Search

検索したいワードを入力してください

東京のおすすめ高級料理店15選|一度は行きたい名店!

Author nopic iconharuchika
食の知識 / 2019年01月28日
東京のおすすめ高級料理店15選|一度は行きたい名店!

高級料理店の魅力

東京のおすすめ高級料理店15選|一度は行きたい名店!

高級料理店は大切な人と食事を楽しんだり、記念日に利用する事が多いでしょう。特別な日を演出できる高級料理店はどのような魅力があるのでしょうか。高級料理店の魅力に迫ってみましょう。

おいしくておしゃれ

高級料理店は贅沢な雰囲気の中で最高のサービスを受けて、美味しいものを食べられる特別な場所です。美味しいものを食べる満足感のほか、精神的な豊かさもプラスされます。

おしゃれな空間で洗練されたサービスを受けるのは、日常とかけ離れた気分を楽しめます。憧れのお店で過ごすひと時は、思い出の一日になるでしょう。

東京のおすすめ高級料理店15選

東京のおすすめ高級料理店15選|一度は行きたい名店!

東京にはとても多くのレストランがありますが、高級料理店と呼ばれる特別なお店があります。人気店になると予約をしてから長期間待つこともあります。一度は行ってみたい、東京にある高級料理店を15店紹介します。

1:リューズ(六本木)

ミシュランガイドで7年連続で二つ星を獲得している高級料理店です。シェフの飯塚氏はラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションで腕を振るった経歴を持つ人です。メニューにある「リューズ」を注文すれば、旬の素材を活かしたシェフ自慢の逸品が食べられます。

素敵なインテリアに囲まれたモダンな空間で素敵なひと時が楽しめます。

2:ラ・ロシェル(南青山)

ゆったりとした店内で、美味しい料理とお酒を楽しめる高級料理店です。自然にはぐくまれた素材を使ったフランス料理は、熟練のシェフが担当しています。上品なインテリアに囲まれた空間で、特別な時間が過ごせます。

ここでは、フレンチの重鎮として知られている酒井シェフが作る和食のニュアンスも取り入れた斬新な料理が楽しめます。一流のシェフたちが腕を振るう高級料理店です。

3:レストランクレッセント(銀座)

1957年に誕生したフランス料理の高級料理店です。建物は後期ヴィクトリア朝の建築様式で建てられた趣あるレストランです。6個ある個室はそれぞれにテーマが決まっており、落ち着きのある空間になっています。

料理長磯谷氏が作るフランス料理は、シンプルでストレートな味わいが楽しめる逸品です。

4:「ハインツ・ベック」(丸の内)

2015年に丸の内にオープンしたイタリア料理が食べられる高級料理店です。ドイツ出身のハインツ・ベック氏は、ローマのラ・ペルゴラで、イタリア史上初となるミシュラン3つ星をもたらしたエポック・メイキングのドイツ人シェフです。

2018年に東京ミシュランで1位を獲得した高級料理店です。日本人の口に合うように開発された新作メニューを創作し、ランチやディナーが楽しめます。

5:「ふた味」(渋谷)

料理長の石山氏が手掛ける季節に合わせた食材を使用したメニューは絶品の味わいです。コース内容は毎月変更されますから、何度通っても楽しめます。ふた味では、日本酒ソムリエ赤星氏が選らんだ日本酒を用意しています。

和食を味わいながら、ゆっくり寛きましょう。食事前には、食事の食べ方や日本酒の飲み方を教えてくれるので、堅苦しいマナーを知らなくても利用できる高級店です。

6:「プリベドゥリアン」(池尻大橋)

2017年にオープンしたフレンチの高級料理店です。すぐ近くには本店になるリアンがあり、プリベドゥリアンは、リーズナブルに高級料理が楽しめる空間になっています。メニューは、8皿5000円のコース料理のみになります。

リーズナブルな価格ですが、使われている食材は本店と同じものです。店内はプライベート感を大切にした空間になっており、会話を楽しみながら高級料理に舌鼓できます。

7:「鮨青木」(銀座)

