Search

検索したいワードを入力してください

旅行におすすめのキャリーバッグやキャリーケースブランド30選

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
お出かけ / 2019年02月26日
旅行におすすめのキャリーバッグやキャリーケースブランド30選

キャリーバッグ・キャリーケースとは

旅行におすすめのキャリーバッグやキャリーケースブランド30選

キャリーバッグとは旅行のときに使用することが多く、名前の通りキャリー、つまり物を運ぶためのバッグのことを指します。そこで気になることがスーツケースとキャリーバッグは一緒なのかというところです。

スーツケースとはビジネスマンがスーツをきれいに持ち運びができるものを言います。ということは、スーツを入れられるぐらいのものを指します。キャリーバッグはスーツケースを含みものを運べるバッグ全般の事をいいます。

キャリーバッグ・キャリーケースの種類と特徴

キャリーバッグは種類や使用用途により選ぶことができるほどたくさんのタイプがあります。キャリーバッグのブランドもたくさんありますがそれぞれに特徴があります。軽量をメインに作られていたり強度重視であったりします。

キャリーバッグやキャリーケースは何を入れたいか、持ち運ぶ距離なども含めて選ぶことがポイントです。

キャリーバッグ・キャリーケースブランド30選

旅行におすすめのキャリーバッグやキャリーケースブランド30選

旅行に行くときなどキャリーバッグを選ぶときに参考にしていただきたいキャリーバッグのブランドをご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。

キャリーバッグのブランドはたくさんあり、価格帯などもブランドによって大きく異なります。ブランドの特徴をリサーチして自分にぴったりのキャリーバッグを選んでください。キャリーバッグは旅に出るためのお供なので最適なものを見つけましょう。

ブランド1: プレステージ2(BERMAS)

プレステージ2(BERMAS)バーマスの製品はとても軽量に力を入れており、驚くほど軽くて持ち運びに便利であると愛用者が増えています。キャリーバッグブランドの中では平均的な価格帯であることもあり手が届きやすいでしょう。

キャリーバッグの命でもある車輪もとても頑丈に固定されているので長持ちします。頻繫にキャリーバッグを使用される出張者にもおすすめのブランドです。

ブランド2:キャリーオントートバッグ(無印良品)

日用品なども多く扱う無印用品もキャリーバッグを取り扱っています。無印良品はとても身近なブランドなので知名度も高く品質が高い商品が多いことでも知られています。

キャリーオントートバッグは機内持ち込みにも便利で、持ち運ぶときには持ち手をスーツケースなどに引っ掛けて運ぶことができます。使い勝手がよいので海外旅行に出かける際にも、お土産用バッグとして持参される方も多いです。

ブランド3:コスモライト(Samsonite)

サムソナイトはキャリーバッグのブランドでもとても人気があり軽くて丈夫であると大好評です。サムソナイトのブランドの特徴としては、デザインがシンプルでスタイリッシュであることから若い世代にも大変人気があります。

サイズのバラエティーも豊富なので、機内持ち込み用バッグと、預け入れ荷物のサイズと二種類を持つ方も少なくはありません。カラーバリエーションも豊富なところが嬉しいブランドです。

ブランド4:アメリカンツーリスター

シンプルなデザインが多いキャリーバッグのブランドのなかで、アメリカンツーリスターはとてもかわいいデザインが豊富なキャリーバッグのブランドです。

誰ともかぶりたくないという方にもとてもおすすめで、ペイントされたものなども多く販売されております。荷物を受け取る際にも取り間違え防止にもなるためアメリカンツーリスターはおすすめです。

ブランド5:リモワ

Rimowa(リモワ)キャリーバッグのブランドのなかでも決してお安いものではないですが、1度購入すると長く使用できるということで人気があります。キャリーバッグのブランドの中でも高級ブランドとして知られています。

