Search

検索したいワードを入力してください

希少部位!鶏肩肉の節約レシピ10選|お弁当用レシピ5選

Small 03914c1c 98d9 498c 889c 15e3014794c3manamai
カテゴリ:レシピ

初回公開日:2018年12月11日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

希少部位!鶏肩肉の節約レシピ10選|お弁当用レシピ5選

鶏肩肉とは

スーパーで鶏肩肉、または鶏トロ肉と表記された、鶏肉を見かけたことはありませんか。値段が安く気になりつつも、鶏モモ肉や鶏胸肉のように馴染みがなく、買いづらいと考える人は多いでしょう。この記事は鶏胸肉の特徴や、鶏もも肉と鶏胸肉との違いをまとめました。

鶏肩肉の特徴

鶏肩肉は、胸肉と手羽元の間の部位をいいます。以前は胸肉の一部として、販売されていました。最近は若鶏1羽から30g~60gほどしかとれないため、鶏肩肉という希少部位として、胸肉より少し高い値段設定で販売されるようになりました。

一切れの大きさが約4cm✖2cmの一口サイズで売られ、調理の際にそのまま使える利便性があります。また焼き鳥屋では、ふりそでやねねトロという名で親しまれているでしょう。

鶏ももと胸肉との違い

鶏肉料理といえば、ジューシーに味わいたければもも肉、あっさりヘルシーが好みなら胸肉を選ぶ人が多いでしょう。

鶏肩肉の味の特徴は、ちょうどもも肉のジューシーさと胸肉のあっさりの間の、絶妙なバランスと言われています。そのため、もも肉と胸肉のいいとこどりをしたのが鶏肩肉と言われ、今後ますます人気をよぶでしょう。

鶏肩肉の節約レシピ10選

値段が手頃で、もも肉と胸肉の良さを併せ持つと言われる鶏肩肉ですが、家庭ではどのような料理が作られているのでしょう。絶妙なバランスの鶏肩肉は、揚げても煮ても鍋物にも良しと万能な食材です。

もも肉は高いけど、胸肉ではもの足りないと感じている人は、鶏肩肉を使ってみましょう。この記事は、節約にもなる鶏肩肉のおすすめ節約レシピを10選ご紹介します。

レシピ1:鶏肩肉のさっぱりヘルシー焼き

鶏肩肉のさっぱりヘルシー焼きは、調理工程は2つだけ、忙しい人におすすめしたい超簡単の時短レシピです。調理のポイントは、オリーブ油漬けにしてあるので、焼く時に油を敷く手間もいりません。

鶏肩肉は切らずにそのまま、ポリ袋に入れて調味料を揉みこむだけの、包丁まな板いらずのレシピです。この時にパプリカなど、色味の鮮やかな付け合わせ野菜を一緒に焼けば、見栄えのいいメイン料理が出来上がるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】 鶏肩肉 1パック ハウス 香りソルトレモンペパーミックス 適量 オリーブ油 大1

【作り方】
1 ポリ袋にすべての材料を入れ揉みこんで、しっかりと縛る。そのまま冷蔵庫のチルドで保存。
2 フライパンに1を入れて、こんがり焼いて出来上がり。

レシピ2:鶏肩肉の塩焼き

焼き鳥店でも「ふりそで」人気の鶏肩肉を、自宅のオーブントースターを使って、手軽にお店の味を再現した本格レシピです。調理のポイントは、肉が日本酒を吸うまで少し間を置くことと、付け合わせで一緒に焼いたオクラは途中で返すことです。

オーブントースターで10分程焼いた後、調味料を塗って焼き色を付けるとお店の香ばしい焼き鳥ができあがります。2~3回塗ってこんがり美味しそうな焼き色がついたらいただきましょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料2人分 鶏肩肉 200g オクラ 2本 日本酒 小さじ2 塩 小さじ1/2弱 こしょう、山椒粉、七味唐辛子、柚子胡椒 適量 Aしょうゆ、みりん 各大さじ1/2

