Search

検索したいワードを入力してください

ドイツなどヨーロッパのクリスマスマーケットならこの都市22選

Small 2407e63f 0106 443a 81fc 7610af123f4fsadia
お出かけ / 2019年02月26日
ドイツなどヨーロッパのクリスマスマーケットならこの都市22選

ヨーロッパのクリスマスマーケットとは

ヨーロッパの冬の楽しみはクリスマスマーケットです。クリスマスマーケットはドイツだけではなくヨーロッパ各国で開催されていますが、観光客にとってドイツのクリスマスマーケットは縁日になります。

クリスマスマーケットの起源は諸説ありますが、屋台がたくさん出て、色々な食べ物が売られお酒もあり、たくさんの人で賑わっています。ヨーロッパの歴史的な街並みにクリスマスマーケットはとてもロマンチックなムードになります。

クリスマスマーケットの時期は?

ドイツでは、11月末からクリスマスシーズンです。この期間はドイツ語でアドヴェント(待降節)と呼ばれる街中がイルミネーションやクリスマスマーケットが始まります。

ドイツやヨーローパ各国の人たちの生活中心となる教会や広場が、クリスマスシーズンには、食べ物や木のおもちゃのクリスマスの小物を売る屋台のクリスマスマーケットになります。ヨーロッパでクリスマスを楽しめる期間は11月末~12月下旬です。

発祥地はドイツ

ドイツから始まったクリスマスマーケットは、ドイツでは今では150以上のクリスマスマーケットが開かれており、ドイツからヨーロッパの都市に広がり、アメリカへ今では全世界に広がっています。

クリスマスマーケットは、11月末から12月24日の午前中までの約一ヶ月間のアドヴェントと呼ばれる期間に開かれます。ドイツのニュルンベルクやミュンヘンなどは14世紀にはすでにクリスマスマーケットが行われていました。

マーケットが有名な欧州の国は?

ここ数年の間でドイツを中心に、クリスマスマーケットはヨーロッパ全体に広がりました。旅行者に人気のクリスマスマーケットですが、ヨーロッパでどこの国が有名なのか紹介します。

ドイツ

ドイツで一番有名なクリスマスマーケットは、東ドイツのドレスデンで、1434年に始まった一番古いクリスマスマーケットのひとつです。ドイツ市内の各地でクリスマスマーケットが催され、街中が華やかにライトアップされます。

メイン会場となるのが旧市街の中心地にあるアルトマルクト広場で、11月29日から12月24日まで開催されています。広場の中央には、世界最大のクリスマスピラミッドが、とてもロマンチックです。

チェコ

ヨーロッパで美しい街というと、すぐに名前があがるのは、チェコの首都プラハです。プラハで開かれるクリスマスマーケットは、タイムスリップしたような旧市街広場で12月2日から年1月6日まで開かれています。

チェコの伝統的なソーセージや焼き菓子、ビールなどがあり、食べ物や雑貨の屋台がたくさんあって賑わっています。こじんまりとしたクリスマスマーケットで、ほっと温かみのあるアットホームな雰囲気があります。

フランス

クリスマス時期の首都と呼ばれるのが、アルザス地方の中心のストラスブームです。テディベアなどのぬいぐるみをたくさん使ったアルザスならではのキュートなクリスマスの風景を楽しむことができます。

世界遺産のノートルダムム大聖堂のあるカテドラル広場で、11月25日から12月31日までフランス最大のクリスマスマーケットを楽しむことができます。

クリスマスマーケット行くならここがおすすめ22選

ドイツはクリスマスマーケットが盛んな国です。中でもドイツ南部のニュルンベルクは世界一といわれているクリスマスマーケットがあります。クリスマスシーズン中は、ヨーロッパが世界各国から訪れる観光客で賑わっています。

ヨーロッパは歴史的な街並みを残すとても美しい都市がたくさんあります。幻想的な雰囲気を彩る世界各国のクリスマスマーケットのロマンティックなクリスマスマーケットを紹介します。

1:プラハ

おとぎ話の絵本から飛び出てきたような、かわいい雰囲気があるのがプラハのクリスマスマーケットです。旧市街のティーン教会の前で、たくさんのブースが出ており、この時期の食べ物や飲み物、クリスマスの関連グッズなどが売り出されています。

プラハのクリスマスマーケットの定番のお菓子のトゥルデルニークは、暖かいホットワインに良く合うと好評です。クリスマスマーケットは12月2日から年1月6日まで開催しています。

2:ハンガリー

歴史的な街並みの全部が世界遺産に登録され、ドナウの真珠といわれているのが、バンガリーの首都プタベストです。最も規模の大きいのが、ヴルシュマルティ広場でのクリスマスマーケットで、おしゃれなお店がたくさん出ています。