シルバーのデザインがとてもスタイリッシュでビジネスマンにもとても人気があります。アルミニウムで作られているため軽く持ち運びに向いています。

ブランド6:クロース

キャリーバッグのブランドであるクロース(Kroeus)はアルミニウムで作られていますが、カラーバリエーションが豊富で人気があります。シルバーやブラック、ホワイト、ローズゴールド、ブルーなどがあります。

また機能性にも優れており、ショルダーバッグを引っかけるためのフックがあったり、フックを使用しないときは収納することもできます。使用者の気持ちをよく考えて作られています。

ブランド7:ムーク

コストを重視したい方におすすめのキャリーバッグのブランドは、ムーク(mook)です。機内持ち込み可能なキャリーバッグであれば、3000円代で購入することができます。

舗装されていない荒れた道も、コロコロと動かすことができる頑丈な車輪がついているので、安心して持ち運ぶことができます。ハンドルも三段階の高さで調節が可能なため、使い勝手もとてもよいです。

ブランド8:ラッキーパンダ

格安のキャリーバッグのブランドといえば、luckypanda(ラッキーパンダ)は外せません。とてもリーズナブルな価格で購入することができるのでサイズ違いで何個もキャリーバッグが欲しい方にもおすすめです。

あまりキャリーバッグの使用頻度が少ないという方だと、高価なものは必要ないという方も多くコスト重視で選ばれる方も多いです。購入はインターネットでのオンラインショッピングになります。

ブランド9:グリフィンランド

明治39年創業の日経の企業が提供するキャリーバッグのブランド、グリフィンランドです。価格、品質、デザインの面を見ても全て高評価で旅行関係に携わる方からも大絶賛されています。

初めてキャリーバッグを購入するという方にもおすすめのブランドであり、絶対に外れなしのブランドです。基本的な機能は完備されており、満足度が高くリピートする方もとても多いです。

ブランド10:サンコー

サンコー(SUNCO)のキャリーバッグはソフトタイプからハードタイプまで幅広く取り扱うブランドです。創業100年以上も続く老舗のカバンメーカーであり、スーツケース以外にも充実したバリエーションのカバンを販売し続けてきています。

日本の歴史のあるブランドという面でも安心して使用ができると、口コミでも大好評で根強い人気があります。

ブランド11:ヒデオワカマツ

フランスのパリでも修行を積んだ若松氏が手掛けるキャリーバッグのブランド、ヒデオワカマツ(Hideo Wakamatsu)です。日本だけでなく世界で認められた高いデザイン製がとても魅力的です。

機内持ち込みのキャリーバッグであれば1万円前後で購入することができるのでお財布にも優しいです。特に「マックスキャビン」シリーズは、大容量でたくさん荷物が入れられると大好評です。

ブランド12:デルセー

よく海外旅行や出張をされる方におすすめのキャリーバッグのブランドは、デルセー(Delsey)です。とにかく軽くて高性能です。最近では預け入れ荷物の重量制限である23kgを体重計なしに計れる機能がついているものもあります。

サイドのフックの部分を持ち上げると計れるのでとても便利です。また、電子機器が充電できるUSBつきのタイプもありビジネスマンからもとても愛用されています。

ブランド13:エース

価格以上の使い勝手であると、コストパフォーマンスが高いキャリーバッグのブランドは、エース(ace.)です。エースの特徴はキャスターが双輪となっており、とても丈夫です。また、持ち運び時の静音性が優れていることでも、エースの商品は大人気です。

ハンドル部分も手に馴染みやすく、長時間運び続けても疲れにくい作りとなっております。

ブランド14:トラベルハウス

とてもリーズナブルな価格帯のキャリーバッグのブランドは、トラベルハウス(travel house)です。価格帯はリーズナブルですが、拡張ジッパーがついていたりと機能性はとても高いです。

中長期の旅行向けのブランドであり、大型連休などに海外旅行に行くにもおすすめです。また、人気の理由はカラーバリエーションの豊富なところでもあります。微妙なカラー違いのラインナップがあります。

