、抜群の美味しさを誇ります。さやつきの落花生から加工したピーナッツまで取り揃えています。

自然の風味をそのまま味わえる商品ばかりで、落花生の旨みを存分に味わえるでしょう。お店は本社と工場のみですが、味や製法を守り続けている自信が伺えます。品質にこだわったお土産が購入できるでしょう。

お店5:ピーナッツサブレー本舗とみい

松戸を中心に数店舗構える千葉とみいは、ピーナッツを使ったお菓子が充実しているお店です。看板商品はピーナッツサブレーで、粉の混ぜ合わせから型抜き、ピーナッツの飾り付けまで手作業で行っています。

夏になるとピーナッツプリンが販売され、ピーナッツのコクと香りが楽しめる商品は地元の人に愛されています。千葉とみいでは、店舗によって限定商品が販売されています。お店を巡って珍しい商品を手に入れてみましょう。

お店6:福井商店

有限会社福井商店は、与太郎の豆や千葉県産の落花生などを販売しています。落花生と豆菓子は、契約農家で栽培されたものを取扱い自社工場で加工しています。一貫した管理体制で生産されつ商品は、食味の良い商品となりお土産に喜ばれています。

ここの落花生は畑選びから始まり、姿形を厳選しています。ひとつひとつ粒入りした商品は贈り物としても最適です。千葉の特産品としても指定されているお土産が購入できます。

お店7:木村ピーナッツ

館山にある落花生の専門店木村ピーナッツは、ピーナッツソフトが有名なお店です。多くの人はソフトクリーム目当てで来店し、店内はいつも賑わっています。ピーナッツソフトは粒入りでとても濃厚な味です。併設しているカフェではピーナッツソフトにトッピングを加えたピーナッツパフェが食べられます。

土日限定のメニューには、炭酸飲料にピーナッツアイスを加えたフロートタイプのメニューが登場します。観光がてら立ちよってみましょう。

お店8:こば屋本店

こば屋本店の落花生は、自社農場で収穫された千葉県産の落花生を中心に取り扱っています。昔ながらの手作り製法で作られた商品は、何度でも食べたくなるおいしさです。

看板商品は「轟太鼓」です。昔ながらの手法で1枚1枚手づくりされています。甘辛味が一番人気で深煎りの落花生とおかきの風味がマッチして唐辛子がアクセントになっています。おやつやビールのおつまみに最適な商品です。幅広い世代に愛されるお菓子です。

お店9:ますだの落花生

ますだの落花生は昔ながらの天日干し製法で作り続ける老舗店です。天日干し製法は広大な敷地が必要で天候に左右される製法です。手間暇かけて生産された落花生は、貴重品とも言えるでしょう。

天日干し製法によって製造された落花生は、本来の旨みや甘みが味わえます。店内にはテーブルとイスが用意され、色々なフレーバーの落花生を試食する事ができます。

お店10:八街ピーナツ

有限会社八街ピーナツの落花生は、八街に作付された国産の落花生を使用しています。無添加製法にこだわり、煎る時間は通常の6倍をかけた長時間製法で商品化しています。旨みを最大限に生かすため、落花生に付いている土の落としから工夫しています。

鬼がら焼きになる落花生はエアー噴射で土を落としています。通常、落花生を商品化する時にする水洗いや漂白を一切せず、旨みを含んだ落花生を使って商品作りをしています。

お店11:豆処はせべ

豆処はせべは本社のみの店舗になりますが、落花生の取扱量が千葉県内でトップです。1979年に開店して以来、千葉県産の落花生専門店として営んでいます。ここでは、落花生の王様と呼ばれる「千葉半立」が購入できます。

国内落花生の中で最高級品と言われる種類で甘みが強く独特のコクが楽しめる落花生です。その旨さに人気が沸騰中で毎年生産量が不足している状況です。お店で見つけたら少々高いですがお土産に購入してみよう。

お店12:千葉ピーナツ

船橋市を中心に数店舗展開する千葉ピーナツ店。ここのお店の特徴は落花生の商品が多いことです。少し変わった落花生も取り扱っており、落花生の渋皮が黒色をしている「黒落花生」があります。千葉県内でもほんのわずかしか収穫できない貴重な品種です。

黒い渋皮はアントシアニンを含んでいるからで、渋皮と一緒に食べると栄養価が丸ごと摂れます。少し珍しいお土産を探している人は行ってみましょう。

落花生やピーナッツのお土産10個

千葉県は落花生が有名ですから、落花生にちなんだお土産が多数販売されています。専門店で作られたお菓子はどれも本格派で贈り物としても最適です。数あるお土産の中から厳選して落花生やピーナッツを使った商品を紹介します。

お土産1:ぴーなっつ最中

ピーナッツ最中は成田山新勝寺の参道にある「なごみの米屋」で作られています。ここは和菓子の老舗店で、ピーナッツ最中は千葉の銘菓として紹介されて紹介されています。

落花生の形をした最中に、落花生味の白餡がたっぷり詰まった一品です。袋に詰められたピーナッツ最中は、顔と足が印刷された包装に入っています。なごみの米屋は、多くの路面店とインストア店を展開しています。成田山に行かなくても手に入れやすいお土産です。

