Search

検索したいワードを入力してください

日本での外車SUV11選|SUV以外の外車9選

Author nopic icontamokon
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年12月27日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日本での外車SUV11選|SUV以外の外車9選

の外車の4タイプ

外車は、高くて壊れやすいというイメージは今はもう昔の話となりました。外車といっても、有名なドイツ御三家であるメルセデス、BMW、アウディから、車名で有名なフォルクスワーゲンゴルフがですが、他にもたくさんのメーカーや車種があります。

本記事では、日本での外車をご紹介します。きっと、欲しくなる1台に出会えます。いまや外車も右ハンドルが普通になり、耐久性も国産車と相違ないクオリティになっています。

タイプ1:SUV

いまや世界の車のカテゴリー別のトレンドは、なんといってもSUVです。各メーカーで新型車の発売が相次ぎ、今までにはない熾烈な販売競争が展開されています。

SUVとは、Sport Utility Vehicleの略で、スポーツ・ユーティリティ・ビークルのことを言います。元々は、オフロードを走破できる四輪駆動車のことを指していましたが、最近では、オンロードも快適に走行できるクロスオーバーSUVが主流です。

タイプ2:セダン

先程のSUVが最近のトレンドとお伝えしましたが、車はやはりセダンという方はたくさんいます。車のつくりとしては、一番良い形と言われています。静粛性や振動など、まだまだ他のジャンルには負けないものがあります。

日本市場における外車の販売では、ドイツ御三家を中心に、まだまだセダンの販売比率が高く車種になっています。外車のセダンは、世界のセダンのベンチマークとなっています。

タイプ3:コンパクトカー

日本での外車SUV11選|SUV以外の外車9選
※画像はイメージです
出典: Free stock photo of auto, car, Fiat

コンパクトカーのジャンルも、いまや海外市場を意識して、肥大化が進んでいます。しかしながら、燃費性能など優れたパッケージングがとなっています。

日本市場における外車の販売台数で一番売れているのが、コンパクトカーとなります。外車では、ホットハッチと呼ばれる走りに優れたコンパクトカーやボディはコンパクトながらプレミアムコンパクトと呼ばれる高級仕様のものまで、さまざまな種類が存在しています。

タイプ4:スポーツカー

外車には、スポーツカーを超えたスーパーカーが多数存在します。国内にも数台スーパーカーが販売されていますが、アウトバーンをはじめ高速で走られる環境がある国でつくられる車には歴史を感じさせる熟成度でがあります。

スポーツカーは、車を走らせる、車を操る楽しさがあります。特に外車ではハイレベルのパフォーマンスがあり、卓越した動力性能とエクステリアの格好良さが魅力です。

日本での外車SUV11選

繰り返しになりますが、SUVがです。それでは、日本ではどのような外車SUVがなのでしょうか。2018年上半期の国内市場における販売台数をもとに11台を選出しました。

SUV外車を11台選出していますが、単純な販売台数順にご紹介はしていません。どれも、魅力的でのある外車SUVとなっています。

1:BMW X1

日本での外車SUV11選|SUV以外の外車9選
※画像はイメージです
出典: Bmw X1 Auto · Free photo on Pixabay

BMWでXがつくグレードは、SUVとなっています。そのエントリーモデルが、BMW X1です。コンパクトSUVながら、インテリアの質感の高さは、さすがBMWです。

デビューは2015年の2018年にマイナーチェンジされたのSUVです。BMW車では珍しい前輪駆動となっています。1.5ℓ直3DOHCターボと2.0ℓ直4DOHCターボに加え、2.0ℓ直4DOHCディーゼルターボをラインアップしています。

2:メルセデスベンツ GLA