ブランド15:レジェンドウォーカー

爆安のキャリーバッグのブランド、LEGEND WALKER(レジェンドウォーカー)です。機内に預けたりすると、どうしても傷ついたりすることもあるキャリーバッグですが、四つ角にコーナーパッドが装備されているため壊れにくいです。

世界で300万個の販売実績があるキャリーバッグのブランドなので、たくさんの好評な口コミが配信されています。サイズに関してはSS、S、M、Lから選ぶことができます。

ブランド16:ノースフェイス

アメリカのカリフォルニア生まれで、世界的にも有名なアウトドアブランドであるノースフェイス(THE NORTH FACE)のキャリーバッグがあることをご存知でしょうか。

極地でも耐えられる洋服などを作るアウトドアブランドだからこそ、キャリーバッグでも耐久性は間違いありません。キャリーバッグも、アウトドアに行くのに便利なポケットが豊富なデザインなど機能性も抜群です。

ブランド17:トゥミ

圧倒的ビジネスマンから愛されるブランドであるトゥミ(TUMI)のキャリーバッグもとてもおすすめです。キャリーバッグ以外でも絶大な人気をキープし続けている機能性に優れているブランドです。

世界で認められた高性能技術を使った人はもう手放させなくなること間違いなしです。360度回転がスムーズなキャスターは持ち運びにもストレスを与えることなく使用することができます。

ブランド18:シフレ

日本のキャリーバッグブランドであるSiffler(シフレ)は普段使いにも向いています。最近ではパソコンを持ち運ぶ方も多く、パソコンを入れるにもぴったりな内ポケットがとても魅力的です。

デザイン面でもアニメのキャラクターとコラボレーションをしたキャリーバッグもあり、若い世代からも大評判です。シンプルなものもあり、用途にあわせて選ぶことができます。

ブランド19:プロテカ

キャリーバッグのブランドであるProteca(プロテカ)は、バッグの一大革命ともいわれる素晴らしい技術が使われています。汚れても簡単にきれいにできるので、長く使用するにもおすすめです。また、キャリーバッグでは画期的に360度開けることができます。

日本のブランドだから安心のアフターサポートも充実しており、対応がとても早いと大評判です。

ブランド20:エバウィン

EVERWIN(エバウィン)は、「いつでも、どこでも、誰にでも」をモットーにキャリーバッグを開発されています。リーズナブルな価格なのに品質は高く、日本の会社の企業努力を感じられます。

知名度はあまり高くないものの、知る人ぞ知るキャリーバッグです。旅行からビジネスまで幅広いシチュエーションで愛用していただけるおすすめのブランドです。

ブランド21:ロンカート

古くからイタリアで愛されるブランドであるRONCATO(ロンカート)もおすすめです。老舗のブランドであり高級ブランドということでも知られています。

RONCATOを持つことは、一種のステータスであり満足度も高いでしょう。特にヨーロッパを中心に愛用されており、傷つきにくいという面でも有名で、幾何学模様のエンボス加工が施されています。

ブランド22:ブリックス

デザイン性にもたけており、とても高級感があるイタリアのミラノ生まれのブランドであるBRIC'S(ブリックス)です。世界の有名人や女優にも愛用されているキャリーバッグブランドです。

高品質なベネチアンレザーを使用されているものもあり、クルーズ旅行などに持ち込まれる方も多いです。キャリーバッグは職人の手作りということもあり市場価値はとても高いです。

ブランド23:アントラー

イギリスの老舗ブランドAntler(アントラー)も、雨に強い防水加工がされておりとてもおすすめです。インポートブランドにも関わらず、10年保証がついておりとても安心であるポイントも魅力的です。

手が届きやすい価格設定なため、初めてキャリーバッグを検討されている方でも気軽に購入することができます。

24:プロテックス

500kgの負荷をかけても壊れないほど頑丈なキャリーバッグです。とても丈夫であることが魅力的ですが、デザインもとても独創的ですてきです。旅行以外にもカメラや高価な物の持ち運びに利用される方もいます。