お土産2:楽花生パイ

Dummy2
mayu_728
フォロワー137人
プロフィールを見る
Media?size=l

オランダ屋の楽花生パイは、千葉県では有名なお菓子です。しっとりとしたパイ生地の中に落花生の餡が詰められており、2016年には日本ギフト大賞千葉賞を受賞しました。

他にも落花生を使ったお菓子が豊富に揃っており、和菓子と洋菓子がバランスよく販売されています。オランダ屋は、千葉県内に店舗を多く展開しているので手に入れやすいお土産でしょう。工場直売品を買うなら美浜区のお店に行ってみましょう。

お土産3:千葉房総ラスクなぐさ ピーナッツバター

南房総市にある有限会社亀や和草で販売している「千葉房総ラスクなぐさ ピーナツバター」です。千葉県産の落花生をすり潰してピーナツバターにして、ラスクの上に塗り焼き上げたお菓子です。サクサクとした食感で、ピーナッツの香りが口の中にいっぱい広がります。

かわいらしいパッケージで、一枚ずつ個包装されていますからお土産にも最適です。コーヒーや紅茶とも相性の良い商品です。

お土産4:落花煎餅

明治15年に創業した鈴市商店で落花生せんべいは販売されています。全国菓子大博覧会で全菓博栄誉大賞と橘花栄光賞を受賞したお菓子です。千葉半立をたっぷり使用したせんべいは豊かな香りが人気です。

一日に12万枚を売り上げる店の看板商品で、畑でゆっくり自然乾燥された落花生を使っています。お土産に迷ったらおすすめしたい商品です。

お土産5:ぴーなっ糖

緑川成果が販売するぴーなっ糖は、九十九里の銘菓として知られています。独自製法で時間をかけて製造しており、合成保存料などを使用していません。戦後から受け疲れてきた甘納豆の製造技法で作られ、落花生をふっくらと炊き上げています。

芯まで蜜を含んでいるのに甘さ控えめな味わいです。お年寄りから子供まで安心して食べられるお菓子です。

お土産6:楽花生最中

千葉県美浜市にあるオランダ屋では、楽花生最中を購入できます。落花生をかたどった最中の皮に千葉県産の落花生を100%使った餡がたっぷり入っています。

使用している餡は、落花生の蜜付けを大手芒(白インゲン豆)を使った白餡で炊き上げた特製の餡です。1個から販売しているので、自分用のお土産としてもおすすめです。

お土産7:清本園 「ピーナッツペースト」

稲毛区にある清本園は、メディアで紹介されたピーナッツペーストを販売しています。商品に使う材料は、直営農場や契約農家から仕入れた安心材料を使用しています。落花生は、一級品の物を使用して自社工場で丁寧に作られます。

千葉県産の落花生を使い、風味豊かな味わいが堪能できます。トーストに付けるのが定番ですが、サンドイッチやクラッカーにつけても美味しいでしょう。甘さ控えめで上品な味わいです。

お土産8:ピーナッツ饅頭

Bg beauty
irie-381
フォロワー186人
プロフィールを見る
Media?size=l

成田の老舗沸かしやなごみ米屋で販売されているピーナッツまんじゅうは、ピーナッツ最中の姉妹商品です。ピーナッツ最中と同じようなフィルムに手足が印刷された可愛いお菓子です。ピーナッツの甘煮を餡に練り込んで焼き上げた商品です。

しっとりとした餡でピーナッツの風味が豊かに香ります。ピーナッツ最中とセットにして販売されているので、食べ比べても良いでしょう。

お土産9:楽花生ダクワーズ

楽花生ダクワーズもオランダ屋で販売しているお菓子です。千葉県産の落花生を使っフレッシュバタークリームをもちもちとした食感のダクワーズでサンドしています。見た目は可愛い落花生の形で、上品な味わいが人気です。

この商品は夏期は販売を休止します。涼しい時期に千葉へ行って購入しましょう。オランダ屋は、郊外にある路面店からショッピングモールのテナント店まで展開しているので、比較的手に入れやすいです。

お土産10:ピーナッツサブレー

とみいのピーナッツサブレーは、千葉県を代表するお土産です。落花生をかたどったクッキー生地に、丸ごとピーナッツをのせて焼き上げた商品です。サクサクした食感とピーナッツの豊かな香りに包まれて、贅沢なティータイムを楽しめます。

シンプルな味ですから、飽きのこない美味しさで幅広い世代の人から愛されています。とみいは多くの路面店と柏の高島屋にもインストアしています。

落花生やピーナッツを探しに行こう

千葉県は国産落花生の生産ナンバー1とあって、県内には多数の落花生販売店がありました。どのお店も独自の製法でこだわりを持って落花生を販売していました。おみせによっては、ピーナッツを使ったお菓子を販売するもあり、違った食べ方で落花生を楽しめました。

スーパーでは手軽にピーナッツが購入できますが、多くは外国産です。国産の風味豊かなピーナッツが食べたくなったら、千葉県へ行ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回紹介したお土産の中にピーナッツバターがありました。ビーナッツバターは食パンに付けて食べる以外にも美味しい食べ方があります。ピーナッツバターを使ったレシピと西日本で有名なかぶきあげについて調べてみましょう。