作り方
1)鶏肩肉をボウルに入れ、塩をふります。こしょうと山椒粉も少しふり、日本酒をかけて揉みます。肉が日本酒を吸ったらOKです。
2)オーブントースターのトレイにアルミホイルを巻いて、サラダ油(分量外)を塗ります。この上に1)の鶏肩肉を皮目を上にしてのせましょう。これをオーブントースター1000wで12~15分焼きます。オクラも一緒にのせてください。オクラは途中、返しながら焼きます。
3)10分くらい焼いた所で、肉にAを塗ります。塗っては焼きって感じで、2~3回塗りましょう。焼き目がついたら出来上がりです。皿に盛り付け、柚子胡椒、山椒粉、七味唐辛子を添えます。

レシピ3:鶏肩肉と夏野菜のイタリアンソテー

手軽に本格的なご褒美ご飯をテーマにした、にんべん「だしとスパイスの魔法」シリーズ調味液を使った、鶏肩肉と夏野菜のイタリアンソテーです。

調理のポイントは、鶏肉の皮目から両面しっかりと焼き色をつけます。和洋折衷の深い味わいが魅力の調味液を使うことで、煮込み時間が少なくても濃厚な旨味を楽しめるでしょう。

またご飯の上にかけてカフェ風に食べるのもおすすめです。見た目もカラフルで、贅沢な気分を満喫しましょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】4~5人分 鶏肩肉 600g ミニトマト 2袋 なす 大1本(または小3)
パプリカ 1個 オリーブ油 小さじ2 水 1カップ にんべん「だしとスパイスの魔法 イタリアンソテー」2箱(調味液2袋・スパイス2袋)

【作り方】

①ミニトマトは半切り、なすは1.5cm幅の輪切り、しめじはいしづきを取り除き小房に分ける→肩肉以外の部位を使う場合は2口大にカットする
②フライパンにオリーブ油を中火で熱し、鶏肉の皮目から入れ、両面をじっくりと焼き付ける
③なすを加え、しんなりしたらスパイスを全体に馴染ませ、トマト・調味液・水の順に加えて2~3分煮込んで出来上がり

レシピ4:タンドリーチキンのカレードリア

タンドリーチキンは市販の調味料を使って簡単に仕上げ、ご飯の上に乗せたスパイシーで豪華なカレードリアです。

手の込んだ料理のタンドリーチキンも15分で出来上がり、カレーはレトルトを使用すればもっと簡単に作ることができます。カレーの半分はバターライスと炒める用、残りは上からかける用に分けて作りましょう。

グリルやトースターでも調理が可能なため、ご家庭に合う方法でレストラン気分を味わいましょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】4人分 GABAN「タンドリーチキン」1袋 鶏肩肉(またはもも肉)250g 水 大さじ1 卵 4個 カレー(レトルトでも、作ったものでも)400g ごはん 600~700g(2合~2合強) バター 50g ピザチーズ 180g GAGANイタリアンパセリ 適量

【作り方】
①タンドリーチキンを作る。
 鶏肩肉(またはもも肉を1~2口大にカットしたもの)にGABAN「タンドリーチキン」と水をよくもみこみ、15分おく
②天板にオーブンシートを敷き、①を広げて、230度に予熱したオーブンで12分焼く
★トースターで作ることもできます。詳しくはGABAN「タンドリーチキン」のパッケージ裏に記載されています。この時点でタンドリーチキンは出来上がりなので、このまま食べても美味。
③マグカップに卵を割り入れ、水を150~200ccほど注いで500wのレンジで1分~1分半ほど加熱し、周りが白っぽくなれば茶こしなどに返して水気を切っておく※1個ずつ、毎回水を変えて行うこと(あたたかい温度の水または湯で作ると熱の通り方が変わってしまう。マグカップが熱を持っている場合は、違うカップに変えるか冷めるまで待つ)しっかり火が通らなくても後ほど⑤の工程にて追加で加熱します。
④フライパンにバターを熱してごはんを炒め、ぱらっとしてきたらカレーの約半分を加えて炒め合わせる
⑤耐熱皿に④のカレーごはんを敷き、残りのカレーと②のチキンを乗せ、中央を少しくぼませて③の卵を入れたら、ピザチーズをたっぷり散らす
⑥オーブンやトースター、グリルなどでチーズにしっかり焼き目がつくまで焼き、仕上げにイタリアンパセリをふる
 →熱々のうちにたべるのが美味しいのですが、火傷には注意。

