Search

検索したいワードを入力してください

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

Author nopic icon43たろう
雑学 / 2019年02月13日
ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツとは

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツは、普段食べる食材としても、お酒のおつまみとしても良く使われています。ナッツには複数の栄養素が含まれており、かつおいしいので食材として非常に有用です。

しかしながら、ナッツの食べ過ぎには要注意です。なぜナッツを食べすぎると良くないのかに関しては、はじめにナッツという食材の特徴について把握しておく必要があります。ここでは、ナッツとはどのような食材なのかについて紹介します。

ナッツの種類

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツにはいくつかの種類が存在します。よくアイスクリームやチョコレートに含まれているナッツには、マカダミアナッツやヘーゼルナッツといったものがあります。

またカシューナッツなどはお酒のおつまみだけではなく、中華料理にも多く使われていて有名です。またアーモンドやクルミなどのナッツについても、お酒のおつまみで一緒にでてくることが多いナッツだといえます。また最近ではピスタチオなどのナッツ類も有名です。

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツはお酒のおつまみとしてよく使われており、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。ナッツの食べ過ぎは場合によっては体調に変化を及ぼすことがあるので要注意です。

ではどうしてナッツの食べ過ぎは体に良くないのでしょうか。ここではナッツの食べ過ぎに伴う体への悪影響について6つの例を挙げて紹介します。

影響1:太る

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツの食べ過ぎによる体への悪影響としては、太ってしまうことが第一に挙げられます。ナッツのカロリーは、普段主食としているお米に比べるとかなり高いので、軽い気持ちで食べ過ぎてしまうとすぐに太ってしまいます。

特にナッツ類は気軽に食べることができる食材でもあるので、ついつい食べ過ぎてしまいがちなので要注意です。

影響2:腹痛

ナッツを食べ過ぎてしまった際には、腹痛が生じてしまうことがあります。ナッツの成分にはオレイン酸などの脂質が多く含まれていることから、体内で消化不良に陥ってしまうことがあります。とくにカシューナッツなどについては要注意です。

そのため、ナッツを食べる時には一度にたくさん食べるのではなく、小分けにして食べる必要があるといえるでしょう。

影響3:鼻血が出る

よくナッツを食べると鼻血が出るといわれています。ではどうしてナッツを食べ過ぎると鼻血が出やすくなってしまうのでしょうか。

実はナッツを食べ過ぎることで鼻血が出るというのははっきりと解明されておらず、因果関係も明らかにされてはいません。一説では、ナッツに含まれているポリフェノールの影響やナッツ特有の硬さなどが影響しているというものがあります。

影響4:ヘルペスができる

ナッツを食べ過ぎてしまうと、顔の周りにぶつぶつができてしまうことがあります。顔にできる吹き出物は目立つのでコスメの面でも天敵になります。

しかしながらこういったヘルペスとアーモンドとの因果関係についてもいまだにはっきりと明らかにされていないのが現状です。

影響5:ニキビの原因になる

ナッツの食べ過ぎはヘルペスに加えて、ニキビなどの吹き出物にも影響します。ニキビの原因としては油っこい食生活が関係しており、油脂成分の多いナッツの食べ過ぎは、ニキビの原因になるので要注意です。

特にニキビは顔の美容にも大きく影響することから女性にとっては避けるべき状態です。ニキビを予防するためには、油脂に偏らない食生活を送るのが重要です。そのため美容を気にするのであればナッツの食べ過ぎは控えましょう。

影響6:ビタミンE過多になる

ナッツには油溶性ビタミンが多く含まれています。その中でもビタミンEは病気にならない健康な体を作る上では必要不可欠な栄養素になります。

しかしながら油溶性ビタミンの過剰摂取は、悪影響を及ぼす場合があります。油溶性ビタミンは水溶性ビタミンと比べると蓄積しやすいので要注意です。しかしながら、ビタミンEの過剰摂取は、通常の食事の範囲では起こらないので、数にさえ気をつけていればよいでしょう。

食べ過ぎに注意!ナッツの一日の適量

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツの取りすぎは、美容などに対して影響を及ぼすことがあるので、適切な量を食べることが必要になります。では一体、一日にどれくらいのナッツを摂取するのが良いのでしょうか。