聖イシュトヴァーン大聖堂に立体映像を投影するプロジェクションマッピングが、ブタベストの夜景とマッチしてとても華やかになります。プラハでは11月10日から1月1日まで開催されています。

3:ドレスデン

ドイツで一番有名なのが、東ドイツのドレスデンで開催されるクリスマスマーケットです。
1434年から始まったドイツで一番古いまクリスマスマーケットとして有名で、シーズン中は街中が、華やかな雰囲気に包まれます。

ドイツではクリスマスの時期になると、シュトレンという焼き菓子が食べられますが、ドレスデンのものが一番おいしいと好評でそす。マーケットの開催は11月29日~12月24日です。

4:マンチェスター

ロンドンから電車で約2時間半の魔所にあるのがマンチェスターです。ここでのクリスマスマーケットが始まったのは、ドイツの伝統あるマーケットの真似でした。

アルバート広場でドイツの民芸品やお菓子、クリスマスの飾りなど売っている可愛い木製の
舎が並んでおり、炭火でジャーマンソーセージを焼くお店など、まるでドイツ物産展のよいみたいです。

アルバート広場では11月10日から12月20日まで 開催されています。

5:バース

バースではバース寺院やローマン・バスの周辺で、クリスマスマーケットが開催されます。歴史的建造物がライトアップされて、イルミネーションがとても綺麗です。

バースは貴族の保養地なので、食品や工芸品、装飾品も上質のものが多く、またローマ風呂があるのでも有名で、クリスマスマーケットで買い物を楽しんだ後はスパでのんびり過ごすこともできます。バースでは11月23日から12月10日まで開催されています。

6:ヴェニス

ヨーロッパでカトリック教の本場であるイタリアは、クリスマスは人々の信仰に根付いた重要な行事で、一年の中で皆が楽しみにしています。ヴェネツィアでは、色々な広場でマーケットが開かれ、ログハウスやテントなど特色があって、海外の雑貨やツリーのデコレーションなどが売り出されています。

この時期しか出回らない珍しい生ハムやチーズなどがあります。ヴェニスでは11月24日から1月6日まで開催されています。

7:リール

グランプラスには、クリスマスに向けて期間限定のアトラクションが出現するのが特徴です。
大きな観覧者が出現し、マーケット内にはホットワインやヴァン・ショのスパイシーな香りがし、中でもひときわ目を引くのはフランス人も大好きなラクレットです。

ラクレットはパンやじゃがいもの上に熱々に溶けたチーズをかけたのもので、チーズ好きには見逃せない食べ物です。リールでは11月23日から12月30日まで開催されています。

8:リスボン

コメルシオ広場でクリスマスマーケットは開催され、クリスマスのイルミネーションは1月6日まで続いています。1月6日まで続く理由は、イエスキリストの誕生を知った、東方の三博士が贈り物を持ってイエスキリストのもとへとたどり着きました。

一番初めにイエスの生誕をお祝いしたのが、1月6日だからこの日までイルミネーションは続きます。リスボンでは12月14日から23日まで開催されています。

9:フランクフルト

旧市街レーマー広場で開催されるクリスマスマーケットは、世界で一番古く中世時代の1393年に遡るといわれ、ドイツ最大の、華やかなイルミネーションが美しいマーケットです。木組みの家が建ち並ぶ風景は、童話の世界にいるような中世の面影を残しています。

屋台ではソーセージやジャガイモを使った料理、お菓子などドイツの名産品などが売られています。レーマー広場では11月26日から12月22日まで開催されています。

10:パリス

フランスの各地で開催されているクリスマスマーケットは、場所によって売ってるいる物が多少違いがあります。シャンゼリゼ通りのマーケットは超がつくほどの規模の大きさで何でもここで揃います。

夜になると凱旋門から続くイルミネーションが綺麗でクリスマスムードを味わうことができます。シャンゼリゼ通りでは11月8日から1月18日まで開催しています。

11:ストラスブール

フランスの北東部にあるストラスブルグで開催されるのが、マルシェ・ド・ノエルと呼ばれるクリスマスマーケットです。フランスのクリスマスの首都と呼ばれており、伝統的なクリスマス雑貨などが売られています。

クリスマスの装飾が豪華で、テディベアなどのぬいぐるみをたくさん使った、キュートなクリスマスといわれています。ストラスブルグでは11月23日から12月30日まで開催されています。

12:ウィーン

華やかな宮廷文化が香りが感じられる優雅なウィーンのクリスマスマーケットは、世界的にも有名で、市内数か所でで開催されていますが、もっとも規模が大きく人気が高いのが、市庁舎広場で開催されているクリスマスマーケットです。

シェーンブルン宮殿前でもマーケットが開催され、ライトアップされた宮殿がウィーンらしい荘厳な華やかさがあります。ウィーンでは11月13日から12月23日まで開催されています。

