Search

検索したいワードを入力してください

JR ski ski歴代ヒロイン6選|キャンペーンの歴史

Author nopic iconmori
お出かけ / 2019年02月21日
JR ski ski歴代ヒロイン6選|キャンペーンの歴史

冬におなじみのCM「JR ski ski」

冬におなじみのCM「JR ski ski」は、かわいい女性が毎年、起用されて話題になっています。

雪の中で微笑むJR ski ski歴代ヒロインの笑顔に、胸キュンとともに癒されている人も、多いのではないでしょうか。CM「JR ski ski」の歴史は1990年代から始まっていますが、現代のようなヒロインスタイルになったのは2012年からです。

スキー離れが年々激しくなるなか、若者にターゲットが絞られています。

JR ski ski2010年代歴代ヒロイン

JR ski ski歴代ヒロイン6選|キャンペーンの歴史

それでは、JR ski ski2010年代歴代ヒロイン像を見ていきましょう。

どの年代もとても印象的な美少女たちが登場しています。かわいく雪の中で笑いながらおどける彼女たちの表情に、思わず足を止めて見入ってしまったのではないでしょうか。

JRに乗って思わずskiに行きたくさせてくれるCMクイーンたちを、ご紹介していきます。

1:本田翼

本田翼はJR ski ski歴代ヒロインとして、6年ぶりに始まったCMに2012年に出演しました。

「青春は、純白だ。」というキャッチコピーと一緒に、本田翼のかわいい笑顔がアップになるCMはたいへん印象的で話題になりました。

少しボーイッシュで明るい雰囲気は、若い世代のskiのイメージにぴったりでした。本田翼はnonnoの専属モデルで、数々の表紙を飾り、現在は人気女優として活躍しています。

2:川口春奈

「ぜんぶ雪のせいだ。」と川口春奈が真顔でこちらを見るJR ski skiのCMは、彼女の愛くるしいフェイスが魅力的な2013年の作品です。

川口春奈の童顔が、白い雪の中で眩しく光り輝きます。 skiを滑ることよりも、男性とのシチュエーションに力が入っている本CMが、あますことなく川口春奈の魅力を映しだします。

CMクイーンの呼び声高い川口春奈は、モデル・女優とマルチにこなすJR ski ski歴代ヒロインです。

3:広瀬すず

JR ski ski歴代ヒロイン6選|キャンペーンの歴史

2014年のJR ski ski歴代ヒロインは広瀬すずで、キャッチコピーは「答えは雪に聞け。」です。

広瀬すずは、押しも押されぬ若手女優ナンバー1のスターです。JR ski ski歴代ヒロインとしても、かわいい演技で好評を博しました。

山本舞香・平祐奈

JR ski ski歴代ヒロイン2015年は、山本舞香・平祐奈です。山本舞香・平祐奈ともに、若手の女優でタレントです。平祐奈は、平愛梨の妹です。


キャッチコピーは「そこに雪はあるか。」です。二人の人気女優を登場させた初のこころみで、さっぱりとしたライバル関係が描かれています。

JR ski skiのCMは、毎年担当者を変えて、その社員のアイデアや恋愛観を組み入れる工夫をしています。

桜井日奈子

JR ski ski歴代ヒロイン2016年は桜井日奈子で、キャッチコピーは「冬が胸にきた。」です。ドキッとするシチュエーションが展開される、JR ski skiCM定番の、淡い恋の予感がするさわやか作品です。

桜井日奈子は若手の人気モデル・女優・タレントで、注目株の一人です。美少女コンテスト出身の美貌に、今後も期待されています。

原田知世・三上博史

2017年は、JR ski skiのCMが30周年を迎え、「私を新幹線でスキーに連れてって」のキャッチコピーとともに、若き日の原田知世・三上博史の映画の名場面が展開されています。

原田知世・三上博史が、過去の映画のシーンをコミカルなアテレコで盛り上げてくれるCMが、評判を呼びました。

skiが上達したい人におすすめの本!