店内は白木のカウンターと14席の赤い椅子、カウンターには主人である青木氏が寿司を握っています。とても清潔な店内で、ガラスケースの中には新鮮な寿司ネタが並べられています。青木では基本おまかせで注文をします。

つまみになる刺身盛り合わせに始まり、握りやお椀を味わえます。おまかせコース料理は、あらかじめ料金が決まっているので利用しやすい高級料理店でしょう。

8:「がいがい.」(麻布十番)

ゆっくりと高級料理が味わえる、知る人ぞ知る麻布十番の名店です。鶏料理を多く扱っており、串焼きや新鮮な鶏刺しが食べられる高級炭火焼き鳥店です。

国内産の地鶏を扱ったメニューや牛肉や野菜などを備長炭で香ばしく焼き上げます。人気メニューである鶏刺しは、比内地鶏、名古屋コーチンから選べます。日本酒と一緒にいただけば至福のひと時になるでしょう。

9:「クローニー(Crony)」(西麻布)

フランス料理クローニーでは、フレンチをベースにした北欧や北米テイストを加えたコース料理が楽しめます。コース料理は12000円の1種類のみです。旬の食材を使用したメニューで構成されており、毎日少しづつ変わっていきます。

10品ほどの料理が次々に運ばれてきて、シェフが提案する自由度の高い高級料理が堪能できます。

10:「龍眉虎ノ尾」(西麻布)

西麻布にある「龍眉虎ノ尾(りゅうびとらのお)」は、北京と四川の料理をメインにする中国料理店です。ディナーメニューは月替わりのコース料理3種類です。約12皿のフルコースの高級料理が味わえます。

名物になっている火鍋は、目の前で鍋を火にかけるダイナミックなパフォーマンスが楽しめます。甘くてスパイシーな香りに包まれて、鮮やかな唐辛子が鍋を覆います。本場中国の花椒が味の決め手になっています。

11:「アルヴァ」(アマン東京)

アマン東京のレストランフロアにある雰囲気の良い高級料理店です。店名になっている「Arva」とはラテン語で、英語のHarvest(収穫)の語源です。その土地の山や海で収穫したものをシンプルに調理したメニューが味わえます。

この店では平木シェフが地元で食べられている食材や調理法を中心に、イタリアに住んでいた経験をプラスして誕生した「猪のラグートリュフパスタ」が人気です。

12:「ベンジャミン ステーキハウス」 六本木

上質なステーキが食べられる高級料理店です。2008年にニューヨークのマンハッタンにオープンし、地元では多くの人に愛されているステーキハウスです。厳選した素材をラグジュアリーな空間で食べることができ、国内の熟成庫で28日以上熟成させたビーフは他では味わえないおいしさです。

常時400種類のワインを取り揃えており、お好みのワインを選んでくれます。温かなサービスと高級料理を提供するお店です。

13:「いし橋」(神田)

神田の老舗いし橋は、すき焼きの名店です。創業は明治5年、肉屋の直営店として開業しました。ここのすき焼きは、焦げやすいしょうゆと砂糖を入れた鍋に少ない割り下で焼いていきます。お肉を口に入れた瞬間、とろけるような食感に包まれます。

14:「三代目 魚熊」(蔵前)

創業77年をむかえる親子三代で営業する高級料理店です。店主の山田氏が自ら厳選して仕入れるふぐは質の高さに定評があります。ここでのごちそうは、「ふぐちり鍋」です。寒さが厳しくなってきたら、足を運んでみましょう。

昆布と岩塩でとったお出汁に野菜をたっぷり入れ、ふぐのあら、くずきりなどと煮込みます。火が通った頃にふぐをしゃぶしゃぶして頂きます。ぷりぷり食感を楽しんだら最後は雑炊でシメます。

15:「赤坂きた福」(赤坂)