レシピ5:鶏肩肉としめじのカチャトーラ

鶏肩肉としめじを炒めてトマトソースで煮て作った鶏肩肉としめじのカチャトーラです。鶏肉とトマト缶の相性はとても良く、幅広いレシピでこの組み合わせが紹介されてます。鶏肩肉はもも肉のようなジューシーさがあり煮込み料理にも最適です。

このレシピはオレガノを入れてますが、なくても比較的家に常備されているコンソメやケチャップなどですぐ作ることができます。お酒のあてや簡単に夕食を作りたい時におすすめのレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

材料(2〜3人分)1.鶏肩肉・・・200g 2.しめじ・・・1株 3.玉ねぎ(みじん切り)・・・1/2個 4.市販のトマト缶・・・1缶(400g) 5.顆粒コンソメ・・・小さじ1
6.ケチャップ・・・大さじ2 7.塩コショウ・・・適宜 8.砂糖・・・お好みで 9.オレガノ(粉末)・・・小さじ1/2 10.ローリエ・・・1枚 11.バター・・・大さじ1

#1鶏肩肉は、余計な脂を取って一口大に。しめじは石づきを取って、一口大に裂きます。
玉ねぎはみじん切りに。
#2鍋を中火で温め、バターを入れて溶かします。
バターが溶けたら、玉ねぎを入れて炒め、しんなりしたら鶏肩肉としめじを加えて炒めます。
軽く塩コショウします。
#3トマト缶を加えます(ホールの場合は、トマトをつぶしてから)。
コンソメ、ケチャップ、オレガノ、ローリエを加えて煮込みます。
#4軽く水分が飛んで、ドロっとなり出したら、塩コショウと砂糖で、好みの味に調整してください。器に盛ったら、出来上がり。お好みで、パセリや粉チーズをふってください。

レシピ6:鶏肩肉でハニーマスタードチキン

適度な触感が焼き料理に合う鶏肩肉を使って、子供も食べられる甘味に仕上げたハニーマスタードチキンです。調理のポイントは、塩コショウして小麦粉をまぶした鶏肩肉を焼く際、蓋をしてしっかりと中まで火を通すことです。

ハニーマスタードは、色んな料理に応用がききます。牛肉やじゃがいもなどの炒め物やサツマイモやかぼちゃなどと和えてサラダにしてもいいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】鶏肩肉300〜350gぐらい ○塩胡椒適量 ○小麦粉適量 オリーブオイル 適量
■ ハニーマスタード(ID:3697004) ★はちみつ 小さじ4 ★粒マスタード大さじ1(小さじ3) ★酒小さじ2 ★醤油小さじ1

【作り方】
1.鶏肉に塩胡椒で下味をつけ、小麦粉をまぶす。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を焼く。
3.周りが白くなってきたら裏返し、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
4.その間に★の材料を混ぜてタレを作っておく。
5.鶏肉に火が通ったら、余分な脂(油)を拭き取って4のタレを入れ、全体に絡めてできあがり♪

レシピ7:簡単&本格派!鶏のベトナム風スープ

お店で食べていた味を家庭にある材料で簡単、本格的に再現した鶏のベトナム風スープです。調理のポイントは、昆布を一晩水につけて昆布水を作っておくことと、調理の始めに鶏肩肉に熱湯をかけて臭みを抜いておくことです。

また豆腐の代わりにフォーを入れてランチにいただくのもおすすめです。ツァンツァイが苦手な人は、代わりにネギを添えていただくといいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】(2~3人分)鶏肩肉またはもも肉300g 島豆腐(または豆腐)150g 昆布水(昆布を一晩水につける)3カップ しょうが(千切り) 1かけ しょうゆ大さじ2 塩一つまみ シャンツァイ適宜

【作り方】
1.鶏肉は、大きめの一口大に切り、沸騰した湯をかけて臭みを抜く。
豆腐は一口大に切る。
2.鍋に1の鶏肉と昆布水、しょうがを入れて中火にかける。沸騰したら灰汁を取り、弱火にして10~15分、鶏肉に火が通るまで煮る
3.しょうゆと塩、豆腐を加えて、豆腐が温まるまで煮る。
4.器に盛り、シャンツァイをのせる。