ナッツの一日の食べる量さえできれば、ナッツの食べ過ぎをあらかじめ防ぐことができます。ここでは、一日に摂取できるナッツの量についての概要を紹介します。

カロリーは

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツが含まれるカロリーは、お米やパンと比べると高カロリーなので、食べ過ぎは要注意です。ナッツの実際のカロリーはというと、100グラム当たり585.1キロカロリーとなっています。

どうしてナッツのカロリーが高いのかというと、ナッツにはオレイン酸などの脂肪酸が含まれているからです。脂肪酸は単位当たりカロリーが高いことで知られています。ナッツを一日食べる目安としては、25グラムくらいが妥当です。

おすすめのミックスナッツ

KIRKLAND カークランドシグネチャ ミックスナッツ 1134g
KIRKLAND カークランドシグネチャ ミックスナッツ 1134g
口コミ

凄いボリューム!! スナックやピーナッツなんて入ってません。 カシューナッツ、マカダミア、アーモンド、クルミ、ブラジルナッツのみ、美味くて手が止まりません。 リピート間違いなし。

ミックスナッツは、ダイエットにも使える食材であり、食べ過ぎにさえ注意すれば、かなり理想的な食材の一つになります。

ミックスナッツは大きなボトルで買うのが経済的です。またミックスナッツに含まれているナッツの種類についてもこだわるべきです。こちらのミックスナッツは美味しい、かつ量も多いので、非常におすすめのミックスナッツの一つであるといえます。

ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツは高カロリーの食材ではありますが、ビタミンなどの栄養素も多く含まれており、ダイエットにも使用される良質な食材の一つです。そのため、ナッツを効果的に食事に取り込むことで、健康増進にもつながるのでおすすめです。

ここでは、ナッツに含まれる栄養素についていくつか例を挙げて紹介します。

栄養素1:脂質

ナッツに含まれる栄養素の一つとしては、オレイン酸などの脂質が挙げられます。これらの資質が多いので、ナッツは高カロリーの食材となっています。

脂質はエネルギー源として人の体に必要不可欠な栄養素です。そのため摂取する量を間違えてしまうと、肥満の原因にもなるので気を付けるようにしましょう。

栄養素2:カリウム

ナッツには、脂質の他にもカリウムが含まれています。ではカリウムにはどういった働きがあるのでしょうか。

カリウムはバナナなどにも多く含まれている物質でもあります。カリウムにはナトリウムと同じように、体の中の水分量を調節する働きがあります。

栄養素3:カルシウム

ナッツには、カルシウムが多く含まれている食材でもあります。カルシウムはカリウムなどと同じように身体には必須のミネラル分でもあります。カルシウムは骨の形成などにも重要な成分であるのは、広く知られています。

ナッツは、小さく食べやすいので、カルシウムを効率的に摂取することができるのでおすすめです。

栄養素4:マグネシウム

マグネシウムはカルシウムと同じように、骨の形成に影響を及ぼす栄養素の一つになります。ナッツには、マグネシウムが多く含まれている食品です。そのためカルシウムとマグネシウムを同時に摂取できるナッツは、健康上においても良い食材であるといえるでしょう。

栄養素5:食物繊維

ナッツには、食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、それ自体は栄養にはなりませんが、腸内の環境を整える働きがあるので、人にとっては必要な要素になります。

特に最近は肉中心の生活になるので、食物繊維は不足しがちになります。そのため簡単に食物繊維を摂取できるナッツはおすすめです。

ナッツは食べ過ぎに気を付けて適量を食べよう

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツには、人にとって必要な栄養素が多く含まれているので、普段から食べることで健康増進に寄与します。しかしながらナッツは高カロリーであるので、食べ過ぎには十分に注意しましょう。

この記事に関連する情報をチェックしよう

ナッツに限らず、食品の偏りや食べ過ぎは、不健康や肥満の原因になります。以下の記事は、栄養に関係する情報が載っているのでこちらの記事を併せて内容をチェックすることをおすすめします。

関連記事

Related