冬の味覚カニを堪能できる高級料理店です。ここの店は、部屋ごとに料理人が付き目の前で新鮮なカニを捌きながら調理してくれます。一匹のカニでさまざまな食べ方ができ、幅広い調理法でもてなしてくれます。

一番太い足になる部分は、備長炭を使って火を通し甘みと香りが楽しめる「焼き蟹」が食べられます。

高級料理店に行く前に

少しのコツで印象が変わる美しい食べ方
少しのコツで印象が変わる美しい食べ方
口コミ

全ページカラー、イラストメインで読みやすく覚えやすかったです。

高級料理店に行くときは、最低限のマナーを身に付けましょう。せっかくの料理を台無しにしないように正しい食べ方が学べる一冊です。箸の持ち方やカトラリーの使い方など基本的なマナーをイラストでわかりやすく解説しています。

自宅でも実践できる家庭料理から、コース料理や会席料理食べ方まで網羅しています。どんなレストランに行っても、慌てる事なくスマートに食べられるマナーの本です。

高級料理店に行く時に注意すること!

東京のおすすめ高級料理店15選|一度は行きたい名店!

高級料理を利用する時、ある程度マナーを知っておかないと恥ずかしい事になります。高級料理店を利用するのに相応しい人になれるよう、気を付けたいマナーについて解説します。

1:予約をとっておく

高級料理店では、予約をする時に予算を確認して料理の内容を伝え、席の場所を押さえます。招待客と食事を楽しむときはこのタイミングで伝え、値段の無いメニューを渡してもらいます。

その他、食べ物の好みや何時ごろに店を出たいかなど伝えておくと良いでしょう。記念日にはケーキや花束の手配も相談します。高級料理店の予約は席の確保だけでは無く、細かい打ち合わせをするのが一般的です。

2:ドレスコード

ホテルなどに入っている高級料理は、ドレスコードが決まっているお店があります。予約したお店のドレスコードがわからない時は、インターネットを使って調べてみましょう。検索してもわからない時はお店に電話して確認します。

一般的に、ホテルのディナーだと、カジュアルエレガンスかスマートカジュアルでしょう。肌を露出しない服装で、ストッキングを着用してヒールやパンプスを履けば問題ありません。

3:注文

高級料理店では着席をしたら注文をします。フルコースはお通し、ブッシュ、前菜、魚料理or肉料理、デザートが基本です。コースを頼まない時は、前菜とメインの1品ずつでもかまいません。

ワインを頼む場合は、食事に関係なく好みで選びます。わからない時は、ソムリエに聞いても良いでしょう。また、和食店ではお任せコースがあり、こちらで注文しなくてもお店側が出してくれる所もあります。

4:テーブルマナー

高級料理店ではテーブルマナーも重要になります。足を組んだりひじをついて食事をするのはマナー違反、女性は髪の毛をいじらないのも基本です。ナプキンは着席したら膝にかけ、手や口を拭くのに使います。

そして、高級料理店で使われている食器は高価なものが多いです。皿を重ねたりグラスを合わせて音を出したりしないように気を付けましょう。

5:お会計

高級店で会計をする時は、ウエイターに合図をして頼みます。支払いはテーブルで済ませるのがマナーです。この時、招待客がいる場合は請求金額を見えないようにするのがマナーです。

クレジットカードで支払うのがスマートなやり方です。快いサービスを受けたなら、このタイミングで請求金額の10%以上をチップとして渡します。

東京にはおしゃれな高級料理店がたくさんある

東京のおすすめ高級料理店15選|一度は行きたい名店!

東京にある高級料理店の特集はいかがでしたか。有名店は誰もが一度は訪れたいと思うでしょう。大切な人と過ごすのに最適な高級料理店で、特別な時間を過ごして下さい。

この記事に関連する情報もチェックする!

高級レストランで食べることが多いトリュフは、種類がいくつかあり美味しい食べ方があります。どのような食べ方がベストなのか、詳しく書かれたサイトでチェックしてみましょう。

関連記事

Related