レシピ8:鶏肉とキャベツの簡単ヘルシー蒸し

油も使わず鶏肩肉と野菜をたくさん使った、ヘルシーで満足度の高い蒸し料理です。調理のポイントは、焼く時に鶏肩肉の皮面から焼くことです。蒸すことでキャベツの笠がかなり減るのでたくさんの量が食べられます。

味つけは下味なしで、最後にコンソメをお好みの量で調節しましょう。ささみや胸肉料理は飽きたという時に重宝するレシピです。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】(2人分(気持ち多めの量))キャベツ約1/6 人参3~4㎝ぐらい 顆粒コンソメ お好みで 鶏肩肉(鶏もも肉でも)約250~300g 料理酒 大さじ1~2

【作り方】
1.キャベツは1×2㎝ぐらいのザク切りにし、よく洗って水を切る。人参は皮を剥き、薄切り(半月切り)に
2.鶏肉の皮面をフライパンに乗せてから火を付ける(中火ぐらい)
3.パチパチ言い出したら、箸でひっくり返す
4.1をドバッと投入し、お酒を回し入れたら、肉がキャベツで隠れるように平らにして蓋をする
5.弱火にして約5分ほど蒸し、キャベツがしんなりしたら、味を見ながらコンソメで味付け
6.よく混ぜて出来上がり

レシピ9:フライパン一つで鶏肉の和風彩り炒め

鶏肩肉とさまざまな野菜を一緒に炒め、和風調味料で味付けした鶏肉の和風彩り炒めです。調理のポイントは、鶏肩肉を最初に炒めた後は火の通りにくい野菜から順番にいれることです。

ネギの辛味が苦手な人は、レンジに5分程度かけてから、炒めましょう。小松菜、トマトは火を通しすぎない方が彩りが綺麗です。お好みでじゃがいもなどの根菜類を入れる時は、レンジに串が通るくらいにしてから、炒めると時短になるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【材料】フライパン1つ分)鶏肩肉/鶏モモ肉2枚分 ミニトマト5、6個 ネギ1本 小松菜等3~5束 醤油大さじ酒大さじ2 みりん 大さじ2 砂糖小さじ2 サラダ油大さじ1

【作り方】
1.フライパンにサラダ油を引き、鶏肉の表面を焼いたら、半分に切ったミニトマト、ネギ、緑の野菜と調味料を加え、中火で炒めます。
2.鶏肉に火が通ったらできあがりです!右の写真はナス入りver.

レシピ10:給料日前の創味鍋

お財布に余裕のない給料日前に鶏肩肉と余っている野菜などを、創味シャンタンDXで味付けした簡単鍋です。調理のポイントは、始めに胡麻油で鶏肉の皮が、カリッとするまで炒めておくことです。

創味シャンタンで味付けした後はあまり煮込まない方が美味しくいただけます。最後に余りご飯を入れて食べるのもおすすめです。もも肉でも代用可能ですが、安くて満足度も高い鶏肩肉で作ってみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料 (一人分) 鶏肩肉(豚でも可)好きな分 チンゲン菜1/2かぶ 大根1/4本 乾燥きくらげ5つ 生姜 スライス1切れ エリンギ1/2個 創味シャンタンDX 小さじ1 水500ml 胡麻油(炒める用) 少々

【作り方】
1.鶏肉、エリンギ、チンゲン菜は食べやすい大きさに。大根は、1センチ幅に銀杏切り。生姜は、スライスを細切り。
2.1人用土鍋で作ります。胡麻油で鶏肉を炒める。※皮がカリっとなるように。
3.水を加える。乾燥、大根、チンゲン菜、エリンギ、生姜を入れる。
4.大根に火が通ったら創味シャンタンDXを入れる。味が回ったら食べれます。
5.最後の1杯になったら、冷凍ご飯を入れても美味しいです。

お家で手軽に焼き鳥を楽しみたい方へ!

