Search

検索したいワードを入力してください

バッグクロージャーの賢い7つの活用法と猫の作り方

Author nopic icontmm
暮らし / 2018年12月18日
バッグクロージャーの賢い7つの活用法と猫の作り方

バッグクロージャーとは

バッグクロージャーというアイテムをご存知ですか。誰でも1度は手にしたことのあるパンの袋を止めるプラスチックの部品の名前をバッグクロージャーといいます。

この記事では、バッグクロージャーの賢い活用法や猫の作り方を紹介していきます。ここまで読んでパンの袋を止める部品が「バッグクロージャー」という名前だと知った人も多いのではないでしょうか。バッグクロージャーについて詳しく知っていきましょう。

バッグクロージャーの歴史

バッグクロージャーを考案したのはアメリカ南カリフォルニアのフロイド・パクストン氏です。彼は当時、りんご業者にりんごを入れた袋を簡単に閉じる方法を相談されていました。

彼はこれを飛行機で移動中に発案したといいます。ナイフとプラスチック片を持って手を動かしているときにひらめき、本社に戻ったあとすぐに施策に取り掛かかりました。その後りんごだけではないあらゆる袋製品に使われるようになりました。

日本のバッグクロージャー

日本では、埼玉県川口市の企業がバッグクロージャーを製造販売しています。国内で唯一の製造販売メーカーで年間製造数は約30億個に及びます。近年はパン袋以外の用途や海外輸出も増えています。

1983年、アメリカのバッグクロージャーを考案した「クイック・ロック・コーポレーション」の国内法人として設立しました。大手パンメーカーへ向けてバッグクロージャーの販売をしています。

バッグクロージャーの賢い7つの活用法

バッグクロージャーの賢い7つの活用法と猫の作り方

バッグクロージャーの賢い活用法を確認していきましょう。7つ紹介していくのでパンの袋として役割を終えたバッグクロージャーを活用していきましょう。

バッグクロージャーはパンの袋から以外にも個別で購入することも可能です。カラフルで活用方法も多様にあるバッグクロージャーは、私たちの生活を豊かにしてくれるアイテムです。早速見ていきましょう。

1:輪ゴムをまとめる

1つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「輪ゴムをまとめる」です。バッグクロージャーの中央の空間を使って、輪ゴムをまとめることができます。

特に料理中に使うことの多い輪ゴムのため、バッグクロージャーにまとめた輪ゴムを取りやすいところに設置してみましょう。バッグクロージャーの留め具の隙間から1本ずつ取り出すことができる便利なアイテムとなります。

2:コードの目印

2つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「コードの目印」です。コードの先端にバッグクロージャーを付け、目印としましょう。

電気コードをタップに挿しているとどのコードが何の機器のものかわかりません。それを知るためにはコードを本体までたどって確認する手間がかかってしまいます。TV、DVDなどと機器の名前をバッグクロージャーに書き、これをコードに取り付けましょう。

3:箸置き

3つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「箸置き」です。バッグクロージャーを半分に折り、くぼみを箸置きとして使いましょう。

バッグクロージャーを縦に半分に折り机の上に立てます。バッグクロージャーのくぼみに箸の先端を置くことで箸置きとして使うことができます。バッグクロージャーはプラスチックのため洗うこともできるので、かわいくデザインして食卓を明るくしましょう。

4:糸巻き

4つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「糸巻き」です。バッグクロージャーの外側に糸を巻き、編み物や裁縫の際に活用しましょう。

バッグクロージャーの外側は凸凹とした作りとなっており、糸を巻きやすい構造をしています。そのまま放置しておくと糸が絡まってしまうこともあるため、バッグクロージャーを使って有効に活用しましょう。インテリアとして飾っても可愛いです。

5:ドレッシングのラベル

5つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「ドレッシングのラベル」です。ドレッシングの中身がわかりやすいようにバッグクロージャーを取り付けて見分けられるようにしましょう。