スキーがうまくなるカラダのつくり方は、モーグル日本代表の上村愛子のボディトレーニング方法が満載の本です。

skiは上達できないと楽しくありません。初心者の人も、まずは体幹から鍛えていきましょう。普段から簡単にできる運動ばかりなので、通勤や家事の合間に、ぜひ実践してみましょう。

skiのポジショニングや足の使い方の感覚など、初心者にも参考になる内容になっています。

JR ski skiの歴史

JR ski skiのCMは、90年代はバブル期の影響でスキーブームがまだ続いていたので、ターゲットは20歳から30歳の働く世代が中心でした。現代のようにスキー人口が低迷していなかったので、ティーンエイジャーをメインターゲットにしていない点が、大きく違います。

90年代は人工雪で国内ロケのCM撮影をしていましたが、経費の関係から、数年前からニュージーランドで撮影をしています。

JR東日本が1991年から展開

JR ski skiは、JR東日本が1991年から展開している広告です。

現在のJR ski skiのCMのように、興味や共感を持ってほしいというコンセプトではなく、90年代に光り輝いていた女性像にターゲットを絞り、skiがかっこよく描かれています。JR ski ski90年代ヒロインの女性芸能人たちに、それが象徴されています。

1995年江角マキコ

JR ski ski歴代ヒロインは、1995年は江角マキコです。

竹野内豊と江角マキコが、ラブラブ状態でJRでスキー場に行き、skiを楽しみ、雪遊びをするCMです。カップルで行くJR ski旅がコンセプトの、ラブラブCMです。

モデル出身の二人の、かっこいいスキーウェアスタイルに注目です。

1996年青山恭子

1996年は、青山恭子と田辺誠一がラクに行こうというコンセプトのJR ski skiのCMに出ています。

会社帰りにふらっと行けるスタイルのJR ski旅行は、ナイターなども楽しめる自由なスタイルを売りにしています。

ファッションモデル青山恭子は、OL向けファッション雑誌の代名詞のような存在でした。1996年にJR ski ski歴代ヒロインに抜擢された理由も納得です。結婚していて、現在モデルに復帰しています。

CMソングも話題に

JR ski ski歴代ヒロイン6選|キャンペーンの歴史

JR ski skiのCMソングは、毎年人気のアーティストが手掛けて、話題になっています。

SEKAI NO OWARIや木村カエラ、GReeeeN、GLAY、globe、ZOOなど、その時代を代表する大物アーティストの楽曲が使われています。JR ski skiのCMと共に、毎年話題になっています。

毎年違うキャッチコピー

JR ski skiは、毎年違うキャッチコピーが使われています。その時代のスタイルに合う、キャッチコピーが好評を呼んでいます。雪や冬というキーワードが多く使われているのも特徴です。

2000年以降は、訴えかけるようなメッセージ性の強いキャッチコピーになっています。いちど耳にすると忘れられないフレーズが魅力の、JR ski skiのキャッチコピーを、誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。

つい目を留めてしまうJR ski skiのCM

JR ski ski歴代ヒロイン6選|キャンペーンの歴史

つい目を留めてしまうJR ski skiのCMは、魅力的な歴代ヒロインと共に、さまざまな変遷を遂げてきました。

減りつつあるski人口を繋ぎとめるために始まったキャンペーンが、いまや冬の風物詩となって、お茶の間に親しまれています。skiと共に、冬が待ち遠しくなる楽しいCMです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

JR ski ski歴代ヒロインの情報が把握できたところで、おすすめの観光スポットの情報について調べておきましょう。

下記のリンクに、「東京のおすすめ観光スポット20選・一度は行ってみたい」と「葉山女子旅きっぷで行けるおすすめスポット6選・お得な特典」についての記事が掲載されています。

東京の代表的な観光スポットについての説明と、葉山をまわる旅きっぷの詳しい情報がわかります。ぜひ、参考にしてください。

関連記事

Related