Search

検索したいワードを入力してください

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

Author nopic iconそらあおぐ
食の知識 / 2019年03月08日
天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

天ぷらとは

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

近年では和食が世界的にブームとなっています。そのため、海外の人が日本に観光で訪れた際に、天ぷらは食べてみたい和食の1つとして人気です。

しかし、その和食として人気の天ぷらですが、元は日本発祥の料理ではなく、南蛮料理でした。天ぷらが日本に入ってくると、江戸時代にはいろいろな具材をおやつ感覚で食べることができる屋台が増えて、庶民の味として広まって行きました。

天ぷらが人気の理由

上記で述べた通り、天ぷらは海外から観光旅行で日本に訪れた人たちに人気があります。単純に揚げ物が食べ慣れている国は多いため、海外の人でも口に合いやすいという特徴もありますが、いろいろな具材が色とりどりに盛り付けられた天ぷらに驚くこともあります。

また、海外の揚げ物では天ぷらに似たフリッターがありますが、天ぷらはフリッターよりも衣が薄いことが多いです。そのため、食感の違いに驚かれることもあります。

天ぷらにして美味しい定番具材25選

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

天ぷらは海外の人たちだけでなく、当然ながら日本人にとっても人気のある料理です。天ぷらにはいろいろな具材を揚げられます。

その具材には変わり種もありますが、安定して人気のある具材はやはり定番具材です。しかし、天ぷらの具材は非常に多いため、その定番具材だけでも多くの種類があります。

具材1:海老

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

天ぷらの具材と言えば海老と言う人は多いです。海老はその大きさや、尻尾の鮮やかな色など、盛り付けらると天ぷらの中で主役のような存在の雰囲気を出します。

また、海老の弾力ある食感は大人だけでなく、子供にも人気があります。さらに、お肉などの重たいものが苦手という人でも、海鮮系である海老であれば食べられるという人も多いです。他の場面でも、海老の天ぷらはうどんやそばの具材として乗っていることもあります。

具材2:舞茸

キノコも天ぷらの具材の定番です。そのキノコの種類の中でも舞茸の天ぷらは人気が高いです。舞茸は天ぷらにすると、香りが強くなります。また、天ぷらにすることで舞茸の旨味を閉じ込めることができます。

また、キノコはヘルシーな食材としても定番のため、女性からの人気が特に高いです。さらに、舞茸は食物繊維が豊富なため、腸内環境を整えてくれるという効果もあります。

具材3:茄子

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

意外と人気のある天ぷらの具材が茄子です。茄子の天ぷらは皮がついたまま揚げます。そのため、海老の天ぷらと同様に、茄子も盛り付けをしたときには、綺麗な彩りとなってくれます。

茄子が苦手という人もいますが、天ぷらにすると食べられるという人もいます。これは天ぷらは強い火力で素早く調理するため、他の茄子料理と比べて、茄子の食感がブニブニにならないことが理由の1つとしてあります。

具材4:ちくわ

ちくわを天ぷらにすると、表面がカリッとして、中はもちもちとした食感になります。そのため、ちくわはおやつ感覚で食べられる天ぷらの具材にもなります。

また、海老などと比べると安価なため、家で天ぷらを作る際に種類を増やすためにも活躍してくれます。ちくわはそのまま天ぷらにすることもありますが、青のりなどを加えて磯辺揚げにするという人も多いです。

具材5:カニカマ

ちくわと同じく、練り物で天ぷらにすると美味しいのはカニカマです。カニカマもちくわと同様で、安価な食材のため、天ぷらの種類を増やすことに重宝します。また、カニカマの甘みは子供に人気が高いです。

カニカマの天ぷらはおかずにならないと言う人もいますが、お酒を飲む人であればおつまみに適しています。サラダなどで使いきれずに余ったカニカマを食べきってきまう方法としても有効です。

具材6:しいたけ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

先に述べた通り、キノコは天ぷらの具材として定番の食材です。キノコの天ぷらでは舞茸の人気が高いですが、キノコの天ぷらといえばしいたけがと答える人もいます。

しいたけも舞茸と同様に、天ぷらにすることで、その旨味を逃すことなく食べることができます。しかし、しいたけは加熱すると少しブヨっとした食感になります。その食感が苦手でしいたけは天ぷらであっても食べられないという人もいます。