博多華味鳥焼き鳥セット(HYー04)
博多華味鳥焼き鳥セット(HYー04)

博多華味鳥焼き鳥セットは、袋のままレンジで簡単に味わえるもも、皮、とりトロ、つくねの焼き鳥セットです。華味鳥の四つの部位の独特な歯ごたえを感じてください。ホームパーティーなどのイベントや、手軽に料理を振舞いたい時に、食べ比べを楽しみましょう。

お弁当におすすめの鶏肩肉レシピ5選

鶏肩肉は、さまざまな調理方法が可能で、お弁当にもおすすめです。この記事は、お弁当におすすめの鶏肩肉レシピ5選を紹介します。

育ち盛りのお子さんや脂っこいものは避けたい中年の方など、幅広い年齢層にあったレシピを見つけましょう。今まで鶏もも肉で作っていたおかずを、鶏肩肉に変えて作ってみるのもいいでしょう。

レシピ1:お弁当にパパッと☆レモンバジルチキン

ガッツリ食べたい男子にもおすすめで、味わい爽やかなレモンバジルチキンです。調理のポイントは、鶏肩肉の両面に焼き色を付けて味付けた後、蓋をし余熱で火を通します。そうすることで、ふっくらと仕上がります。最後に中まで火が通っているか確認しましょう。

朝の忙しい時間に、包丁とまな板を不要で短時間で作れる、レモンバジルチキンを作ってみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料 (1人分)鳥肩肉4~6切れ 塩コショウ少々 乾燥バジル少々 あらびきガーリック少々レモン汁 小さじ1~ レモンスライスあれば尚良し

作り方
1.鳥肩肉に、お酒を揉み込み、フライパンで強めの中火で、皮目から焼く。
2.皮目に焼き色がつき、肉のまわりに火が通って色が変わってきたら、中火に。塩胡椒をふり、肉を裏返す。
3.そのまま中火で2分ほど。焼き色がついたら、乾燥バジル、あらびきガーリック、レモン汁を加え蓋をして火を止める。
4.そのまま、3~5分して、お肉に火が通り、全体に味がなじんだら出来上がり。
5.盛り付け時に、スライスレモンをそえて♪爽やかさUP⤴

レシピ2:お弁当に簡単鶏のから揚げカレー味

カレー粉が入った衣でカラっと揚げた、香りが食欲をそそるカレー風味の鶏から揚げです。調理のポイントは、油が180度になったら1分半揚げて、4分休ませてから2度揚げは40秒にすることでカラっと仕上がります。

またこのレシピでは水になっていますが、下味のついた鶏肩肉に酢を入れるとふっくら、油に変えるとサクサクでジューシーになります。夜のメインに多めに作って、朝はお弁当に活用しましょう。

Blockquote firstBlockquote second

材料 (2〜3人分) 鶏肩肉(もも肉、むね肉)250g 片栗粉 大さじ1と1/2 小麦粉大さじ1
カレー粉 大さじ1 卵1個 水大さじ2 ■ 下味 醤油大さじ1 料理酒 大さじ1 サラダ油大さじ1 塩小さじ1/3 砂糖小さじ1 酢小さじ1 しょうがチューブ 3㎝ ガーリックパウダー 少々 ■ 付け合せレタス、キャベツ、ベビーリーフ、プチトマト、マカロニサラダ

作り方
1.※鶏肩肉は、はじめから一口大にカットされてお店に並んでます。胸肉と手羽元の間の肉で皮付き、柔らかくて油っぽくないです。
2.ビニール袋に、一口大の鶏肉と下味の材料を入れてもみ込む。30分冷蔵庫で寝かせる。
3.片栗粉、小麦粉、カレー粉をボウルなどに入れて、スプーンで混ぜる。卵は溶いておく。
4.【30分後】鶏肉の水気を切り、大さじ2の水を入れてスプーンで混ぜる。
5.溶き卵→片栗粉+小麦粉+カレー粉をつける。
6.【1分半揚げる】フライパンに約1cmの油を入れて、180度になったら、鶏肉を入れ、ひっくり返しながら1分半揚げる。
7.【4分休ませる】鶏肉を取り出し、バットやお皿の上で4分休ませる。※余熱で火を通す。
8.【2度揚げは40秒】
再び、180度の油で40秒カラッと揚げたらできあがり♪