ブランド25:ゼロハリバートン

とてもシンプルなデザインが魅力的なブランドである、ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)です。アメリカのNASAが月の石を持ち帰ってくる際に使用されたことでも有名なブランドです。

ダブルキャスターのため車輪の耐久性も優れており長く愛用していただけるおすすめの商品です。

ブランド26:グローブトロッター

1897年創業の世界でもとても有名なブランドである、GLOBE TROTTER(グローブ トロッター)です。世界各国のセレブから愛用されていることもあり高級ブランドとしても有名です。

コレクターがいる程希少価値が高いキャリーバッグもあるほどです。職人が1つ1つ作り上げでおり、全く同じものは存在しないというポイントも魅力的です。

ブランド27:ポーター

日本国産にこだわる方にもおすすめのブランドである、PORTER(ポーター)です。耐久性が非常に評価されており、一生使うことができるとビジネスマンからも愛用されています。

価格はリーズナブルとは言えませんが、長く使えることを考えるとトータルコストは高くないと大評判です。

ブランド28:カリマー

イギリスのアウトドアブランドである、Karrimor(カリマー)です。キャリーバッグとしても、リュックサックとしても使用することができる、ツーウェイタイプがとても人気があります。

日本でも登山がお好きな方には知名度も高く大変人気があります。

ブランド29:フリクエンター

キャリーバッグの命ともいえるキャスターにこだわった、おすすめのブランドであるFREQUENTER(フリクエンター)です。

キャスターに関して独自の技術を特許取得しており、走行がとてもスムーズな上に丈夫です。万が一のときも交換キャスターキットがあるため、買い替えをすることはありません。

ブランド30:ミレスト

かわいいデザインが女性からも大人気なブランドであるmilesto(ミレスト)です。雑貨などキャリーバッグ以外でも人気が高いミレストのデザイン性は群を抜いており、おしゃれなキャリーバッグが豊富です。

出張におすすめのキャリーバッグはこちら

パリ生まれのデルセーのキャリーバッグはとにかく軽いので、持ち運びのストレスがなく、頻繁に出張に行かれる方に特におすすめです。機内持ち込みが可能なサイズは、空港到着後すぐに目的地に向かえるので出張者に好まれています。

キャリーバック・キャリーケースの選ぶポイント

旅行におすすめのキャリーバッグやキャリーケースブランド30選

初めてキャリーバッグを購入するという方にもおすすめの、選び方のポイントをご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。ポイントをチェックすることで、失敗しないキャリーバッグ選びをすることができます。

ポイント1:宿泊数に合わせた容量のケースを選ぶ

キャリーバッグは持ち運びの面でも、小さい方が身動きが取りやすいです。そのため不必要にただ大きいだけのキャリーバッグというわけではなく、宿泊数に合わせて選ぶことがポイントです。

ポイント2:機内持ち込み可能か確認

キャリーバッグは機内持ち込みできるかどうかを確認することがポイントです。機内持ち込みは、エアラインによりサイズは異なりますので、フライトが決まっている場合は事前に確認しておきましょう。

ポイント3:飽きのこないデザインを選ぶ

キャリーバッグのデザインは、シンプルイズベストがおすすめです。飽きのきそうなデザインは避けることで長く使用することができます。何個も購入することのないようにお気に入りのデザインを探しましょう。

自分好みのキャリーバッグブランドを選ぼう

旅行やビジネスにおすすめのキャリーバッグやキャリーケースブランド30選のご紹介はいかがでしたか。これからキャリーバッグを購入しようと考えている方は、ぜひともご参考にしてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

おすすめのキャリーバッグのご紹介と一緒に関連する記事もチェックしてください。より詳しくキャリーバッグのブランドの特徴を知ることができるので、慎重にご自身にぴったりのキャリーバッグを探すためにもご参考になります。

関連記事

Related