具材7:大葉

天ぷらの盛り合わせに高い確率で入ってくる定番食材が大葉です。大葉自体に締まりのある味や強い香りがあることも人気の理由ですが、大葉はそれほど強い味を出さないため、衣の味や食感を楽しむことにも適しています。

また、大葉は鮮やかな緑色をしているため、海老の赤い尻尾に寄せて盛り付けると、非常に綺麗な彩りになります。

具材8:アスパラ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

大葉ど同様に、緑色の彩りとしてアスパラが盛り合わせに入ることもあります。アスパラは彩りとして入ることもありますが、その細長い形から、盛り付けたときに高さを出しやすいことも定番具材として扱われる理由の1つです。

アスパラは天ぷらにすると甘みが強くなるため、天つゆで食べるよりも塩で食べることに適しています。

具材9:イカ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

海老と並んで海鮮系で人気のある天ぷらの定番具材はイカです。イカも海老と同様に女性と子供に人気があります。家でイカの天ぷらを作る際にはいくつか注意点があります。

まずはイカは歯ごたえが強いため、あまり大きくカットしないことです。イカは天ぷらにするとさらに歯ごたえが強くなるため、一口サイズにする方が良いでしょう。また、イカは水分が多いため、しっかり水気を切らないと揚げる際に危険です。

具材10:キス

海鮮系の天ぷらで魚を使う場合にはキスがよく使われます。キスはスズキの一種で、天ぷらにすると、その身はふんわりとした食感になります。

また、盛り合わせでキスが使われる理由はそのちょうど良いサイズが理由の1つです。キスは大きくても30cm程度で、天ぷらに使われるキスは15cm前後の物が多いです。そのため、丸々一匹を天ぷらにすることができるため、見栄えが良いです。

具材11:さつまいも

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

嫌いな人が少ない天ぷらの定番食材の1つにさつまいもがあります。盛り合わせなどには高い確率で入っています。

さつまいもは天ぷらにすることで甘みが強くなります。そのため、ちくわやカニカマのようにおやつ感覚で食べることができる天ぷらの食材の1つでもあります。

さつまいもは旬の時期は大きい物が手に入りやすいです。大きなさつまいもは1個あれば家族分のさつまいもの天ぷらが用意できるなどのコスト面でも優れています。

具材12:かしわ

地域によってはかしわの天ぷらと呼ぶこともありますが、とり天と呼ぶ地域もあります。これらは鶏肉の天ぷらのことです。海老や舞茸など、ヘルシーな天ぷらを好む人もいますが、かしわの天ぷらのように食べ応えのある食材を好む人もいます。

鶏肉はお肉の天ぷらでは定番の食材です。鶏肉は天ぷらにしても、唐揚げのようにジューシーになります。しかし、衣が唐揚げよりもさっぱりとしているため、食べやすいです。

具材13:豚肉

鶏肉の天ぷらがあるように、豚肉の天ぷらもあります。豚肉の天ぷらも豚の甘みを閉じ込めてジューシーになります。

豚肉をそのまま天ぷらにすることもありますが、大葉などで巻いて、少しさっぱりとさせた豚肉の天ぷらにすることもあります。野菜や海鮮系の天ぷらばかりでは食べ応えが少ないと感じる男性に人気のある定番具材となります。

具材14:かぼちゃ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

先に述べたさつまいもと同様に、天ぷらにすることで甘みが強くなる野菜の定番にはかぼちゃもあります。

また、かぼちゃは天ぷらにすることで、甘みが強くなるだけでなく、ホクホクとした食感にもなります。かぼちゃの黄色も盛り合わせにした際に彩りを良くしてくれます。

家でかぼちゃの天ぷらを作る際には、かぼちゃに熱が通りやすいように、電子レンジなどで軽く加熱しておくと良いでしょう。

具材15:レンコン

レンコンも天ぷらの盛り合わせなどに入っていることがあります。レンコンの適度な歯ごたえは野菜の具材の中では大きな満腹感を得ることができます。

また、レンコンにも野菜の甘みがありますが、かぼちゃやさつまいもほどの強い甘みはなく、甘い食材が苦手という人に追って食べやすい天ぷらになります。レンコンも火が通りにくい食材のため、揚げる前に軽く加熱しておくと良いでしょう。