レシピ3:カレーチキン

鶏肩肉をカレー粉と塩でシンプルに味付けした、カレーチキンレシピです。調理のポイントは、フライパンに敷く油は少量で鶏肩肉からでた油で、カリカリになるまで焼くと食感がでて美味しくなります。カレー粉と塩は全体に味が馴染むよう、動かしながら焼きましょう。

鶏肩肉の油の旨味を活かした、ご飯にピッタリのレシピです。味付けを濃いめにして、丼にして食べるのもいいでしょう。ガッツリ食べる男子のお弁当にもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

材料 (2人分) 鳥肩肉200g サラダ油小さじ1 にんにく 2かけ カレー粉 大さじ1/2 塩適量

1.フライパンに油を熱し、スライスしたにんにくを入れ、香りを出します。
2.鶏肉を皮目を下にしてフライパンに入れ、塩、カレー粉を振りかけます。
3.カレー粉が全体になじむように鶏肉を動かしながら焼いていきます。
4.鶏肉にこんがり焼き目がついたら出来上がり。

レシピ4:チキンチャップ?鶏肩肉のケチャマヨ焼き

黄金比のケチャマヨを使い、綺麗な赤色になるまで炒めた鶏肩肉のケチャマヨ焼きです。調理のポイントは、鶏肩肉を焼いて周りが白くなったら、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。

またケチャマヨソースが薄まらないように、味付けに入る前にキッチンペーパーなどで、油をふき取っておきましょう。

黄金比のケチャマヨは、厚切り豚肉(とんかつ用)など、同じ調理工程で色んな料理の応用ができます。黄金比を覚えて活用しましょう。

Blockquote firstBlockquote second

鶏肩肉300〜350gぐらい ○塩胡椒適量 ○小麦粉適量 サラダ油適量 ■ ケチャマヨ(ID:3311255) ★ケチャップ大さじ3 ★マヨネーズ大さじ1 ★酒大さじ1 ★ウスターソース 小さじ1

作り方
1.鶏肉に塩胡椒で下味をつけ、小麦粉をまぶす。
2.フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を焼く。
3.周りが白くなってきたら裏返し、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
4.その間に★の材料を混ぜてタレを作っておく。
5.鶏肉に火が通ったら、余分な脂(油)を拭き取って4のタレを入れる。
6.全体に絡めながら、タレが赤くなるまでしっかり焼いてできあがり♪

レシピ5:鶏肩肉の焼鳥風

ポリ袋の中で鶏肩肉を味付けして、フライパンでこんがりと焼いた、鶏肩肉の焼き鳥風レシピです。調理のポイントは、お弁当に入れる場合、ねぎは斜めに切ると入りやすいでしょう。

濃いめの味付けで、漬け時間も10~15分と短時間ですみます。ネギはキッチンばさみで切ると包丁まな板不要で時短になるでしょう。肩肉の焼き鳥風は、串に刺して焼き鳥に、ご飯にのせれて焼き鳥丼に、変化が楽しめる料理です。

Blockquote firstBlockquote second

材料 鶏肩肉 300g 白ネギ(5センチのぶつ切り)1本 一味 適量 A [醤油 大2 みりん 大1 ]

作り方
1.鶏肉をポリ袋に入れてAを入れ、しっかりもみ込み10~15分置く。
2.白ネギは、下の白い部分を約5cm長さに切る。
3.フライパンに油をひき2をこんがり焼いてとりだす。
4.3のフライパンに1を入れしっかり焼いてから3を戻したれを絡めて、一味をふりかけて出来上がり。たれが足りない時は醤油・みりんを同量たして、絡めてくださいね。

鶏肩肉料理を作ってみよう

鶏肩肉は、さまざまな調理方法で活躍する食材です。上記で紹介した鶏肩肉の料理を味わい、特徴が分かってきたら、鶏胸肉や鶏もも肉で作っていた料理を鶏肩肉に変えてみるなど、自分好みの食べ方を見つけてみましょう。

安価で切る手間が省け、調理方法も選ばない万能な鶏肩肉を使い、料理の幅を広げていきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は鶏肩肉について紹介しましたが、鶏肉のさまざなな部位についての焼き鳥の名前や、調理方法がわからないという人は多いでしょう。鶏手羽中も美味しく食べたいという方や、注文などで困らないように焼き鶏の名前を覚えたいという人は、次の記事を参考にしてみましょう。