手作りドレッシングを作ったり使いやすくするために同じデザインの容器にドレッシングを詰め替えたりしている人は中身がすぐにわからず困ることもあるでしょう。ドレッシング名を書いたバッグクロージャーを取り付け間違えないようにしましょう。

6:アクセサリー

6つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「アクセサリー」です。バッグクロージャーを改造して個性的なアクセサリーを自作しましょう。

ここでおすすめするアクセサリーはピアスです。バッグクロージャーを縦に半分に切ってそれぞれ先端に穴を開けます。そこにピアスの部品を接続し、ピアスを完成させましょう。バッグクロージャーを装飾して華やかなピアスを作ることをおすすめします。

7:皮むき

7つ目のバッグクロージャーの賢い活用方法は「皮むき」です。バッグクロージャーの尖った形状は野菜や果物の皮むきに適しています。

バッグクロージャーの外回りの凸凹した形状を使って、薄い野菜や果物の皮を向くことができます。例えばごぼうです。包丁を使わずに皮をむけるので子どもに手伝ってもらうときも安心して任せられ、家事の負担も減ります。

バッグクロージャーを購入しよう

まつうら工業 袋の口止め 便利クロージャー 4色アソート 100ピース
まつうら工業 袋の口止め 便利クロージャー 4色アソート 100ピース
口コミ

配線コードの見出し用に使用しています。 各コードの種類が判り、便利になりました。

バッグクロージャーの活用方法を知って、試してみたいと感じた人も多いのではないでしょうか。バッグクロージャーはもちろんパンの袋からも集められますが、よりカラフルでインテリアに富んだものを使いたい場合、購入することも可能です。

バッグクロージャーを購入して日常生活に活用しましょう。カラフルなバッグクロージャーで生活を豊かにしましょう。

バッグクロージャー猫を作ろう

バッグクロージャー猫の作り方を確認していきましょう。バッグクロージャー猫は可愛いと人気のバッグクロージャーで作れるアイテムです。

パンの袋を閉じるというイメージばかりのバッグクロージャーが猫になると聞いても信じられない人も多いのではないでしょうか。確認して実際に自分でも作ってみましょう。

1:バッグクロージャーを半分に折る

バッグクロージャーで作る猫の作り方ステップ1は「バッグクロージャーを半分に折る」です。バッグクロージャーがしっかり重なり合うように縦に半分に折りましょう。

バッグクロージャーは真ん中の線を中心に左右対称の構造をしています。それがきっちり重なり合うように半分に折り、折り目が上になるようにして立てると猫の形に見えます。

2:顔をかく

バッグクロージャーで作る猫の作り方ステップ2は「顔を書く」です。半分におったバッグクロージャーに猫の顔や模様をつけましょう。

折ったバッグクロージャーを横から見ると分厚いほうが顔、細いほうがしっぽとなります。顔の方に耳や目、鼻をかきましょう。その他、色を塗ったり模様を描いたりして個性的な猫を作り上げましょう。

3:できあがり

バッグクロージャーで作る猫の作り方ステップ3は「できあがり」です。半分に折り顔を書き、猫をしっかりと立たせるとバッグクロージャー猫の完成です。

できあがった猫をインテリアとして飾ったり、箸置きとして使ったりして活用しましょう。猫を複数作り猫をまとめて飾ったりしても可愛いでしょう。

バッグクロージャーは色々な活用法がある

いかがでしたでしょうか。バッグクロージャーの賢い活用法やバッグクロージャー猫の作り方を紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

バッグクロージャーはさまざまな活用方法があり、私たちの生活を豊かにしてくれるアイテムです。リサイクル意識も高まるバッグクロージャーの再利用を今後は取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックする

この記事ではバッグクロージャーについて紹介してきましたが、日常生活をより便利にする魅力的なアイテムは数多く存在します。次の記事を読んで、関連する情報をチェックしましょう。あらゆるものを有効活用して日々の生活に取り入れていきましょう。

関連記事

Related