Search

検索したいワードを入力してください

可愛いフェルトのマスコットのデザイン10選|簡単に作れる!

Author nopic iconCOLOR
アクセサリー・小物 / 2019年02月26日
可愛いフェルトのマスコットのデザイン10選|簡単に作れる!

フェルトのマスコットを作るには

近年、フェルトのマスコットを手作りする人が増えてきています。フェルトのマスコットは肌触りも柔らかく安全なので、子供が使うバックなどにも適しています。フェルトは色も何種類もあるので、可愛いマスコットを簡単に作ることができます。

フェルトのマスコットの作り方は子供でも作れるほど簡単で趣味にも最適です。最初はフェルトマスコットのキットなどを使用し、慣れてくればオリジナルの作品を作ってみましょう。

準備するもの

フェルトマスコットを作るのに準備するものは多くはありません。ベースとなるフェルトや加工するためのハサミや針があれば、最低限のフェルトマスコットを製作することができます。よりデザイン性にこだわるならば、型紙を使用したり刺繍を施しても良いでしょう。

手芸店にはフェルトマスコットのコーナーがあり必要なものが揃っているので、好みのフェルトを選ぶことができます。余ったフェルトは別のマスコットに使用しましょう。

基本的な作り方

フェルトマスコットの作り方は大きく分けて2つあります。1つは固めのフェルトをカットし、糸や接着剤でくっつけることにより作る方法です。もう1つは柔らかいフェルトを糸でトントン叩き、マスコットの形に生成していく方法です。

フェルトマスコットを作るときには、前もってデザインを決めておくことをオススメします。一度形を決めるとそれを修正することは難しいため、前もってデザインをイラストに起こしておきましょう。

可愛いフェルトのマスコットのデザイン10選

フェルトは柔らかい素材なので、可愛いマスコットを作るのにピッタリです。フェルトマスコットの作成キットでもいろいろなデザインのキットが売られています。デザインによって作成する難易度も異なるので、自分にあったデザインを選びましょう。

フェルトマスコットのデザインは、動物が多いです。フェルトの質感が動物の毛並みを表すのにピッタリで、曲線が多く作りやすいのもポイントです。

1:うさぎ

うさぎのマスコットが好きな子供は多いでしょう。うさぎの特徴の大きな耳は、フェルトで作るのにピッタリです。本来のうさぎの色は白や黒、茶色などですが、マスコットとしてはピンクもよく用いられています。

うさぎは一般的に模様があまりないため、1種類のフェルトでマスコットを作ることができます。フェルトマスコットを作る難易度は低いと言っていいでしょう。

2:ねこ

ねこもフェルトマスコットのデザインとしてよく用いられます。いくつかの色のフェルトを組みあわせてマスコットを作ることにより、他の人たちとは違う自分だけのフェルトマスコットを作ることができます。

ねこの特徴であるヒゲはフェルトで作ることが難しいので、黒い糸で表現するのがよいでしょう。目や口などのパーツを工夫することで、マスコットに表情を持たせることもできます。

3:ペンギン

うさぎやねこなどのフェルトマスコットを製作し、少し難易度を上げたフェルトマスコットを作りたいという人にはペンギンがオススメです。哺乳類にはないくちばしやはねなどのパーツがあるため、作成するのにも時間がかかります。

ペンギンのフェルトマスコットには青のフェルトが使われることが多いので、青が好きな子供にぴったりです。

4:イヌ

イヌのフェルトマスコットもとても可愛らしく人気です。柴犬やブルドッグ、ゴールデンレトリーバーやトイプードルなど種類が多く、その分たくさんの種類のフェルトマスコットを作ることができます。

イヌのマスコットは、針をトントンさして作るフェルトマスコットにピッタリです。足の長さや体の長さを調整できるので、リアルなものから可愛らしいものまで幅広いマスコットを作ることができます。

5:ヒヨコ

ヒヨコのフェルトマスコットは、子供の持ち物につけることが多いです。卵から生まれニワトリになる前のヒヨコの状態は、子供を表現するときによく用いられます。明るい黄色のフェルトがよく用いられるので、明るいイメージを与えることができます。