13:サンタクローチェ

クリスマスマーケットが盛んなドイツにならって、フィレンツェでもドイツ風のクリスマスマーケットが開催されています。夜になるとクリスマスムードが味わえます。屋台はそれぞれ売っている物が違いますが、本場のドイツやオーストリアなどの食べ物が多く並びます。

手作りのオーナメントやキャンドル、アクセサリーなど商品などが売られています。サンタクローチェでは11月30日から12月18日まで開催されています。

14:チボリガーデンコペンハーゲン

チボリ公園は、世界で一番古い遊園地で北欧式のクリスマスを見ることができます。クリスマスマーケットは、チボリ公園内で開かれており、規模は小さいですが、派手なイルミネーションで装飾され、夢の国にいるような感覚になります。

マーケットでは、北欧ならではの毛皮の専門店や毛糸製品のお店、子供向けのお店も出店されています。チボリ公園では11月11日から12月30日まで開催されています。

15:バルセロナ

ヨーロッパのクリスマスマーケットは、国によって違いがあります。バルセロナでのクリスマスマーケットは1786年から続いています。サンタ・クレウ・イ・サンタ・エウラリア大聖堂前の広場でマーケットは、規模も大きく300店舗ほど出店され、たくさんの人で賑わっています。

地域限定のスペインのクリスマス人形も売り出されています。通称バルセロナ大聖堂では11月27日から12月23日まで開催されています。

16:ブダペスト

ブタペスト市内で大小のマーケットが各地で開催されていますが、クリスマスマーケットというと定番の伝統工芸品が売られていますが、ブタペストではオリジナリティーがあふれる手作り商品が多く売られています。

美しいと称されるハンガリーはドナウの真珠といわれ、マーケットもオシャレなお店が多く、聖投影されるプロジェクションマッピングは人気です。ヴルシュマルティ広場では11月10日から1月1日まで開催されています。

17:ブリュッセル

ドイツのお隣ベルギーの首都ブリュッセルのクリスマスマーケットは、巨大なクリスマスツリーに観覧車、メリーゴーランドのアトラクションもあります。広場の教会前にはキリスト誕生の逸話にちなんだ馬小屋が作られ、ブリュッセルのグランプラスとルーヴェンのマルクトでは本物の生きた羊やロバを見ることができます。

ブリュッセルでは11月30日から1月6日まで開催されています。

18:ストックホルム

スウェーデンのクリスマスマーケットは、ユール・マルクナドと呼ばれて地元の人たちも毎年楽しみにしており、クリスマスが来るのを待ちます。石畳の広場の中央にクリスマスツリーが飾られ、たくさんの屋台が並びます。

スウェーデンのクリスマスの定番の飲み物やグロッグの屋台のほかに、ラップランド地方の特産品やジャムやソーセージなどが売られています。スウェーデンでは11月21日から12月23日まで開催されています。

19:ザグレブ

クロアチアのザグレブのクリスマスマーケットは、ヨーロッパ・ベスト・クリスマスマーケットに選ばれるほど、ここのマーケットは恋人同士の気分を盛り上げてくれる演出がいっぱいです。

伝統も大事ですが、それにしばられない自由なデコレーションが冬の夜空の下に飾られ、どの会場でも生バンドの演奏で、街全体がパーティ気分で盛り上がります。ザグレブでは12月2日から1月6日まで開催されています。

20:タリン

おとぎの国のようだといわれているのが、エストニアのタリンです。クリスマスマーケットは旧市街地のラエコヤ広場で行われ、中世の雰囲気を今に残しています。ニットや木工製品、ハンドメイドも多く、ジンジャークッキーやクリスマスのお菓子など売るお店が軒を並べています。

タリンのマーケットでは、スパイス入りホットワイン、クロッグのお店が並んでいます。タリンでは11月24日から1月5日まで開催されています。

21:クラクフ

ドイツのお隣、ポーランドのクラクフの中央広場で、クリスマスマーケットが開かれています。クリスマス雑貨やハンドメイド品、羊毛、レース編み、刺繍、ポーランドの陶器などたくさんのお店が出て、ツリーが飾られるこの季節は夜景も美しく、とてもロマンチックなマーケットです。

クラクフでは11月24日から12月26日まで開催されています。

22:バーゼル

スイスのバーゼル旧市街地、バールフュッサー広場を中心で開かれるクリスマスマーケットはスイス最大といわれています。

クリスマスオーナメントを売っているお店は、伝統の木の物やガラス細工など、ヨーロッパで一番長いといわれているイルミネーションストリートのメイン通りでが夜には幻想的でとても美しいです。

バールフュッサー広場では11月22日から12月23日まで開催されています。

ドイツ クリスマスマーケットめぐり

ドイツ クリスマスマーケットめぐり (私のとっておき)
ドイツ クリスマスマーケットめぐり (私のとっておき)
口コミ

とても良い雰囲気が伝わってきて、今年のクリスマスこそはドイツで過ごしたい!と思う内容でした~ きれいな写真も、わかりやすい解説も、とても良かったです!