具材16:インゲン

先に述べた通り、アスパラは天ぷらの定番食材の1つです。そのアスパラの代わりにインゲンが使われることがあります。

インゲンもアスパラと同様に、緑色で細長いため、彩りと盛り付けた際の高さを出すために使いやすい食材となります。ただし、アスパラよりも甘みは少なく、柔らかいという特徴があります。そのため、食べやすさでインゲンが使われることもあります。

具材17:オクラ

オクラも天ぷらの盛り合わせによく入っています。オクラは丸々1本で天ぷらにされていることが多いです。色は緑なので、インゲンやアスパラなどのように彩りを整えてくれます。

オクラは天ぷらにすると甘みが増します。ただし、オクラの粘りやヌメりのある食感が苦手という人もいるため、家で作る場合には家族の好みに合わせる必要があります。

具材18:アナゴ

天ぷらにされる魚は先に述べたキスのような、ふわふわの食感になる物が多く使われます。アナゴもふわふわとした食感となるため、よく天ぷらにされます。

アナゴは非常に長細いので、ある程度の大きさで切り分けて天ぷらにされますが、お店ではインパクトを与えるために、非常に大きな状態のアナゴを天ぷらにしていることもあります。食べ応えも、見栄えも良いため、天ぷらの具材となる魚では人気の高い食材となります。

具材19:ごぼう

ごぼうの天ぷらは野菜の天ぷらの中で、意外と人気の高い食材です。ごぼうは天ぷらにすると甘みが強くなります。また、噛めば噛むほど旨味が出てきます。

ごぼうはカットしただけの太い状態で天ぷらにされることもありますが、火が通りやすいように、ごぼうをささがきにして、かき揚げのようにして揚げられることもあります。

具材20:玉ねぎ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

玉ねぎは野菜の天ぷらの具材として定番の1つです。そのため、盛り合わせなどには高い確率で入っています。玉ねぎは加熱をすることで甘みが強くなります。なので、玉ねぎの天ぷらは非常に甘みが強いです。

玉ねぎは天ぷらにする際に、形が崩れてバラバラになってしまうことがあります。なので、揚げる前に串や爪楊枝などで固定して揚げると良いでしょう。食べる際には危険なため、揚げた後は抜くようにしましょう。

具材21:ふきのとう

お店などではよく季節の食材を使った天ぷらの盛り合わせがメニューにあります。季節の天ぷらでは山菜が使われることがあります。その山菜の天ぷらの定番となるのが、ふきのとうや菜の花などです。

山菜の天ぷらは少し苦味のある物が多いです。その苦味を緩和するために天つゆで食べると食べやすいです。また、味を引き締めてくれるため、塩でも美味しく食べることができます。お店によっては抹茶塩を出してくれる場合もあります。

具材22:ワカサギ

先に述べた通り、天ぷらにされる魚は基本的に食感がふわふわの物が適しています。ワカサギも天ぷらにすると食感がふわふわになるため、人気のある食材です。

また、ワカサギは大きな魚ではないため、天ぷらにするときには開いたり、切り身したりせずに、そのまま揚げられます。そのため、魚としての形がそのまま残るため、見た目にも良いです。

具材23:紅生姜

地域によっては珍しいこともあるありますが、地域によっては紅生姜は天ぷらの定番食材となることがあります。

紅生姜はスーパーなどでよく見かける細切りにした物や、みじん切りにした物ではなく、大きく輪切りなどにされた物が多いです。

紅生姜のため、非常に辛味が強いです。しかし、その辛味がご飯とよく合います。また、お酒を飲む人にとっては、おつまみにも適しています。

具材24:たけのこ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

たけのこも季節の野菜の盛り合わせに入っていることが多いです。たけのこは天ぷらにすると甘みが非常に強くなります。また、適度な歯ごたえも人気の理由の1つです。盛り付けたときの彩りも綺麗で、細長くカットすることで、盛り付けに高さを出すこともできます。