ヒヨコのモチーフは卵の殻を被っていることも多いです。また1羽だけでなく、2羽や3羽集まっている姿をマスコットにすることもあります。

6:クジラ

海が好きな人であればクジラのフェルトマスコットがオススメです。クジラはイラストやぬいぐるみなどのモチーフにされることも多く、とても人気が高いです。クジラをモチーフにしたグッズは他のものよりも大きく作られていることが多いです。

クジラは全体的に丸いフォルムをしており、フェルトを使うことでその丸みを表現しやすいです。イルカや魚など海の生物と一緒に製作してもいいでしょう。

7:ハリネズミ

ハリネズミのフェルトマスコットは上級者向きと言っていいでしょう。ハリネズミのハリはフェルトで表現することが難しいですが、その分ハリネズミのフェルトマスコットの製作はとてもやりがいがあります。

ハリを一本一本作っていく作業は大変ですが、高いクオリティで製作されたフェルトマスコットは注目されるでしょう。

8:ゾウ

他の動物にはない長い鼻という特徴を持つゾウもフェルトマスコットのデザインとしてとても人気です。大きいマスコットと小さいマスコットを製作し、ゾウの親子を表現する人も多くいます。他の動物に比べ足がしっかりしているので直立させやすいというメリットもあります。

ゾウは子供に大人気の動物なので、ゾウのフェルトマスコットは多くの子供に喜ばれるでしょう。鼻の向きなどをアレンジすることもできます。

9:クマ

クマのフェルトマスコットは、他のモチーフと組み合わせることでさらに可愛くなります。例えば、はちみつが入ったツボをもたせても良いでしょう。蜂や切り株などのモチーフと組み合わせても可愛いマスコットを作ることができます。

クマのフェルトマスコットはフェルトの色を変えるだけで、シロクマやパンダのマスコットを作ることもできます。

10:リス

リスのフェルトマスコットは難易度が高いものの一つです。大きな尻尾も体とのバランスが難しいですし、手足もイヌやネコに比べて小さいので細かな作業が必要になります。

リスのフェルトマスコットを作る人は多くないので、注目を浴びることができるでしょう。

フェルトのマスコットを作りたい人にオススメ

フェルトマスコットはマスコットとして楽しむだけでなく、バッグや帽子にアクセントとして付けることもできます。ファッション通販サイトのSHOPLISTには子供服も多く販売されているので、マスコットにあう子供服を見つけることができます。

オリジナルのデザインのフェルトのマスコットを作る

フェルトマスコットのキットはたくさん売られていますが、オリジナルデザインのフェルトマスコットもとても人気があります。市販のマスコットのポーズを変えたりパーツの配置を変えるだけでも、個性を出すことができるでしょう。

可愛いデザインを考え出すコツ

フェルトマスコットは可愛いデザインとの相性がピッタリです。可愛いフェルトマスコットは見てても癒されますし、写真を撮影したりして楽しむこともできます。可愛いデザインをたくさん見て参考にしてみましょう。

身近なものからアイディアを得る

フェルトマスコットのアイデアは動物をモチーフとしたものだけではありません。例えば自動車や飛行機もマスコットとしてもとても人気です。雪の結晶や木など、身の回りにあるものからアイデアを得てみましょう。

型紙は丁寧に書く

フェルトマスコットを作るときに型紙にデザインを起こすことでクオリティを上げることができます。フェルトマスコットは後から修正がしにくいので、デザインの段階で丁寧に書き起こしておくことをオススメします。

デザインを参考にしてフェルトのマスコットを作ろう

フェルトマスコットを見ると、可愛いデザインには共通点があることに気づくでしょう。目や口などのパーツを大きく作ったり、丸いフォルムを強調させると可愛いフェルトマスコットを作ることができます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

手作りのものには愛着が湧きますし、プレゼントとしてもとてもオススメです。フェルトを使った製作に慣れた人は、紙を使った作品に挑戦してみましょう。紙を使った作品について知りたい人は以下の記事をご覧ください。