Search

検索したいワードを入力してください

納豆ごはんのアレンジレシピ16選|定番から変わり種まで!

Author nopic iconmyu-myuu
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年12月04日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

納豆ごはんのアレンジレシピ16選|定番から変わり種まで!

納豆ごはんとは

納豆ごはんとは、納豆とご飯を混ぜて食べるものです。シンプルですが、納豆を混ぜる回数や合わせる薬味などにより味わいが変わってきます。日本なら納豆はどこでも手に入るため、ストックしておくと簡単においしい朝ごはんができあがります。

納豆とご飯の相性

ねばねばで単品では食べづらい納豆も、ご飯と一緒に取ることで食べやすくなります。納豆の粒とご飯の粒はどちらも形や食感が似ているため、違和感なく食べられます。

納豆ごはんのアレンジレシピ16選

納豆ごはん好きにぜひ試してほしいおすすめレシピを、全部で16選ご紹介します。納豆ごはんは、材料があれば誰でも簡単にできるものばかりです。甘めのものからピリ辛味のものまであるため、必ずお気に入りのレシピが見つかることでしょう。

1:納豆バターごはん

こちらは、納豆バターごはんのレシピです。 必要な食材は、ごはんと納豆のほかはバターと青ネギのみなので、毎日納豆ごはんを食べたい人にもおすすめです。ポイントは、ごはんの中に穴を開けて、その中でバターを溶かしておくことです。

ごはん全体にバターが広がることで、苦いネギとの相性が良くなります。お好みで、醤油を少し掛けて食べてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

★材料(1人分)
・温かいごはん 1人分(160g程度)
・バター 10g(お好みで調整)
・納豆 1パック
・きざみ青ネギ・醤油 お好みでOK

★作り方
1.温かいごはんの中心に穴を開けて
  バターを入れて溶かし、
  ある程度溶けたら、ごはんを混ぜる。
2.納豆は添付されているタレを加えてよく混ぜ、
  1の上にのせる。
  お好みで、きざみ青ネギと醤油をかける。
  よく混ぜて食べてください。

2:夏野菜たっぷり納豆ごはん

こちらは、なすやきゅうりがたっぷり入ったヘルシーな納豆ごはんのレシピです。 たいへんあっさりしているため、暑い夏など食欲がないときにもおすすめです。

ポイントは、なすに塩を振ってしばらく置いておくことです。なすに塩を振ることでアクがとれるので、なるべく行った方が良いでしょう。納豆ごはんに掛ける前に、しっかりと水で塩を取ってから使いましょう。濃い方が好きであれば、醤油を掛けてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】1人分
なす 1/2本
きゅうり 1/2本
青じそ 2~3枚
納豆 1パック
卵黄 1個分
ご飯 丼に軽く1膳分
白ごま、しょうゆ 各適量

【作り方】
1.なすときゅうりは5mm角に切って、重量の約1%の塩(分量外)をふって5~10分おく。青じそは千切りにして水に放しておく。
2.納豆は添付されているタレ、からしを加えてよく混ぜておく。(1)のなすときゅうりは水気を絞って、青じそは水気を切る。
3.どんぶりにご飯を盛り付け、なすときゅうり、納豆をのせ、白ごまをふる。中央に卵黄、青じそを添える。
4.食べる時はよく混ぜて、お好みでしょうゆをかけて味を調整して下さい。

3:ワンタンとネギの納豆ごはん

こちらは、ワンタンの皮などを使った納豆ごはんのレシピです。ワンタンの皮を揚げることで、パリパリの食感を楽しめます。ひき肉やワンタン、青ネギなどそろえる材料は多いですが、大人好みの納豆ごはんを食べたい人にはおすすめです。

ポイントは、納豆をひき肉などと一緒に炒めてからごはんの上に掛けているところです。生の納豆とは違った風味を楽しめます。ねばねばの納豆ごはんが苦手な人にもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】1人分
ご飯……多めの1膳分
豚挽き肉 (粗挽き) ……100g
納豆 (小粒) ……1パック
白ネギ……10cmぐらい
塩コショウ……適量
醤油……大さじ1
油……適量

レタス (千切り) ……適量
ワンタンの皮を揚げたもの……1~2枚分
青ネギ……適量
辛子……適量

【作り方】
①白ネギをみじん切りにする。
②フライパンに油を熱し、豚挽き肉を炒め塩コショウをふる。色が変わったら①を加えて更に炒める。
③納豆を加え、醤油を回しかけて炒める。
④器にレタスを敷き、ご飯を盛り付けて③を乗せ、ワンタンの皮と青ネギを散らす。
⑤辛子を添え、全体を混ぜながら食べる。

4:カレーの納豆ごはん

こちらは、残り物のカレーで簡単に作れる納豆ごはんです。カレーに飽きてしまった人は、ぜひこちらのリメイクレシピに挑戦してみてください。カレーの具材や辛さなどにより、毎回違った味を楽しめます。

納豆が苦手な人でも、カレーと混ぜ合わせると普通の豆カレーのように食べられます。この料理だけでもおなかがいっぱいになるため、簡単に済ませたいときにもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】
ごはん 300グラム(好み)
残り物カレー カップ1程度
納豆 1パック
卵 2個
溶けるチーズ 40グラム
青ねぎ トッピング

【作り方】
1.フライパンにオイルを敷いて、カレーをいためる。納豆をよくまぜて加える。
2.同じ鍋の端で、チーズを焼き、溶けてきたらカレー、納豆に加えて、よくといた卵2個で全体をまとめ最後に青ねぎを。
3.2を熱いごはんにのせる。焼き海苔をのせてもおいしい。

5:味玉の納豆ごはん

こちらは、味玉と一緒に食べる納豆ごはんです。味玉は、ゆで卵に醤油とみりんを加えて作ります。しばらく漬けておかないと味が染みないため、朝食にする場合は前日に作っておくと良いでしょう。

味玉を半熟にするポイントは、水から入れて10分火にかけることです。卵を温かいまま置いておかずに、すぐに冷やして殻を剥きましょう。半熟卵を割ると、中から出てきた黄身が納豆と絶妙に絡み合います。

Blockquote firstBlockquote second

■材料(2人分)
・ご飯・・・・・お茶碗2杯分
・納豆・・・・・2パック
・味玉・・・・・2個
※たまご2個と、おしょうゆ・みりんが各大さじ2です。
・からし、たれ、かつお節や、青のりなどお好みで

■作り方
1.味玉を作ります。 たまごを水から10分茹でます。水から10分でちょうど半熟卵になります。すぐに冷水で冷やし、殻をむきます。続いて、たまごをビニール袋に入れ、お醤油とみりんを加え30分程度おきます。全体に漬け汁がいきわたるように、コップなどに入れましょう。
2.納豆をパックからフライパンにそのまま出し、中火でこんがり焼きます。
3.ご飯に納豆を乗せ、味玉を乗せたらできあがり。
4.かつお節に、からし、お醤油を加えたら、よくかき混ぜて食べるましょう♡

6:おしゃれな納豆ごはん