ドイツではクリスマスマーケットのことをクリスマスマルクトと呼ばれ、キリストの生誕をお祝いする12月25日と、その4週間前のアドヴェントという準備期間の間に、ドイツを中心にヨーロッパの各都市の広場などでクリスマスマーケットが開かれます。

華やかなドイツのクリスマスマーケットのおすすめの都市や楽しみ方を紹介しています。写真からその雰囲気ンが伝わって来るので、ドイツでクリスマスを過ごしたいと感じる本です。

クリスマス市の愉しみ方

ドイツに雪が降る頃に現れるクリスマスマーケットは、イベントのようなもので、クリスマスを迎えるお祭りです。クリスマスマーケットでは、たくさんのクリスマスオーナメントや手芸品や地元の郷土料理が食べられる屋台がとても人気で、たくさんの観光客で賑わっています。

クリスマスの特別な飲み物のグリューワインは、会場ごとにカップのデザインが違うので、気にいったカップがあったら、持って帰ってることをおすすめします。

愉しみ方1:屋台グルメ

ドイツのマーケットの屋台でよく見かける食べ物は、焼きソーセージやポメス(フライドポテト)で、他に日本では食べたことのないような料理もたくさんあります。ドイツのクリスマスマーケットの定番の料理といえば「ライブクーヘン」です。

擦りおろしたジャガイモを油で揚げた料理です。これをリンゴのムースにつけて食べるのが一般的な食べ方になります。

愉しみ方2:クリスマスピラミッドを買う

クリスマス・ピラミッドはドイツの伝統的な木工芸品で、ロウソクを灯すと部屋がロマンティックな空間に変わります。古くからドイツのエルツ山脈地方で、クリスマスツリーの代わりに飾られていたスタンドで、見ているだけでとても癒やされます。

元は教会に置かれる階段式の、とても大きなものだったのが、今江はキャンドルスタンドとして飾られています。

愉しみ方3:ハンドメイドオーナメント

クリスマスツリーの発祥地といわれるドイツでは伝統的なクリスマスオーナメントがあり、可愛くてとても細かい見事の細工です。代々受け継がれてきたオーナメントがクリスマスマーケットで売られています。

旧東ドイツのブラウエンは、とても繊細で綺麗なレースの産地としても世界的に有名で、雪の結晶のデザインの真っ白なレースモチーフはツリーにもよく映えると人気です。

愉しみ方4:夜のライトアップを楽しむ

ドイツはアドヴェントが始まると、街中が喜びに満ちた雰囲気になります。ドイツのクリスマスマーケットは、中世の面影を残す街並みが多いので、イルミネーションと夜のライトアップがとても綺麗です。

クリスマス時期は色々とライトアップされるので、夜のマーケット巡りをおすすめします。

愉しみ方5:手動のメリーゴーランド

12月に入る頃からヨーロッパでは、クリスマスマーケットが開かれます。定番の飲み物のホットワインやクリスマスオーナメントを売るお店などが、街の広場に建ち並び、街がクリスマスモード一色になります。

国や街によってクリスマスマーケットの特色に違いがあったり、中世風の昔の手動のメリーゴーランドなどが登場します。古いもので100年経っているメリーゴーランドが今でも手動で動いています。

愉しみ方6:大道芸人

クリスマスマーケットが軒を並べるころに、広場ではメリーゴーランドや中世の衣装を着た大道芸人が現れます。

演奏系やジャグリングが人目を引きますが、その他にはパントマイムやマジックなど、動かないパフォーマンスの大道芸人さんも面白いです。

愉しみ方7:写真を撮りまくる

クリスマスマーケットが開催される冬のヨーロッパの街は、ツリーやイルミネーションはとても被写体として魅力的です。中世の面影を残す街並みと光が重なり、とても幻想的な写真が撮影されます。

クリスマスの季節にドイツなどの欧州へ行こう!

ドイツで一番可愛いといわれているのが、ニュルンベルクのクリスマスマーケットです。
旧市街の中心ぼハウプトマルクトの広場で開催され、赤と白のテントとフラウエン教会がよくマッチしてとても雰囲気が良いです。

街によって雰囲気が違うので、色々なクリスマスマーケットに出掛けてみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

クリスマスのとご予定は?クリスマスをどう過ごすのか、まだどうして過ごそうか、予定が決まらない人に参考にして欲しいのが、下記のサイトにあります。まだ悩んで決まらないって言う人はぜひ参考にしてください。

関連記事

Related