たけのこは天つゆでも美味しく食べられますが、たけのこに天つゆが染みにくいため、塩で食べると良いでしょう。

具材25:かき揚げ

うどんやそばには天ぷらとして、かき揚げがよく入っています。かき揚げであれば、いろいろな野菜がまとまっているため、いろいろな味を楽しむことができます。

家でかき揚げを作る際には、野菜の切れ端などを使うと、野菜を無駄なく使うことができます。野菜だけ出なく、桜海老を入れると、風味と香りを強めることもできます。

天ぷらを上手に揚げる

天ぷらがなかなか上手に揚げることができないという人は多いです。それは天ぷらはただ揚げるだけの料理ではないためです。

なので、天ぷらを上手に揚げるためには、いろいろなコツがあります。そのコツを知っておくと、家でも美味しい天ぷらを作ることができるようになります。

Blockquote firstBlockquote second

この本を参考に天ぷらを作ったら本当に美味しいのができました。
良い買い物ができて大変満足しています。

変わり種具材5選

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

天ぷらに使われる具材の種類は非常に多いです。そのため、定番の具材もあれば、変わり種の具材も多くあります。

変わり種の具材は好き嫌いが別れてしまうことも多いですが、好きな部類に入った変わり種の具材は、他の定番具材と違った味の楽しみ方ができるようになります。

具材1:アボカド

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

アボカドが好きという人は多いです。アボカドはサンドウィッチやパスタなどでよく使われます。

そのアボカドは天ぷらにしても美味しく食べることができます。アボカドを天ぷらにする際には皮を向いて少し大きめにカットすると良いでしょう。

アボカドは熟している方が美味しいですが、天ぷらの場合は熟しすぎていると、熱で柔らかくなりすぎることがあるため、気持ち固めの方が向いているでしょう。

具材2:セロリ

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

セロリは生で食べるイメージの強い野菜ですが、天ぷらにすることもできます。セロリを天ぷらにする場合には、柔らかい葉の部分を使うと良いでしょう。

セロリは苦味が強い野菜なので、苦手という人も多いです。そのような場合には、刻んで他の野菜などと合わせて、かき揚げなどにしても良いでしょう。

具材3:みょうが

先に述べた通り、地域によっては紅生姜は天ぷらの定番具材となります。みょうがも同様に地域によっては天ぷらの定番食材となります。

みょうがは小さいため、そのまま丸ごと天ぷらにします。味はさっぱりとしているため、天ぷらを食べている途中の箸休めとして適しています。

具材4:アイスクリーム

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

稀にアイスクリームの天ぷらをデザートとして提供しているお店があります。外は暖かく、中は冷たいという温度差が、アイスクリームの甘さを引き立ててくれます。

アイスクリームはそのまま天ぷらにはできないため、衣を着ける前にアイスクリームを薄いパンや、湯葉や餃子の皮などで包む必要があります。また、油の温度を高温にしたり、短時間で素早く揚げるなどのコツが必要となります。

具材5:紅葉

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

大阪の箕面市では紅葉の天ぷらが名物となっています。当然ながら、天ぷらの具材として使われる紅葉は観賞用の紅葉ではなく、食用の紅葉となります。紅葉の天ぷらはほのかな苦味と、衣の食感と味を楽しむことができます。

紅葉の天ぷらはなかなか見かけることがないため、大阪の箕面市に観光などで訪れた際には、食べてみると良いでしょう。

お気に入りの具材を見つけてみよう

天ぷらにして美味しい定番具材25選|変わり種具材5選

天ぷらには非常に多くの種類の具材があります。そのため、定番の具材から、変わり種の具材まで、非常に幅が広いです。

なので、天ぷらを食べる際には、定番の具材ばかりではなく、変わり種も試してみて、自分にとってのお気に入りの具材を探してみても良いでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

天ぷらにできる具材の種類は非常に多くあります。しかし、美味しい天ぷらを作るためには、その具材に適した処理が必要となります。

定番の具材であれば、処理の仕方はわかりますが、あまり扱わない具材であれば、事前にその処理方法を知っておくようにしましょう。

関連記事

Related